これまでの「研修」一覧へ

平成15年度の研修一覧

番号コース名担当内容
001 幼児教育課題 新井 典子  幼児教育の今日的課題について研修し、指導力の向上を図る。
(1)発達の気になる幼児への支援の在り方・幸福花江(横浜市在宅障害者支援協会)
(2)カウンセリングマインドを生かした保護者との対応・松井恭子(総合教育センターゆうゆう広場)
(3)
(4)幼稚園教諭のためのパソコン研修 〜ワード入門〜・大串一彦(総合教育センター)
002 子育て支援 長谷川 眞知子  平成15年度から子育て広場が8ヶ所開設となる。地域に根ざした子育て支援の場になるための在り方や役割について研修する。
(1)保健福祉センターにおける子育て支援の現状と課題・重永幾代(宮前区保健福祉センター)
(2)実技研修「0・1・2・3歳児が喜ぶ 手作りおもちゃ」・西村由起子(地域子育て支援センターちとせ)
(3)実技研修「心に届くおはなし 〜手遊びやパネルシアター等を通して〜」・城内三枝子(おはなしかご)
(4)よりよい親子関係をめざして 〜支援センタ−の実践を通して〜・松尾直子(地域子育て支援センター花の台)
(5)子育て広場体験研修・職員(子育て広場かわさき・ふるいちば)
003 子育て期公開講座 鈴木 千里  乳幼児の心身の発達を見据えながら、子育て期の保護者が我が子の育ちにゆとりをもってかかわる力を養う。
(1)話してみよう 子育てあれこれ@ 〜親子でふれあう遊びを通して〜・研修指導主事(幼児教育センター)
(2)話してみよう 子育てあれこれA 〜親子でふれあう遊びを通して〜・研修指導主事(幼児教育センター)
(3)親子で楽しむコンサート・演奏支援センター(洗足学園大学)
(4)話してみよう 子育てあれこれB 〜親子でふれあう遊びを通して〜・研修指導主事(幼児教育センター)
(5)歌とお話で綴る誕生ものがたり 〜神様からの贈り物〜・一政さつき(洗足学園大学音楽学部)
(6)今が大切,親子の関係づくり・田辺誠(田辺内科クリニック)
(7)みんなで遊ぼう音楽の広場・洗足学園大学音楽学部(洗足学園大学音楽学部)
(8)親子ふれあい体操〜音楽に合わせ身体も心もリラックス〜・山本雅(体操指導員)
101 公開教養講座 矢野 君江 研修推進企画会  現代人は、国際化・情報化など著しい社会変化のなかで、様々な悩みや社会問題に直面している。各分野で活躍している方の話を聞き、幅広い考え方や人間性を培う。10月18日(土)14時〜 総合教育センター第1研修室
(1)お国ことばで憲法を語る〜私の仕事をとおして〜・大原穣子
102 子どもの人権を考える児童生徒指導 江間 薫  人権尊重教育の在り方や進め方について、講義や実践報告を聞いたり、ワークショップを行ったりして日常の児童生徒指導に生かす。
(1)思春期の子の人権 男らしさ・女らしさって何? 〜CAP大人ワークショップ〜・CAPかながわ
(2)「川崎市子どもの権利に関する条例」を生かして,子どもの参加を進めるために・内田塔子(立正大学) 安部芳絵(子どもの権利条約ネットワーク)
(3)男女参画社会 〜女性のエンパワメントと男性の意識改革〜・広岡守穂(中央大学法学部)
(4)子どもの権利学習の進め方 〜体験・参加型学習を中心に〜・阿部雅子(井田小) 平井和也(西生田中)
(5)他都市の人権教育と人道法・渡部洋子(南菅小) 小室寿美(日本赤十字社神奈川県支部事業部) 市川範一(橘中)
(6)子どもに信頼関係を育てるプログラム 〜玉川アドベンチャープログラム〜・工藤亘(玉川大学) 白山明秀(玉川大学)
103 国際理解教育 佐藤 裕之  多文化・異文化・共生に着目しながら、国際社会を生きる上で基本になる考え方や教育実践の方法について、また国際理解教育の授業づくりについて、体験活動もを取り入れながら探る。
(1)国際理解教育で地域素材や生活素材をどのように教材化するか・小林宏己(東京学芸大学)
(2)帰国・外国人児童生徒と共に進める国際理解教育・佐藤郡衛(東京学芸大学)
(3)国際理解教育の授業づくりとワークショップ・加藤香代(今井小) 石川奈緒美(川崎市立下布田小) 多和田律子(川崎市立富士見中)
(4)参加型で学ぶ、国際社会のさまざまな課題 〜貿易ゲームを通して〜・木下理仁(神奈川県国際交流協会)
104 みんなの幸せを願って 福祉体験・福祉教育 江間 薫  社会福祉施設でのボランティア体験や講義を通して、福祉についての理解を深め、福祉教育の指導に生かす。
(1)オリエンテーションと実習施設の希望と調整・江間薫(総合教育センター)
(2)施設ボランティアの在り方・岸田孝史(特別養護老人ホーム緑陽苑)
(3)ボランティア実習についてのオリエンテーション・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(4)
(5)社会福祉施設でのボランティア実習・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(6)ボランティア実習の報告会と福祉教育の進め方・江間薫(総合教育センター)
105 自分を大切にする健康教育(性・エイズ・薬物) 矢野 君江  性の逸脱行動や薬物乱用を心の観点から捉え、健康とのかかわりについて確認し、子どもに自己決定する態度を身につけさせるための手立てを探る。
(1)命の教育 〜自分を大切にする健康教育・授業実践の事例報告〜・井坂喜美子(中原中) 永井主悦(塚越中) 黒江真ニ(臨港中) 松田幸子(川中島中) 森本明彦(川中島中) 武川行男
(2)援助チィ―ムの考え方・田村節子(茨城県スクール)
(3)思春期の人権 「男らしさ女らしさって何?」〜CAP・大人のためのワークショップ〜・CAPかながわ
(4)現代の思春期の子どもたちの現状と課題〜保護少年を通して(出会い系サイト・性非行・薬物)〜・新倉アキ子(神奈川県警察本部少年課)
(5)エイズを含む性感染症の実態と今後の予防教育の進め方・池上千寿子(ぷれいす東京代表)
(6)青少年の薬物依存とケア〜薬物依存の原因について考える〜・岸本英爾(神奈川県立せりがや病院)
106 子どもの荒れに立ち向かうかかわり 高橋あつ子  学級崩壊やいじめ等、子どもの荒れた状態を幼児期から発達的に理解することを通し、様々な対応について具体的に学ぶ。
(1)学級崩壊とその対応・川村茂雄(都留文科大学)
(2)いじめ加害者の理解と被害者ケア・岡本淳子(立正大学心理学部)
(3)いじめない自分作り・福田博行(八王子市立八王子第六中)
(4)ピアサポートによる予防・解決・高野利雄(立教池袋中学校・高校)
107 人間教育(生命感の涵養) 新井 典子  自然、生命、人間、神の観念に向ける精神(心)の志向性とその転回を考える。
(1)生命現象の科学的解明と生命体の進化・大熊辰熊
(2)精神(心)のベクトルとその転回ー精神革命と科学革命・大熊辰熊
(3)科学技術文化と生命倫理・大熊辰熊
201 ワード入門 田中克明  学校教育に取り入れられているコンピュータについて慣れ親しみ、基本的な機能としてのワープロソフト(Word)の理解と操作技術を習得する。
(1)ウインドウズの基礎・基本・インストラクター アシスタント 北野久子(菅生小) 山里昌士(野川小) 樋口彰(坂戸小) 柴田雅之(大戸小) 草柳譲治(藤崎小) 川村昌弘(宮前小) インストラクター(総合教育センター)
(2)ワープロの基礎 〜使用ソフト=Word〜・1回目と同じ
(3)
(4)ワープロ演習 〜使用ソフト=Word〜・1回目と同じ
202 ワード応用 田中克明  ワード入門コースを終了された方を対象に(同程度の技術を習得されている方を含む)ワープロソフト(Word)の機能をより深く理解し、活用できる操作技術の習得を目指す。
(1)ウインドウズの理解及び活用・インストラクター アシスタント 氏家靖浩(東柿生小) 根井光洋(下作延小) 藤生豊(久末小) 高橋堅志(今井小) 山口嘉徳(東住吉小) 家才子雅樹(旭町小) インストラクター(総合教育センター)
(2)ワープロソフトの活用 〜使用ソフト=Word〜・1回目と同じ
(3)ワープロソフトの応用的な使用法 〜使用ソフト=Word〜・1回目と同じ
