平成17年度の研修一覧

番号コース名担当内容
001 幼児教育課題 山本 陽子  幼児教育の今日的課題について研修し、指導力の向上を図る。
(1)幼児教育理論(子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について)・榎沢良彦(淑徳大学)
(2)特別支援教育の流れと今後の方向・滝坂信一(国立特殊教育総合研究所)
(3)気になる子ども達への理解について・滝坂信一(国立特殊教育総合研究所)
(4)気になる子ども達の保護者への対応ー演習ー・植木田潤(国立特殊教育総合研究所)
(5)子どものコミュニケーションを育てる遊び −演習ー・山浦和志(つながりあそび・うた研究所)
002 子育て支援 三島 敬子  子育て支援に必要な実技研修を通して、実践的指導力の向上を図る。
(1)幼稚園・保育園での親とのかかわりと子育て支援・大豆生田啓友(関東学院大学)
(2)心をつなぐスキンシップ遊び・鈴木和子(世田谷区スポーツ指導員)
(3)心を育てる読み聞かせ・小宮雅子(友斗ピア主宰)
003 幼稚園・保育所・小学校の連携 荻原 恭子  就学前教育と小学校教育に携わる教職員が、お互いの教育内容や子どもの発達への理解を深めることを通し、連携を図る。
(1)小学校1年生の生活から・白井達夫(中原小)
(2)幼児期から児童期への教育・柴崎正行(大妻女子大学)
101 ワード 増田 実  ワードのいろいろな機能を活用して、見栄えのする学年・学級だよりや授業等に使える成果物を作成しながら、ワードの活用方法を習得する。
(1)ワープロソフトの基礎T(はじめてのワード)・未定(市内小) インストラクター アシスタント
(2)ワープロソフトの基礎U(基本文書作成術)・1回目と同じ
(3)ワープロソフトの基礎V(ビジュアル文書作成術 実践テクニック集)・1回目と同じ
(4)ワープロソフトの応用 (成果物の作成)・1回目と同じ
102 エクセル 増田 実  校務や学年・学級の事務に生かせる集計表やグラフなどの成果物を作成しながら、エクセルの活用方法を習得する。
(1)はじめてのエクセル・アシスタント インストラクター 未定(市内小)
(2)表の使い方・データ整理・1回目と同じ
(3)表計算の基本・グラフ作成・関数・1回目と同じ
(4)表計算ソフトの応用(成果物の作成)・1回目と同じ
103 パワーポイント 増田 実  PowerPointの基本操作を習得するとともに、効果的なプレゼンテーションの在り方について研修する。
(1)PowerPoint2003の操作方法T・インストラクター アシスタント 未定(市内小)
(2)PowerPoint2003の操作方法U・1回目と同じ
(3)PowerPoint2003の操作方法V・1回目と同じ
(4)PowerPoint2003の操作方法W・1回目と同じ
104 ディジタル画像入門 井部 良一  ディジタルカメラで撮影した画像(静止画)を、手軽に加工・編集する方法について研修する。
(1)ディジタル画像を加工してみようT・インストラクター 井部良一(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(2)ディジタル画像を加工してみようU・1回目と同じ
105 ディジタル動画編集入門 井部 良一  ディジタルビデオカメラで撮影した動画を手軽に編集する方法について研修する。
(1)動画編集の基礎を学ぼうT・インストラクター 井部良一(総合教育センター) 未定(教諭)(市内小)
(2)動画編集の基礎を学ぼうU・1回目と同じ
(3)動画編集の基礎を学ぼうV・1回目と同じ
(4)動画編集に挑戦しよう・1回目と同じ
106 IT授業活用A 阿部 厚  授業でITを活用するために、センターで作成したIT活用事例やWeb上の実践例の紹介とパワーポイントを使った簡単な授業で使用できる教材作り、発表を行う。
(1)映像におけるメディア・リテラシーをはぐくむ教材の紹介・中村純子(宮前平中) 阿部厚(総合教育センター)
