これまでの「研修」一覧へ

平成8年度の研修一覧

番号コース名担当内容
101 公開教養講座 研修推進委員会 現代人は、国際化・情報化等著しい社会変化の中で、様々な悩みや社会問題に直面してい る。各分野で活躍中の名士の講話から幅広い考え方と豊かな人間性を培う。
(1)子そだてと人形そだて-人形とともに50年-・水田外史(ガイ氏即興人形劇場)
(2)「エイズ」問題を考える-現状における諸課題-・清水勉(弁護士)
102 教育課題 研修推進委員会 学校教職員・社会教育担当職員を対象にして、社会の変化による教育の課題や教育現場におけるニーズをとらえ、より適切な対応ができるように見識を深める。
(1)少子化時代の子どもたち−現代の子どもをどうとらえるか−・小川信夫(玉川大学)
(2)児童・生徒指導の教育法規 −「学校のきまり」と教育的配慮−・下村哲夫(筑波大学)
(3)学校週5日制と特別活動−これからの特別活動を考える−・山口満(筑波大学)
(4)人形遣いの世界−子どもの夢を求めて−・岡田ともえ(ガイ氏即興人形劇場)
(5)今、学校文化を問う−潜在的文化の重要性−・児島邦宏(東京学芸大学)
103 児童・生徒指導 萩原 優、 学級担任教師として、価値観の多様化が進み、より見えにくくなった児童生徒をいかに理解し、どのような対応をしたらよいかを考えるとともに、その具体的方策を知り児童生徒の実践力の向上を図る。
(1)教師とカウンセリング−学校教育相談を考える−・真仁田昭(目白学園女子短期大学大学)
(2)少子化時代の子どもたちー現代の子どもをどうとらえるか−・小川信夫(玉川大学)
(3)児童・生徒指導の教育法規 −「学校のきまり」と教育的配慮−・下村哲夫(筑波大学)
(4)「いじめ」の現状と対応−学校教育の課題として−・岡田守弘(横浜国立大学)
(5)実践、学級経営 3 「気になる子どもたち」-担任と養護教諭の連携を考える-(パネルディスカッション)・加藤久美子(総合教育センター) 青木幸夫(桜本中) 森田由美子(上作延小) 佐々木良子(市立橘高校) 本間千尋(下河原小) 萩原優(総合教育センター)
104 人権・平和教育 萩原 優, 一人ひとりの人権を尊重し、人権意識を基本にすえた平和の意義を深く理解し、その精神をどのように教育の中に展開していくべきかを探る。
(1)児童・生徒指導の教育法規 −「学校のきまり」と教育的配慮−・下村哲夫(筑波大学)
(2)ジェンダー(作りあげられた性別)問題を考える−生活場面のジェンダーチエックから−・千々岩浩子(東京女性財団)
(3)平和と人権の尊重を求めて3−赤十字の救援活動・阪神大震災における救援活動から−・河野正賢(日本赤十字社)
105 性教育 北川 梅子 学校教育における性教育実践のために、広い視野から性にかかわる指導をとらえる。更に授業を参観することにより自己の性教育についての考えを確立するのに役立てる。
(1)子どもとエイズ 2 −感染者の現状−・川田悦子
(2)思春期の問題を考える・江幡玲子(東京女子短大・思春期問題研究所)
(3)ジェンダ(作り上げられた性別)問題を考える-生活場面のジェンダーチェックから-・千々岩浩子(東京女性財団)
(4)性教育公開授業・福山惇子(片平小) 未定(教諭) 波多野義郎(東京学芸大学)
106 心肺蘇生法(一般救急法を含む) 北川 梅子 著しい呼吸困難や呼吸停止、心停止等、生命の危険に陥っている人々に対し、速やかに、かつ効果的な蘇生法が行えるよう必要な知識と技術を身につける。また、日常よく遭遇するけがや疾病についての初期的な救急法を行えるよう理論と実技について研修する。
(1)一般救急法の理論と実技 1・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(2)一般救急法の理論と実技 2・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(3)一般救急法の理論と実技 3・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(4)心肺蘇生法の理論と実技 1・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(5)心肺蘇生法の理論と実技 2・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(6)心肺蘇生法の理論と実技 3・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(7)一般救急法と心肺蘇生法の理論(検定試験)・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
(8)一般救急法・心肺蘇生法の実技(検定試験)・左澤重明(日本赤十字社) 日赤救急法指導員
107 英会話 朝倉 安弘、 国際化時代における相互理解の一手段としての英語を理解し、外国青年英語指導助手との実習を通して、英語で表現・伝達する能力を高める。
(1)英会話演習1・英語指導助手(総合教育センター)
(2)英会話演習2・英語指導助手(総合教育センター)
(3)英会話演習3・英語指導助手(総合教育センター)
(4)英会話演習4・英語指導助手(総合教育センター)
(5)英会話演習5・英語指導助手(総合教育センター)
108 国際教育 甲斐 修 わが国の文化と伝統とともに、異文化や帰国児童生徒がもつ文化についても理解を深め、人々が互いに尊重し合い、共に豊かに生きていく社会を考える。
