これまでの「研修」一覧へ

平成14年度の研修一覧

番号コース名担当内容
101 公開教養講座 鉄指 美登利 研修推進企画会  現代人は、国際化・情報化など著しい社会変化の中で、様々な悩みや社会問題に直面している。各分野で活躍している方の話を聞き、幅広い考え方や豊かな人間性を培う。
(1)バイオリンとピアノのジョイントコンサート〜心おどる音楽の世界へ〜・久保陽子 弘中孝
102 子どもの人権と児童生徒指導 鈴木 真優美 人権尊重教育の在り方や進め方について,講義やワークショップ等を通して学ぶ。
(1)「川崎市子どもの権利に関する条例]を生かした生徒指導の進め方・喜多明人(早稲田大学文学部)
(2)子どもに信頼関係を育てるプログラム 玉川アドベンチャープログラム・白山明秀(玉川大学) 工藤亘(玉川大学)
(3)参加型学習を取り入れた子どもの権利学習の進め方・阿部雅子(井田小) 山田雅太(京町小)
(4)他都市の人権尊重教育と人道法・長谷川稔(南菅小) 小田嶋満(臨港中) 小室寿美(日本赤十字社神奈川県支部事業部)
103 国際理解教育 佐藤 裕之  多文化共生に着目し,国際理解教育の考え方や実践方法について,体験を取り入れ研修する。
(1)多文化共生の社会をめざした国際理解教育 −多様な文化を学ぶ学習活動の構成−・吉沢寿一(古川小)
(2)子どもたちの活動の見とりについて −国際理解の授業分析を通して−・恒吉僚子(東京大学大学院助教授)
(3)国際理解教育の素材・題材を生かしたワークショップ・鈴木睦子(川崎市立東柿生小) 西原邦雄(川崎市立東高津小) 三田寺裕美子(川崎市立西生田小) 轡田亜子(川崎市立幸町小)
(4)学校における国際理解教育の進め方・佐藤郡衛(東京学芸大学)
104 異文化経験児童生徒教育 佐藤 裕之  海外帰国・外国人児童生徒の特性を生かしたり,日本語力を高めたりするための方法を探る。
(1)日本語指導のあり方と工夫について・林恵美子(日本語指導等協力者) 田村敦子(日本語指導等協力者) 高橋悦子(日本語指導等協力者)
(2)日本語指導の実際・広瀬万里子(TIJ東京日本語研修所)
(3)海外生活児童生徒教育に関する実践 −パネルディスカッション−・岩崎光恵(川崎市立南百合丘小) 竹内恵子(川崎市立有馬中) 田村ゆき子(川崎市立富士見台小) 保坂千春(川崎市立今井小)
(4)日本語教育と国語教育の連携 「日本語学習のプログラム」・山本清隆(信州大学教育学部)
105 英会話 小池 優一 国際化時代における相互理解の一手段としての英語を理解し,外国語指導助手(ALT)との実習を通して,英語で考え表現し,コミュニケーションを図る実践をする。
(1)英会話演習1・英語指導助手(総合教育センター)
(2)英会話演習2・英語指導助手(総合教育センター)
(3)英会話演習3・英語指導助手(総合教育センター)
(4)英会話演習4・英語指導助手(総合教育センター)
106 総合的な学習の時間 葉倉朋子 「総合的な学習の時間」においてこれからの課題である『評価』を中心に研修を深め,授業の改善に役立てる。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)総合的な学習の時間に生かすポートフォリオ評価・小田勝己(城西国際大学)
(3)総合的な学習の時間と授業づくり(小学校)・齋藤一弥(横浜市立大岡小)
(4)総合的な学習の時間と授業づくり(中学校)・久保高志(相模原市立矢口中)
(5)課題づくりと力の育ちの評価・有田和正(教材・授業開発研究所代表)
(6)総合的な学習の時間のカリキュラムづくりと評価・天笠茂(千葉大学)
107 環境教育 篠原 満  21世紀を生きる子ども達にとって,環境学習は欠かすことのできないテーマである。身近な環境課題を題材にしたロールプレイや講義を通して,環境学習の方法を探る。
(1)ロールプレイによる環境学習・藤村コノエ(エコ企画)
(2)いのちと自然環境からごみを考える・吉崎洋子(ごみ・環境ビジョン21)
108 福祉教育 鈴木 真優美 社会福祉施設でのボランティア体験を通して,福祉教育の在り方を学ぶ。
(1)オリエンテーションと実習施設の希望と調整・鈴木真優美(総合教育センター)
(2)施設ボランティアの在り方・平本正志(養護老人ホーム「すえなが」)
(3)ボランティア実習についてのオリエンテーション・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(4)
(5)社会福祉施設でのボランティア実習・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(6)ボランティア実習の報告会と福祉教育の進め方・鈴木真優美(総合教育センター)
109 薬物乱用防止教育 鉄指 美登利  子供たちへの薬物乱用防止教育は、緊急課題である。健康の保持増進の観点から、薬物乱用と健康へのかかわりについて確認し、覚醒剤等の薬物を使用しないという態度を身につけさせるための指導の手だてを探る。
(1)第4次少年犯罪多発期を迎えて 〜その現状と対策〜・水谷修(横浜市立戸塚高等学校定時制)
(2)薬物乱用防止教育〜小学校・中学校・高等学校の教育実践の報告から〜・永井徹男(南生田小) 八木奈穂美(南生田小) 河原明美(井田中) 内満ゆり(宮内中) 田中健次(市立川崎高校) 田村誠(日本大学教授)
(3)メンタルヘルスと薬物乱用・依存・吉川武彦(国立精神・神経センター)
110 性教育・エイズ教育 鉄指 美登利  学校教育における性教育、エイズ教育実践のために、広い視野から性・エイズ教育にかかわる指導をとらえる。
(1)性教育の計画と実践 〜担任・養護教諭の役割〜・米田美津江(上丸子小) 藤原淳子(川崎小) 北西真知子(川崎市総合教育センター) 武川行男
(2)自分らしさを大切にする 〜性教育とジェンダー〜・村瀬幸浩(一橋・津田塾・東京女子大学)
(3)エイズ教育〜今、何を、どう伝えるか〜・岩室紳也(厚木病院、厚木保健所)
(4)人間って不思議〜性教育公開授業〜・未定(市立学校) 田村誠(日本大学教授)
111 人間教育 鈴木 千里 人間の道徳性,攻撃性の面からみた道徳教育の心理行動論的基礎を考える。
(1)人間教育(1)・大熊辰熊(生涯学習事業団教育専門員)
(2)人間教育(2)・大熊辰熊(生涯学習事業団教育専門員)
(3)人間教育(3)・大熊辰熊(生涯学習事業団教育専門員)
112 子どもの荒れに立ち向かうかかわり 高橋あつ子 通常の学校の中で,学級全体が荒れていたり,学習や行動,心理適応面で気になる子の行動が不安定だったりする場合,担任として学級の中でできる支援のあり方を考えていく
(1)荒れた子どもを勇気づけるには・坂本洲子(21世紀母親研究所)
(2)授業を通して立ち向かう・今泉博(練馬区立光が丘第三小)
(3)発達障害の視点から 注意欠陥多動性障害や反抗挑戦性障害の対応・大石幸二(明星大学)
(4)学習・行動支援を通して立ち向かう・水野薫(よこはま発達クリニック)
113 子育て期公開講座 鈴木 千里 子育て期の保護者が,我が子の「子育ち」にゆとりをもってかかわっていく力を養う。
(1)親子で楽しむコンサート・洗足学園大学音楽学部
(2)親子体操でスキンシップ・小田桐英人(総合体育研究所) アシスタント(総合体育研究所)
(3)クリスマス親子コンサート・洗足学園大学音楽学部
(4)子育てを楽しく 〜心配しないでお母さん〜・石堂志津子(多摩保健所・中原保健所相談員)
201 コンピュータ操作入門 高橋邦夫 学校教育に取り入れられているコンピュータについて慣れ親しみ、基本的な機能としてのワープロ、表計算の理解と操作技術を習得する。
(1)ウインドウズの基礎・基本・インストラクター2名 インストラクター4名 未定(市立学校)
(2)ワープロの基礎(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(3)
(4)ワープロ演習(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(5)