(2)センター作成IT活用事例やWeb上の実践例紹介、パワーポイントを使った教材作りT(作成)・阿部厚(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(3)パワーポイントを使った教材作りU(作成)・2回目と同じ
(4)パワーポイントを使った教材作りV(作成と発表)・2回目と同じ
107 IT授業活用B 阿部 厚  授業でITを活用するために、センターで作成したIT活用事例やWeb上の実践例の紹介とパワーポイントを使った簡単な授業で使用できる教材作り、発表を行う。
(1)映像におけるメディア・リテラシーをはぐくむ教材の紹介・中村純子(宮前平中) 阿部厚(総合教育センター)
(2)センター作成IT活用事例やWeb上の実践例紹介、パワーポイントを使った教材作りT(作成)・阿部厚(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(3)パワーポイントを使った教材作りU(作成)・2回目と同じ
(4)パワーポイントを使った教材作りV(作成と発表)・2回目と同じ
108 学校・研究会ホームページ作成A 櫻谷 昭夫  ホームページ作成ソフト(ホームページ・ビルダー)を使って、学校および研究(部)会のホームページを作成・更新する。ホームページ作成上の留意点・ファイル転送ソフトを使ってサーバへの登録の方法なども研修する。
(1)学校・研究(部)会のホームページを作成・更新するときの留意点(情報モラル)と各種データの取込み方法・櫻谷昭夫(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新T・1回目と同じ
(3)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新U・1回目と同じ
(4)ホームページの作成と更新のまとめ〜サーバへのファイル転送など〜・1回目と同じ
109 学校・研究会ホームページ作成B 櫻谷 昭夫  ホームページ作成ソフト(ホームページ・ビルダー)を使って、学校および研究(部)会のホームページを作成・更新する。ホームページ作成上の留意点・ファイル転送ソフトを使ってサーバへの登録の方法なども研修する。
(1)学校・研究(部)会のホームページを作成・更新するときの留意点(情報モラル)と各種データの取込み方法・櫻谷昭夫(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新T・1回目と同じ
(3)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新U・1回目と同じ
(4)ホームページの作成と更新のまとめ〜サーバへのファイル転送など〜・1回目と同じ
110 情報教育指導者認定(ホームページ維持管理) 櫻谷 昭夫  学校ホームページの維持・管理について具体的に研修し、各学校の情報教育を中心となって進めていく教職員を育成する。
(1)学校・研究(部)会のホームページ管理更新研修T・櫻谷昭夫(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会のホームページ管理更新研修U・1回目と同じ
201 国語科教育 白井  理  日常生活や社会生活に生きて働く国語力を育成する指導と評価について研修し、授業改善に役立てる。
(1)人と人をつなぐ「話すこと・聞くこと」の学習指導・木展郎(横浜国立大学教授) 渡辺信二(三田小) 大塚伸明(麻生中)
(2)「読むこと」が好きになる学習指導・国井厚子(栗木台小) 杉本直美(犬蔵中) 府川源一郎(横浜国立大学)
(3)「書くこと」を楽しむ学習指導・浅川陽子(お茶の水女子大学附属小)
(4)日常・社会生活に生きる「国語力」・倉澤栄吉(日本国語教育学会)
202 社会科教育 黒川 保之  単元開発や教材開発を視点とした授業づくりと評価について研修を行い、学習指導上必要な資質の向上を目指すとともに、自己の授業改善に役立てる。