(1)国際理解教育が目指すもの−国際理解教育の歴史的変遷と今後の展望−・佐藤郡衛(東京学芸大学)
(2)国際教育指導の実践−教材作成と授業の組み立て−・吉沢寿一(小倉小)
(3)教師の見た世界−海外で学ぶ児童生徒の現状と課題−・佐藤伸(川崎市立幸町小) 岩倉義則(川崎市立野川小) 高橋太郎(川崎市立臨港中)
(4)特派員からのメッセージ−躍動するアジアの文化と経済−・荒井利明(読売新聞社)
(5)平和と人権の尊重を求めて・河野正賢(日本赤十字社)
109 日本語教育 甲斐 修 外国で生活してきたために日本語が理解できないで入学、編入学した児童生徒が市内の小中学校に多数在籍している。これらの子どもたちに系統立てて日本語が指導できるような方法を探る。
(1)日本語指導の実践(1)・屋代瑛子
(2)日本語指導の実践(2)・屋代瑛子
(3)日本語指導の実践(3)・屋代瑛子
(4)日本語指導の実践(4)・屋代瑛子
110 外国社会と教育事情 甲斐 修 外国で生活してきた児童生徒が、外国籍・帰国児童生徒とも市内の学校に多数在籍している。これらの子どもたちが海外で受けてきた教育を理解し、日本での学習に適応し、生かす方法を探る。
(1)中国における学校教育の現状と社会・孟紅
(2)フィリピンにおける学校教育の現状と社会・片山英理子
(3)アメリカにおける学校教育の現状と社会・林恵美子
(4)ブラジルにおける学校教育の現状と社会・愛澤孝一ジョゼ
201 パソコン初級 高橋邦夫、西田政吉 学校教育に取り入れられているコンピュータについて慣れ親しみ、基本的な機能として、ワープロ、表計算、図形作成、教材作成ソフトの理解と操作技術を習得する。
(1)概論 学校教育におけるコンピュータの役割・若山皖一郎(東京電機大学)
(2)ワープロ・表計算とコンピュータ利用授業の実際・掛井孝明(夢見ヶ崎小) 村田道彦(橘中) 金子隆一(橘中)
(3)パソコンのワープロに親しもう(一太郎)1・米山誠(商業高校) 高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(4)パソコンのワープロに親しもう(一太郎)2・米山誠(商業高校) 高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(5)ワープロ演習・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(6)表計算・グラフソフトの基本操作(LOTUS1-2-3)1・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(7)表計算・グラフソフトの基本操作(LOTUS1-2-3)2・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(8)表計算・グラフの演習・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(9)図形作成ソフトの基本操作(Z'S STAFF KID)1・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(10)図形作成ソフトの基本操作(Z'S STAFF KID)2・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(11)教材作成ソフトを用いた基本操作(ガリレオ)1・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 掛井孝明(夢見ヶ崎小) 樋口彰(東住吉小) 岩田昭彦(中野島小) 垣地史朗(総合教育センター)
(12)教材作成ソフトを用いた基本操作(ガリレオ)2・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 掛井孝明(夢見ヶ崎小) 樋口彰(東住吉小) 岩田昭彦(中野島小) 垣地史朗(総合教育センター)
202 教材ソフトウェア作成 大串 一彦 学習指導にコンピュータを活用するための教材ソフトウェアの作成を通して、そのあり方と実際についての理解を深める。
(1)概論 学校教育におけるコンピュータ利用・若山皖一郎(東京電機大学)
(2)ワープロ・表計算とコンピュータ利用授業の実際・掛井孝明(夢見ヶ崎小) 村田道彦(橘中) 金子隆一(橘中)
(3)
(4)オーサリングシステム「ガリレオ」の紹介と利用・荒義明(神奈川県教育センター) 米安克己(神奈川県立生田東高校)
(5)オーサリングシステム「ガリレオ」の使い方・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(6)教材を作ってみよう(1)−教材画面の入力−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(7)教材を作ってみよう(2)−教材画面の入力−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(8)教材を作ってみよう(3)−教材画面の入力−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(9)教材を作ってみよう(4)−教材画面の入力−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(10)教材を作ってみよう(5)−教材画面の入力−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(11)教材を作ってみよう(6)−コースの組み立て−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
