これまでの「研修」一覧へ

平成10年度の研修一覧

番号コース名担当内容
101 公開教養講座 青柳道子 研修推進委員会 現代人は、国際化・情報化など著しい社会変化の中で、様々な悩みや社会問題に直面してい る。各分野で活躍中の方の話を聞き、幅広い考え方や豊かな人間性を培う。
(1)ーさわやかボウリングのすすめー・中山律子
(2)未定・未定
102 人権・平和教育 大平 眞史 人権尊重教育の進め方や、具体的な指導の在り方について知識や理解を深め、日常の指導に生かす。
(1)学校教育と子どもの人権 −子どもの権利条約と人権尊重教育の進め方−・牧柾名(駿河台大学)
(2)参加学習型の人権尊重教育の進め方 −ワークショップを取り入れた指導法−・海老原隆一(日本ユニセフ協会)
(3)他都市の人権尊重教育の取り組みと課題・田中真喜男(橘小) 須藤靖子(橘高校) 志田智弘(御幸小) 後藤恒昭(南菅中)
(4)学校で組織的に取り組んだ人権尊重教育・未定(市立小) 未定(市立中)
103 国際教育 林 英和 わが国の文化と伝統とともに、異文化や帰国児童生徒がもつ文化についても理解を深め、人々が互いに尊重し合い、共に豊かに生きていく社会を考える。
(1)国際教育指導の実践−小学校における英語教育−・国嶋信(富士見台小) 滝洋一(南生田小)
(2)多文化共生を目指す教育−グローバリゼーションの視点から−・江淵一公(放送大学)
(3)教師の見た世界−海外で学ぶ児童生徒の現状と課題−・海外日本人学校教諭
(4)民間の海外支援活動−国際交流活動の評価の理論と実践−・園田俊彦(東京三菱銀行)
104 日本語教育 林 英和 外国で生活してきたために日本語が理解できないで入学、編入学した児童生徒が市内の小中学校に多数在籍している。これらの子どもたちに系統立てて日本語が指導できるような方法を探る。
(1)日本語指導の実践(1)・所員(TIJ東京日本語研修所)
(2)日本語指導の実践(2)・所員(TIJ東京日本語研修所)
(3)日本語指導の実践(3)・所員(TIJ東京日本語研修所)
(4)日本語指導の実践(4)・所員(TIJ東京日本語研修所)
105 外国社会と教育事情 林 英和 外国で生活してきた児童生徒(外国人・帰国児童生徒)が市内の学校に多数在籍している。これらの子どもたちが海外で受けてきた教育を理解し、日本での学習に適応し生かす方法を探る。
(1)ペルーにおける学校教育の現状と社会・高橋悦子(日本語等指導協力者)
(2)フィリピンから来た子どもたち −母親や協力者の目に映る子どもの適応−・外国籍児童生徒保護者 日本語指導等協力者
(3)アメリカにおける学校教育の現状と社会 −姉妹都市ボルチモアから−・金子勉(南加瀬中)
(4)アメリカから帰国した子どもたち −母親の目に映る子どもの適応−・帰国児童生徒保護者
106 英会話 小池優一 国際化時代における相互理解の一手段としての英語を理解し、外国語指導助手との実習を通して、英語で表現・伝達する能力を高める。
(1)英会話演習1・外国語指導助手(総合教育センター)
(2)英会話演習2・外国語指導助手(総合教育センター)
(3)英会話演習3・外国語指導助手(総合教育センター)
(4)英会話演習4・外国語指導助手(総合教育センター)
(5)英会話演習5・外国語指導助手(総合教育センター)
107 総合的な学習 川崎 等 西暦2002年度より新教育課程が実施される中で、「総合的な学習」(仮称)の時間が位置づけられようとしている。そこで、この時間の意義やねらい、内容等について様々な角度から研修を深め、これからの教育に求められる教師の資質を高めることをねらいとする。
(1)21世紀の教育に求められる学校の姿(1)・佐藤学(東京大学)
(2)21世紀の教育に求められる学校の姿(2)・山極隆(富山大学)
(3)21世紀の教育に求められる学校の姿(3)・山極隆(富山大学) 折衝中
(4)21世紀の教育に求められる学校の姿(4)・山極隆(富山大学) 未定(小)
108 環境教育 坪田 四郎 環境教育の課題と方向を追究して、自然と共存できる基本を身につけた児童生徒を育てるために、学校教育のなかでの環境教育のあり方について見識を深め、日常の授業に生かす
(1)環境教育の現状と課題・佐島群巳(前日本女子大学)
(2)環境保護・大野栄嗣(トヨタ自動車株式会社)
(3)
(4)環境教育におけるネイチャーゲームの活用・土屋勝(富士通株式会社)
109 福祉教育 大平 眞史 福祉教育や社会福祉施設でのボランティア活動について、講義や体験を通して理解を深め、日常の児童生徒指導に生かす。
(1)福祉教育とボランティア・田中雅文(日本女子大学)
(2)施設ボランティアの在り方・岩村政治(桜寿園(特別養護老人ホーム))
(3)ボランティア実習にかかわる施設見学と打合せ・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(4)
(5)施設でのボランティア体験実習・社会福祉施設職員(社会福祉施設)
(6)ボランティア体験の報告会と協議・大平眞史(総合教育センター)
110 児童・生徒指導 大平 眞史 一人一人の児童生徒をどのように理解して、よさや可能性を伸ばしていったらいいか考えるとともに、その具体的方策を知り児童・生徒指導の実践力の向上を図る。
(1)いま、教師に見えない子どもの心 −児童生徒理解の進め方−・岡田守弘(横浜国立大学)
(2)参加学習型の人権尊重教育の進め方 −ワークショップを取り入れた指導法−・海老原隆一(日本ユニセフ協会)
(3)児童生徒指導と子どもの権利・喜多明人(早稲田大学文学部)
(4)子どもが支え合ういじめ対策・酒井徹(横浜市立本郷中)
111 薬物乱用防止教育 北川 梅子 子どもたちへの薬物乱用防止教育は、緊急課題である。健康の保持増進の観点から、薬物乱用と健康の関わりについて認識し、覚醒剤等の薬物を使用しないという態度を身につけさせるための指導の手だてを探る。
(1)子どもたちに広がる薬物乱用−小・中・高の連携ある指導について−・小林賢二(群馬県立高崎工業高校)
(2)薬物乱用と健康問題・久場川哲二(川崎病院)
(3)子どもたちの危険な現状−青少年の薬物乱用の実態から−・少年課職員(神奈川県警察本部)
112 性教育 北川 梅子 学校教育における性教育実践のために、広い視野から性にかかわる指導をとらえる。更に日常の実践を通して情報交換したり、授業を参観することにより自己の性教育についての考えを確立するのに役立てる。
(1)教育的配慮を要する(障害のある)子どもたちへの指導の実際・飯田美枝子(神奈川県立秦野養護学校)
(2)性教育とエイズ教育の最新の動向−スキル教育について−・岩室紳也(厚木病院)
(3)実践、授業をデザインしてみよう2−実践報告とパネルディスカッション−(小学校)・小澤幸恵(野川小) 北西真知子(中野島小) 渡辺寿枝(長尾小) 山田カヨ子(田島養護学校) 藤原淳子(川崎小) 田村誠(横浜国立大学)
(4)性教育公開授業・未定(市立小) 田村誠(横浜国立大学)
(5)小中学校性教育研修会・未定
113 心肺蘇生法(一般救急法を含む) 北川 梅子 著しい呼吸困難や呼吸停止、心停止等の生命の危険に陥っている人々に対し、速やかに、かつ効果的な蘇生法が行えるよう必要な知識と技術を身につける。また、けがや疾病についての初期的な救急法の理論と実施についても研修する。