(6)
(7)
(8)表計算演習(使用ソフト=エクセル)・1回目と同じ
(9)ウインドウズの基礎・基本・1回目と同じ
(10)ワープロの基礎(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(11)
(12)ワープロ演習(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(13)
(14)
(15)
(16)表計算演習(使用ソフト=エクセル)・1回目と同じ
202 コンピュータ操作応用 高橋邦夫 コンピュータ操作入門を終了された方を対象に(同程度の技術を習得されている方を含む)ワープロ・表計算ソフトの機能をより深く理解し、活用できる操作技術の習得を目指す。
(1)ウインドウズの理解及び活用・インストラクター アシスタント 未定(市立学校)
(2)ワープロソフトの活用(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(3)ワープロソフトの応用的な使用法・1回目と同じ
(4)自作文書作成(原案を準備し、各自で文書を作成する)・1回目と同じ
(5)自作文書作成・1回目と同じ
(6)表計算ソフトの理解(入門編復習)・1回目と同じ
(7)表計算ソフトの応用的な使用法・1回目と同じ
(8)表計算ソフトを使って自作の表を作成する・1回目と同じ
(9)ウインドウズの理解及び活用・1回目と同じ
(10)ワープロソフトの活用(使用ソフト=ワード)・1回目と同じ
(11)ワープロソフトの応用的な使用法・1回目と同じ
(12)自作文書作成(原案を準備し、各自で文書を作成する)・1回目と同じ
(13)自作文書作成・1回目と同じ
(14)表計算ソフトの理解(入門編復習)・1回目と同じ
(15)表計算ソフトの応用的な使用法・1回目と同じ
(16)表計算ソフトを使って自作の表を作成する・1回目と同じ
203 プレゼンテーションT 長谷部実 川崎市教育用ソフトウェア開発委員会(中学校「美術科」部会)が作成した「くみたてくんVer.2」を使用して、プレゼンテーション技術を習得する。
(1)「くみたてくん」というソフトを理解しましょう。・長谷部実(総合教育センター) 高野直美(日吉中) 中里克己(野川中) 小森岳彦(玉川中)
(2)「くみたてくん」でプレゼンテーションを作るには。・1回目と同じ
(3)「くみたてくん」でプレゼンテーションを作りましょう。・1回目と同じ
(4)発表会をしましょう!・1回目と同じ
204 プレゼンテーションU 長谷部実 「パワーポイント97」を使用して、プレゼンテーション技術を習得する。
(1)パワーポイント97でスライドを作ろう(1)・飯田智芳(西梶ケ谷小) 長谷部実(総合教育センター) 大塚正泰(中原中) 成川秀幸(宮前平中) 金子隆一(橘中) 岩田昭彦(下作延小) 宇田敏彦(南菅中)
(2)パワーポイント97でスライドを作ろう(2)・1回目と同じ
(3)パワーポイント97でスライドを作ろう(3)・1回目と同じ
(4)パワーポイント97でスライドを作って(4)発表しよう!・1回目と同じ
205 デジタル画像入門 長谷部実 「ワープロソフト」に画像を貼り付けたり、ソフトを使ってデジタル画像を加工する技術を習得する。
(1)デジタル画像(静止画)入門(1)・長谷部実(総合教育センター) 飯田智芳(西梶ケ谷小) 岩田昭彦(下作延小) 大矢敏克(渡田小) 井上潔(南河原中) 宇田敏彦(南菅中) 大塚正泰(中原中) 金子隆一(橘中) 望月隆(生田中)
(2)デジタル画像(静止画)入門(2)・1回目と同じ
(3)デジタル画像(静止画)を加工する(基礎)・長谷部実(総合教育センター) インストラクター2名
(4)デジタル画像(静止画)を加工する(応用)・長谷部実(総合教育センター) インストラクター2名
206 コンピュータで困ったときに 長谷部実 ケインズネットを中心に、コンピュータのトラブルの際にどう対応するかを習得する。
(1)トラブル対応の目のつけ所とその対処法(1)・長谷部実(総合教育センター) インストラクター(アシスト)6名
(2)トラブル対応の目のつけ所とその対処法(2)・長谷部実(総合教育センター) インストラクター(アシスト)6名
207 KEINSの授業活用 西田政吉  川崎市教育情報ネットワーク(KEINS−NET)の活用及び、コンピュータ授業活用の先進的実践例を紹介し、明日から学習で利用できるようにする。
(1)児童生徒一人一人の「わかる授業」を支援するコンピュータやネットワークの活用方法の一例・西田政吉(総合教育センター) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(南生田中) 山口嘉徳(東住吉小) 井上潔(南河原中)
(2)児童生徒が適切なメディアを活用し、主体的な学習に取り組むための授業設計・西田政吉(総合教育センター) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(南生田中) 山口嘉徳(東住吉小) 井上潔(南河原中)
(3)コンピュータやネットワークを活用した実践事例の紹介・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 家才子雅樹(旭町小) 北野久子(菅生小)
(4)明日の授業で使える学習リンク集とKEINS−NETの有効活用・西田政吉(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 家才子雅樹(旭町小) 北野久子(菅生小)
208 学校・研究会ホームページ作成(夏季休業) 大串一彦  ホームページ作成ソフト(ホームページビルダー)を使って、学校および研究会・研究部会のホームページを作成する。ホームページ作成上の留意点・ファイル転送ソフトを使ったサーバへの登録の方法なども研修する。初めてホームページを作成する方が対象です。
(1)インターネットでホームページを発信するときの留意事項(情報モラルなど)1回〜6回の連続受講です・大串一彦(総合教育センター) 西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) インストラクター(総合教育センター)
(2)ホームページビルダーの使い方(文字・画像・リンク・スキャナ・既存の電子ファイル利用など)・1回目と同じ
(3)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろう@・1回目と同じ
(4)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろうA・1回目と同じ
(5)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろうB・1回目と同じ
(6)ホームページ作成のまとめ(サーバへのファイル転送など)・1回目と同じ
(7)インターネットでホームページを発信するときの留意事項(情報モラルなど)7回〜12回は1回〜6回と同内容・大串一彦(総合教育センター) 西田政吉(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) インストラクター(総合教育センター)
(8)ホームページビルダーの使い方(文字・画像・リンク・スキャナ・既存の電子ファイル利用など)・7回目と同じ
(9)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろう@・7回目と同じ
(10)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろうA・7回目と同じ
(11)自分の学校・研究会(研究部会)のホームページを作ろうB・7回目と同じ
(12)ホームページ作成のまとめ(サーバへのファイル転送など)・7回目と同じ