(4)自作文書作成 〜自分で原案を準備し、各自で文書を作成する〜・1回目と同じ
203 エクセル入門 田中克明  学校教育に取り入れられているコンピュータについて慣れ親しみ、基本的な機能としての表計算ソフト(Excel)の理解と操作技術を習得する。
(1)ウインドウズの基礎・基本・インストラクター アシスタント 北野久子(菅生小) 山里昌士(野川小) 樋口彰(坂戸小) 柴田雅之(大戸小) 草柳譲治(藤崎小) 川村昌弘(宮前小) インストラクター(総合教育センター)
(2)表計算の理解 〜使用ソフト=Excel〜・1回目と同じ
(3)簡単な表計算の練習 〜使用ソフト=Excel〜・1回目と同じ
(4)簡単な表計算の演習 〜使用ソフト=Excel〜・1回目と同じ
204 エクセル応用 田中克明  エクセル入門を終了された方を対象に(同程度の技術を習得されている方を含む)表計算ソフト(Excel)の機能をより深く理解し、活用できる操作技術の習得を目指す。
(1)ウインドウズの理解及び活用、エクセルの簡単な確認・インストラクター アシスタント 氏家靖浩(東柿生小) 根井光洋(下作延小) 藤生豊(久末小) 高橋堅志(今井小) 山口嘉徳(東住吉小) 家才子雅樹(旭町小) インストラクター(総合教育センター)
(2)表計算ソフトの活用 〜使用ソフト=Excel〜・1回目と同じ
(3)表計算ソフトの応用的な使用法 〜使用ソフト=Excel〜・1回目と同じ
(4)実際に活用できる表を作成する 〜自分で原案を準備し、各自で表を作成する〜・1回目と同じ
205 プレゼンテーション入門 長谷部 実  表現ツールとしての[PowerPoint97](プレゼンテーションソフト)の基本操作を習得する。
(1)パワーポイント97の操作の仕方(1)・長谷部実(総合教育センター) 成川秀幸(川崎市青少年科学館) 飯田智芳(西梶ケ谷小) 岩田昭彦(下作延小) 大矢敏克(下沼部小) 井上潔(南河原中) 宇田敏彦(平間中) 大塚正泰(中原中) 金子隆一(橘中) 望月隆(生田中)
(2)パワーポイント97の操作の仕方(2)・長谷部実(総合教育センター) 成川秀幸(川崎市青少年科学館) 飯田智芳(西梶ケ谷小) 岩田昭彦(下作延小) 大矢敏克(下沼部小) 井上潔(南河原中) 宇田敏彦(平間中) 大塚正泰(中原中) 金子隆一(橘中) 望月隆(生田中)
(3)パワーポイント97の操作の仕方(3)・長谷部実(総合教育センター) 成川秀幸(川崎市青少年科学館) 飯田智芳(西梶ケ谷小) 岩田昭彦(下作延小) 大矢敏克(下沼部小) 井上潔(南河原中) 宇田敏彦(平間中) 大塚正泰(中原中) 金子隆一(橘中) 望月隆(生田中)
(4)パワーポイント97の操作の仕方(4)・長谷部実(総合教育センター) 成川秀幸(川崎市青少年科学館) 飯田智芳(西梶ケ谷小) 岩田昭彦(下作延小) 大矢敏克(下沼部小) 井上潔(南河原中) 宇田敏彦(平間中) 大塚正泰(中原中) 金子隆一(橘中) 望月隆(生田中)
206 デジタル画像入門 長谷部 実  本格的な静止画の加工を手軽に楽しむ方法を習得する。
(1)画像加工ソフトに慣れよう・長谷部実(総合教育センター) インストラクター3名
(2)画像加工をやってみよう・長谷部実(総合教育センター) インストラクター3名
207 コンピュータ授業利用 西田政吉  川崎市教育情報ネットワーク(KEINS−NET)の活用及び、コンピュータ授業活用の先進的実践例を紹介し、明日から学習で利用できるようにする。
(1)情報源の紹介1(リンク集・検索・教育素材集)・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(総合教育センター) 家才子雅樹(旭町小) 市川王信(商業高校) 北野久子(菅生小) 小松原和人(中原小) 山口嘉徳(東住吉小) 椎名美由紀(南生田小) 井上潔(南河原中) 長澤秀行(今井中) 福山創(上丸子小)
(2)授業実践の紹介1・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(総合教育センター) 家才子雅樹(旭町小) 市川王信(商業高校) 北野久子(菅生小) 小松原和人(中原小) 山口嘉徳(東住吉小) 椎名美由紀(南生田小) 井上潔(南河原中) 長澤秀行(今井中) 福山創(上丸子小)
(3)情報源の紹介2(リンク集・検索・教育素材集)・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(総合教育センター) 家才子雅樹(旭町小) 市川王信(商業高校) 北野久子(菅生小) 小松原和人(中原小) 山口嘉徳(東住吉小) 椎名美由紀(南生田小) 井上潔(南河原中) 長澤秀行(今井中) 福山創(上丸子小)
(4)授業実践の紹介2・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(総合教育センター) 家才子雅樹(旭町小) 市川王信(商業高校) 北野久子(菅生小) 小松原和人(中原小) 山口嘉徳(東住吉小) 椎名美由紀(南生田小) 井上潔(南河原中) 長澤秀行(今井中) 福山創(上丸子小)
208 学校・研究会ホームページ作成(7月実施) 大串一彦  ホームページ作成ソフト(ホームページビルダー)を使って、学校および研究(部)会のホームページを作成・更新する。ホームページ作成上の留意点・ファイル転送ソフトを使ったサーバへの登録の方法なども研修する。
(1)学校・研究(部)会のホームページを作成・更新するときの留意点(情報モラル)と各種データの取込み方法・大串一彦(総合教育センター) 西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 田中克明(総合教育センター) インストラクター(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新@・1回目と同じ
(3)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新A・1回目と同じ
(4)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新B・1回目と同じ
(5)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新C・1回目と同じ
(6)ホームページの作成と更新のまとめ〜サーバへのファイル転送など〜・1回目と同じ
209 学校・研究会ホームページ作成(8月実施) 大串一彦  ホームページ作成ソフト(ホームページビルダー)を使って、学校および研究(部)会のホームページを作成・更新する。ホームページ作成上の留意点・ファイル転送ソフトを使ったサーバへの登録の方法なども研修する。
(1)学校・研究(部)会のホームページを作成・更新するときの留意点(情報モラル)と各種データの取込み方法・大串一彦(総合教育センター) 西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 田中克明(総合教育センター) インストラクター(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新@・1回目と同じ
(3)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新A・1回目と同じ
(4)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新B・1回目と同じ
(5)学校・研究(部)会のホームページの作成と更新C・1回目と同じ
(6)ホームページの作成と更新のまとめ〜サーバへのファイル転送など〜・1回目と同じ
210 情報モラル・危機管理 西田政吉 長谷部実  著作権・情報モラルの指導を授業を通して成立させる方法、ネットワーク上の危機対応のあり方を研修する。
(1)児童生徒への著作権・プライバシー・情報モラルの指導法・西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター)