(1)豊かな発想を創る教材開発の在り方と活かし方・有田和正(教材・授業開発研究所代表)
(2)学習意欲や考える力を育てるための指導や評価の工夫改善・吉村尚記(横浜国大附属鎌倉中) 金子和哉(川崎市立日吉小)
203 算数・数学科教育 山本 正昭  算数・数学科の基礎基本を確実に定着させるために、学習指導はどのように行ったらよいか。また、「振り返って考える」ことを大切にした算数・数学の授業改善について学ぶ。
(1)問題の解決過程で「振り返って考える」ことを大切にした算数・数学の授業改善について・竹内和則(川崎市立稲田中)
(2)確かな学力をつける算数授業の創造 −授業をもっと楽しく、魅力的に−・細水保宏(筑波大学附属小)
204 理科教育 上杉 岳啓  これからの理科教育に求められるもの、また、今日的課題である一人一人の学びを保障する指導や評価方法の工夫改善等、教師としての資質・能力を高める研修を行う。
(1)ワークシートやレポートの評価方法(演習)・上杉岳啓(総合教育センター) 永田賢(川崎市立宮前平中) 未定(市立学校)
(2)指導と評価の一体化を振り返る・森本信也(横浜国立大学教授)
(3)おもしろ科学実験・福山昇宏(川崎市立宮崎中) 未定(市立学校)
(4)学力問題とこれからの理科教育・角屋重樹(広島大学大学院教授)
205 生活科教育 明瀬 忠義  生活科教育の現状と課題を踏まえ、指導と評価の一体化を目指した指導法について理解を深め、教員の指導力向上と授業改善を図る。
(1)自分自身への気付きを深める指導について・中西憲子(川崎市立百合丘小)
(2)指導と評価の一体化を目指した授業改善について・小林宏己(東京学芸大学)
206 音楽科教育 金子 やちよ  授業の充実と改善への具体的な方策を、実技・講義を通して研修し、資質の向上を目指す。
(1)リコーダー基礎からアンサンブル・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)音楽科教育の課題と展望・金本正武(千葉大学教授)
(3)合唱指導のポイント・操雅子(前川崎市立中学校校長)
(4)心をひらく音楽教育・坪能由紀子(日本女子大学)
207 図画工作・美術科教育 行川 博幸  図工・美術科教育における今日的な課題や問題点を広い視野から把握し、自己の授業改善への具体的な手立てを演習等を通して研修する。
(1)授業に生かす画像編集(デイジ−コラ−ジュ)ステップ1・伊藤拓也(市川ソフトラボラトリ−)
(2)授業に生かす画像編集(デイジ−コラ−ジュ)ステップ2・伊藤拓也(市川ソフトラボラトリ−)
(3)これから求められる図画工作科・美術科教育・遠藤友麗(聖徳大学)
208 体育・保健体育科教育 本田 三雄  体育・保健体育科の指導と評価について研修を深めるとともに、「基本の運動 用具を操作する運動」や「体つくり運動 体力を高める運動」で取りいれられる縄跳びの実技研修を行い、学習指導上必要な資質の向上をめざす。
(1)体育・保健体育科の指導と評価・今関豊一(文部科学省スポーツ・青少年局)
(2)縄跳び・リズム縄跳び実技研修・全日本リズム縄跳び協会(AJRS)
209 家庭、技術・家庭科教育 和泉田 政徳  江尻 孝美  題材開発や教材開発を視点とした授業づくりと評価について、演習を取り入れた研修を行い、学習指導上必要な資質の向上をめざす。
(1)家庭科教育の現状と課題・杉山久仁子(横浜国立大学教育人間科学部)
(2)「生活者としての実践力を育てる 家庭、技術・家庭科の学習」〜研究の概要とその後の実践報告〜・森島美子(有馬小) 小野瀬三智子(旭町小) 蒲澤陽子(中野島中) 太田ひとみ(犬蔵中) 江尻孝美(総合教育センター)
(3)資質・能力を育てる指導法のあり方〜大学ロボコン連続受賞実践例を通して〜・井上慶之助(湘南工科大学)
(4)これからの技術・家庭科教育〜技術分野を通して子どもに何を教えますか〜・今井健(関東学院大学)