209 学校・研究会ホームページ作成(課業日) 大串一彦 ホームページの作成が学校・研究会で行われています。作成途中での様々な質問に対応した研修です。個別対応の研修になります。ホームページを初めて作成したい又は最初から作成したい場合は208「学校・研究会ホームページ作成(夏季休業)」をお申し込み下さい。
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)学校・研究会(研究部会)ホームページ作成支援(個別対応)・センター研修指導主事(総合教育センター) インストラクター(総合教育センター)
210 ネットワークLANのしくみとLAN構築 西田政吉  ネットワークLANのしくみや構築について研修する。ケーブルの製作や周辺機器のネットワーク化による共有利用の実習を行う。また、市立学校での校内LANを使った実践例を紹介する。
(1)ネットワーク概論とLANのしくみ・西田政吉(総合教育センター) 宇津野浩(上丸子小) 首藤弘明(富士見台小) システムエンジニア
(2)ネットワークケーブルの製作・西田政吉(総合教育センター) 宇津野浩(上丸子小) 首藤弘明(富士見台小) システムエンジニア
(3)校内LANの実践事例の紹介・西田政吉(総合教育センター) 市川王信(商業高校) 佐野和夫(総合科学高校) 福山創(上丸子小) システムエンジニア
(4)ネットワーク活用方法とまとめ・西田政吉(総合教育センター) 市川王信(商業高校) 佐野和夫(総合科学高校) 福山創(上丸子小) システムエンジニア
211 出前研修「映像視聴覚」随時 高橋邦夫  学習で活用するビデオ映像教材の制作の仕方(ビデオの撮影方法・ビデオ編集機による編集方法)や映像教材の利用法・留意点などについて研修する。また、優れたビデオ作品を鑑賞し、講演を行うなど学校単位やグループ単位で研修する。
(1)映像制作入門(ビデオカメラによる撮影の基本)・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)映像制作応用(ビデオ編集機を利用してのビデオ教材制作)・センター指導主事等(総合教育センター)
(3)映像教材の教育利用1(総合教育センターの自作映像教材の紹介と活用の仕方)・センター指導主事等(総合教育センター)
(4)映像教材の教育利用2(ビデオ作品を鑑賞するとともに、講演を行う)・原勤(総合教育センター) センター指導主事等(総合教育センター)
212 出前研修「コンピュータ」随時 長谷部 実  学校教育に取り入れられているコンピュータの授業での利用を促進するために、利用法や留意点などを学校単位やグループ単位でセンターの研修室や各学校のコンピュータ教室で研修します。
(1)調べ学習で使える詳しいホームページ検索 (サーチエンジンの活用法)・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)もっと便利な電子メール活用法・センター指導主事等(総合教育センター)
(3)デジタルカメラ活用法(こんなに簡単!文書への取り込み)・センター指導主事等(総合教育センター)
(4)Excelによる表計算入門と活用・センター指導主事等(総合教育センター)
(5)インターネットの光と影(情報モラル解説)・センター指導主事等(総合教育センター)
(6)川崎市教育情報ネットワーク利用体験とID取得・センター指導主事等(総合教育センター)
(7)ホームページ作成支援(ホームぺージビルダー・ネットスケープ コンポーザ・メモ帳)・センター指導主事等(総合教育センター)
(8)授業でのコンピュータやネットワークの活用例・センター指導主事等(総合教育センター)
(9)いろいろなコンピュータソフトウェアの利用体験・センター指導主事等(総合教育センター)
213 情報教育指導者認定 大串 一彦  各学校の情報教育をリードしていく方を研修します。ケインズのID取得の認定者(講師となり受講者にIDを付与する)や学校ホームぺージの管理更新について研修します。
(1)ケインズID取得認定者研修・センター指導主事等(総合教育センター)
(2)学校ホームぺージ管理・更新研修T・センター指導主事等(総合教育センター)
(3)学校ホームぺージ管理・更新研修U・センター指導主事等(総合教育センター)
(4)学校ホームぺージ管理・更新研修T・センター指導主事等(総合教育センター)
(5)学校ホームぺージ管理・更新研修U・センター指導主事等(総合教育センター)
301 国語科教育 白井 理 学習指導要領の授業への具現化のために,また国語科教育を進める上での今日的課題に対するために,評価と授業改善,授業開発について,講義,実技,話合い等の研修を行い,教科担当者としての力量を高める。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)メディアを活用して言語能力を育成する・芳野菊子(産能大学) 中村純子(麻生中)
(3)声なき声を聞く 〜子ども理解と評価〜・倉澤栄吉(日本国語教育学会)
(4)教育相談の手法を活用して伝え合う・白井理(総合教育センター)
(5)国語の学習を自己評価によって支える・斎藤勝(さざなみ幼稚園) 坂本正治(中原小)
302 社会科教育 前島 和樹  学習指導要領の趣旨を基づき社会科の授業への具現化の方策や評価の在り方についての研修を行い,教員としての資質の向上と授業の改善に役立てる
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)学習指導要領の趣旨に基づく,これからの評価の在り方・工藤文三(国立教育政策研究所総括研究官)
(3)これからの評価と授業改善・有田和正(教材・授業開発研究所代表)
(4)二ヶ領用水を訪ねて・橋本英之(川崎市市民ミュージアム) 小松典子(王禅寺小) 中川通彦(向丘小) 長岡忠昭(前菅生小)
(5)体験活動を通した,指導計画・指導案づくりと評価・小松典子(王禅寺小) 前島和樹(総合教育センター) 中川通彦(向丘小)
303 算数・数学科教育 白井 理 学習指導要領の趣旨や日々の授業での指導と評価等の具現化について,実習や講義等を通して体験的に学び,教科担当者としての力量を高める。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)数学的活動の充実と確かな知識の獲得T(実習等)・市野典明(教育委員会学校教育部) 山本正昭(臨港中)
(3)数学的活動の充実と確かな知識の獲得U(講義等)・小関煕純(岐阜聖徳学園大学)
(4)算数的活動の充実した授業作りの工夫と開発T(実習等)・市野典明(教育委員会学校教育部) 田中仁浩(総合教育センター)
(5)算数的活動の充実した授業作りの工夫と開発U(講義等)・清水静海(筑波大学)
304 理科教育 葉倉朋子  学習指導要領をふまえ,これからの授業のあり方や評価について講義や演習,実技を通して研修し,教員の資質の向上に資することをねらいとする。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)おもしろ科学実験1・福山昇宏(宮崎中) 菅原紀子(有馬中) 中村早苗(川中島中) 志村辰也(柿生小)
(3)おもしろ科学実験・渡辺一浩(東橘中) 永田賢(柿生中) 畠山英之(東小倉小) 中館明子(中野島小)
(4)理科の基礎・基本とその評価・角屋重樹(広島大学大学院)
(5)実験・観察の基礎と情報機器の活用・長谷部実(総合教育センター) 葉倉朋子(川崎市総合教育センター)
(6)授業分析と評価・森本信也(横浜国立大学教授)
(7)素朴概念を生かした授業実践・鈴木克彦(今井中)
(8)資質・能力を育てる授業と指導案作り・石井雅幸(府中市立府中第一小)
305 生活科教育 葉倉朋子  生活科における現状と課題をふまえ,カリキュラム作り,子どもの育ちと評価について研修し,授業の改善に役立てる。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)子どもの育ちと生活科の実践例・鎌田和宏(東京学芸大学附属世田谷小)
(3)地域性を生かしたカリキュラム作り・三浦和弘(横浜市立新治小)