(12)教材を見せ合いましょう−発表会−・大串一彦(総合教育センター) 飯田智芳(登戸小) 岩田昭彦(中野島小) 大矢敏克(渡田小)
203 コンピュータ教育利用 大串一彦・下田照雄 学校教育に導入されているコンピュータについて、実際にコンピュータや教育用ソフトウェアを操作しながら、授業での利用方法を考える。
(1)概論 学校教育におけるコンピュータ利用・若山皖一郎(東京電機大学)
(2)ワープロ・表計算とコンピュータ利用授業の実際・掛井孝明(夢見ヶ崎小) 村田道彦(橘中) 金子隆一(橘中)
(3)
(4)コンピュータの授業利用について(授業への利用例、利用に関する留意点)・大串一彦(総合教育センター) 垣地史朗(総合教育センター) 中町喜友(総合教育センター)
(5)教育用ソフトウェア紹介・インストラクター(NTT)(NTT)
(6)教育用ソフトウェア紹介(95年度川崎市教育用ソフトウェア)・田中節子(川崎市立梶ヶ谷小) 荒井崇広(川崎市立東門前小) 高橋邦夫(総合教育センター) 村上昇平(川崎市立宮内中) 沖野浩(川崎市立富士見中) 毛塚京子(川崎市立西中原中)
204 教育情報ネットワーク 初級 西田 政吉 教育情報ネットワークの利用を促進するために、情報モラルを含んだ概論およびパソコン通信・データベースの利用に関する操作方法・有効利用への方法等を実習する。
(1)ネットワーク概論(基本知識・活用法・情報モラル・著作権)、教育情報ネットワークの概要・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小)
(2)Windowsの基本操作・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター2名(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(3)教育情報データベースの利用・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター2名(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(4)パソコン通信の利用 I (ライブラリーの利用)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター2名(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(5)パソコン通信の利用 II (電子掲示板・電子会議の読み・書き)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(6)パソコン通信の利用 III (電子メールの読み・書き)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
205 教育情報ネットワーク 中級 西田 政吉 教育情報ネットワークの利用を促進するために、パソコン通信・データベースの利用に関する専門的な操作方法・有効利用への方法等を実習する。
(1)データベースの利用 (イメージデータの検索・表示・印刷・その他)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント2名(白鳥中)
(2)パソコン通信の利用 I (マルチメディアデータの作成)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター2名(富士通(株)) アシスタント2名(白鳥中)
(3)パソコン通信の利用 II (マルチメディアデータの作成と送信)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター2名(富士通(株)) アシスタント2名(白鳥中)
(4)HTML入門 (ホームページの実践例紹介)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(5)HTMLで学校のホームページを作ろう I)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
(6)HTMLで学校のホームページを作ろうII)・西田政吉(総合教育センター) 櫻谷昭夫(西生田小) インストラクター(富士通(株)) アシスタント3名(市内教諭)
206 パソコン・視聴覚養成講座 原 勤、下田 照雄 学校教育に取り入れられているコンピュータおよび映像教材の利用を促進するため、その利用方法を体験する。
(1)色々なコンピュータソフトの体験・センター指導主事(総合教育センター)
(2)コンピュータの教育利用への可能性・センター指導主事(総合教育センター)
(3)教育情報ネットワークの利用体験(端末導入校)・センター指導主事(総合教育センター)
(4)コンピュータの教育利用の実践・センター指導主事(総合教育センター)
(5)映像制作入門・センター指導主事(総合教育センター)