(1)一般救急法の理論と実技1・2・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(2)心肺蘇生法の理論と実技1・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(3)心肺蘇生法の理論と実技2・3・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(4)一般救急法の理論と実技3・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(5)一般救急法と心肺蘇生法の理論(検定試験)・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(6)一般救急法と心肺蘇生法の実技(検定試験)・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
201 パソコン初級 高橋邦夫 学校教育に取り入れられているコンピュータについて慣れ親しみ、基本的な機能としての、 ワープロ、表計算等の理解と操作技術を習得する。
(1)概論 学校における情報教育の役割・堀口秀嗣(国立教育研究所)
(2)情報教育の授業の実際・西田政吉(総合教育センター) 高橋邦夫(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 小酒井英一(総合教育センタ−) 高野直美(白鳥中) 若林民夫(夢見ケ崎小) 中原義郎(京町小)
(3)パソコンに親しもう(ウインドウズ)1・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(4)パソコンに親しもう(ウインドウズ)2・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(5)
(6)パソコンのワープロに親しもう(一太郎)・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(7)ワープロ演習 実際に文章を作成しよう・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(8)ワープロ演習 文章を完成させよう・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(9)表計算・グラフソフトの基本操作を体験しよう(ロータス)・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(10)表計算・グラフソフトの演習 表を作成し活用しよう・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(11)統合ソフトの基本操作を体験しよう(ハイパーキューブ)・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
(12)統合ソフトの活用(ワープロ、表計算、描画)・堀正芳(商業高校) 白川美代子(商業高校) インストラクター3名 インストラクター(アシスト)6名
202 教材ソフトウェア作成 長谷部 実 比較的初心者にも使いやすいホ−ムペ−ジ作成支援ソフトを使って教材を作成することを通して、パソコンやネットワ−クについての理解を深める。
(1)概論 学校における情報教育の役割・堀口秀嗣(国立教育研究所)
(2)情報教育の授業の実際・西田政吉(総合教育センター) 高橋邦夫(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 小酒井英一(総合教育センタ−) 高野直美(白鳥中) 若林民夫(夢見ケ崎小) 中原義郎(京町小)
(3)
(4)ホ−ムペ−ジの紹介と利用・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(5)ホ−ムペ−ジ作成支援ソフトの使い方・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(6)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(1)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小)高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(7)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(2)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(8)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(3)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(9)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(4)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(10)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(5)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(11)ホ−ムペ−ジを作ってみよう(6)・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
(12)ホ−ムペ−ジを見せ合いましょう−発表会−・長谷部実(総合教育センター) 掛井孝明(末長小) 岩田昭彦(下作延小) 高野直美(白鳥中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
203 コンピュータ教育利用 長谷部 実 学校教育に導入されているコンピュータについて、実際にコンピュータや教育用ソフトウェアを操作しながら、授業での利用方法を考える。
(1)概論 学校における情報教育の役割・堀口秀嗣(国立教育研究所)
(2)情報教育の授業の実際・西田政吉(総合教育センター) 高橋邦夫(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 小酒井英一(総合教育センタ−) 高野直美(白鳥中) 若林民夫(夢見ケ崎小) 中原義郎(京町小)
(3)教育用ソフトウェア紹介(平成8年度版川崎市教育用ソフトウェア)・田中節子(梶ヶ谷小) 高橋正明(東高津小) 滝多賀雄(長沢中) 夏井美幸(総合教育センター) 金子隆一(総合教育センタ−)
(4)コンピュータの授業利用について(授業への利用例、利用に関する留意点)・長谷部実(総合教育センター) 佐藤茂樹(京町小) 金子隆一(総合教育センタ−)
(5)総合学習におけるコンピュ−タの活用法・出口和生(横浜市立本町小)
(6)インタ−ネット入門(電子メ−ルなど)・長谷部実(総合教育センター) 大串一彦(玉川中) 大塚正泰(総合教育センタ−) 金子隆一(総合教育センタ−)