(4)生活科における評価・無藤隆(お茶の水女子大学)
306 音楽科教育 吉田 和江  音楽科教育を進める上での諸技能に関する実技研修を通して,学習指導要領の授業への具現化の方策や評価についての研修を行い,教科担当者としての力量を高め,授業の改善に役立てる。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)音楽づくりワークショップ 〜評価の目を養うために〜・坪能由紀子(高知大学)
(3)音探し,音づくり 〜とどろきサウンドマップ〜・斎藤健司(西高津中) 森川知見(神奈川県立住吉高校)
(4)子どもが輝く音楽表現U 〜ボディパーカッションワークショップ〜・山田俊之(久留米市立荒木小学校教諭)
(5)合唱づくりコンダクター 〜重なり合う音を聴こう〜・森美加子(中原中) 川ア靖弘(南生田中)
(6)和楽器を用いた授業の工夫 〜春の海に挑戦〜・門倉映子
307 図工・美術科教育 行川 博幸 図画工作・美術科教育を進める上で,学習指導要領の授業への具現化の方策,今日的課題や問題点を広い視野から把握するなど,指導と評価の研修を行い授業改善に役立てる。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)授業に生きる画像編集@(実技研修)・高野日出見(総合科学高校) 高野直美(日吉中) 碓井義忠(南生田中) 長澤秀行(今井中) 行川博幸(総合教育センター)
(3)授業に生きる画像編集A(実技研修)・2回目と同じ
(4)図工・美術科教育の今日的課題・佐々木孝(横浜市立茅ヶ崎小)
(5)図工・美術科教育における鑑賞教育の可能性・新井哲夫(群馬大学教育学部)
308 体育・保健体育科教育 前島 和樹  学習指導要領の趣旨に基づき,実践的な事例や実技研修を通して評価の在り方や授業改善を学び,教員としての資質の向上に資する。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)これからの評価のありかた・小沢治夫(筑波大学附属駒場中高校)
(3)保健体育学習における評価の在り方・田村誠(日本大学教授)
(4)薬物乱用防止教育 〜授業の実践報告〜・八木奈穂美(南生田小) 内満ゆり(宮内中) 田中健次(市立川崎高校) 田村誠(日本大学教授) 河原明美(井田中) 永井徹夫(南生田小)
(5)実技研修を通して,評価の在り方を考える・インストラクター
309 家庭、技術・家庭科教育 吉田 和江  体験的な研修も含めながら,学習指導要領の全面実施に伴う家庭,技術・家庭科の授業の在り方や指導と評価についての研修を行い,教科担当者としての力量を高め,授業の改善に役立てる。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)日本の伝統的食材を使った調理 〜食を考える授業展開の工夫〜・勝田映子(板橋区立成増ケ丘小) 吉田和江(総合教育センター)
(3)日本の伝統的食材を使った調理 〜食を考える授業展開の工夫と評価〜・勝田映子(板橋区立成増ケ丘小) 吉田和江(総合教育センター)
(4)おもいを形に 〜技術分野の授業展開の工夫と評価〜・中村祐治(横浜国立大学) 岩田修(西中原中) 玉村弘之(東橘中) 布川広(川中島中) 増田功(渡田中)
(5)おもいを形に 〜ものづくりワークショップ〜・4回目と同じ
(6)コンピュータでつくる表現・発表プログラム 〜デジタル素材やネットワークを利用した授業展開の工夫〜・高野直美(日吉中) 井上潔(南河原中)
(7)コンピュータでつくる表現・発表プログラム 〜デジタル素材やネットワークを利用して〜・6回目と同じ
310 英語科教育 小池 優一 実践的コミュニケーション能力育成のため体験的な研修を通じて教師の指導改善と授業改善へ向けた評価の方法を考える。
(1)学習指導要領とこれからの評価 〜授業改善に向けて〜・北俊夫(岐阜大学)
(2)スキットを通した言語活動とコミュニケーション活動〜実践活動から〜・土屋雅徳(川崎市立野川中) 平谷泰美(川崎市立犬蔵中) 新妻幸子(川崎市立富士見中) 村井惠美子(川崎市立向丘中) 太田洋(東京学芸大学附属世田谷中)
(3)英語授業改善のために〜附属中学校での取組〜・肥沼則明(筑波大学附属中)
(4)インターネットで授業に役立つ情報検索・朝尾幸次郎(東海大学)
(5)教育改革とこれからの指導と評価〜絶対評価を授業に生かすために〜・佐野正之(横浜国立大学)
311 道徳教育 行川 博幸 道徳教育の現状と課題を踏まえ,授業における指導と評価についての理解を深め,指導力の充実を図る。
(1)児童生徒が道徳的価値の自覚を深めるための道徳の時間・小林祐子(小田小) 南雲和子(東橘中)
(2)これから求められる道徳教育・柴原弘志(文部科学省初等中等教育局)
(3)道徳教育の実践・行川博幸(総合教育センター) 井上総一郎(柿生中) 堀田靖子(川中島小) 小林祐子(小田小)
(4)今なぜ!道徳教育なのか 〜総合的な学習の時間との関連の中で考える〜・小川信夫(現代教育文化研究所)
312 特別活動 行川 博幸  体験的な研修も含めながら,学習指導要領の全面実施に伴う特別活動の在り方や評価についての研修を行い,教員としての力量を高める。
(1)特別活動がねらうもの 〜総合的な学習の時間とのかかわり〜・天笠茂(千葉大学)
(2)グループワーク・アプローチ 〜2学期の新たな学級づくり〜・伊藤一晴(総合教育センター) 新井紀代美(有馬中)
(3)グループワーク・アプローチ 〜2学期の新たな学級づくり〜・伊藤一晴(総合教育センター) 小島由枝(桜本小)
(4)自治的・自発的活動を伸ばす特別活動と評価・渡辺直美(教育委員会学校教育部) 高橋賢一(平間中) 森繁則(枡形中) 大類良知(西有馬小) 西谷秀人(富士見台小)
(5)人間って不思議 〜性教育公開授業〜・田村誠(日本大学教授) 未定(市立学校)
401 養護教諭研修 鉄指 美登利  子供の健康問題が複雑,多様化するなかで、養護教諭の職務の特質や保健室の機能を生かした、より積極的な取組みが健康教育に求めれれている。これらの課題に対して、養護教諭として必要な研修を行い専門性を高め資質の向上を図る。
(1)学校救急処置の実際〜養護教諭に必要な救急処置の知識と技術〜・中村朋子(茨城大学)
(2)虐待防止〜保健室でできること〜・福永賀哉子(聖マリアンナ医科大学)
(3)発達障害の視点から〜注意欠陥多動性障害や反抗挑戦性障害の対応〜・大石幸二(明星大学)
(4)保健学習の進め方 〜授業実践の事例の紹介から〜・林由記(稗原小) 山本昌代(渡田小) 菊地美和子(殿町小) 山崎恵子(教育委員会健康教育課) 田村誠(日本大学教授)
(5)中学校養護部会講演会〜耳鼻科に関する課題〜)・石塚洋一(帝京大学医学部)
(6)現代的課題への対応 〜心のケアー・PTSD(心的外傷後ストレス障害)への対応〜・藤森和美(聖マリアンナ医学研究所)
402 保健室相談活動 鉄指 美登利  養護教諭の職務や保健室の機能の特質を生かした、保健室相談活動のあり方や方法について、講演や実務研修を通して深める。
(1)養護教諭の行う健康相談活動の理論と実際・鉄指美登利(総合教育センター) 鎌田孝子(教育委員会健康教育課)
(2)子どもの変化に対応する相談活動 〜養護教諭はどのような役割を果たしているか〜・森田光子(多摩相談活動研究所)
(3)相談活動で養護教諭が使える技術と自己評価 〜事例検討を通して振り返る〜・森田光子(多摩相談活動研究所)
403 高校教育 篠原 満  高校教育をめぐる今日的課題および新教育課程における課題について解決の糸口を探る。今年度は,薬物乱用防止教育,教科「情報」を取り上げる。
(1)教科「情報」 −評価について−・野村泰朗(埼玉大学)
(2)第4次少年犯罪多発期を迎えて 〜その現状と対策〜・水谷修(横浜市立戸塚高等学校定時制)
(3)薬物乱用防止教育 〜授業の実践報告・小学校・中学校・高等学校〜・八木奈穂美(南生田小) 内満ゆり(宮内中) 田中健次(市立川崎高校) 田村誠(日本大学教授) 河原明美(井田中) 永井徹夫(南生田小)