(2)日常の点検と問題発生時の対応の仕方を探る・西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター)
211 出前研修「映像視聴覚」 高橋邦夫  学習で活用する映像教材の制作の仕方(ビデオの撮影方法・ビデオ編集機による編集方法)や映像教材の利用法・留意点などについて研修する。また、優れたビデオ作品を鑑賞し、講演を行うなど学校単位やグループ単位で研修する。
(1)映像制作入門(ビデオカメラによる撮影の基本)・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)映像制作応用(ビデオ編集機を利用してのビデオ教材制作)・センター指導主事等(総合教育センター)
(3)映像教材の教育利用1(総合教育センターの自作映像教材の紹介と活用の仕方)・センター指導主事等(総合教育センター)
(4)映像教材の教育利用2(ビデオ作品を鑑賞するとともに講演を行う)・原勤(総合教育センター)
212 出前研修「コンピュータ」 長谷部 実  学校に導入されているコンピュータの授業での利用を促進するために、操作法、利用法、留意点などを学校、グループ単位で各学校のコンピュータやセンターのコンピュータを使って研修する。
(1)ワード・エクセル・パワーポイントの操作方法・総合教育センター(センター研修指導主事等)
(2)デジタルカメラ活用法・総合教育センター(センター研修指導主事等)
(3)ホームページ作成支援・総合教育センター(センター研修指導主事等)
(4)情報倫理(モラル指導のあり方)・著作権・危機管理・総合教育センター(センター研修指導主事等)
(5)静止画の加工(フォトレタッチ)・総合教育センター(センター研修指導主事等)
(6)コンピュータの授業活用法・総合教育センター(センター研修指導主事等)
213 情報教育指導者認定(ホームページ維持管理) 田中 克明  各学校の情報教育をリードしていく方を育成する。今回は学校・研究(部)会のホームページの維持・管理について研修する。
(1)学校・研究(部)会ホームページ管理・更新研修T・研修指導主事等(総合教育センター)
(2)学校・研究(部)会ホームページ管理・更新研修U・1回目と同じ
(3)学校・研究(部)会ホームページ管理・更新研修T 1回目と同じ内容・1回目と同じ
(4)学校・研究(部)会ホームページ管理・更新研修U 2回目と同じ内容・1回目と同じ
301 国語科教育 白井 理  学習指導要領に示された基礎・基本の確実な定着のために、指導と評価についてよりいっそうの工夫が求められている。子どもたちの「伝え合い」の状況を踏まえ領域ごとに講義や演習等によって研修し、指導力の向上を図る。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)子どものコミュニケーション意識・田近洵一(東京学芸大学)
(3)教育相談の指導法を活用した「話す・聞く活動U」・白井理(総合教育センター)
(4)「書くこと」の指導と授業改善・岩間正則(横浜国立大学附属横浜中)
(5)学校図書館を活用した「読むこと」の授業・川口知子(市川市立第一中)
(6)国語教育の課題と展望・倉澤栄吉(日本国語教育学会)
302 社会科教育 前島 和樹  学習指導要領の趣旨に基づき、社会科の授業改善への具現化の方策や評価のあり方、教材開発について研修を行い、教員としての資質の向上を図る。
(1)学習指導要領とこれからの評価@ 〜授業改善に向けて〜・有田和正(教材・授業開発研究所代表)
(2)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(3)地域素材を通した教材開発・橋本英之(川崎市市民ミュージアム) 民具制作保存会会員
(4)体験活動を通した、教材開発、指導計画・佐藤俊司(末長小) 前島和樹(総合教育センター) 滝口太志(河原町小)
(5)学習指導要領に基づく、これからの評価と授業改善・元吉正典(神奈川県教育庁義務教育課)
(6)学習指導要領とこれからの評価A 〜授業改善に向けて〜・工藤文三(国立教育政策研究所総括研究官)
303 算数・数学科教育 白井 理  個に応じた指導の在り方、発展的・補充的な学習の実際、個に応じた評価の在り方などについて講義や演習などによって研修し、算数・数学教育の専門的資質を高める。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)個に応じた指導の在り方T・立花正男(国立教育政策研究所)
(3)個に応じた指導の在り方U・吉川成夫(文部科学省初等中等教育局)
(4)発展的・補充的な学習指導の実際T・大野寛武(藤沢市立湘洋中)
(5)個に応じた評価の在り方・清水静海(筑波大学) 田中仁浩(王禅寺小)
(6)発展的・補充的な学習指導の実際U・山本直(横浜国大附属横浜小)
304 理科教育 葉倉朋子  観察・実験の基礎的な演習、ものづくりやおもしろ科学実験、授業づくり、評価について研修し、日常の授業の改善に役立てる。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)知の人間化を目指す理科教育・角屋重樹(広島大学大学院)
(3)ガリレオ工房と科学の不思議を体験・後藤道雄(平成記念かざこし子どもの森公園)
(4)理科授業における評価の生かし方・森本信也(横浜国立大学教授)
(5)観察・実験の基礎と支援のポイントカード・濱晶子(白幡台小) 葉倉朋子(川崎市総合教育センター)
(6)資質・能力を育てるものづくり・石井雅幸(千代田区立九段小)
(7)授業で使える〜おもしろ科学実験・福山昇宏(宮崎中) 志村辰也(柿生小) 菅原紀子(有馬中) 渡辺一浩(東橘中) 永田賢(柿生中) 中村早苗(川中島中)
305 生活科教育 葉倉朋子  生活科における現状を踏まえ、学習活動における飼育動物の環境づくりの演習、模擬授業授業づくりや評価について研修し、教員の資質・能力の向上を図る。
(1)生活科授業づくりの基礎 〜有田和正先生による模擬授業〜・有田和正(教材・授業開発研究所代表)
(2)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(3)飼育の意義とゆとりある飼育方法〜飼育動物の環境づくり〜・中川美穂子(日本小動物獣医師会副委員長)
(4)生活科の評価の生かし方・無藤隆(お茶の水女子大学)
(5)ネイチャーゲームで環境の視点を育てる・土屋勝(グループアクティビティ代表)
(6)子どもの発想を核にした単元づくり・鎌田和宏(東京学芸大学附属世田谷小)
306 音楽科教育 吉田 和江  題材開発や教材開発を視点とした授業づくりと評価について、演習を取り入れた研修を行い、学習指導上必要な資質の向上を目指す。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)心開くコミュニケーションの世界 〜授業事例と演習〜・山田俊之(久留米市立荒木小学校教諭) 仲野雅子(東高津中) 川ア靖弘(南生田中)
(3)心開くコミュニケーションの世界 〜ボディパーカッションワークショップ〜・山田俊之(久留米市立荒木小学校教諭)
(4)箏を奏でる時を求めて 〜授業事例と演習〜・杉浦聰(埼玉大学教育学部) 松田研一(橘中) 成舞和子(犬蔵中)
(5)日本の伝統的な発声と三味線への挑戦・杉浦聰(埼玉大学教育学部)
(6)音楽づくりを授業に位置づけるために・坪能由紀子(日本女子大学)
(7)音楽科教育で育てるもの・金本正武(千葉大学教授)
307 図画工作・美術科教育 行川博幸  図工・美術科教育における今日的な課題や問題点を広い視野から把握し、自己の授業改善に役立てる。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)授業に生かす画像編集(デイジーコラージュ)@・行川博幸(総合教育センター) 大野貴士(インストラクター) 長谷部実(総合教育センター)