204 教育情報ネットワーク 初級 西田 政吉 教育情報ネットワークの利用を促進するために、情報モラルを含んだ概論およびパソコン通信・データベースの利用に関する操作方法・有効利用への方法等を実習する。この研修を受講するとネットワークIDを取得することができる。
(1)ネットワーク概論・教育情報ネットワークの操作方法及び概要・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター)
(2)概論 学校における情報教育の役割・堀口秀嗣(国立教育研究所)
(3)情報教育の授業の実際・西田政吉(総合教育センター) 高橋邦夫(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 小酒井英一(総合教育センタ−) 高野直美(白鳥中) 若林民夫(夢見ケ崎小) 中原義郎(京町小)
(4)A班:ネットワーク概論・教育情報ネットワークの操作方法及び概要・Windowsの基本操作・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) 若林健太郎(桜本中) 山本充起(宮崎小) 樋口彰(東住吉小)
(5)A班:データベースの利用方法・電子メールの使い方・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) 若林健太郎(桜本中) 山本充起(宮崎小) 樋口彰(東住吉小)
(6)A班:電子掲示板・ライブラリの活用方法・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) 若林健太郎(桜本中) 山本充起(宮崎小) 樋口彰(東住吉小)
(7)A班:インターネットの活用方法・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) 若林健太郎(桜本中) 山本充起(宮崎小) 樋口彰(東住吉小)
(8)B班:ネットワーク概論・教育情報ネットワークの操作方法及び概要・Windowsの基本操作・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 碓井義忠(南生田中) 中原義郎(京町小) 鳥羽美津代(桜本小) 水之江忠(京町小)
(9)B班:データベースの利用方法・電子メールの使い方・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 碓井義忠(南生田中) 中原義郎(京町小) 鳥羽美津代(桜本小) 水之江忠(京町小)
(10)B班:電子掲示板・ライブラリの活用方法・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 碓井義忠(南生田中) 中原義郎(京町小) 鳥羽美津代(桜本小) 水之江忠(京町小)
(11)B班:インターネットの活用方法・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター) 碓井義忠(南生田中) 中原義郎(京町小) 鳥羽美津代(桜本小) 水之江忠(京町小)
(12)
(13)ネットワーク概論・教育情報ネットワークの操作方法及び概要・西田政吉(総合教育センター) 家才子雅樹(総合教育センター)
205 教育情報ネットワーク 中級 西田 政吉 教育情報ネットワークの利用を促進するために、学校内でのLAN構築ができるように、実習を行う。受講資格は川崎市教育情報ネットワークのIDを取得しており、かつパソコン操作が可能なこととします。従来のホームページ作成は202教材ソフトウ作成で行います。
(1)概論 学校における情報教育の役割・堀口秀嗣(国立教育研究所)
(2)情報教育の授業の実際・西田政吉(総合教育センター) 高橋邦夫(総合教育センター) 長谷部実(総合教育センター) 小酒井英一(総合教育センタ−) 高野直美(白鳥中) 若林民夫(夢見ケ崎小) 中原義郎(京町小)
(3)LANの基礎・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(4)TCP/IPの設定・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(5)ファイル共有の設定・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(6)プリンタ共有の設定・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(7)ブラウザの設定・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(8)インターネットメールの設定・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(9)LANを使用したアプリケーションの利用・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
(10)LAN構築のまとめ・宇津野浩(上丸子小) 福島正敏(久本小) 首藤弘明(富士見台小) 佐野和夫(総合科学高校) インストラクター
206 パソコン・視聴覚養成講座 中山 陽洋・小酒井 英一 学校教育に取り入れられているコンピュータおよび映像教材の利用を促進するため、その利用方法を体験する。
(1)色々なコンピュータソフトの体験・センター指導主事(総合教育センター)
(2)コンピュータの教育利用への可能性・センター指導主事(総合教育センター)
(3)教育情報ネットワークの利用体験(端末導入校)・センター指導主事(総合教育センター)
(4)コンピュータの教育利用の実践・センター指導主事(総合教育センター)
(5)映像制作入門・センター指導主事(総合教育センター)
(6)映像教材の教育利用1・センター指導主事(総合教育センター)
(7)映像教材の教育利用2・センター指導主事(総合教育センター)
(8)映像教材の教育利用3・センター指導主事(総合教育センター)
207 視聴覚教育メディア研修 I 夏井 美幸、川合 健一 学習効果を高める一つの手段としての視聴覚機器が有効に利用できるよう、基本的な機材の操作方法や教材の制作・利用方法を習得する。 <国庫補助金事業>
(1)-総論- 視聴覚教育の現状と課題 メディアについての教育・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(2)-教育メディア各論- 教育メディアの動向・著作権について・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(3)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 1.撮影について・編集について・瓜生忠久(明治大学)
(4)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 2.作品作り(台本づくり)・瓜生忠久(明治大学)
(5)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 3.撮影実習・夏井美幸(総合教育センター)