(4)メンタルヘルスと薬物乱用・依存・吉川武彦(国立精神・神経センター)
404 幼児教育 長谷川 眞知子 川崎市幼稚園教育振興計画の実施に向けて,これからの幼稚園教育の在り方や子育て支援の在り方について,体験研修も含めて,研修を深める。
(1)子どもの心を受けとめて・飽田典子(茨城大学)
(2)3歳児(4歳児)保育体験研修・市内私立幼稚園園長
(3)環境としての保育者のあり方・小川博久(日本女子大学)
(4)地域療育センター体験研修・職員(南・中・北地域療育センター)
(5)子育て広場体験研修・職員(子育て広場川崎・古市場)
(6)幼稚園教諭のためのパソコン研修 ワード基本操作・大串一彦(総合教育センター)
(7)幼稚園教諭のためのパソコン研修 ID取得・大串一彦(総合教育センター)
(8)相談@ 障害児教育相談の現状と課題・吉濱信恒(総合教育センター参事)
(9)家庭との連携と子育て支援・今井和子(東京成徳短期大学)
(10)相談A 帰国・外国人相談の現状と課題・佐藤裕之(総合教育センター)
(11)相談B 教育相談の実際・鈴木眞一(総合教育センター)
(12)相談C 医療の立場からみた教育相談・久江洋企(川崎市立病院精神科)
(13)相談D 育児相談の実際 事例研究1・植松紀子((財)こどもの城小児保健部)
(14)相談E 育児相談の実際 事例研究2・植松紀子((財)こどもの城小児保健部)
405 学級経営基礎 鈴木 真優美 グループ討議,実技演習,授業研究などを通して,学級経営の一層の充実を目指す。
(1)班別研修T・センター研修指導主事(総合教育センター)
(2)課題別研修T指導方法@ 教科指導にコンピュータを活用するポイント【小学校】・福山創(上丸子小)
(3)課題別研修T指導方法A 板書の工夫とノート指導のポイント【小学校】・新垣英一(登戸小)
(4)課題別研修U生徒指導@ 危機場面での非暴力的な介入の仕方 −CPIプログラムを通して−・高橋あつ子(総合教育センター) 平井和也(西生田中)
(5)課題別研修U生徒指導A 危機場面での非暴力的な介入の仕方 −CPIプログラムを通して−・高橋あつ子(総合教育センター) 平井和也(西生田中)
(6)課題別研修V学級経営@ 子どもが生きる学級通信作りのポイント【小学校】・瀬戸洋子(東小田小)
(7)課題別研修V学級経営A 子どもが生きる教室環境作りのポイント【小学校】・中島克己(栗木台小)
(8)班別授業研究@【小学校】・センター研修指導主事(総合教育センター)
(9)班別授業研究A【中学校】・センター研修指導主事(総合教育センター)
(10)班別研修U・センター研修指導主事(総合教育センター)
406 保健室経営基礎 鉄指 美登利  養護教諭養成課程や新任者研修で学んだ知識を、実際の教育活動に生かし,養護教諭としての基本的な職務についての、実践的な指導力の向上を図る。
(1)具体的な実践について(学校行事における安全指導と健康管理)・鎌田孝子(教育委員会健康教育課) 山崎恵子(教育委員会健康教育課) 鉄指美登利(総合教育センター)
(2)組織活動における効果的な推進の仕方について(児童・生徒保健委員会の活性化、校内・各機関との連携)・鎌田孝子(教育委員会健康教育課) 山崎恵子(教育委員会健康教育課) 鉄指美登利(総合教育センター)
(3)健康教育に関する研修(保健学習や保健指導の実践)・鎌田孝子(教育委員会健康教育課) 山崎恵子(教育委員会健康教育課) 鉄指美登利(総合教育センター)
407 学校事務職員研修 大塚 典作 実務に関する研修を行い,学校事務職員としての資質の向上を図る。
(1)
(2)
(3)パソコンに親しむ・軍司法子(三菱電気ビジネスシステム)
408 学校栄養職員研修 小柳津百合子 子どもの健康や栄養に関する専門的な知識を深める。
(1)子どもの食生活と小児生活習慣病・中村丁次(聖マリアンナ医科大学病院)
(2)授業を通しての食教育・斉藤道子(深谷市立上柴東小)
409 学校給食調理員研修 大塚 典作 食と健康に関する幅広い知識を得る。
(1)新百合ヶ丘ビブレ エコステーション見学・田浦茂(新百合ヶ丘ビブレ)
(2)冷凍食品の美味しい調理の仕方・高木嘉彦(味の素(株)大阪支社)
(3)足の裏と健康・森尻強(東京家政大学)
410 学校用務員研修 大塚 典作 健康で豊かな日常生活を送るために,体験を通して幅広い知識を得る。
(1)太極拳で健康づくり・塩沢やす子(全日本太極拳協会)
(2)絵手紙に挑戦〜ヘタでいい,ヘタがいい〜・飯室初子(日本絵手紙協会)
411 学校運営 篠原 満  学校運営の在り方や基本的な諸課題について,講演や討議を通して研修し,教職員としての資質や能力を培う。
(1)講話と講演「地域に信頼される学校づくり」・宮田進(川崎市立小) 三原良明(総合教育センター)
(2)講義「危機管理」・内田市男(教育委員会総務部)
(3)分散会「課題別討議」・参事(総合教育センター) 教育課題研究室長(総合教育センター)
501 市民館基礎 木下 あけみ 市民館の新任、未経験職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)川崎市の市民館活動の歴史〜社会教育五十年史をひもとく〜・星野修美(総合教育センター)
(3)生涯学習推進基本構想・基本計画のめざすもの・古橋冨美雄(麻生市民館)
(4)学級・講座の企画・運営〜学習プログラムをどう作るか〜・岡本剛介(中原市民館) 小柳俊子(宮前市民館)
(5)自主研修テーマを考える〜1期を振り返って〜・木下あけみ(総合教育センター)
(6)自主研修(1)効果的なチラシ制作法・岡ア慎一(宮前市民館)
(7)自主研修(2)参画型学習プログラムの企画・運営・竹迫和代(計画技術研究所)
(8)自主研修(3)同上・竹迫和代(計画技術研究所)
(9)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(10)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(11)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
502 市民館実務 木下 あけみ 市民館職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の実践的な事項を習得する。
(1)川崎市の市民館保育活動を学び直す(1)〜現状と課題〜・古橋百合子(生涯学習推進課)
(2)川崎市の識字学習を学び直す(1)〜現状と課題〜・寺内藤雄(生涯学習推進課)
(3)川崎市の市民館保育活動を学び直す(2)〜ボランティアの声〜・文多恵(つくしんこ主宰) 中村純子(講師補助者)
(4)川崎市の識字学習を学び直す(2)〜ボランティアの声〜・三田村文雄(あいうえおの会) 斎藤ネスタ(講師補助者) 李寅順(講師補助者)
(5)担当者・学習者から話しを聞く〜久末子育て学級〜・岡本剛介(中原市民館) 渡辺恭子(講師補助者) 樋口淑美(講師補助者)
(6)女性学級の課題を研修する(1)〜すくらむ21との連携をさぐる〜・中村立子(すくらむ21)
(7)女性学級の課題を研修する(2)〜女性学の基礎を学び直す〜・加藤千恵(東京女学館大学)
(8)子育て期事業の課題を研修する〜川崎市における児童虐待の現状と対策・渡邊啓二(健康福祉局中央児童相談所)
(9)女性学級の課題を研修する(3)〜行政内の連携をさぐる・木下あけみ(総合教育センター)
(10)平和・人権尊重学級の課題を研修する〜地域に残る戦争遺跡・登戸研究所・渡辺賢二(元法政二高教諭) 和田一夫(元登戸研究所所員)
(11)識字学級の課題を研修する(1) 識字テキスト〜共に学ぶために(仮)〜・高柳和子(TIJ東京日本語研修所)
(12)先進都市に学ぶ〜障害者スポーツ文化センター横浜ラポール〜・横浜ラポール職員(障害者スポーツ文化センター)
(13)識字学級の課題を研修する(2)〜外国人支援のための基礎知識(仮)〜・山田貴夫(川崎の国際化を考える会)