(6)映像教材の教育利用・センター指導主事(総合教育センター)
207 視聴覚教育メディア研修 I 夏井 美幸、外山 裕一 学習効果を高める一つの手段としての視聴覚機器が有効に利用できるよう、基本的な機材の操作方法や教材の制作・利用方法を習得する。 <国庫補助金事業>
(1)-総論- 視聴覚教育の現状と課題 メディアについての教育・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(2)-教育メディア各論- 教育メディアの動向・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(3)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(1) 撮影・編集・アフレコ(講義)・瓜生忠久(明治大学)
(4)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(2) 台本づくり・瓜生忠久(明治大学)
(5)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(3) 台本づくり・撮影実習・夏井美幸(総合教育センター)
(6)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(4) 撮影実習・瓜生忠久(明治大学)
(7)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(5) 編集・アフレコ実習・瓜生忠久(明治大学)
(8)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(6) 編集・アフレコ実習・作品発表・瓜生忠久(明治大学)
(9)-教育メディア特講- コンピュータ(1) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
(10)-教育メディア特講- コンピュータ(2) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
(11)-教育メディア特講- コンピュータ(3) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
(12)-教育メディア特講- コンピュータ(4) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
(13)-教育メディア特講- コンピュータ(5) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
(14)-教育メディア特講- コンピュータ(6) マルチメディア・富士通インストラクター(富士通(株))
208 視聴覚教育メディア研修 II 高橋 邦夫/夏井 美幸 教育目標の達成という観点から、様々の視聴覚メディアを使った授業実践ができるよう、メディアの技術を習得し授業改善に役立てる。 <国庫補助金事業>
(1)-総論- 視聴覚教育の現状と課題 教育メディア利用の実践と方策・村井守(玉川大学)
(2)-総論- 著作権について・河田剛一(著作権法学会会員)
(3)-教材作成の理論と技術- VTR(1) 撮影基礎(講義)・原勤(総合教育センター) 井部良一(宮崎小)
(4)-教材作成の理論と技術- VTR(2) 編集・アフレコ(講義)・原勤(総合教育センター) 井部良一(宮崎小) 中田浩彰(総合教育センター) 若林民夫(総合教育センター)
(5)-教材作成の理論と技術- VTR(3) 撮影実習・井部良一(宮崎小) 塩見幸男(高津高校) 中田浩彰(総合教育センター) 若林民夫(総合教育センター)
(6)-教材作成の理論と技術- VTR(4) 編集・アフレコ実習・井部良一(宮崎小) 塩見幸男(高津高校) 中田浩彰(総合教育センター) 若林民夫(総合教育センター)
(7)-教育メディア特講- マルチメディア(1)・富士通インストラクター(富士通(株))
(8)-教育メディア特講- マルチメディア(2)・富士通インストラクター(富士通(株))
(9)-教育メディア特講- マルチメディア(3)・富士通インストラクター(富士通(株)) 近藤明彦(宮前小)
(10)-教育メディア特講- マルチメディア(4)・富士通インストラクター(富士通(株)) 近藤明彦(宮前小)
209 視聴覚教育メディア研修 III 夏井 美幸、外山 裕一 視聴覚教育の現状と課題について認識し、最近の視聴覚教育メディアについての基本的な知識と技術について研修する。
(1)-総論- 視聴覚教育の現状と課題 メディアについての教育・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(2)-教育メディア各論- 教育メディアの動向・宇佐美昇三(駒沢女子大学)
(3)教育メディア-映写機の構造 16ミリ映写機操作技術講習会の指導について・佐藤裕二(映機工業(株))
(4)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(1) 編集・アフレコ(講義)・瓜生忠久(明治大学)
(5)-総論- 教材作成の理論と技術 VTR(2) 編集・アフレコ実習・夏井美幸(総合教育センター)