(6)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 4.編集実習・瓜生忠久(明治大学) 夏井美幸(総合教育センター)
(7)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 5.アフレコ実習・瓜生忠久(明治大学)
(8)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR 6.作品発表・瓜生忠久(明治大学)
(9)-教育メディア特講- コンピュータ 1. ホームページ作成・インストラクター
(10)-教育メディア特講- コンピュータ 2. ホームページ作成・インストラクター
(11)-教育メディア特講- コンピュータ 3. ホームページ作成・インストラクター
(12)-教育メディア特講- コンピュータ 4. ホームページ作成・インストラクター
(13)-教育メディア特講- コンピュータ 5. ホームページ作成・インストラクター
(14)-教育メディア特講- コンピュータ 6. ホームページ作成・インストラクター
208 視聴覚教育メディア研修 II 高橋 邦夫/夏井 美幸 教育目標の達成という観点から、様々の視聴覚メディアを使った授業実践ができるよう、メディアの技術を習得し授業改善に役立てる。 <国庫補助金事業>
(1)−総論− 視聴覚教育の現状と課題 教育メディア利用の実践と方策・鈴木克明(東北学院大学)
(2)−総論− 映像の教育利用・未定 原勤(総合教育センター)
(3)児童・生徒の映像制作能力の育成について 映像の教育利用の実践・若林民夫(夢見ケ崎小) 中田浩彰(西有馬小) 石飛直樹(日本ビクター(株)) インストラクター−
(4)児童・生徒の映像制作能力の育成について 映像の教育利用の実践 ビデオ撮影・若林民夫(夢見ケ崎小) 中田浩彰(西有馬小) 石飛直樹(日本ビクター(株)) 高橋邦夫(総合教育センター)
209 視聴覚教育メディア研修 III 夏井 美幸、川合 健一 視聴覚教育の現状と課題について認識し、最近の視聴覚教育メディアについての基本的な知識と技術について研修する。
(1)-総論- 視聴覚教育の現状と課題 メディアについての教育・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(2)-教育メディア各論- 教育メディアの動向・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(3)
(4)教育メディア-映写機の構造 16ミリ映写機操作技術講習会の指導について・佐藤裕二(映機工業(株))
(5)-総論-学習情報提供の実際・未定 夏井美幸(総合教育センター)
(6)-総論-教材作成の理論と技術 ビデオ編集・アフレコ実習・夏井美幸(総合教育センター)
301 国語科教育 鈴木 桂子 新しい時代の国語教育を支える教師の資質を高めるために、「聞く、話す、読む、書く活動の今、そしてこれから」について、総合的学習の視点から捉え、具体的に授業提案・読書指導・詩の指導・聞く話す指導等を研修する。
(1)総合的学習の視点から 1 授業提案〜・黒尾敏(有馬中) 山路孝重(向丘中) 久保田隆(有馬中)
(2)言葉と遊ぶ、詩の指導・白井達夫(総合教育センタ-)
(3)優しい言葉を心のひだに 〜八丈小島で私が発信し続けたこと・漆原智良
(4)読書指導 〜良書を子どもに与えよう・高橋正修(「よい本を子どもに与える会」)
(5)聞く話すの指導・森久保安美(元産能大学教授)
(6)総合的学習の視点から 2 授業提案〜・渡辺誠一(柿生小) 岡本昌司(麻生小) 阿部晶子(柿生小)
302 社会科教育 前島和樹、 小・中学校社会科の性格と内容のまとまり、相互の関連性を柱に、社会科の学習で子どもにどんな資質や能力を育てるか、広い視野からの提言をいただきいくつかの方策等について研修社会科授業の改善に資する。
(1)社会科教育の課題 小・中の関連と総合的学習・北俊夫(文部省)
(2)社会科教育の今日的課題・次山信男(前東京学芸大学)
(3)環境教育を考える 社会科学習・佐島群巳(前日本女子大学)
303 算数・数学科教育 小酒井 英一 子どもたちが主体的に考え・判断し・行動する力の育成がいわれている。算数・数学科でも日常事象を考察し、数学化することを通して数学的な見方や考え方を育成・重視する指導法について研修を深めたいと考えている
(1)生きる力の育成と算数・数学の課題・清水静海(筑波大学)
(2)子どもの認知発達と問題解決学習のあり方・小関煕純(群馬大学)
(3)国際数学調査から見る算数・数学の現状と課題・長崎栄三(国立教育研究所)
304 理科教育 川崎 等 理科教育の今日的課題を捉え、今後の理科教育のあるべき姿を明らかにしていく。特に、教育界以外の立場から環境問題に取り組んでいる姿に触れたり、今後導入される総合的な学習(仮称)について学んだりし、21世紀の理科教育の進むべき方向を研修する。
(1)企業の環境問題への取り組み(他教科・領域との合同研修)・大野栄嗣(トヨタ自動車株式会社)
(2)理科教育の今日的諸課題と理科指導・見富信義(教育委員会)
(3)これからの理科教育・塚田庸子(東小倉小)
(4)21世紀に向けた理科教育に求められるもの・森本信也(横浜国立大学)
305 生活科教育 大内 三喜男 生活科学習の考え方や指導法について理解を深め、授業実践に役立てる。
(1)これからの生活科と総合的な学習・日台利夫(文教大学)
(2)生活科からスタートする環境教育・柴田耕治(横浜市立三ツ沢小)
(3)生活科を通して育つ力・未定(市立小) 肥田真美(宿河原小)
306 音楽科教育 中島 みどり 音楽教育推進上の諸問題を広い視野からとらえ、その解決のための指導方法について研修し、自己の授業改善に役立てる。
(1)音楽科教育の現状と求められているもの・吉田時雄(聖徳大学)
(2)心開く音楽科教育・志村恵子(南河原小)
(3)これからの音楽科教育のあり方・吉田時雄(聖徳大学)
307 図工・美術科教育 大内 三喜男 図工・美術科教育における今日的課題や問題点を広い視野から把握し、自己の授業改善に役立てる。
(1)いま、なぜ、感性教育か・遠藤友麗(文部省初等中等教育局)
(2)表現活動を通して子どもの創造的な思考を育む授業・内田広子(横浜市立都筑小)
(3)「授業研究」 図工・美術科とコンピュータ(小中学校の連携を考える)・榊原肇(共立女子大学) 高野直美(白鳥中) 市内校長(市内) 市内教諭(市内中)
308 体育・保健体育科教育 川崎 等 小・中学校における体育・保健体育学習の今日的課題を明らかにし、問題点を検討し理解を深め、専門領域における知識の深化と視野の拡大を図る。
(1)小・中学校合同体育・保健体育教育の今日的課題の提案・木村俊彦(中野島小) 飯沼索(三田小) 石岡文男(宮前平中) 本間亘(有馬中)
(2)体育・保健体育教育の今日的課題・嘉戸脩(東京学芸大学)
309 家庭・技術家庭科教育 中島 みどり 家庭・技術家庭科の果たす役割を再認識し、教科の目的や課題を把握し、研修を通して専門領域の深化を図る。
(1)技術・家庭科の課題と展望・奈良治一(新宿区立牛込第三中)
(2)日本の企業としての環境教育への対応ととらえ方・大野栄嗣(トヨタ自動車株式会社)
(3)人やものとの豊かな出会いを求めて・折衝中