(14)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(15)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
503 図書館基礎 木下 あけみ 図書館の新任、未経験職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)図書館に勤めて・齋藤浩和(中原図書館) 柳浦美穂(宮前図書館) 泉亜紀子(川崎図書館)
(3)図書館サービスの基本と接遇の在り方・青木均太(高津図書館)
(4)図書館資料の収集と保存・野村充(多摩図書館)
(5)レファレンス業務入門と演習・磯貝清志(中原図書館)
(6)先進都市に学ぶ(1)〜浦安市中央図書館の事例〜・浦安市図書館職員
(7)先進都市に学ぶ(2)〜市川市中央図書館の事例〜・市川市図書館職員
(8)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
504 図書館実務 木下 あけみ 図書館職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の実践的な事項を習得する。
(1)レファレンス業務・郷土資料の実際と演習・磯貝清志(中原図書館) 裄V晴美(中原図書館)
(2)立川市中央図書館に学ぶ〜レファレンス業務・郷土資料・職員(立川市中央図書館)
(3)新図書館システムについて(1)・栗原宏光(中原図書館)
(4)新図書館システムについて(2)・池原真(中原図書館)
(5)図書館の児童サービス(1)〜意義と活動・三橋由紀子(厚木市立中央図書館)
(6)図書館の児童サービス(2)〜国内の動向と川崎〜・佐藤凉子
(7)先進都市に学ぶ(1)〜浦安市中央図書館の事例〜・浦安市図書館職員
(8)先進都市に学ぶ(2)〜市川市中央図書館の事例〜・市川市図書館職員
(9)これからの図書館サービスと職員に求められること・小川俊彦(「図書館の学校」常務理事)
505 博物館基礎・実務 木下 あけみ 博物館職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)川崎の博物館を語る〜地域博物館の現状〜・村田文夫(日本民家園)
(3)博物館の自己点検を試みる〜運営改善のきっかけとして〜・佐々木秀彦(東京都江戸東京たてもの園)
(4)先進都市に学ぶ〜江戸東京たてもの園の事例〜・佐々木秀彦(東京都江戸東京たてもの園)
(5)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
506 スポーツ施設基礎・実務 下迫田 浩司 スポーツ施設職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)川崎市生涯スポーツ振興基本計画のめざすもの・石川敏廣(スポーツ課)
(3)体の発達と運動〜あなたのからだ年齢は?〜・佐間田奏雄(体育館)
(4)よくわかるトレーニング機器の使用方法・春田朋則
(5)先進都市に学ぶ〜障害者スポーツ文化センター横浜ラポール〜・横浜ラポール職員(障害者スポーツ文化センター)
(6)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
507 青少年教育施設基礎・実務 下迫田 浩司 青少年教育施設職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)野外活動の実際・松戸和之(国際自然大学校)
(3)子どもの意見表明・子ども参画〜国際的動向・実践・参加理論〜・安部芳絵(子どもの権利条約ネットワーク)
(4)先進都市に学ぶ〜ゆう杉並の事例〜・杉並区職員(杉並区立児童青少年センター)
(5)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
508 社会教育職員初任者 小林 雄介 社会教育施設の新任、未経験職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的な事項を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)川崎市生涯学習推進基本構想・基本計画のめざすもの・古橋冨美雄(麻生市民館)
(3)川崎市社会教育五十年史を読む(1)・星野修美(総合教育センター)
(4)川崎市社会教育五十年史を読む(2)・星野修美(総合教育センター)
(5)市民館活動に学ぶ・古橋冨美雄(麻生市民館)
(6)図書館活動に学ぶ・中島真人(多摩図書館)
(7)博物館活動に学ぶ・西山和美(市民ミュージアム)
(8)スポーツ施設活動に学ぶ・とどろきアリーナ職員
(9)青少年教育施設活動に学ぶ・職員
(10)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
509 非常勤初任者 木下 あけみ 社会教育施設の非常勤の新任、未経験職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的な事項を習得する。
(1)教育委員会の非常勤制度について・庶務課・経理課職員(総務部)
(2)川崎市生涯学習施設について・座間和幸(生涯学習部長)
(3)市民サービスと窓口対応について・坂元昇(川崎市産業医)
510 社会教育指導員研修 木下 あけみ 市民館の社会教育指導員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)社会教育指導員の仕事〜情報交換〜・木下あけみ(総合教育センター)
(2)川崎市の市民館活動の歴史〜社会教育五十年史をひもとく〜・星野修美(総合教育センター)
(3)生涯学習推進基本構想・基本計画のめざすもの・古橋冨美雄(麻生市民館)
(4)地域条件・教育資源の調査の意義〜地域の歴史を知る(国分寺の6枚の地図から見えてくるもの)〜・菊池滉(国分寺市立光公民館)
(5)地域学習ニーズの調査の意義・加藤有孝(福生市公民館松林分館)
(6)データの活用方法と地域課題の設定〜くらしとまちをデザインする講座の実施例から(学びから提言,そして学・菊池滉(国分寺市立光公民館)
(7)学習相談事業の意義・浅井経子(淑徳短期大学)
(8)学習相談事業の実際〜横浜市青葉区役所の事例〜・飯田隆ほか(横浜市青葉区役所)
(9)
(10)
(11)
(12)自主研修・木下あけみ(総合教育センター)
(13)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(14)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
511 応接・応対専門 木下 あけみ 社会教育施設職員として応接・応対に必要な知識や技術について、実務遂行上の専門的な事項を習得する。
(1)市民サービスと窓口対応・宮本直美(人間問題研究所)
(2)苦情処理とストレス解消法・坂元昇(川崎市産業医)
(3)男女共同参画社会をめざして〜今、社会教育にできること〜・中村立子(すくらむ21)
512 技術・芸術専門 小林 雄介 社会教育施設職員として技術・芸術に必要な知識について、実務遂行上の専門的な事項を習得する。
(1)ホールマネージメント・間瀬勝一(横浜市泉区民文化センター)
(2)先行都市に学ぶ〜“ひまわりの郷”の事例〜・村松勉(港南文化センター)
(3)舞台における照明デザインの技法・原豊治(元かながわアートホール館長)
(4)昨年度の取組みに学ぶ(1)〜事例報告〜・小松史尚(教育文化会館) 佐藤辰雄(幸市民館) 岡本稔(高津市民館)
(5)地域文化振興施策の試み〜実験事業プログラムづくり〜・小林雄介(総合教育センター)
(6)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(7)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