(3)授業に生かす画像編集(デイジーコラージュ)A・2回目と同じ
(4)プレゼンテ−ション実技研修(パワーポイント)@・高橋花子(中野島中) 長谷部実(総合教育センター) 行川博幸(総合教育センター)
(5)プレゼンテ−ション実技研修(パワーポイント)A・4回目と同じ
(6)幼稚園教育から見えてくるもの 〜小・中・高の連携を考える〜・佐藤元巳(学校法人子どもの森学園)
(7)これからの文化をつくるための学校と美術館との連携を考える・山田一文(埼玉県立近代美術館)
308 体育・保健体育科教育 前島 和樹  学習指導要領の趣旨に基づき、体育・保健体育科の授業改善への具現化の方策や評価のあり方について研修し、教員としての資質の向上を図る。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)保健体育学習の授業実践報告・田村誠(日本大学教授)
(3)運動の有能感を高め,主体的に学習する子どもを目指して「学習指導に視点を当てて」・岡澤祥訓(奈良教育大学) 小泉智則(柿生小)
(4)運動有能感の構造と授業改善・岡澤祥訓(奈良教育大学)
(5)学習指導要領に基づく,これからの評価について・渡辺寿久(教育委員会)
(6)教材別ダブルダッチ・池田欣央他5名(日本ダブルダッチ協会) 渡辺寿久(教育委員会)
309 家庭、技術・家庭科教育 吉田 和江  題材開発や教材開発を視点とした授業づくりと評価について、演習を取り入れた研修を行い、学習指導上必要な資質の向上を目指す。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)子どもたちが実感を積み重ねる題材の工夫と演習 <家庭分野>・白川美智子(大谷戸小) 鈴木由美子(長沢中) 吉田和江(総合教育センター)
(3)環境にやさしい暮らし方 〜エコアクションプログラム〜 <家庭分野>・玉本雅子(川崎市消費者行政センター)
(4)授業に生かす心理劇「家族の心の実感」 <家庭分野>・土屋明美(相州病院臨床心理士)
(5)家庭科教育ではぐくむもの 〜授業の工夫と課題〜 <家庭分野>・佐藤文子(千葉大学) 山岸薫(向丘中)
(6)Webページを生かす教材リンク集づくり@〜教科における基礎学力の育成を図る授業モデルプラン〜<共通>・倉賀野滋(臨港中) 鈴木真優美(学校教育部) 西田政吉他5名(総合教育センター)
(7)Webページを生かす教材リンク集づくりA <技術分野>・高橋邦夫他5名(総合教育センター)
(8)技術・家庭科教育における指導の工夫と評価 <共通>・渡邉康夫(文部科学省初等中等教育局)
(9)融合材料を取り入れたものづくりの教材開発@ <技術分野>・布川広(川中島中) 高城英一(西生田中) 菅原隆雄(宮前平中)
(10)融合材料を取り入れたものづくりの教材開発A <技術分野>・9回目と同じ
310 英語科教育 佐藤 剛  体験的な研修を通じて、教員の指導力改善と授業改善を図る。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)創造的な授業づくりのために・英語科のチームワークを高める研修・蒔田守(筑波大学附属中)
(3)Tell Me More,インターネットを利用した教材作り・佐藤剛(総合教育センター) 小池優一(学校教育部)
(4)生徒を巻き込むリーディング指導・小寺令子(東京都墨田区立本所中)
(5)4技能を統合した指導の工夫・太田洋(東京学芸大学附属世田谷中)
311 道徳教育 行川博幸  道徳教育の現状と課題を踏まえ、授業の展開構想、指導法についての理解を深め、指導力の充実を図る。
(1)学校に求められる道徳教育・藤永芳純(大阪教育大学教育学部)
(2)「児童生徒が道徳的価値の自覚を深めるための道徳の時間」パ−ト2・小林祐子(小田小) 南雲和子(東橘中) 堀田靖子(川中島小) 高村恒子(桜本中) 行川博幸(総合教育センター)
(3)実践報告(小学校・中学校)・福原裕一(枡形中) 武居美子(向丘小)
(4)これからの道徳教育・柴原弘志(文部科学省初等中等教育局)
312 特別活動 行川博幸  特別活動の現状と課題を踏まえ、活動の展開構想、指導法についての理解を深め、指導力の充実を図る。
(1)学校グル−プワ−ク・小島由枝(桜本小) 新井紀代美(有馬中) 亀山益恵(鷺沼小)
(2)ブリ−フセラピ−(1) 〜効果的・効率的な面接の方法〜・森俊夫(東京大学医学部)
(3)ブリ−フセラピ−(2) 〜演習〜・森俊夫(東京大学医学部)
(4)社会性を育む学級活動の在り方 〜授業のグル−プワ−ク化を通して〜・松崎宏行(稲田中) 中村邦彦(菅生小) 秋本和子(平間小) 新山英樹(南加瀬中) 行川博幸(総合教育センター)
(5)今求められる特別活動とは・犬塚文雄(横浜国立大学大学院)
313 総合的な学習の時間 葉倉朋子  「総合的な学習の時間」における単元開発の力を育てるための授業づくりや課題づくり、ポートフォリオ評価の演習、カリキュラム診断と評価の在り方など、演習や講義を通して研修する。
(1)教育課程編成の力量を高める研修・清水静海(筑波大学)
(2)ポートフォリオ評価の演習・安藤輝次(福井大学)
(3)総合的な学習の時間のカリキュラム診断と評価・天笠茂(千葉大学)
(4)総合的な学習の時間の単元開発の力をつける@課題づくりの演習・千葉昇(東京学芸大学附属大泉小)
(5)総合的な学習の時間の単元開発の力をつけるA総合の価値と実践例・松本謙一(富山大学)
314 英会話 佐藤 剛  英語で考え、自己表現し、コミュニケーションを図る実践をする。
(1)英会話演習1・英語指導助手(総合教育センター)
(2)英会話演習2・英語指導助手(総合教育センター)
(3)英会話演習3・英語指導助手(総合教育センター)
(4)英会話演習4・英語指導助手(総合教育センター)
(5)英会話演習5・英語指導助手(総合教育センター)
401 養護教諭研修 矢野 君江  子どもの健康問題が複雑、多様化するなかで、養護教諭の職務の特質や保健室の機能を生かした、より積極的な取組が健康教育に求められている。これらの課題に対して、養護教諭として必要な研修を行い、専門性を高め資質の向上を図る。
(1)学校心臓検診と新しい生活管理指導表・原田研介(日本大学医学部小児科)
(2)救急処置〜学校での処置を再確認する〜・市川慎介(市川整形外科医院)
(3)援助チィ―ムの考え方・田村節子(茨城県スクール)
(4)感染症の知識〜学校伝染病の概要を知る〜・武内可尚(川崎病院)
(5)精神疾患の知識〜基礎知識を学び子どもへの対応に生かそう・田村毅(東京学芸大学)
(6)保健学習の進め方〜授業実践の事例の報告から〜・田村誠(日本大学教授) 猪狩和子(菅中) 森島烈(御幸中) 徳江祐子(南原小) 梅山倫代(金程小)
(7)保健室経営基礎・応用〜グループ別協議(事例検討)・山崎恵子(教育委員会健康教育課) 藤原淳子(教育委員会健康教育課) 矢野君江(総合教育センター)
(8)保健学習の考え方、進め方の理論と実際・野津有司(筑波大学)
(9)保健室経営基礎・応用〜グループ別協議(保健室経営案の作成、学校保健年間計画や年間指導計画等)・矢野君江(総合教育センター) 藤原淳子(教育委員会健康教育課) 山崎恵子(教育委員会健康教育課)
402 保健室相談活動 矢野 君江  養護教諭の職務や保健室の機能の特質を生かした、保健室相談活動のあり方や方法について、講演や実技研修を通して深める。
(1)保健室における健康相談活動と養護教諭の役割・藤原淳子(教育委員会健康教育課) 矢野君江(総合教育センター)
(2)養護教諭の行う健康相談活動の理論と実際 (講義及び演習)1回目・三木とみ子(女子栄養大学)
(3)養護教諭の行う健康相談活動の理論と実際 (講義及び演習)2回目・三木とみ子(女子栄養大学)
403 高校教育 篠原 満  高校教育の授業の在り方や評価の改善について、講義や演習、討議等を通して研修し、教員としての資質の向上を図る。
(1)生徒の心をひきつける生徒指導・内田一洋(川崎市立高校)
(2)事例研究「学習指導に結びつける評価方法の工夫」・宮津健一(教育委員会学校教育部) 篠原満(総合教育センター)