310 英語科教育 小池、優一 生徒が英語で積極的にコミュニケーションをどう図っていくかを教師の立場からより具体化する。ALTとの授業を通した実践的な成果についての研修を深める。
(1)ALTをより効果的に活用するための工夫・細野尚美(大師中) 金子勉(南加瀬中) 渡辺英一(野川中) 下村佳史(総合教育センター) 江幡淳(今井中) 大江邦昭(桜本中) 小池優一(総合教育センター)
(2)生徒の英語力を高める教材の工夫・蒔田守(筑波大学附属中)
311 道徳教育 小池優一 価値観の多様化が叫ばれる中で、道徳教育の現状と課題を踏まえ、授業の展開構想、指導法についての理解を深め、指導力の充実を図る。
(1)「授業提案」その1(中学校)ー「道徳の授業」ー教師が育てるから道徳から生徒が自ら育つ道徳へー・菊池武熙(玉川中) 佐藤憲助(白鳥中) 折衝中(市立中) 船山裕幸(玉川中)
(2)「納得型」の授業から「発見型」の授業へー自ら課題解決をしていく子どもを求めてー・上杉賢士(千葉県総合教育センター)
(3)自ら考え、主体的に判断し、課題解決をしていく子どもの育成をめざして・神保信一(明治学院大学文学部心理学科)
(4)「授業提案」その2(小学校)ー「道徳の授業」ー教師が育てる道徳から児童が自ら育つ道徳へー・小川朋子(宮内小) 日野林寛(田島小) 草開豊(宮内小) 早坂菊子(筑波大学)
312 特別活動 鈴木 桂子 好ましい人間関係の醸成や豊かな体験的な活動の充実、基本的なモラルや社会生活上のル−ルの習得、集団の一員としてよりよい生活を築こうとする自主的実践的な態度を育成する観点から、特別活動が果たす役割について、新たな視点から改めて問う。
(1)授業提案1 〜 小学校における望ましい学級活動のあり方・土田一郎(有馬小) 高橋進一(百合丘小) 田之上修己(有馬小)
(2)小、中における課題を考える〜 実践発表を通して・紺野義輝(東桜本小) 未定 越憲人(臨港中)
(3)発信し発進する子どもへ〜 社会は何を子どもに伝えるか・小川信夫
(4)読書指導〜 良書を子どもに与えよう・高橋正修(「よい本を子どもに与える会」)
(5)授業提案2 〜中学校における望ましい学級活動のあり方・未定 森田圭一(橘中) 当該校長(市内中)
313 国語科指導法 鈴木 桂子 子どもや社会が大きく変わる中で、新しい言葉の教育、国語学室を開く時代がやってきた。すべての教師は言葉の教師。その教師が押し寄せる様々な考えや情報をいかに整理し押し返そうとしているか、言いかえれば、発信し発進する国語学室はどうあるべきか、考える。
(1)パネルディスカッション 「子どもの発信力は今〜 教師、親、外国青年と共に考える〜」・芳野菊子(産能大学) 小野美保子(東門前小) 家亀照夫(高津高校) MARKBATT(総合教育センタ-) 藤井寛子
(2)発信するとは〜その意義と現状・森久保安美(元産能大学教授)
(3)発信し発進する子どもへ1 〜社会は何を子どもに伝えるか〜・小川信夫
(4)発信し発進する子どもへ2 〜八丈小島で私が発信し続けたこと〜・漆原智良
(5)発信し発進する子どもへ 3〜「 実践発表1 映像による発信 」・「 実践発表2 沈黙による発信」・中村和歌子(富士見台小) 青木信雄 高橋邦夫(総合教育センター) 岡本昌司(麻生小)
(6)対談〜「発信し発進する国語学室とは何か」・倉澤栄吉(日本国語教育学会) 笠原登(前中原小) 鈴木桂子(コ-ディネ-タ-総合教育センタ-)
314 社会科指導法 前島 和樹 川崎市総合教育センター、社会科研究の内容を広く理解していただくとともに、社会科学習指導上、必要な資質を体験や演習を通じて養い、教材開発力の向上を目指す。
(1)小・中学校のつながりを生かし、「考える力」を育てる社会科学習の実践・市川洋(菅生中) 町田憲司(稲田中) 本間俊(東柿生小) 高橋規夫(西有馬小)
(2)小・中学校の実践・鈴木映二(鷺沼小) 後藤恒昭(南菅中) 堀口和也(南菅中)
(3)視聴覚教材を活用した授業の実践・中田浩彰(西有馬小) 石川健次(登戸小) 石塚綾子(新城小)
(4)環境問題を考える日本企業 トヨタ自動車ハイブリットカー・大野栄嗣(トヨタ自動車株式会社)
(5)巡検・大泉雄彦(有馬中)
315 算数・数学科指導法 小酒井 英一 子どもたちが主体的に考え・判断し・行動する力の育成が求められている。算数・数学科でも日常事象を考察し、数学化することを通して数学的な見方や考え方を育成・重視する指導法について研修を深めたいと考える。
(1)生きる力の育成と算数・数学の課題・清水静海(筑波大学)
(2)数学的な考え方を伸ばす算数教材作り・山崎浩二(東京学芸大学附属世田谷中)
(3)子供の認知発達と問題解決学習のあり方・小関煕純(群馬大学)
(4)国際数学調査から見る算数・数学の現状と課題・長崎栄三(国立教育研究所)
(5)中学校の授業改善(授業研究)・未定
(6)小学校の授業改善(授業研究)・未定(市立小)
316 理科指導法 川崎  等 教師自らが科学のおもしろさ、観察・実験の楽しさを体験を通して実感することにより、子供たちへの日常の指導に生かしていくことをねらいとする。内容としては、物理・化学・生物・地学領域を網羅し、コンピュータ活用も視野にいれた研修にしている。
(1)おもしろ科学実験1・畠山英之(西丸子小) 松野まゆみ(御幸小)
(2)おもしろ科学実験2・菅原紀子(有馬中) 斎藤祐子(向丘中)
(3)おもしろ科学実験3・松野まゆみ(御幸小) 畠山英之(西丸子小)
(4)おもしろ科学実験4・斎藤祐子(向丘中) 菅原紀子(有馬中)
(5)染色体験に遊ぶU−色は匂うがごとく−(他教科との合同研修)・篠原恵(高津高校) 橋本e子(西中原中)
(6)「総合的な学習」を視野に入れた理科指導のポイント・木谷要治(鎌倉女子大学)
(7)押し花を使って心を伝えよう(他教科との合同研修)・安原陽子(南菅小) 内藤由美子(有馬小)
(8)理科学習に生きるコンピュータソフトの活用法・大島智之(啓林館) 未定 川崎等(総合教育センター)
(9)
(10)三浦半島の地形と地質U(地学巡検)・江藤哲人(横浜国立大学) 川崎等(総合教育センター)
317 音楽科指導法 中島 みどり 音楽教育推進上の諸技能に関する基礎・基本とその応用を実習を通して研修し、教科担当者としての力量を高め、授業の改善に役立てる。
(1)創作活動の基礎を育てる道具から本質的なリコーダーの良さや美しさに迫る・笠松徳司(東京リコーダー協会) 佐藤裕幸(渡田中)
(2)作曲家による歌唱指導と教材分析・大熊崇子(東京芸術大学) 内藤麻里子(南百合丘小)
(3)日本の伝統楽器を自由に演奏できる楽しさを求めて・塙まり子(邦楽演奏家)
(4)
(5)教育楽器の有効的な使用法および技術の向上(シンセサイザー研修)・笹森敏明(全日本学校音楽研究会)
318 図工・美術科指導法 大内 三喜男、 学習指導要領の図工・美術科の学習内容の理解を深め、実技を通して具体的指導法の充実に役立てる。
(1)
(2)陶芸 〜人形のいる角皿〜 (成形)・村主武(高津高校)
(3)造形遊びを通した材料とのかかわり (ダンボールによる)・佐藤悠子(玉川小)
(4)造形遊びを通した材料とのかかわり(ダンボールによる)・佐藤悠子(玉川小)
(5)
(6)自然材を教材化する(小枝を使って)・三村修一(宮崎小)
(7)陶芸 〜絵つけ〜・村主武(高津高校)