513 企画・立案専門 木下 あけみ 社会教育施設職員として企画・立案に必要な知識や技術について、実務遂行上の専門的な事項を習得する。
(1)担当者・学習者から話しを聞く〜久末子育て学級〜・岡本剛介(中原市民館)
(2)地域条件・教育資源の調査の意義〜地域の歴史を知る(国分寺の6枚の地図から見えてくるもの)〜・菊池滉(国分寺市立光公民館)
(3)地域学習ニーズの調査の意義・加藤有孝(福生市公民館松林分館)
(4)データの活用方法と地域課題の設定〜くらしとまちをデザインする講座の実践例から(学びから提言,そして学・菊池滉(国分寺市立光公民館)
(5)地域社会教育計画の立案・木下あけみ(総合教育センター)
(6)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(7)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
514 情報・相談専門 木下 あけみ 社会教育施設職員として情報・相談に必要な知識や技術について、実務遂行上の専門的な事項を習得する。
(1)学習相談事業の意義・浅井経子(淑徳短期大学)
(2)学習相談事業の実際〜横浜市青葉区役所の事例〜・飯田隆ほか(横浜市青葉区役所)
(3)インターネット活用の可能性・堀口秀嗣(国立教育政策研究所)
(4)情報化がもたらす新たな問題・赤堀侃司(東京工業大学教授)
(5)ホームページ作成法を学ぶ(1)・五日市文雄他((有)スーパーオフィス)
(6)ホームページ作成法を学ぶ(2)・五日市文雄他((有)スーパーオフィス)
(7)プレゼンテーション技法を学ぶ(1)・五日市文雄他((有)スーパーオフィス)
(8)プレゼンテーション技法を学ぶ(2)・五日市文雄他((有)スーパーオフィス)
515 生涯学習 木下 あけみ 教育職員として必要な生涯学習に関する基礎的・共通的な知識や技術を習得する。
(1)生涯学習、社会教育とは・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)川崎市生涯学習推進基本計画・基本構想のめざすもの・古橋冨美雄(麻生市民館)
(3)学社連携・融合と生涯学習〜学社で協働できること〜・福島一男(総合教育センター)
(4)地域教育会議と生涯学習〜地域教育会議との関わりから見えてきたこと〜・内田信之(南河原中)
(5)総合的学習の時間と生涯学習〜市民館の取り組みから〜・星野修美(総合教育センター)
(6)市民館活動に学ぶ・古橋冨美雄(麻生市民館)
(7)図書館活動に学ぶ・中島真人(多摩図書館)
(8)博物館活動に学ぶ・西山和美(市民ミュージアム)
(9)行財政改革の全国的動向と社会教育活動〜公民館事例を中心として〜・奥田泰弘(中央大学教授)
(10)川崎の「行財政改革プラン」について・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(11)スポーツ施設活動に学ぶ・とどろきアリーナ職員
(12)区役所で行われる社会教育〜学習の自由と市民との協働〜・伊東秀明(横浜市磯子区役所)
(13)青少年教育施設活動に学ぶ・職員
(14)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
516 人権尊重 新井 健司 社会教育施設職員として必要な人権に関する知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)差別と人権の歴史(総論)・飛鳥田養(元神奈川県人権担当)
(2)川崎市における人権施策(1)〜子ども権利条例その特色と意義〜・山崎信喜(総務部人権・共生教育担当)
(3)川崎市における人権施策(2)〜生涯学習推進基本構想・基本計画にみられる人権思想〜・古橋冨美雄(麻生市民館)
(4)川崎市在日外国人教育基本方針を読む〜生まれた背景と在日コリアンについて〜・星野修美(総合教育センター)
(5)同和教育について〜今問われているもの〜フィルムフォーラム・新井健司(総合教育センター)
(6)アイヌ民族の人権・青木悦子(ペウレ・ウタリの会)
(7)障害児・者と生涯学習〜知的障害問題を中心に〜・保科達夫(生涯学習推進課)
(8)障害者に配慮した公的施設のあり方〜IT化推進の光と影〜・伊藤慶昭(健康福祉局)
(9)共生のまちづくり〜中途障害者の苦悩 その総論と各論〜・福島誠(あゆたか主宰)
(10)多文化共生教育の可能性〜外国人市民代表者会議提言から〜・中村ノーマン友夫(外国人市民代表者会議経験者の会)
(11)男女共同参画社会をめざして〜今、社会教育にできること〜・中村立子(すくらむ21)
517 施策理解 新井 健司 社会教育施設職員として必要な諸施策に関する知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)川崎市子どもの権利に関する条例を学ぶ・山崎信喜(総務部人権・共生教育担当)
(2)川崎市男女平等かわさき条例を学ぶ・武田正男(人権・男女共同参画室)
(3)川崎市人権オンブズパーソン条例を学ぶ・竹本康一郎(市民オンブスマン事務局)
(4)川崎市における児童虐待の現状と対策・渡邊啓二(健康福祉局中央児童相談所)
(5)地域福祉権利擁護事業と成年後見制度・職員(財団法人川崎市在宅福祉公社)
518 実践理論 小林 雄介 社会教育施設職員として必要な教育理論に関する知識や技術について、実務遂行上の実践的な事項を習得する。
(1)地域セミナーの歴史を見る〜テーマと成果〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(2)地域セミナーの過去のプログラムを読む〜学習内容・形態・方法〜・小林雄介(総合教育センター)
(3)地域セミナーを総括する〜セオリー・理論〜・小林雄介(総合教育センター)
(4)自主研修・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(5)研修報告会(1)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
(6)研修報告会(2)・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
519 指導者研修 木下 あけみ 社会教育施設の実務者を指導する職員として必要な知識や技術について、実務遂行上の基礎的・基本的・実践的な事項を習得する。
(1)川崎市生涯学習推進基本構想・基本計画のめざすもの・田中雅文(日本女子大学)
(2)職場研修の効果的な進め方・磯田博(職員研修所)
(3)苦情処理とストレス解消法・坂元昇(川崎市産業医)
(4)人間関係論に学ぶ〜自己分析法〜・柴田ョ子(日本精神技術研究所)
(5)男女共同参画社会を目指して〜今、社会教育にできること〜・中村立子(すくらむ21)
(6)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
520 経営者研修 小林 雄介 生涯学習社会の定着と展開に対応した社会教育施設経営の一助とする。
(1)川崎市生涯学習推進基本構想・基本計画のめざすもの・田中雅文(日本女子大学)
(2)苦情処理とストレス解消法・坂元昇(川崎市産業医)
(3)男女共同参画社会をめざして〜今、社会教育にできること〜・中村立子(すくらむ21)
(4)社会教育シンポジウムU〜生涯学習時代における社会教育施設の在り方〜・黒沢惟昭(山梨学院大生涯学習センター長)
601 教育相談初級 山本 浩之 教育相談への理解を深め,その考え方を生かした援助の在り方を学ぶ。
(1)学校教育相談の今日的課題・鵜養美昭(日本女子大学教授)
(2)きれる子どもへの対応(1)・本田恵子(玉川大学文学部)
(3)きれる子どもへの対応(2)・本田恵子(玉川大学文学部)
(4)学校場面の問題解決的サイコドラマ(1)・土屋明美(相州病院臨床心理士)
(5)学校場面の問題解決的サイコドラマ(2)・土屋明美(相州病院臨床心理士)