(3)新聞を授業に取り入れる(NIE)・川崎操(川崎総合科学高校)
(4)高校教育における評価方法の改善・工藤文三(国立教育政策研究所総括研究官)
(5)総合的な学習の時間の評価方法について・佐藤栄寿(川崎高校)
404 心を育てる学級経営 江間 薫  グループ討議や実践の交流、実技演習などを通して、学級経営の一層の充実を目指す。
(1)班別研修T・研修指導主事(総合教育センター)
(2)学級崩壊とその対応・川村茂雄(都留文科大学)
(3)いじめない自分作り・福田博行(八王子市立八王子第六中)
(4)ピアサポートで予防・解決・高野利雄(立教池袋中学校・高校)
(5)現代の思春期の子どもたちの現状と課題〜保護少年を通して(出会い系サイト・性非行・薬物)〜・新倉アキ子(神奈川県警察本部少年課)
(6)課題別研修T 学級経営@ みんなの力を合わせた学級づくり〜当番・係活動を日常化して〜・川田創一(宿河原小)
(7)課題別研修T 学級経営A 表現活動を生かした仲間づくり・千野隆之(菅小)
(8)課題別研修U 児童生徒指導@ 危機場面での非暴力的介入の仕方〜CPIプログラムを通して〜・インストラクター(市内学校) 高橋あつ子(総合教育センター)
(9)課題別研修U 児童生徒指導A 危機場面での非暴力的介入の仕方〜CPIプログラムを通して〜・インストラクター(市内学校) 高橋あつ子(総合教育センター)
(10)課題別研修V 指導方法@ 読書活動を通して自分づくり・兼田由利子(南野川小)
(11)課題別研修V 指導方法A コミュニケーション能力を育てる授業づくり・近藤祐子(久本小)
(12)班別授業研究・研修指導主事(総合教育センター)
(13)班別研修U・研修指導主事(総合教育センター)
405 学校事務職員研修 大平 眞史  実務に関する研修を行い、学校事務職員としての資質の向上を目指す。
(1)
(2)エクセルに親しむ〈初級)・松本真理(マンパワージャパン)
406 学校給食調理員・学校栄養職員研修 大平 眞史  子どもの健康や栄養に関する専門的な知識を深めたり、食や健康に関する幅広い知識を得たりする。
(1)身近な食品の検査を通して何が見える?・柿野茂美(消費者教育支援センター)
(2)最近の食生活について・鎌崎正二(農林水産消費技術センター)
407 学校用務員研修 大平 眞史  健康で豊かな日常生活を送るため、体験を通して幅広い見識を得る。
(1)リサイクルで飾り物をつくろう 〜リースに挑戦〜・浦海民江(今井小) 水戸寿子(王禅寺中)
(2)食品の容器包装とリサイクル・大栗浩之(農林水産省関東農政局食品課)
408 学校運営 篠原 満  学校運営の在り方や基本的な諸課題について、講演や討議を通して研修し、教職員としての資質や能力を培う。
(1)講話、講演「自主・自律の時代に求められる特色ある学校づくり」・宮田進(川崎市立小) 三原良明(総合教育センター)
(2)分散会「課題別討議」・室長・主幹(総合教育センター)
(3)講義「学校事故と刑事責任」・内田市男(教育委員会総務部)
501 生涯学習 山田義弥  教育職員として必要な生涯学習・学社融合に関する基本的な知識や実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)学社融合の意味するものとその可能性〜生涯学習とのかかわりから〜・福島一男(総合教育センター)
(3)多摩市民館の新たな取組に学ぶ〜学校にアプローチする市民館事業〜・小川厚子(多摩市民館) 今野鶏三(講師補助者) 岩淵綾子(講師補助者)
(4)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・市川正行(多摩市民館) 西野一夫(中原図書館) 若宮崇令(青少年科学館) 松下孝(青少年創作センター) 座間和幸(とどろきアリーナ) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(5)地域教育会議の活動とその可能性〜生涯学習とのかかわりから〜・佐野愛子(中原中学校区地域教育会議)
(6)公的社会教育を考える(1)社会教育・生涯学習と民間活力〜「指定管理者制度」って何?〜・萩原周子(川崎市職員労働組合教育支部)
(7)図書館活動に学ぶ〜学校・地域との連携〜・瀬尾正文(宮前図書館)
(8)公的社会教育を考える(2)図書館の首長部局移管と業務委託について〜鎌倉と東京23区の事例に学ぶ〜・阿曾千代子(図書館とともだち・鎌倉) 鈴木由美子(東京の図書館をもっとよくする会)
(9)博物館と学校との連携の試み・中川文明(日本民家園)
(10)公的社会教育を考える(3)地方自治法改正と社会教育行政(仮)・長澤成次(千葉大学教育学部)
502 人権尊重 新井健司  教育職員として不可欠な人権に関する知識や感性を獲得し、基本的・実践的能力を養う。
(1)障害者の権利擁護について考える〜在日外国人障害者の問題を含めて〜・金政玉(DPI障害者権利擁護センター)
(2)共に生き共に学ぶとは〜「障害者」と「健常者」の共生社会をめざして〜・篠原睦治(和光大学人間関係学部)
(3)思春期の子の人権 男らしさ・女らしさって何?〜CAP大人ワークショップ〜・CAPかながわ
(4)「川崎市子どもの権利に関する条例」を生かして、子どもの参加を進めるために・内田塔子(立正大学) 安部芳絵(子どもの権利条約ネットワーク)
(5)男女共同参画社会〜女性のエンパワーメントと男性の意識改革〜・広岡守穂(中央大学法学部)
(6)野宿生活者の人権〜自立支援施策および中学校生徒指導における学習課題〜・池田達也(健康福祉局地域福祉課) 渡辺直樹(教育委員会指導課)
(7)川崎市における児童虐待の現状と対策・渡邊啓二(健康福祉局中央児童相談所)
(8)DVの実態とシェルターの活動・長田雅子(グループ・ビボ)
503 社会教育職員初任者 木下あけみ  社会教育初任者として必要な基本的知識や実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)博物館活動に学ぶ〜川崎の博物館を語る〜・若宮崇令(青少年科学館)
(3)スポーツ施設活動に学ぶ・柿元文雄(とどろきアリーナ) 黒川勝美(麻生スポーツセンター)
(4)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(5)青少年教育施設(子ども夢パークの)活動に学ぶ・職員(子ども夢パーク)
(6)図書館活動に学ぶ〜学校・地域との連携〜・瀬尾正文(宮前図書館)
(7)博物館と学校との連携の試み・中川文明(日本民家園)
(8)市民館活動に学ぶ・職員(高津市民館)
504 非常勤初任者 木下あけみ  教育関係職員として必要な基本的知識や、実務遂行上の基礎的能力を養う。
(1)教育委員会の非常勤制度について・鈴木隆(庶務課) 岡本雅博(庶務課)
(2)市民サービスと窓口対応について・種蔵宜子(株式会社ニッケイ・イグレック) 小林扶美子(講師補助者)
(3)川崎市の生涯学習施設について・中山博(生涯学習部長)
505 市民館基礎 木下あけみ  市民館の役割や課題を理解し、基本的業務に必要な実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)市民館保育活動に学ぶ(1)〜現状と課題〜・夏井美幸(高津市民館)
(3)市民館保育活動に学ぶ(2)〜ボランティアの声〜・文多恵(つくしんこ主宰) 成川はつえ(講師補助者)
(4)乳幼児学級に学ぶ〜「子どものために」という前に〜・青木悦(教育ジャーナリスト)
(5)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(6)女性学の基礎と市民館職員にのぞむこと・加藤千恵(東京女学館大学)
(7)自主研修のテーマを考える・木下あけみ(総合教育センター)
(8)自主研修「効果的なチラシとは?〜市民館広報の戦略〜」・岡ア慎一(宮前市民館)
(9)自主研修「体験しよう!アイスブレーキング大特集」・青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