210 英語科教育 佐藤  剛  授業づくりにかかわる研修を通じて、指導力向上と授業改善を図る。
(1)創造的な授業づくり・折衝中
(2)4技能を統合した授業づくり・折衝中
(3)フォニックスを取り入れた授業・松香フォニックス研究
211 道徳教育 橋 太郎  道徳の時間のマンネリ打破のために、様々な授業理論を知り、展開のしかたを演習する。
(1)魅力ある道徳授業の展開の方法1(理論と演習)・橋太郎(総合教育センター) 未定(市立学校)
(2)魅力ある道徳授業の展開の方法2(理論と演習)・未定(市立学校) 橋太郎(総合教育センター)
(3)講演「子どもが本気で考える道徳授業とは」(仮題)・柴原弘志(文部科学省初等中等教育局)
212 特別活動 江間  薫  特別活動の現状と課題を踏まえ、小・中一貫した体験的な研修を通じて指導力の向上を図る。
(1)小学校の特別活動と中学校の特別活動のつながりを求めて「系統性のある話合いの活動」演習・江間薫(総合教育センター) 高橋徹(中原小)
(2)学級活動にすぐ活用できる信頼関係を育てるエクササイズ「玉川アドベンチャープログラム」・白山明秀(玉川大学) 工藤亘(玉川大学)
213 総合的な学習の時間 明瀬 忠義  総合的な学習の時間の単元構想やこれまでの実践の検証方法について研修し、指導力の向上と授業改善を図る。
(1)単元構想と実践の検証を進めるために (理論)・天笠茂(千葉大学教授)
(2)単元構想と実践の検証を進めるために (演習)・明瀬忠義(総合教育センター指導主事)
214 小学校英語活動 佐藤 剛  小学校英語活動で役立つ英語によるコミュニケーション活動を実践する。
(1)英語活動演習1・英語指導助手(総合教育センター)
(2)英語活動演習2・英語指導助手(総合教育センター)
(3)英語活動演習3・英語指導助手(総合教育センター)
301 子どもの人権を考える児童生徒指導 江間  薫  人権尊重教育の在り方や進め方について、実践報告、実技演習を通して学び、日常の児童生徒指導に生かす。
(1)今すぐ実践できる子どもの権利学習の進め方演習「子どもの権利週間、参加型権利学習にチャレンジ!」・花形晋(川崎市立野川中) 増渕賢一(川崎市立宮崎中) 中村邦彦(川崎市立東柿生小) 藤田善一(川崎市立久本小) 江間薫(総合教育センター)
(2)安心してありのままの自分を表現できる学級作り信頼関係を育てるエクササイズ「心をひらく川崎の表現活動」・川崎市児童文化研究会
302 国際理解教育 佐藤 裕之  多文化や異文化や共生に着目しながら、国際社会を生きる上で基本になる考え方や教育実践の方法について、また、国際理解教育の授業づくりについて体験活動も取り入れながら探る。
(1)国際理解を深めるワークショップとその理論・山西優二(早稲田大学文学部)
(2)国際理解を広げるワークショップとその方法・佐藤智彦(江戸川区立西葛西中)
303 自分を大切にする健康教育 矢野 君江  子どもの健康問題である性の逸脱行動、薬物乱用、生活習慣病の兆候などの実態を把握し子どもの発達状況に応じた健康教育の在り方や進め方について、講義や実践報告を通して学び子どもの健康課題の解決に生かす。
(1)PTSD(外傷後ストレス傷害)を知り、子どものこころのケアーを考える・堤邦彦(北里大学医学部精神科)
(2)語り合おう! 見直そう!そして取り組もう性教育〜年間計画立案のポイントと各教科等との関連を学ぶ〜・武川行男(「子どもの性教育研究ネットワーク」)
(3)少年犯罪と薬物問題の現状から子どもを守るためにできること・新倉アキ子(神奈川県警察本部少年育成課)
(4)喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育の実際 〜小学校と中学校の指導の実際〜・渡邉壽久(有馬中) 富岡寛(上作延小)
304 危機管理・情報モラル 増田 実  コンピュータを利用する上での危機対応のあり方について研修する。また、小学校、中学校の情報モラル指導の系統表をもとに、学級での指導計画を立てる。