(6)不登校児童生徒への援助・久江洋企(川崎市立病院精神科) 中村通(臨港中) 小島由枝(桜本小) 尾立秋彦(稲田中) 山本浩之(総合教育センター)
(7)グループワーク・亀山益恵(鷺沼小) 吉田豊美(御幸中)
(8)構成的グループエンカウンター(1)・稲富正治(川崎幸クリニック)
(9)構成的グループエンカウンター(2)・稲富正治(川崎幸クリニック)
(10)学校で使えるカウンセリングテクニック・諸富祥彦(千葉大学教育学部)
(11)不登校とその周辺・河合洋(発達医学研究所かわいクリニック)
602 教育相談実習 北西真知子 教育相談の基本的な考え方や態度を実習を通して身につける。
(1)学校教育相談の今日的課題・鵜養美昭(日本女子大学教授)
(2)きれる子どもへの対応(1)・本田恵子(玉川大学文学部)
(3)きれる子どもへの対応(2)・本田恵子(玉川大学文学部)
(4)援助チームの考え方(1)・山口豊一(跡見女子大学)
(5)援助チームの考え方(2)・山口豊一(跡見女子大学)
(6)グループワーク(1)・伊藤一晴(総合教育センター) 新井紀代美(有馬中)
(7)グループワーク(2)・小島由枝(桜本小) 伊藤一晴(総合教育センター)
(8)ミニカウンセリング(1)・広井法子(県央福祉会)
(9)ミニカウンセリング(2)・広井法子(県央福祉会)
(10)通常級における気になる子どもへの対応・牟田悦子(成蹊大学)
(11)ミニカウンセリング(3)・広井法子(県央福祉会)
(12)ミニカウンセリング(4)・広井法子(県央福祉会)
(13)カウンセリング演習(1)・渡辺寿枝(鷺沼小) 松井恭子(総合教育センターゆうゆう広場)
(14)カウンセリング演習(2)・松井恭子(総合教育センターゆうゆう広場) 渡辺寿枝(鷺沼小)
(15)コラージュ療法(1)・永井撤(都立大学教授)
(16)コラージュ療法(2)・永井撤(都立大学教授)
(17)学校で使えるカウンセリングテクニック・諸富祥彦(千葉大学教育学部)
(18)事例検討会・鵜養美昭(日本女子大学教授)
701 個別教育計画を作って授業に生かそう 上杉忠司 実際に担任している児童生徒の個別教育計画作成を通して,個に応じたカリキュラム作りと授業のプランニングを実践的に研修する。
(1)子どもの状態像から年間計画・学期目標を立てよう・指導主事5名 市内教員5名
(2)学期目標から授業計画作りの実際・指導主事 市内教員
(3)附属養護学校の実践(個別教育計画を生かした授業)・山崎嘉信(附属養護学校)
(4)実践についての話し合い・指導主事5名 市内教員5名 心理職・OT・PT
(5)児童生徒の行動理解と適切な目標設定・大石幸二(明星大学)
(6)実践についての話し合い・指導主事5名 市内教員5名 心理職・OT・PT
(7)目標の検討と評価,授業プランの見直し・指導主事5名 市内教員5名
702 実践障害児教育 成田和郎 吉濱信恒 難聴学級や肢体不自由学級の担任向けに実践的な研修を行う
(1)聴力に障害のある子どもの理解と指導法・石井才栄(川崎市立聾学校)
(2)聴力に障害のある子どもの指導の実際・坂野孝男(川崎市立聾学校) 伊藤浩子(川崎市立聾学校)
(3)肢体不自由児の理解と指導法・冨田祐治(神奈川県立中原養護学校)
(4)肢体不自由児の指導の実際・田島リカ(総合教育センタ−) 渡辺映美(総合教育センター)
703 専門障害児教育 永延道代 障害児教育の中核教員を対象に,テーマを絞り込み専門性を高める。今年度のテーマは「言葉のない子の言葉の指導」
(1)感じあうからだ伝わりあう私たち 〜子どもの表現をどうみるか〜・笹本健(国立特殊教育総合研所)
(2)認知・言語促進プログラム(NCプログラム) 〜障害児の構成化された指導プログラムの特徴と流れ〜・津田望(のぞみ発達クリニック)
(3)心理学から見た発達段階 〜子どもの発達を理解する〜・白石正久(大阪電気通信大学)
(4)あそびで育てる認知とことば 〜手作り教材を中心に〜・長岡恵理(三鷹市北野ハピネスセンター)
901 新任校長 篠原 満  学校運営の在り方や校長の職務について,講演・講義・実務研修等を通して管理職としての資質や能力を培う。
(1)講話と講演・三原良明(総合教育センター) 牧昌見(聖徳大学人文学部)
(2)実務研修・未定(教職員課)
902 新任教頭 篠原 満  学校運営の在り方や教頭の職務について,実務研修等を通して管理職としての資質や能力を培う。
(1)講演と実務研修・未定(教職員課) 佐々木武志(川崎市立中)
(2)
(3)
(4)実務研修・未定(市職員)(教育委員会)
(5)ID取得研修・センター指導主事(総合教育センター)
903 校長研修 篠原 満  校長の職務遂行と学校運営にかかわる諸課題について,講演や具体的事例をもとに研修し校長としての資質を高める。
(1)講演と講話・加藤丈夫(富士電機株式会社) 未定(市職員)(教育委員会)
(2)講義・伊藤行生(総務部)
(3)講演と講話・中村ノーマン友夫(外国人市民代表者会議経験者の会) 唐薇(川崎市外国人市民代表者会議) フローランス・デゥボー(川崎市外国人市民代表者会議) 未定(市職員)(教育委員会)
(4)分散会・なし
(5)講演と講話・森久保安美 未定(市職員)(教育委員会)
904 教頭研修 篠原 満  教頭の職務遂行と学校運営にかかわる諸課題について,講演や事例研究をもとに研修し,教頭としての資質を高める。
(1)講演と講話・未定(市職員)(教育委員会) 葉養正明(東京学芸大学教授)
(2)講演と講話・未定(市職員)(教育委員会) 大石幸二(明星大学)
(3)分散会−1・未定(教職員課)
(4)講演と講話・才村純(日本子ども家庭総合研究所) 未定(市職員)(教育委員会)
(5)分散会−2・現職校長
(6)講演と講話・斎藤孝(明治大学文学部) 未定(市職員)(教育委員会)
905 学校経営校長 篠原 満  校長として学校が直面している教育上の諸課題を協議し,広い視野に立って解決への方策を探る。
(1)講演・井戸和男(天理大学)
(2)講義と演習・榑松慶子(株式会社アルゴオ) 篠崎良一(共同PR(株))
(3)分散会・現職校長
(4)教養研修・市川洋子
906 学校経営教頭 篠原 満  教頭として学校が直面している教育上の諸課題を協議し,広い視野に立って解決への方策を探る。
(1)講演・高階玲治(ベネッセコーポレーション)
(2)講義と演習・坂巻美和子(株式会社アルゴオ技術顧問) 川嶋雅昭((財)NHK放送研修センター)
(3)分散会・現職校長
(4)講義と演習・篠崎良一(共同PR(株)) 坂巻美和子(株式会社アルゴオ技術顧問)
910 教育課程編成 白井 理    河野 勝彦  教育課程編成上の課題等を講義や実践事例を通して学び,今後の教育課程編成に生かす。
(1)これからの教育課程編成にもとめられるもの A・B・Cコース・山極隆(玉川大学教授)
(2)教育課程の充実と評価 A・Bコース・センター研修指導主事(総合教育センター)
(3)教育課程の充実と評価 Cコース・センター研修指導主事(総合教育センター)
(4)学習指導における評価 Cコース・未定(川崎市立学校) センター研修指導主事(総合教育センター)
(5)学習指導における評価 Aコース・センター研修指導主事(総合教育センター) 未定(教諭)(市内小)
(6)学習指導における評価 Bコース・未定(教諭)(市内小) センター研修指導主事(総合教育センター)
(7)今求められる個に応じた教育とは A・B・Cコース・佐野金吾(東京家政学院中・高校)
(8)特色ある教育課程を編成するために Cコース・センター研修指導主事(総合教育センター) 未定(川崎市立学校)
(9)特色ある教育課程を編成するために Aコース・未定(教諭)(市内小) センター研修指導主事(総合教育センター)
(10)特色ある教育課程を編成するために Bコース・センター研修指導主事(総合教育センター) 未定(教諭)(市内小)
(11)次年度へ向けて教育課程を見直す視点と課題・工藤文三(国立教育政策研究所総括研究官)
 Page Top
これまでの「研修」一覧へ