319 体育・保健体育科指導法 川崎 等 小・中学校における体育・保健体育学習を通し て、生涯スポーツや選択学習について、問題点を明確にし、解決方法を具体的に探る。
(1)「教師の支援の実際」ー小学校の授業実践を通してー・浅川正寿(中野島小) 岡本昌司(麻生小) 未定(市立小)
(2)「教師の支援の実際」ー中学校の授業実践を通してー・佐々木武志(稲田中) 高田宏輝(川中島中) 渡辺寿久(川崎市教育委員会) 未定
(3)生涯スポーツの視点からみた表現運動とダンス・村田芳子(岡山大学)
320A 家庭・技術家庭科指導法A 中島 みどり 指導要領における学習内容の理解を深め、実技研修を通して家庭・技術家庭科の指導力の向上を図る。
(1)木材加工・電気領域における指導法の工夫・岩田修(西中原中) 遠藤雄(住吉中)
(2)
(3)
(4)金属加工領域における教材開発・和泉田政徳(高津中) 遠藤雄(住吉中) 布川宏(川中島中)
320B 19家庭・技術家庭科指導法 B 中島 みどり 指導要領における学習内容の理解を深め、実技研修を通して家庭・技術家庭科の指導力の向上を図る。
(1)中学校授業研究会・今井健(中原中) 飯塚正秀(中野島中) 入江恵美子(中野島中)
(2)
(3)染色体験に遊び、学ぶ〜色は匂うがごとく〜・篠原恵(高津高校) 橋本e子(西中原中)
(4)押し花を使って心を伝えよう・安原陽子(南菅小) 内藤由美子(有馬小)
(5)小学校授業研究会・徳峯宏子(虹ケ丘小) 未定 未定(市立小)
321 英語科指導法 小池優一 川崎市総合教育センターで研究している分野を市内の英語科の先生方に広めると同時に、具体的な指導法・評価についての研修を行う。
(1)生徒のコミュニケーション能力を育成するために ー課題解決活動と評価ー・佐藤博子(宮崎中)
(2)生徒のコミュニケーション能力を伸ばすための指導の工夫と評価その(1)・高橋一幸(神奈川大学) 遠藤英麿(渡田中) 佐々木千鶴(王禅寺中)
(3)生徒のコミュニケーション能力を伸ばすための指導の工夫と評価その(2)・高橋一幸(神奈川大学)
(4)生徒のコミュニケーション能力を育成するために(授業を通して) ー 課題解決活動と評価ー・中井紀子(菅中) 江幡淳(今井中) 大江邦昭(桜本中) 関悳(菅中) 浅沼得徳(御幸中)
401 養護教諭研修 北川 梅子 健康に関する近代的課題などに対して、従来の職務はもとより、養護教諭の専門性と保健室の機能を最大限に生かして、心の健康にも対応した健康の保持増進を実践できる資質や、教科指導や保健指導に関しても実践的な指導力の向上を図るために役立てる。
(1)保健指導・保健学習の進め方とティーム・ティーチングの実際・築地彌生(日本体育大学)
(2)養護教諭の行うヘルスカウンセリングの実際−実習から学ぶ−・村木久美江(川口市教育局学校教育部)
(3)学校教育相談のスーパーバイザーから、養護教諭へのメッセージ・岡田守弘(横浜国立大学)
(4)事例研究の進め方と実際−小・中学校の事例から−・石渡みさ子(真福寺小) 山崎恵子(生田中) 岡田守弘(横浜国立大学)
(5)医療の立場から−児童生徒の発達課題への対応と養護教諭の役割−・河合洋(発達医学研究所かわいクリニック)
(6)保健体育審議会の答申から−ヘルスプロモーションの理念と養護教諭の新たな課題−・田村誠(横浜国立大学)
(7)
(8)保健室相談活動 −保健室相談活動の実際−・未定
(9)中学校養護部会との共催(12月頃)・未定
402 高校教育 坪田 四郎 21世紀を展望した教育のあり方について、高校教育が問われている課題は多い。中高の連携をはじめ国際教育、環境教育等、その意義について考えを深め今後の教育活動に役立てる。
(1)総合的な学習時間について・小川一郎
(2)環境保護・大野栄嗣(トヨタ自動車株式会社)
(3)「単位制」の現状と課題・金子善政(神奈川県立神奈川総合高校)
(4)国際教育 授業実銭・黒川保人(橘高校)
403 幼児教育 金井 久美子、 時代の変化に対応した幼稚園教育の在り方について幅広い知見を身につけるとともに、個別の教育的配慮を必要とする子どもに対しての理解と指導方法について研修を行う。
(1)「時代の変化に対応した今後の幼稚園教育の在り方についてー最終報告ー」・小川博久(東京学芸大学)
(2)個別の教育的配慮を必要とする子どもについての理解と指導(自閉的傾向をもつ子ども)・篁一誠(仲町台発達障害診療所)
(3)個別の教育的配慮を必要とする子どもについての教育と実践上の課題・猪股丈二(社会福祉法人湘南福祉センター)
(4)遊びの充実と集団の教育力・遠藤良江(東京都立教育研究所)
404 学校事務職員研修 金井 久美子 学校事務職員として、学校内外の各種の情報を効果的に処理するための教育機器の利用法を修得する。
(1)パソコン演習・未定
(2)効果的な教育機器の利用について・広瀬隆雄(桜美林短期大学)
(3) パソコン演習・未定
(4)パソコン演習・未定
405 学校栄養職員研修 大久保 光 栄養に関する専門的な知識を深め日常の業務に生かすとともに、給食指導におけるティームティーチングのすすめ方について研修する。
(1)アレルギーについて・山口乙丸(山口小児クリニック)
(2)ティームティーチングについて・未定(市立小)
406 給食調理員研修 大久保 光 日頃の生活を豊かにすごすために健康に関する講義を聞いたり、身近な食品を有効に使うための幅広い知識を習得できるような実習を行ったりする。
(1)健康を維持するために気功を体験しましょう・前徳芳江(中国長寿気功整体院)
(2)いろいろな紅茶・吉緩詩子(株式会社サンタマリア)
(3)調理実習(薬膳料理)・山口久子(赤羽文化センター)
407 学校用務員研修 大久保 光 日常の生活を心豊かにするための体験をしたり、施設の見学を通して身近な環境について理解を深めたりする。
(1)施設見学 東芝磯子エンジニアリングセンター「原子力発電のしくみと将来展望について」・尾崎哲(東芝磯子エンジニアリングセンター)
(2)皮工芸を体験しましょう・栗谷嶺紅(日本技芸協会)
501 社会教育施設経営者研修 枝村 知 生涯学習社会の定着と展開に対応した社会教育施設経営の一助とする。
(1)生涯スポーツ振興における市立スポーツセンターの役割・揚妻知子(とどろきアリーナ)
(2)市民ニーズに向き合った施設経営をめざす・田中久夫(パルテノン多摩)
(3)市民ニーズに向き合った施設経営をめざす・未定
502 庶務・業務・技能職員研修 枝村 知 社会教育施設職員としての実践的な技術と、庶務・業務執行上の基礎的知識の習得を図る。
(1)市民への応接・岩沙元子
(2)文書事務の実際・情報公開制度について・西沢哲史(総務部) 小野隆美(総務部)
(3)施設利用取り扱い事例研究〜庶務部会からの報告〜・未定
503 技術・技能職員研修 枝村 知 社会教育施設の管理・運営について先進技術・共通課題について学び、より良い施設運営をめざす。
(1)複合施設における施設の管理運営・大井紀雄(高津市民館)
(2)市民への応接・岩沙元子
(3)先進施設に学ぶ〜パルテノン多摩〜・田中久夫(パルテノン多摩)
504 社会教育主事等研修 1コース 枝村 知 事業実施上の課題を明確にし、事業(学級・講座)の中でどういう力量を形成するか学習が必要かを考える。社会教育事業担当者会議と併せて行う。
(1)市民への応接・岩沙元子