(10)研修報告会・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
506 市民館実務 木下あけみ 課題・内容設定から運営までを、グループ別に自発的・実践的に行い、事業展開力を養う。
(1)自主研修テーマを考える・木下あけみ(総合教育センター)
(2)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」@・C班
(3)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」@・A班
(4)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」@・B班
(5)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」A・A班
(6)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」A・B班
(7)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」A・C班
(8)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」B・A班
(9)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」B・B班
(10)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」B・C班
(11)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」C・A班
(12)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」C・C班
(13)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」C・B班
(14)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」D・C班
(15)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」D・B班
(16)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」E・C班
(17)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」D・A班
(18)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」E・B班
(19)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」F・C班
(20)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」G・C班
(21)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」F・B班
(22)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」H・C班
(23)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」E・A班
(24)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」I・C班
(25)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」J・C班
(26)自主研修A班「ホームページにおける情報提供の可能性について」F・A班
(27)自主研修C班「市民館における市民との協働〜市民館のめざすもの〜」K・C班
(28)自主研修B班「学習支援のあり方について〜窓口での学習相談と情報提供〜」G・B班
(29)研修報告会・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
507 社会教育指導員研修 木下あけみ  社会教育指導員としての役割や業務上の課題を学び、実務遂行上必要な能力を養う。
(1)社会教育指導員として・木下藤子(元社会教育指導員)
(2)自主研修のテーマを考える・木下あけみ(総合教育センター)
(3)自主研修のテーマを考えるA・木下あけみ(総合教育センター)
(4)
(5)自主研修「市民の自主的な学びにつながる支援のしくみを考える〜PTA家庭教育学級を通して〜」(仮)・木下あけみ(総合教育センター)
(6)社会教育指導員の仕事について・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(7)今後の研修の方向性について・木下あけみ(総合教育センター)
(8)研修報告会・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
508 図書館基礎 新井健司  図書館の役割や課題を理解し、基本的業務に必要な実践的能力を養う。
(1)図書館サービスの基本と接遇・古川栄一(中原図書館)
(2)コンピュータシステムの基本・栗原宏光(中原図書館)
(3)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(4)図書館資料とレファレンス・野村充(幸図書館)
(5)図書館に勤めて〜先輩職員に聞く〜・田中茂一(多摩図書館) 吉田和泉(高津図書館) 吉村知晃(川崎図書館)
(6)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(7)児童図書の修理について・能川保(宮前図書館)
(8)児童サービスを学ぶ〜東京こども図書館〜・東京子ども図書館職員
(9)全体研修「未来をつくる図書館」・菅谷明子(経済産業研究所)
509 図書館実務 新井健司  より良い業務展開のための専門的能力を養う。今年度の重点は、新システムと地域資料。
(1)コンピュータシステムについて・栗原宏光(中原図書館)
(2)予約の流れと書誌について・裄V晴美(中原図書館)
(3)1に同じ・栗原宏光(中原図書館)
(4)2に同じ・池原真(中原図書館)
(5)地域資料(郷土・行政)@基礎編(地域資料の解説と収集方針のあり方について〜丸山教の資料を例にとって)・池原真(中原図書館) 裄V晴美(中原図書館)
(6)地域資料A地図について・裄V晴美(中原図書館)
(7)公的社会教育を考える(2)図書館の首長部局移管と業務委託について〜鎌倉と東京23区の事例に学ぶ〜・阿曾千代子(図書館とともだち・鎌倉) 鈴木由美子(東京の図書館をもっとよくする会)
(8)地域資料Bミュージアムの地域資料(写真・映像・図書)・職員(中原図書館)
(9)全体研修「未来をつくる図書館」・菅谷明子(経済産業研究所)
510 博物館基礎・実務 木下あけみ  博物館の役割や今日的課題を学び、業務に必要な実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)川崎の博物館を語る・若宮崇令(青少年科学館)
(3)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(4)学校・地域との接点をさぐる〜教育普及事業「体感する美術」の実践〜・永山智子(佐倉市立美術館)
511 スポーツ施設基礎・実務 下迫田浩司  スポーツ施設の役割や今日的課題を学び、業務に必要な実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)川崎市生涯スポーツ振興基本計画のめざすもの・石川敏廣(スポーツ課)
(3)主催事業の運営について〜キッズスポーツ広場の事例〜・長谷川敏彦(体育館)
(4)よくわかるトレーニング機器の使用方法・山口満生(健康運動指導士)