(1)コンピュータ利用の危機対応。小学校、中学校の情報モラル系統表や授業例を紹介する。・増田実(総合教育センター) 碓井義忠(川崎市立川崎総合科学高校)
(2)小学校、中学校の情報モラル系統表や授業例を参考にして指導計画を立てる。・碓井義忠(川崎市立川崎総合科学高校) 増田実(総合教育センター)
305 教育相談T「事例研修」 亀山 益恵  教育相談の事例を通して、子ども理解や支援の在り方を探る。
(1)事例研修・永井撤(首都大学東京)
(2)事例研修・永井撤(首都大学東京)
(3)事例研修・芳川玲子(横浜国立大学)
306 教育相談U「学級経営に生かせる相談技法」 亀山 益恵  開発的・予防的教育相談の考え方に基づいて、現実場面で役立つ子ども理解や支援の在り方を体験的に学ぶ。
(1)ブリーフカウンセリング・森俊夫(東京大学医学部)
(2)ブリーフカウンセリング・森俊夫(東京大学医学部)
(3)グループワーク・松井恭子 新井紀代美(有馬中) 小島由枝(桜本小) 吉田豊美(玉川中) 平井育子(平小) 小池幹子(柿生中) 阿部雅子(井田小) 星野登美代(井田中) 亀山益恵(総合教育センタ−)
(4)グループワーク・松井恭子 新井紀代美(有馬中) 小島由枝(桜本小) 吉田豊美(玉川中) 平井育子(平小) 小池幹子(柿生中) 阿部雅子(井田小) 星野登美代(井田中) 亀山益恵(総合教育センタ−)
(5)援助チームの考え方と演習・山口豊一(跡見女子大学)
(6)援助チームの考え方と演習・山口豊一(跡見女子大学)
307 教育相談V「カウンセリング演習」 亀山 益恵  教育相談を進める上での基本となるカウンセリングの理論や技法、活用方法を学ぶ。
(1)ミニカウンセリング・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
(2)ミニカウンセリング・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
(3)ミニカウンセリング・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
308 軽度発達障害のある子どもの理解と支援 佐藤 肇  通常級における特別なニーズのある児童生徒の理解と支援に関する研修
(1)軽度発達障害児の理解・森山徹(荻窪小児発達クリニック)
(2)軽度発達障害児の支援・折衝中
(3)小学校における実践・折衝中
(4)中学校における実践・折衝中
401 養護教員研修 矢野 君江  子どもたちを取り巻く社会環境や生活様式の変化は、子どもたちの心身の健康に大きな影響を及ぼしている。この健康問題の解決においては、養護教諭の果たす役割がますます重要となっている。そこで、専門的な知識、技術を体験を通して学び資質の向上を図る。
(1)心肺蘇生法の実技・救急法指導員(日本赤十字社神奈川県支部)
(2)食物アレルギーによるアナフィラキシーショックの対応・海老澤元宏((独)国立病院機構相模原病院)
(3)子どもが共に学び共に育つ健康教育 〜委員会活動における養護教諭のかかわりに視点を当てて〜・田村誠(日本大学教授) 榊原綾子(東桜本小) 宗像真弓(片平小) 市川裕美子(犬蔵中) 鈴木悦子(中原中)
(4)総合実技 〜こんな時、どうする〜・菅野絹江(日本赤十字社神奈川県支部) 矢野君江(総合教育センター)
(5)養護教諭が行う健康相談活動の理論と実際 (講義および演習)T・三木とみ子(女子栄養大学)
(6)養護教諭が行う健康相談活動の理論と実際 (講義および演習)U・三木とみ子(女子栄養大学)
402 学校事務職員研修 技術科担当指導主事  実技演習や実践交流を通して、学校事務職員としての専門性を高め資質の向上をめざす。
(1)エクセル中級〜グラフ作成、関数の利用、データ管理など〜・インストラクター
(2)エクセルの効果的な活用方法・川島覚(宮前小) 神俊彦(田島養護学校) 細水季広(戸手小)