(2)社会教育における保育活動について(併設保育担当者会議)・文多恵 野村真弓
(3)社会教育における人権教育について(平和・人権学級担当者会議)・星野修美(教育文化会館)
(4)社会教育における女性学級の役割・課題・期待(女性学級担当者会議)・迎スミ子(宮前小)
(5)社会教育における人権教育について(識字学級担当者会議)・未定
(6)高齢期の学習と学級運営〜高齢者の主体的な学習のあり方〜(高齢者教室担当者会議)・未定
(7)青少年教育の課題(青少年教育担当者会議)・未定
(8)社会教育における障害者教育のあり方〜学習権保障の視点から〜・保科達夫(多摩市民館)
(9)川崎の社会教育と職員への期待・小林文人(和光大学)
504-2 社会教育主事等研修U 枝村 知 参加者間の問題関心を中心に内容・課題を設定し、自主的・実践的な研修を行い、すぐれた社会教育の展開をめざす。
(1)参加者の問題関心の発表〜課題の整理とグループ編成〜・枝村知(総合教育センター)
(2)グループ討議により決定する・未定
504-3 社会教育主事等研修III 枝村 知 参加者間の問題関心を中心に内容・課題を設定し、自主的・実践的な研修を行い、すぐれた社会教育の展開をめざす。
(1)参加者の問題関心の発表〜課題の整理とグループ編成〜・枝村知(総合教育センター)
(2)グループ討議により決定する・未定
504-4 社会教育主事等研修IV 枝村 知 参加者間の問題関心を中心に内容・課題を設定し、自主的・実践的な研修を行い、すぐれた社会教育の展開をめざす。
(1)参加者の問題関心の発表〜課題の整理とグループ編成〜・枝村知(総合教育センター)
(2)グループ討議により決定する・未定
505 社会教育課題 枝村 知 社会教育職員として必要な基礎的課題・今日的課題について学び、地域住民の多様化・高度化する学習ニーズへの対応を図る。
(1)社会教育職員への期待〜学校の立場から〜・松本哲雄(総合教育センター)
(2)生涯スポーツ振興における市立スポーツセンターの役割・揚妻知子(とどろきアリーナ)
(3)社会教育職員への期待〜社会教育の仲間から〜・小柳俊子(市民ミュージアム)
(4)社会教育職員への期待〜市民の立場から〜・十文字美恵(南武線元編集長)
(5)川崎の社会教育と社会教育職員への期待・小林文人(和光大学)
(6)社会教育職員への期待〜働き盛りの男たちから〜・大下勝巳
(7)要望をお寄せ下さい。・未定
506 図書館職員研修 I 枝村 知 図書館経験2年未満の職員を対象に、図書館が抱える様々な課題を理解するとともにその解決能力を養成する。
(1)市民への応接・岩沙元子
(2)図書館資料の収集と保存(1)〜図書館での選書〜・和田安弘(麻生図書館)
(3)図書館資料の収集と保存(2)〜図書館資料収集分担と保存分担〜・未定(市職員)(教育委員会)
(4)図書館資料の紹介〜レファレンス入門(1)参考図書・池原真一(多摩図書館)
(5)図書館資料の紹介〜レファレンス入門(2)実際の例・岡野正志(中原図書館)
(6)図書館に勤めて〜先輩職員の図書館生活から〜・未定(市職員)(教育委員会)
507 図書館職員研修 II 枝村 知 図書館職員研修Tコース対象者以外の職員
(1)市民への応接・岩沙元子
(2)レファレンス業務(1)〜参考図書解題〜・磯貝清志(川崎図書館)
(3)レファレンス業務(2)〜事例から学ぶ〜・磯貝清志(川崎図書館)
(4)郷土資料解題(1)〜郷土資料から〜・瀬尾正文(中原図書館)
(5)郷土資料解題(1)〜行政資料から〜・瀬尾正文(中原図書館)
(6)図書館とコンピュータ〜これからの業務はどうなるか〜・未定
(7)図書館と児童サービス〜子どもの読書離れの中で〜・未定
(8)図書館資料の収集〜出版流通業界から学ぶ〜・未定
(9)図書館行政について〜川崎市立図書館の将来〜・未定(市職員)(教育委員会)
508 博物館職員研修 枝村 知 博物館の役割と今日的課題性についての知識・技術を学び、より良い博物館活動をめざす。
(1)博物館資料の分類・整理・保存〜日本郵船歴史資料館〜・吉橋邦夫(日本郵船歴史資料館)
(2)博物館におけるボランティアの養成・活動・未定
(3)博物館所蔵品の保管・未定
509 社会体育職員研修 枝村 知 生涯スポーツを推進するためスポーツ施設と職員の役割について学び、生涯にわたる市民スポーツの定着をめざす。
(1)市民への応接・岩沙元子
(2)生涯スポーツ振興における市立スポーツセンターの役割・揚妻知子(とどろきアリーナ)
(3)スポーツ指導者の養成・未定
(4)スポーツ施設と職員の役割・未定
510 初任者研修 枝村 知 社会教育についての基礎的知識と、社会教育施設の役割について理解を深め、生涯学習社会に対応する職員養成の一助とする。
(1)社会教育とは何か・熊谷道廣(生涯学習推進課)
(2)生涯学習社会への潮流と動向・未定
(3)文書事務の実際・情報公開制度について・西沢哲史(総務部) 小野隆美(総務部)
(4)川崎の社会教育と社会教育職員への期待・小林文人(和光大学)
(5)生涯学習社会の構築に向けて〜市民館活動に求められるもの〜・星野修美(教育文化会館)
(6)生涯学習社会の構築に向けて〜図書館活動に求められるもの〜・瀬尾正文(中原図書館)
(7)生涯学習社会の構築に向けて〜博物館活動に求められるもの〜・若宮崇令(青少年科学館)
(8)生涯学習社会の構築に向けて〜スポーツ施設に求められるもの〜・未定
(9)生涯学習社会の構築に向けて〜青少年施設に求められるもの〜・石川敏弘(青少年の家)
511 社会教育指導員研修 枝村 知 生涯学習社会の定着化が進む中で、どのような地域社会教育の展開が望まれるか、また社会教育指導員の役割について学ぶ。
(1)社会教育指導員への期待・星野修美(教育文化会館)
(2)学級運営の技法・斉藤千恵(麻生市民館)
(3)社会教育職員への期待・松本哲雄(総合教育センター)
(4)川崎の社会教育と社会教育職員への期待・小林文人(和光大学)
601 教育相談初級 菊地敏雄、鈴木眞一 一人ひとりの子どもに焦点をあて、援助していく教育相談の考え方や態度について理解を深めることを通して、園児・児童・生徒の理解をより確かなものにする。
(1)教育相談の基本的な考え方・永井撤(都立大学)
(2)教育相談を生かしたかかわり(1)ーミニカウンセリングを通してー・尾花由紀子
(3)教育相談を生かしたかかわり(2)ーミニカウンセリングを通してー・尾花由紀子
(4)教育相談を生かしたかかわり(3)ーミニカウンセリングを通してー・尾花由紀子
(5)教育相談を生かしたかかわり(4)ーミニカウンセリングを通してー・尾花由紀子
(6)登校拒否(不登校)児童・生徒への援助ー適応指導教室・相談指導学級でのかかわりー・小島由枝(渡田小) 中村通(臨港中) 菊地敏雄(総合教育センター) 平賀のぞみ(西中原中) 塚原俊雄(菅小)
(7)コミニュケーショントレーニング(1)・中釜洋子(都立大学人文学部)
(8)コミニュケーショントレーニング(2)・中釜洋子(都立大学人文学部)
(9)カウンセリング演習(1)・本間千尋(下河原小) 松井恭子(犬蔵中)
(10)カウンセリング演習(2)・松井恭子(犬蔵中) 本間千尋(下河原小)
(11)構成的エンカウンター演習(1)・稲富正治(川崎幸病院)
(12)構成的エンカウンター演習(2)・稲富正治(川崎幸病院)