(5)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(6)4に同じ・山口満生(健康運動指導士)
(7)救急法の実際・左澤重明(日本赤十字社救急法名誉指導員)
512 青少年教育基礎・実務 下迫田浩司  青少年教育の果たすべき役割や今日的課題を学び、業務に必要な実践的能力を養う。
(1)川崎の生涯学習がめざすもの・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(2)子ども参画事業での大人の役割〜ワークショップの魅力と危険性〜・安部芳絵(子どもの権利条約ネットワーク)
(3)思春期の子の人権 男らしさ・女らしさって何? 〜CAP大人ワークショップ〜・CAPかながわ
(4)「川崎市子どもの権利に関する条例」を生かして、子どもの参加を進めるために・内田塔子(立正大学) 安部芳絵(子どもの権利条約ネットワーク)
(5)子どもに信頼関係を育てるプログラム〜アイスブレーキングや自他尊重のアクティビティを体験しよう〜・工藤亘(玉川大学) 白山明秀(玉川大学)
(6)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(7)青少年教育施設(子ども夢パークの)活動に学ぶ・職員(子ども夢パーク)
513 指導・経営 小林雄介  職場集団をまとめ、指導、補佐する職員や施設経営をする職員として必要な能力を養う。
(1)苦悩する生涯学習・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)生涯学習シンポジウム〜学校・地域との連携〜・シンポジスト(施設長) 黒沢惟昭(コーディネーター)
(3)ホールの危機管理・大野晃(神奈川県民ホール)
514 応接・応対 木下あけみ  市民との応接・応対に必要な心構え・知識・技術について、実践的能力を養う。
(1)市民サービスと窓口対応について・小林扶美子(講師補助者) 種蔵宜子(株式会社ニッケイ・イグレック)
(2)川崎市の生涯学習施設について・中山博(生涯学習部長)
(3)職員のメンタルヘルスについて・未定
515 技術・芸術 小林雄介  技術・芸術に関する専門的能力を養う。
(1)ホール自主事業の企画・間瀬勝一(横浜市泉区民文化センター)
(2)イベントプロデュース事業・岡ア慎一(宮前市民館)
(3)ホール運営の実際〜横浜市旭区民文化センター(サンハート)〜・内田裕章(横浜市旭区民文化センター)
(4)ホールの危機管理・大野晃(神奈川県民ホール)
516 企画・立案 木下あけみ  企画・立案に関する専門的能力を養う。
(1)市民と協働で作る学びの場(1)〜そのための考え方を学ぶ〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(2)市民と協働で作る学びの場(2)〜そのための考え方を方法を学ぶ〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(3)市民と協働で作る学びの場(3)〜事業プログラムを作ってみよう〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(4)市民と協働で作る学びの場(4)〜事業プログラムを作ってみよう〜・竹迫和代(計画技術研究所)
517 情報・相談 木下あけみ  情報収集・活用・発信や学習相談に関する専門的能力を養う。
(1)ホームページの作成と更新(1)〜ホームページビルダーを使って〜・大串一彦(総合教育センター)
(2)ホームページの作成と更新(2)〜ホームページビルダーを使って〜・大串一彦(総合教育センター)
(3)ほしい人にほしい情報を!〜メルマガ、HPで旬の情報を届ける〜・朝倉千亜希(教育文化会館) 深澤香織(講師補助者教文子育てネット) 岩瀬貴子(講師補助者教文子育てネット) 斉藤輝美(講師補助者教文子育てネット)
(4)プレゼンテーション技法を学ぶ(1)〜パワーポイントを使って〜・長谷部実(総合教育センター)
(5)プレゼンテーション技法を学ぶ(2)〜パワーポイントを使って〜・長谷部実(総合教育センター)
518 連携・支援 木下あけみ  他施設・他部局や市民との協働、調整、連携、支援に関する基礎的・実践的能力を養う。
(1)市民と協働で作る学びの場(1)〜そのための考え方を学ぶ〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(2)市民と協働で作る学びの場(2)〜そのための考え方を学ぶ〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(3)市民と協働で作る学びの場(3)〜事業プログラムを作ってみよう〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(4)市民と協働で作る学びの場(4)〜事業プログラムを作ってみよう〜・竹迫和代(計画技術研究所)
(5)ファシリテーションはじめの一歩〜話し合いの場をサポートするために〜・椿景子(国際ファシリテーション協会)
601 教育相談T 山本浩之  児童生徒への援助に生きる教育相談の基本的な考え方や態度を学ぶ。
(1)学校教育相談の今日的課題・鵜養美昭(日本女子大学教授)
(2)学校グループワーク・吉田豊美(御幸中) 新井紀代美(有馬中) 渡辺寿枝(鷺沼小) 亀山益恵(鷺沼小)
(3)不登校の背景・河合洋(発達医学研究所かわいクリニック)
(4)
(5)構成的グループエンカウンター・稲富正治(川崎幸クリニック)
(6)
(7)切れる子の理解と対応・本田恵子(玉川大学)
(8)
(9)授業に生かす心理劇「家族の実感」・土屋明美(相州病院臨床心理士)
602 教育相談U 北西 真知子  教育相談への理解を深め、その考えを生かした援助の在り方を実習を通して学ぶ。
(1)学校教育相談の今日的課題・鵜養美昭(日本女子大学教授)
(2)ブリーフセラピー(効果的・効率的な面接の方法)(1)・森俊夫(東京大学医学部)
(3)ブリーフセラピー(2)演習・森俊夫(東京大学医学部)
(4)援助チームの考え方(1)・田村節子(茨城県スクール)
(5)援助チームの考え方(2) 演習・田村節子(茨城県スクール)
(6)コラージュ療法を学ぶ(1)・永井撤(都立大学教授)
(7)コラージュ療法を学ぶ(2)・永井撤(都立大学教授)
(8)カウンセリング演習(1)・本間千尋(総合教育センターゆうゆう広場) 松井恭子(総合教育センターゆうゆう広場)
(9)カウンセリング演習(2)・本間千尋(総合教育センターゆうゆう広場) 松井恭子(総合教育センターゆうゆう広場)
(10)ミニカウンセリング(1)解説・実技@・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
(11)ミニカウンセリング(2)実技A・テープ記録・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
(12)ミニカウンセリング(3)テープ記録の分析・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
(13)ミニカウンセリング(4)実技B・広井法子(社会福祉法人藤沢育成会)
701 個別教育計画を作って授業を変えよう 上杉 忠司 初級コース−−個別教育計画の作成の仕方、授業への生かし方を研修する。       上級コース−−個別教育計画の作成を通し、より的確な状態像の把握や保護者との連携や  地域や校内の教育資源の生かし方を研修する。
(1)児童生徒の教育ニーズを明らかにして年間目標を立てる・センター指導主事等(総合教育センター) 宮下豊(川崎市立宿河原小) 佐藤肇(川崎市立京町中) 重藤根治子(川崎市立養護学校) 小野学(川崎市立東菅小) 増田亨(川崎市立大戸小)
(2)アセスメントを読みとり教育課題を明らかにする・センター指導主事等(総合教育センター)
(3)学期の目標から授業計画をプランニング・1回目と同じ