301 国語科教育 鈴木 桂子、中村 和歌子 子ども一人ひとりが、心ときめかせて聞く、話す。読む、書く。考える。そんな学びの場を創り出していくため、言葉の持つ力や可能性について研修する。すべての教師は言葉の教師という視点から、より豊かな言語感覚を磨いていく。
(1)言語感覚を磨く 授業提案 ー子どもの心によりそって その1ー・田中庸之(西中原中) 山本保夫(桜本中) 永井直美(西中原中)
(2)地域の民話 〜地域の心にふれて〜・萩坂昇
(3)言語感覚を磨くとは〜詩・短歌・俳句の世界を通して〜・森久保安美(元産能大学教授)
(4)豊かな言語生活をめざして 〜すべての教師は言葉の教師〜・倉澤栄吉(日本国語教育学会)
(5)言語感覚を磨く 授業提案 ー子どもの心によりそって その2ー・日向野克己(大師小) 林百合恵(中原小) 笠原登(中原小) 高橋順一(大師小)
302 社会科教育 前島和樹、 社会科教育の課題に対して、広い視野からの提言をいただき、かつ課題解決のための方策等について研修し、社会科授業の改善に資する。
(1)社会科授業論・高野尚好
(2)歴史学習の課題と展望・佐伯眞人(文部省初等中等教育局)
(3)社会科教育の諸問題 - いま社会科教育で何を育てることができるか・佐島群巳(日本女子大学)
303 算数・数学科教育 下田 照雄 数学的な見方や考え方を重視した指導がいわれている。そこで、既習事項を活用しての問題解決的な指導や事象を数理的に考察するための課題作りなどを研修する。
(1)数学的な見方や考え方を育成する授業と課題・清水静海(筑波大学)
(2)メディアを生かした課題作りの視点・磯田正美(筑波大学)
(3)問題解決的な学習指導と課題学習の実践・簗部敬彦(金程小) 菊岡幸夫(川崎中) 田中仁浩(王禅寺小) 佐野史朗(長沢中)
(4)数学的な見方や考え方を育成するための課題に求められるもの・橋本吉彦(横浜国立大学)
304 理科教育 川崎 等 理科教育の諸問題について広い視野から検討して理解を深める。また、最近の科学のトピックスを研修し、専門的な知識の拡大を図る。
(1)理科教育の今日的課題・木谷要治(横浜市立大学)
(2)新しい理科学習の構想・森本信也(横浜国立大学)
(3)神奈川の植物・田中徳久(県立生命の星・地球博物館)
305 生活科教育 大内 三喜男 生活科学習の考え方や指導法について理解を深め、授業実践に役立てる。
(1)生活科は子どもの育ちに何をもたらすか・山口令司(筑波大学附属小)
(2)生活科で育てたい力と評価の工夫・滝沢武久(電機通信大学)
(3)生活科の実践から 〜自己表現と評価〜・牧口典子(東京都明化小)
306 音楽科教育 渡辺 洋子 音楽教育推進上の諸問題を広い視野からとらえ、その解決のための指導方法について研修し、自己の授業改善に役立てる。
(1)音楽教育に求められるもの・安藤ユキ子(川崎市教育委員会)
(2)地域の民話 〜地域の心にふれて〜・萩坂昇
(3)感性を育てる音楽教育・田鎖大志郎(横浜国立大学)
307 図工・美術科教育 大内 三喜男 図工・美術科教育における今日的課題や問題点を広い視野から把握し、自己の授業改善に役立てる。
(1)新しい学力観に立つ授業改善の視点・佐藤元巳(元東小倉小)
(2)美術教育の現状と課題 〜今育てるもの、育むものと教師の役割〜・宮坂元裕(横浜国立大学) 赤堀隆男(下作延小)
(3)子供の表現の読みとりについて 授業実践 〜造形遊びで育てるもの〜・榊原肇(共立女子大学) 日高祐美子(横浜市並木第4小)
308 体育・保健体育科教育 前島 和樹 教育課程についての課題や問題点を検討し理解を深め、専門領域における知識の深化と視野の拡大を図る。
(1)「新学力観と今後の課題」 ー中間答申を踏まえてー・森谷勉(県教育庁生涯学習部スポ-ツ課)
(2)授業をデザインする ー授業の場の構成と教師の支援ー・荒井伸一(南加瀬中) 小泉英夫(西野川小) 佐藤勝(東生田小) 元木亮二(西中原中) 藤岡完治(横浜国立大学)
309 家庭・技術家庭科教育 渡辺 洋子 家庭・技術家庭科の果たす役割を再認識し、教科の目的や課題を把握し、研修を通して専門領域の深化を図る。
(1)これからの技術・家庭科教育に望むこと・矢部典子(川崎市立大師中)
(2)
(3)家庭科における環境教育・柴田敏隆((財)日本自然保護協会)
(4)児童生徒理解とロ−ルプレイ・武藤安子(横浜国立大学)
310 英語科教育 朝倉 安弘、 企業と学校の両者において外国人と英語で楽しくコミュニケーションするためにはどのような工夫やアイデアが必要かということについて研修する。
(1)企業における社員への英語のコミュニケーション能力の高め方・牧野正紀(松下電器産業海外研修所語学部)
(2)コミュニケーション能力を高めるためのスピーキング、リスニングの指導法・金谷憲(東京学芸大学)
311 国語科指導法 鈴木 桂子、中村 和歌子 生涯学習、情報化、国際化、と言われる新しい時代を生きる子ども達が、人と人とのふれあいを大切にしながら、自ら学び、自己実現をめざしていく上で、どのような国語学室が展開されていけばよいかについて、研修する。
(1)鼎談「新しい時代の国語学室の創造」・小川信夫(玉川大学) 芳野菊子(南菅中) 岡本昌司(宮崎小)
(2)これからの国語学室を考える 実践発表1「教材化の工夫」実践発表2「国語の授業と新聞作り」・仁藤公子(桜本小) 林百合恵(中原小) 金子育世(柿生中) 森田圭一(橘中)
(3)自己実現をめざす言語教育1〜言葉を育て心を育てる〜賢治・南吉等の児童文学の作品を通して・森久保安美(元産能大学教授)