(13)教育相談を生かした援助の在り方(1)・石隈利紀(筑波大学心理学系)
(14)教育相談を生かした援助の在り方(2)・石隈利紀(筑波大学心理学系)
(15)グループワークトレーニング(1)・牧野一宏(小田小)
(16)グループワークトレーニング(2)・高橋あつ子(宮前平小)
(17)精神科医から見た「いじめ問題」・河合洋(発達医学研究所かわいクリニック)
(18)学級担任が行う教育相談・鈴木眞一(総合教育センター)
(19)登校拒否(不登校)児童・生徒や保護者へのかかわり・鈴木眞一(総合教育センター)
(20)まとめ・鈴木眞一(総合教育センター) 菊地敏雄(総合教育センター)
602 教育相談実習 中嶋はるみ 教育相談の基本的な考え方や態度を実習を通して身につける。原則として隔週の火曜日に実施する。人数が絞られているので20回以上出席することが望まれる。
(1)グループワークトレーニング(1)・亀山益恵(鷺沼小)
(2)教育相談の基本的な考え方・永井撤(東京都立大学)
(3)グループワークトレーニング(2)・新井紀代美(有馬中)
(4)グループワークトレーニング(3)・渡辺寿枝(長尾小)
(5)グループワークトレーニング(4)・渡辺寿子(柿生中)
(6)コミュニケーショントレーニング(1)・中釜洋子(都立大学人文学部)
(7)コミュニケーショントレーニング(2)・中釜洋子(都立大学人文学部)
(8)カウンセリング演習(1)・松井恭子(犬蔵中) 本間千尋(下河原小)
(9)カウンセリング演習(2)・本間千尋(下河原小) 松井恭子(犬蔵中)
(10)構成的エンカウンター演習(1)・稲富正治(川崎幸病院)
(11)構成的エンカウンター演習(2)・稲富正治(川崎幸病院)
(12)教育相談を生かした援助のあり方(1)・石隈利紀(筑波大学心理学系)
(13)教育相談を生かした援助のあり方(2)・石隈利紀(筑波大学心理学系)
(14)精神科医から見た「いじめ問題」・河合洋(発達医学研究所かわいクリニック)
(15)ミニカウンセリング(1)・中嶋はるみ(総合教育センター)
(16)ミニカウンセリング(2)・広井法子
(17)ミニカウンセリング(3)・広井法子
(18)ミニカウンセリング(4)・広井法子
(19)自己啓発のための箱庭療法(1)・佐々木良子(橘高校)
(20)自己啓発のための箱庭療法(2)・佐々木良子(橘高校)
(21)自己啓発のための箱庭療法(3)・佐々木良子(橘高校)
(22)ロールプレイング(1)・斉藤正(木月小)
(23)ロールプレイング(2)・斉藤正(木月小)
(24)ニューカウンセリング・藤岡完治(横浜国立大学)
(25)まとめ・中嶋はるみ(総合教育センター)
603 教育相談学校巡回 本告一生、中嶋はるみ 学校単位で、児童や生徒との基本的な関わりについて理解を深める。
(1)
(2)
(3)
(4)教育相談学校巡回・未定
701 障害児教育相談 永延道代 障害のある子どもや保護者に対する学級担任としての援助のあり方について研修する。
(1)インリアルアプローチ 〜担任の感性の高まりを求めて〜・早坂菊子(筑波大学)
(2)児童相談所の役割・服部正夫(南部児童相談所)
(3)保護者の思い 〜就学までの悩み〜・神山ふみこ
(4)就学相談について・折衝中(総合教育センター)
(5)福祉制度の活用 (1) 〜担任として知っておくべき基本的事項〜・木村昭宏(田島養護学校)
(6)福祉制度の活用 (2) 〜担任として知っておくべき基本的事項〜・木村昭宏(田島養護学校)
702 障害児個別教育計画 菊池 務 個別教育計画の基本的な考え方を学びながら、子ども達一人ひとりの要望に応えられる個別教育計画を実際に作成し、実践してみる。
(1)個別教育計画の作成 グループ演習1・菊池務(総合教育センター) 永延道代(総合教育センター) 片田江幸一(総合教育センター) 原田道子(総合教育センター) 前田純一郎(総合教育センター)
(2)個別教育計画の作成 グループ演習2・菊池務(総合教育センター) 永延道代(総合教育センター) 片田江幸一(総合教育センター) 原田道子(総合教育センター) 前田純一郎(総合教育センター)
(3)個別教育計画の進め方 指導の実際 1・金内幾代(平小) 今宮清明(田島養護学校)
(4)個別教育計画の進め方 指導の実際 2・新井靖子(稲田中)
(5)個別教育計画の基本的な理念・三苫由紀雄(東京都立小金井養護学校)
(6)個別教育計画作成の手順と内容・三苫由紀雄(東京都立小金井養護学校)
(7)個別教育計画の作成 グループ演習 3・菊池務(総合教育センター) 永延道代(総合教育センター) 片田江幸一(総合教育センター) 原田道子(総合教育センター) 前田純一郎(総合教育センター)
(8)個別教育計画の作成 グループ演習 4・菊池務(総合教育センター) 永延道代(総合教育センター) 片田江幸一(総合教育センター) 原田道子(総合教育センター) 前田純一郎(総合教育センター)
(9)指導事例の検討 1・青山均(安田生命子ども療育相談センター)
(10)指導事例の検討 2・青山均(安田生命子ども療育相談センター)
703 学習障害児等の教育 片田江 幸一 学習障害及びその周辺の子どもたちに対する適切な援助のあり方を研修する。
(1)定義及び状態像と周辺の障害について・牟田悦子(成蹊大学)
(2)学習障害に関するアセスメント、診断について・石原由美子(養護学校)
(3)指導の実際1〜通級指導教室における指導〜・佐々木徳子(横浜市立綱島東小)
(4)指導の実際2〜小集団の指導〜・塚崎みゆき(南部地域療育センター)
(5)指導の実際3〜教科、ソーシャルスキルの指導〜・小林研一郎(大戸小)
(6)学校担任に望むこと〜保護者の立場から〜・山田裕康
704 「ことば」の指導 片田江 幸一 障害のある子どもたち一人ひとりのことばを育て、コミュニケーションの世界を広げる方法について研修する。
(1)障害のある子どものことば・コミュニケーションについて・松村勘由(国立特殊教育総合研究所)
(2)言葉の発達とアセスメント・松村勘由(国立特殊教育総合研究所)
(3)構音障害、リズム障害等のいわゆる言語障害とその指導・盛由紀子(麻生小)
(4)言語発達遅滞児のことば・コミュニケーションの指導・盛由紀子(麻生小)
(5)ダウン症児のことば・コミュニケーションの指導・吉村亜紀(川崎市立三田小)
(6)自閉症児のことば・コミュニケーションの指導・吉村由紀子(川崎市立東住吉小)
705 読みの教材・教具開発 前田 純一郎 読みの理解を高めるための教材教具の開発について研修する。
(1)読みの発達と理解・関戸英紀(横浜国立大学)
(2)読みの理解を高める教材教具の紹介と指導の実際・清水覚(神奈川県立湘南養護学校)
(3)読みの理解を高める教材・教具の作成(1)・木村昭宏(田島養護学校)
(4)読みの理解を高める教材・教具の作成(2)・木村昭宏(田島養護学校)
(5)読みの理解を高める教材・教具の作成(3)・木村昭宏(田島養護学校)
(6)作成された教材・教具について話し合う(4)・木村昭宏(田島養護学校)
706 障害児教育相談学校巡回 木下 早苗、原田 道子 学級・学校単位で、障害児の理解と指導の基本的なあり方について、理解を深める。
(1)
(2)
(3)
(4)障害児教育相談学校巡回・未定
 Page Top
これまでの「研修」一覧へ