(4)実践事例の検討会・1回目と同じ 金子健(明治学院大学教授)
(5)校内支援体制作りと保護者との連携作り・玉井邦夫(山梨大学教育人間科学部)
(6)実践事例の検討会・1回目と同じ 玉井邦夫(山梨大学教育人間科学部)
(7)指導実践報告・1回目と同じ
702 実践障害児教育 成田和郎  障害児学級の経験が浅い方を対象にした実践的な講座です。子どもの一人一人のニーズに合わせた指導をするために必要な基礎的な知識や理解を深め、授業や指導にすぐに生かしていただけるように講座を設定しました。
(1)心を開くコミュニケーションの世界〜授業事例と演習〜・仲野雅子(東高津中) 川ア靖弘(南生田中) 山田俊之(久留米市立荒木小学校教諭)
(2)心を開くコミュニケーションの世界〜授業事例と演習〜・山田俊之(久留米市立荒木小学校教諭)
(3)「個別指導の実際」 アセスメントの仕方、保護者との話し合いの進め方を中心に・小野学(川崎市立東菅小)
(4)「元気が出る障害児学級の経営」 子ども理解、授業や教育課程、教材教具の工夫、家庭との連携など・小松栄生(川崎市立王禅寺中)
703 専門障害児教育 永延道代  中堅教員を対象とした研修でさらに専門性を高める。今年度のテーマは「自閉症の心に挑む」である。
(1)心の理論 〜事例を通して学ぶ〜・藤野博(学芸大学教育学部)
(2)自閉症児のコミュニケーションの発達と指導・太田一貴(小金井市おもちゃライブラリー)
(3)自閉症の関係障害臨床・小林隆児(東海大学健康科学部)
(4)強度行動障害を持つ自閉症の理解・三島卓穂(鉄道弘済会総合福祉センター)
704 通常の学級における特別支援教育 高橋あつ子  LDやAD/HD、高機能自閉症などの子どもへの支援の必要性が叫ばれている。ここでは通常の学級における特別支援教育について理解を深め、授業・支援体制作りなど、支援に向けた実践的力量を培うとともに、特別支援教育コーディネータの役割を考える。
(1)今求められる特別支援教育とは・柘植雅義(文部科学省)
(2)算数・数学の指導に生かす特別支援教育・熊谷恵子(筑波大学学校教育部)
(3)国語の指導に生かす特別支援教育・伊藤逞子(神奈川学習障害教育研究協会)
(4)校内支援の在り方〜シンポジウム〜・LD専門家チーム教育班
(5)支援リソースのコーディネート演習・高橋あつ子他(総合教育センター)
901 新任校長 篠原 満  学校運営の在り方や校長の職務について、講演・講義・実務研修等を通して、管理職としての資質や能力を培う。
(1)講話、講演「学校の自己評価と校長の役割」・三原良明(総合教育センター) 牧昌見(聖徳大学人文学部)
(2)実務研修・未定(市職員)(教育委員会)
902 新任教頭 篠原 満  学校運営の在り方や教頭の職務について、講演・講義・実務研修等を通して、管理職としての資質や能力を培う。
(1)講演「教頭の心得」、実務研修・石村恒一(川崎市立小) 未定(市職員)(教育委員会)
(2)
(3)
(4)実務研修・未定(市職員)(教育委員会)
(5)ID取得研修・センター研修指導主事(総合教育センター)
903 校長研修 篠原 満  校長の職務遂行と学校運営にかかわる諸課題について、講演や具体的事例をもとに研修し校長としての資質を高める。
(1)講演「生徒指導と特別活動」、講話・宮川八岐(文部科学省初等中等教育局) 未定(市職員)(教育委員会)
(2)講演「子どもたちの心のケア」、講話・藤森和美(聖マリアンナ医学研究所) 未定(市職員)(教育委員会)
(3)講演「人権尊重教育」、講話・目々澤富子 未定(市職員)(教育委員会)
(4)学校経営研究会議研究中間報告、分散会「研究協議」・なし
(5)講演「学校経営と校長の創造性」、講話・小川信夫(玉川大学全人教育研究所) 未定(市職員)(教育委員会)
904 教頭研修 篠原 満  教頭の職務遂行と学校運営にかかわる諸課題について、講演や具体的事例をもとに研修し教頭としての資質を高める。
(1)講演「新しい教育/プロジェクト学習&ポートフォリオ評価」、講話・鈴木敏恵 未定(市職員)(教育委員会)
(2)講演「子どもの心を育てる」、講話・未定(市職員)(教育委員会) 鵜養美昭(日本女子大学教授)
(3)分散会−1「法規演習」・未定(市職員)(教育委員会)
(4)講演「子どもの人権 〜暴力防止の現場から〜」、講話・安藤由紀 未定(市職員)(教育委員会)
(5)分散会−2「事例研究」・現職校長
(6)講演「組織の活性化とサブリーダーの役割」、講話・企業役員 未定(市職員)(教育委員会)
905 学校経営校長 篠原 満  学校経営上の諸課題について、講義・演習等を通して研修し、校長として広い視野に立って解決する資質や能力を培う。
(1)講演「企業における新人教育」・井戸一郎(株式会社山武)
(2)分散会「課題別討議」・現職校長
(3)
(4)講義と演習「学校マネジメント」・講師(産業能率大学経営開発本部)
906 学校経営教頭 篠原 満  学校経営上の諸課題について、講義・演習等を通して研修し、教頭として広い視野に立って解決する資質や能力を培う。
(1)講演「地域と学校との連携」・佐々木孝(横浜市立茅ヶ崎小)
(2)分散会「課題別討議」・現職校長
(3)講義と演習「危機管理とマスコミ対応」「効果的な意思決定」・篠崎良一(共同PR株式会社) 坂巻美和子(社員研修研究室)
(4)講義と演習「危機管理とマスコミ対応」「効果的な意思決定」・坂巻美和子(社員研修研究室) 篠崎良一(共同PR株式会社)
907 幼児教育 長谷川 眞知子  平成15年度から3年保育の研究実践園が始まる。急激な社会変化の中における幼児教育の在り方について研修し、保育者としての専門性を高め、資質の向上を図る。
(1)しなやかな心と体をはぐくむ・近藤充夫(東京学芸大学)
(2)乳幼児の発達課題への対応・福永賀哉子(聖マリアンナ医科大学病院)
(3)子どもの発達と父親の役割・中野由美子(目白大学)
908 英語科教員研修 佐藤 剛  中学校・高等学校英語科教員の英語力及び授業力を高め、教員の資質と指導力向上を図る
(1)英会話演習1・英語指導助手(総合教育センター)
(2)英会話演習2・英語指導助手(総合教育センター)
(3)英会話演習3・英語指導助手(総合教育センター)
(4)英会話演習4・英語指導助手(総合教育センター)
(5)英会話演習5・英語指導助手(総合教育センター)
(6)TOEFL/TOEICと英語科教員の英語力・千田潤一(株式会社アイ・シー・シー)
(7)音読の必要性とオーラルインタープリレーション・TimothyJ.Wright(大妻女子大学)
(8)英語授業分析・高橋一幸(神奈川大学)
(9)英語の授業力を高める研修 ALTとのTT再考・JackMassalski(東京女子大学講師)
(10)コミュニカティブなリーディング指導・卯城祐司(筑波大学)
910 教育課程編成 葉倉朋子、白井 理  よりよい教育課程の編成と実施のために、教育課程の診断と改善、授業開発、子どもの育ちと学校教育等について、講義や演習、情報交換と協議などによって学び,教育課程編成の専門的力量を高める。
(1)教育課程の診断と改善・天笠茂(千葉大学)
(2)教育課程の診断と改善の事例AB (小学校)・内田千絵(横浜市立大岡小)
(3)教育課程の診断と改善の事例C (中学校)・永井誠(相模原市立矢口中)
(4)自校の教育課程の見直しA (小学校)・(研修)指導主事(総合教育センター)
(5)自校の教育課程の見直しB (小学校)・(研修)指導主事(総合教育センター)
(6)自校の教育課程の見直しC (中学校)・(研修)指導主事(総合教育センター)
(7)授業開発TAB 「授業づくりと学びの構成」 (小学校) 「授業分析の理解を深める」・小泉秀夫(横浜国大教育実践総合センタ−) 大島聡(横浜国大教育実践総合センター)
(8)授業開発TC 「授業づくりと学びの構成」(中学校)・高木展郎(横浜国大教育実践総合センター)
(9)授業開発U「学習指導と評価の在り方」・安彦忠彦(早稲田大学)
(10)子どもの育ちと学校教育・斎藤勝(日本女子大学) 東洋(清泉女学院大学)
 Page Top
これまでの「研修」一覧へ