403 学校栄養職員研修 江尻 孝美  講義や実技演習を通して、食指導の在り方を探る。
(1)食のカウンセラーとしての在り方・阿出川国雄(関東中央病院)
(2)食の授業の在り方・谷川彰英(筑波大学)
404 学校給食調理員研修 江尻 孝美  食と健康に関する幅広い知識や技能を身に付ける。
(1)エコクッキングとテーブルコーディネート・井上由香理 鈴木朋子 鈴木啓二朗(東京ガス川崎支店) 利根川淳(東京ガス川崎支店)
(2)食の安全について〜BSE、添加物、農薬等について〜・原田和子
405 学校用務員研修 和泉田 政徳  学校用務員の服務及び技術・技能の研修を行い、その資質を高める。
(1)学校環境や接待時に生きる描画技術ステップ1・行川博幸(総合教育センター)
(2)学校環境や接待時に生きる描画技術ステップ2・行川博幸(総合教育センター)
406 高校教育 松本 芳弘  総合的な学習の時間の評価方法やこれからの市立高校教育の在り方について、講義や協議等を通して研修し、教員としての資質や力量の向上を図る。
(1)総合的な学習の時間における自己評価力を伸ばすための「ワークシート」の利用・松本芳弘(川崎市総合教育センター) 家亀照夫(高津高校)
(2)講演と協議「これからの市立高校教育を考える」・渡邊浩司(元川崎市立商業高等学校)
407 障害児教育専門 増田  享  主に障害児学級担任を対象に、児童生徒の行動の見方と指導についての研修をする。
(1)応用行動分析の理論と指導方法・関戸英紀(横浜国立大学)
(2)応用行動分析による指導の実際・関戸英紀(横浜国立大学)
(3)太田のステージ評価の実際・WISC−Vの実際・牟田悦子(成蹊大学) 武藤直子(全国療育センター)
(4)太田のステージ評価に基づく指導プログラム作成・WISC-Vの結果の読み取りと指導プログラム作成・牟田悦子(成渓大学) 武藤直子(全国療育センター)
408 障害児学級等課題別研修 増田  亨  障害児学級担任者を対象に「性教育」「難聴」「弱視」の3コースで、実践に即した研修を行なう。
(1)性教育の実際・山田カヨ子(田島養護学校)
(2)難聴児への指導・川口浩二(川崎市立聾学校)
(3)弱視児童への指導・玉腰美貴子(神奈川県立平塚盲学校)
501 出前研修「映像視聴覚」 阿部 厚  映像教材の制作や編集・活用について、学校の要請に応じて研修を設定します。
(1)希望に応じ、相談しながら研修内容を決定します・センター指導主事等(総合教育センター)
502 出前研修「コンピュータ」 阿部 厚  コンピュータの活用方法について、学校の要請に応じて研修を設定します。
(1)希望に応じ、相談しながら研修内容を決定します。・センター指導主事等(総合教育センター)
601 公開教養講座 矢野 君江  現代人は、国際化・情報化など著しい社会環境の中で、様々な悩みや社会問題に直面している。各分野で活躍している方の話を聴き幅広い考えや豊かな人間性を培う。
(1)未定・未定
602 子育て期公開講座 山本 陽子  子育て期の保護者が、子どもとの体験を共有し、かかわる力を養う。
(1)歌とお話のミニコンサート・平松あずさ(音の教室カリヨン)
(2)楽しいリズム・学生(洗足学園音楽大学)
(3)親子であそぼう・中島美代子(体育指導員)
(4)いっしょにあそぼう・石倉江理(地域子育て支援センターちとせ)
(5)親子コンサート・学生(洗足学園音楽大学)
(6)おもしろ科学あそび・永田賢(川崎市立宮前平中)
701 夜間利用「ワード」 増田 実  学年・学級事務や校務に生かせる成果物を作成しながら、IT活用の基礎研修を行う。
(1)ワードの基礎T・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)ワードの基礎U・1回目と同じ
702 夜間利用「エクセル」 増田 実  学年・学級事務や校務に生かせる成果物を作成しながら、IT活用の基礎研修を行う。