(4)自己実現を目指す言語教育2〜心を言葉にのせて〜賢治の世界を朗読する・横山義恭(NHK)
(5)自己実現をめざす言語教育3〜教師の言葉を考える・上山民栄(桜美林大学国際学部)
(6)新しい時代の国語学室に問われるもの〜その課題と展望〜ビデオで見る学び手としての子ども・鈴木桂子(総合教育センター) 倉澤栄吉(日本国語教育学会)
312 社会科指導法 前島 和樹 社会科学習指導上、必要な技能を体験や演習を通じて習得するとともに、教材開発力の向上を目指し、明日からの授業改善に役立てる。
(1)体験学習 竹細工 わら細工 火おこし その他・増子章二(日本民家園) 民具制作保存会会員
(2)巡検 幸区 オリエンテーション・伊東芳男(久末小) 栗林昌人(日吉小) 前島和樹(総合教育センター)
(3)巡検 幸区 夢見ヶ崎古墳群 国宝秋草文壺(仁藤家)加瀬貝塚・長岡忠昭(前菅生小) 伊東芳男(久末小) 栗林昌人(日吉小)
(4)一人一人の子供を大切にした学習活動の工夫 自己学習力を育てる学習過程の工夫・堀口和也(南菅中) 市川洋(総合教育センター)
(5)副読本「かわさき」を使った授業の実際 小中関連を目指した授業づくり・榊原直行(川崎市立下作延小) 桑野ヨシ江(川崎市立新城小) 金子清(柿生中) 芹澤伸司(長尾小)
313 算数・数学科指導法 下田 照雄 数学的な見方や考え方を重視した指導がいわれている。そこで、問題解決的な学習活動を促すための課題作りや機器の活用について研修し授業改善に役立てるようにする。
(1)数学的な見方考え方を育成する授業と課題・清水静海(筑波大学)
(2)メディアを生かした課題作りの視点・磯田正美(筑波大学)
(3)
(4)子どもの数学的な見方や考え方を育成するための課題作りの視点と教師自身の体験的学習・坪田耕三(筑波大学付属小)
(5)
(6)授業での電卓の利用とその実際・インストラクタ−
(7)作図ツールを使っての授業とその実際・小田川弘文(東大島小) 渡辺茂(南百合丘小) 荒井久雄(御幸中) 中町喜友(総合教育センター)
(8)数学的な見方や考え方を育成するための課題に求められるもの・橋本吉彦(横浜国立大学)
314 理科指導法 川崎 等、 小・中学校理科学習の具体的な方法について実習を通して研修する。また、理科好きを育てるおもしろ実験として、センターで開発された教材を使った研修をする。
(1)おもしろ実験1 -顕微鏡の世界で遊ぼう -・安部恭夫(千代ケ丘小) 渡辺一浩(平間中) 葉倉朋子(登戸小)
(2)おもしろ実験2 -炎のマジック -・石垣永太郎(野川中) 福山昇宏(宮崎中) 渡辺一浩(平間中)
(3)おもしろ実験3 -ペットボトルロケットを作ろう -・小野瀬倫也(日吉中) 安部恭夫(千代ケ丘小) 石垣永太郎(野川中)
(4)地学巡検 - 丹沢の地質と地形 -・堀久男(生田小) 江藤哲人(横浜国立大学)
(5)地学巡検 - 丹沢の地質と地形 -・江藤哲人(横浜国立大学) 堀久男(生田小)
(6)おもしろ実験4−クリップモーターを作ろう−・葉倉朋子(登戸小) 志村辰也(高津小) 川崎等(総合教育センター)
(7)おもしろ実験5−実験名人になろう−・葉倉朋子(登戸小) 丹羽敦子(子母口小) 川崎等(総合教育センター)
315 音楽科指導法 渡辺 洋子 音楽教育推進上の諸技能に関する基礎・基本とその応用を実習を通して研修し、教科担当者としての力量を高め、授業の改善に役立てる。
(1)合唱の指導法・福井靖史(大磯町立国府小)
(2)民族音楽について・他1名 朴栄子(ふれあい館)
(3)音楽教育用ソフトの紹介と基本操作1・河合楽器
(4)音楽教育用ソフトの紹介と基本操作2・河合楽器
(5)吹奏楽の指導法・菊池武熙(川崎市立南大師中) 酒井克久(川崎市立南大師中)
316 図工・美術科指導法 大内 三喜男、 学習指導要領の図工・美術科の学習内容の理解を深め、実技を通して具体的指導法の充実に役立てる。
(1)クリップメディァ(フォトCDを活用したイメージ構成)・佐藤一紀(東橘中) 高野直美(犬蔵中) 碓井義忠(南菅中) 小森岳彦(玉川中) 富士通インストラクター(富士通(株))
(2)クリップメディア(フォトCDを活用したイメージ構成)・佐藤一紀(東橘中) 高野直美(犬蔵中) 碓井義忠(南菅中) 小森岳彦(玉川中) 富士通インストラクター(富士通(株))
(3)図形作成ソフトの基本(Z'S STAFF KID) 1・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(4)図形作成ソフトの基本(Z'S STAFF KID) 2・高井健治(商業高校) 斉藤康子(商業高校) 日本電気インストラクター(日本電気(株))
(5)
(6)陶芸 角花瓶の制作 〜成形〜・村主武(高津高校)
(7)陶芸 角花瓶の制作 〜絵つけ〜・村主武(高津高校)
317 体育・保健体育科指導法 前島 和樹 小・中学校体育・保健体育学習の現状を検討し、問題点を明らかにするとともに、解決方法を具体的に探る。
(1)「教師の支援の実際」ー小学校の授業実践を通してー・細江文利(東京学芸大学) 樋口正隆(犬蔵小) 永井英雄(玉川小) 伊藤彰子(玉川小) 大野真司(玉川小)
(2)「授業をデザインする」ー授業の場の構成と教師の支援ー・藤岡完治(横浜国立大学) 荒井伸一(南加瀬中) 元木亮二(西中原中) 小泉英夫(西野川小) 佐藤勝(東生田小)