(1)エクセルの基礎T・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)エクセルの基礎U・1回目と同じ
703 夜間利用「パワーポイント」 増田 実  授業や校務に生かせる成果物を作成しながら、IT活用の基礎研修を行う。
(1)パワーポイントの基礎T・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)パワーポイントの基礎U・1回目と同じ
704 夜間利用「動画編集」 井部 良一  授業や校務に生かせる成果物を作成しながら、IT活用の基礎研修を行う。
(1)動画編集の基礎T・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)動画編集の基礎U・1回目と同じ
705 夜間利用「IT授業活用」 阿部 厚  授業等に生かせる成果物を作成しながら、IT活用の基礎研修を行う。
(1)IT授業活用の基礎T・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)IT授業活用の基礎U・1回目と同じ
706 子どものやる気を育てる魔法のアドバイス 江間  薫  長い教員歴と経営歴に裏打ちされた豊富な経験に基づき、「子育て」を“教える”から “育てる”に変えることの重要性を説く講演を聞き、日頃の学級経営に役立てる。
(1)講演「子どものやる気を育てる魔法のアドバイス」・内藤宏
707 夜間利用「いのちと心の授業」 江間  薫  いじめや暴力で大切なわが子を亡くした方々の講演です。子どもたちのおかれている現状を知り、かけがえのない子どもたちの命を守るために何ができるかを人権尊重の視点から考えていきます。
(1)講演「いのちと心の授業」・ジェントルハートプロジェクト(特定非営利活動法人)
708 夜間利用「上手な保護者とのつきあい方」 江間  薫  懇談会、家庭訪問、保護者面談、家庭との連絡など、保護者とのかかわりはとても大切です。上手な保護者とのかかわり方についての講義や演習を通して、自信をもって保護者への対応ができるようにしたい。
(1)講義「保護者対応のキーポイントは、ちょっとした気配り」・演習「模擬保護者懇談会」「模擬保護者面談」・センター指導主事(総合教育センター) 江間薫(総合教育センター)
709 夜間利用「小学校英語活動」 佐藤  剛  コミュニケーション能力の基礎を見直し、小学校英語活動の方向性を探る。
(1)英語によるコミュニケーションの基礎1・SimonRabone(InCommunication)
(2)英語によるコミュニケーションの基礎2・SimonRabone(InCommunication)
(3)英語によるコミュニケーションの基礎3・SimonRabone(InCommunication)
(4)英語によるコミュニケーションの基礎1・SimonRabone(InCommunication)
(5)英語によるコミュニケーションの基礎2・SimonRabone(InCommunication)
(6)英語によるコミュニケーションの基礎3・SimonRabone(InCommunication)
(7)英語によるコミュニケーションの基礎1・SimonRabone(InCommunication)
(8)英語によるコミュニケーションの基礎2・SimonRabone(InCommunication)
(9)英語によるコミュニケーションの基礎3・SimonRabone(InCommunication)
710 その他の夜間利用研修 担当指導主事  その時々に課題となるテーマについて、夜間を利用し随時研修を行う。
(1)必要に応じて設定します・指導主事等(総合教育センター)
711 リクエスト研修 担当指導主事  学校(園)から要請されたテーマに応じて、担当の指導主事が講師を務める。
(1)要請に応じて随時設定・指導主事(総合教育センター)

トップページへもどる 研修一覧へもどる