(3)楽しく学べる保健学習・田村誠(横浜国立大学) 名取栄司(南加瀬中) 栄井三郎(日吉中) 森島烈(日吉中)
318A 家庭・技術家庭科指導法A 渡辺 洋子 指導要領における学習内容の理解を深め、実技研修を通して家庭・技術家庭科の指導力の向上を図る。
(1)織機の製作と織物の制作T・矢田茂樹(横浜国立大学)
(2)織物の製作と織物の制作U・増田功(田島中) 倉本孝二(東橘中)
(3)織物の製作と織物の制作V・北島光子(県立大磯高校)
(4)織物の製作と織物の制作W・牧陽子(金程中) 入江恵美子(中野島中)
318B 家庭・技術家庭科指導法 B 渡辺 洋子 指導要領における学習内容の理解を深め、実技研修を通して家庭・技術家庭科の指導力の向上を図る。
(1)家庭科における消費者教育の指導法1・本間智子(川崎市立下平間小)
(2)エコロジカルな消費者教育の実際・庄司順子(川崎市立藤崎小)
(3)家庭科における消費者教育の指導法2・庄司順子(川崎市立藤崎小) 渡辺洋子(総合教育センター)
(4)シニア体験を取り入れた住居の指導・佐久間洋子(新宿区立牛込第二中) 森東洋(山崎教育機材(株)) 山崎教育機材
319 英語科指導法 朝倉 安弘、 英語を用いて生徒がどのようにコミュニケーションを図ろうとする態度が育つかという指導法、合わせてその態度をどのように評価するかということを研修する。
(1)コミュニカティブな指導法の工夫とその評価について・小池優一(有馬中)
(2)コミュニカティブな指導法の工夫とその評価について・若林俊輔(都留文科大学)
(3)コミュニケーション能力を育成するために ー課題解決活動のすすめー・鈴木浩之(白鳥中)
(4)コミュニケーション能力を育成するために(授業を通して) ー 課題解決活動のすすめー・鈴木浩之(白鳥中)
320 道徳教育 朝倉 安弘 道徳教育の現状と課題を踏まえ、授業の展開構想、指導法についての理解を深め、指導力の充実をはかる。
(1)授業提案 − 道徳授業の活性化を図る - その1・井上総一郎(東高津中) 佐藤憲助(白鳥中) 山路孝重(臨港中) 松田滋充(東高津中)
(2)授業提案 - 道徳授業の活性化を図る - その2・竹田智子(菅小) 滋野羨永(菅小) 日野林實(宮内小)
(3)心豊かで主体的に判断できる生徒の育成を目指す・道徳教育新時代 指導の多様化に対応できる資料を目指す・鴻海達也(川崎市立野川中) 星野延平(有馬中)
(4)楽しい道徳授業の実際・谷川良子(川崎市立向丘小)
(5)心をひらく道徳授業 -役割演技を通して-・江橋照雄(玉川大学文学部教育学科)
321 特別活動 鈴木 桂子、木村 俊彦 子ども一人一人のよさを生かし伸ばすために、集団活動における他との望ましいかかわり方の工夫や、特別活動において自己教育力を総合的に育成するにはどうしたらよいか、のありかたを研修する。
(1)学級学年経営 授業提案 学習情報センターで個性を開く・前川圭子(南菅中) 芳野菊子(南菅中)
(2)学級経営 - 授業提案 主体的話合いを促す学級活動・大治茂雄(菅小) 滋野羨永(菅小) 高橋進一(百合丘小)
(3)学校週5日制と特別活動〜これからの特別活動を考える〜・山口満(筑波大学)
(4)人形遣いの世界〜子どもの夢を求めて〜・岡田ともえ(ガイ氏即興人形劇場)
(5)実践提案1 子どもが主体的に活動するクラブ、委員会活動・中西伸夫(殿町小) 高橋進一(百合丘小)
(6)実践提案2 子どもが主体的に活動する生徒会活動〜地域との交流を大切にして・松尾安人(菅中) 越憲人(臨港中)
401 校長研修 本間 宏敬、鎌方 環 様々な教育改革の実施にあたり、その趣旨を学校経営に反映するとともに、活力ある運営を行うため、児童生徒の視点に立って学校経営上の具体的な課題解決の方策について考える。
(1)活力ある学校運営を考える - 校長としてのリーダーシップ -・牧昌見(国立教育研究所)
(2)児童・生徒指導の教育法規 -「学校のきまり」と教育的配慮-・下村哲夫(筑波大学)
(3)学校経営上の諸問題 - 小・中別グループディスカッション -・中條迪夫 石田保二
(4)学校教育に 求められているもの・杉浦宏(国際学院埼玉短期大学)
402 教頭研修 本間 宏敬、鎌方 環 学校経営上の諸問題について、具体的な解決の方策を探るとともに、教頭職としての機能について広い視野からの理解を図る。
(1)児童・生徒指導の教育法規-「学校のきまり」と教育的配慮-・下村哲夫(筑波大学)
(2) 教頭の職務と課題・相原美智子(秦野市立南小)
(3)学校教育に求められているもの・杉浦宏(国際学院埼玉短期大学)
(4)学校教育の諸問題・横山裕
(5)教育法規演習 - 人事・服務の諸問題 -・大熊辰熊
403 学校事務職員研修 高橋邦夫、大串 一彦 学校事務職員としての学校経営にかかわる職務に関する任務と使命についての学習と、一般教養を高めることを目指す。
(1)映像制作の理論と技術 VTR(1)撮影の基礎(講義)・原勤(総合教育センター) 井部良一(宮崎小) 中田浩彰(総合教育センター)
(2)映像制作教材作成の理論と技術 VTR(2)編集・アフレコ(講義)・原勤(総合教育センター) 井部良一(宮崎小) 中田浩彰(総合教育センター)
(3)映像制作教材作成の理論と技術 VTR(3)撮影実習・井部良一(宮崎小) 塩見幸男(高津高校) 中田浩彰(総合教育センター) 若林民夫(総合教育センター)
(4)映像制作教材作成の理論と技術 VTR(4)編集・アフレコ・井部良一(宮崎小) 塩見幸男(高津高校) 中田浩彰(総合教育センター) 若林民夫(総合教育センター)
(5)英・米の学校事務職員制度について・大田直子(東京都立大学)
404 学校用務員研修 金井久美子 日頃の生活を有意義にこころ豊かに過ごし、職場のコミュニケーションづくりを深めるための「音楽」と「体づくり」について研修し、さらに、日本の伝統芸能である「人形遣い」に触れ「日本人の心」について教養を深める。
(1)音楽とコミュニケーションー青春を今一度ー・大島順子
(2)快適ワーキングのための体づくり・田所康男(康心堂)
(3)人形遣いの世界・岡田ともえ(ガイ氏即興人形劇場)
405 学校栄養職員研修 北川 梅子、 栄養に関する事柄について研修を深め、より専門的な知識を深め日常の業務に生かす。 また、日常の業務を見直し工夫することにより効果的な指導が行えるようにする。
(1)「魅力ある給食だより」 -作成のポイントと工夫-・西川勇(向丘中)
(2)子どもの食を考える・安藤節子(芽ばえ社)
406 給食調理員研修 金井 久美子、 日々の生活が楽しく出来るよう、みんなで青春歌謡を歌ったり、健康保持のあり方について研修する。ガス科学館の見学と調理実習を通して、都市ガスについて理解を深める。
(1)
(2)ガス科学館見学と調理実習・ガスの科学館社員
(3)みんなで、楽しく歌いましょう。あなたに青春を今一度、童謡から青春歌謡まで・大島順子
(4)快適ワーキングのための体づくり・田所康男(康心堂)
407 養護教諭研修 北川 梅子 保健室経営をより効果的に進めるための知識や技術の深化をはかる。人間関係について学び、コミュニケーションを深めるための理論と実技について研修し実務の向上に役立てる。
(1)平和と人権の尊重を求めて−赤十字の救援活動・阪神大震災における救援活動から−・河野正賢(日本赤十字社)
(2)「いじめ」の現状と対応−学校教育の課題として−・岡田守弘(横浜国立大学)
(3)「気になる子どもたち」−担任と養護教諭の連携を考える−・加藤久美子(総合教育センター) 青木幸夫(桜本中) 森田由美子(上作延小) 佐々木良子(市立橘高校) 本間千尋(下河原小) 萩原優(総合教育センター)
(4)「パソコンを使ってみよう」WINDOWS版 保健室利用集計ソフト・上野智子(幸町小) 三澤恵子(虹ヶ丘小) 三瓶法子(市教委) 工藤晶子(川崎市立枡形中) インストラクター(富士通(株))
(5)
(6)ニューカウンセリング−人間関係を考える−・藤岡完治(横浜国立大学)
(7)中学校研究会養護部会との共催予定(講演会)・津久井要(横浜労災病院)
408 幼児教育 金井 久美子、 地域における異年齢とのふれあい、及び核家族化、少子化等で家庭教育力の低下が指摘されているなか、保育施設や保育期間の有効性について注目されている。教育課程編成及び教育内容充実のために乳幼児の発達の実情を理解する。
(1)幼児の発達する姿のとらえ方・岸井勇雄(富山大学教育学部付属幼稚園)
(2)
(3)乳幼児の発達の実情を理解する(Aグループ)・米山まつ(総持寺保育園)
(4)
(5)乳幼児の発達の実情を理解する(Bグループ)・米山まつ(総持寺保育園)
(6)人形遣いの世界・岡田ともえ(ガイ氏即興人形劇場)
409 高校教育 中山 陽洋 社会の変化に対応した新しい高校教育の創造を目指し、課題を把握するとともに指導と支援のあり方を研修し、これからの国際化時代をたしましく生きる高校生の育成について研鑽を深める。
(1)社会の変化と進路指導ーこれからの進路指導を考えるー・青山憲吾(リクルート)
(2)教師とカウンセリングー学校教育相談を考える。・真仁田昭(目白学園女子短期大学大学)
(3)LHRと映像教育ー生徒の心に問いかける映像の魅力ー・原勤(総合教育センター)
(4)国際理解教育が目指すものー歴史的変遷と今後の展望ー・佐藤郡衛(東京学芸大学)
(5)生徒指導の教育法規ー学校のきまりと教育的配慮ー・下村哲夫(筑波大学)
410 学校図書館 中山陽洋 情報化、生涯学習時代と言われる今日、図書館の持つ役割は大きい。子ども達にとって魅力ある図書館作り及び学校教育における公共図書館との連携等について研修する。
(1)授業研修学習情報センターで個性を開く・前川圭子(南菅中) 芳野菊子(南菅中)
(2)学習センタ−、情報センタ−としての学校図書館のありかた・田代紗恵子(久本小)
(3)学校図書館と公共図書館の連携について・市川純子(横浜市立泉図書館)
(4)心を言葉にのせて・横山義恭(NHK)
501 社会教育施設経営者研修 枝村 和 社会教育施設の役割と管理運営上の課題を、生涯学習の観点から学び、より良い施設経営に役立てる。
(1)時代を読むー社会的課題とニュースー・小谷直道(読売新聞社)
(2)先進施設に学ぶ 〜文化活動と施設運営〜=視察=・深田一郎(横浜美術館)
(3)市民の健康を考える〜健康づくりとスポーツ施設の役割〜・市村真由美(セノウ・コーポレイション)
502 庶務・業務・技能職員研修 枝村 和 社会教育施設の職員の役割及び庶務業務執務上必要な知識を学び、より良い施設運営のあり方と、市民サービスの提供に役立てる。
(1)生涯学習時代の社会教育〜市民の学習と施設運営〜・京利幸(社会教育課)
(2)文書事務の流れと実際〜起案と文書整理〜・鉄指澄夫(総務部庶務課)
(3)施設貸出しシステムの実例を学ぶ=視察=・未定(富士通株式会社)
503 技術・技能職員研修 枝村 和 社会教育施設の施設・設備の管理・運営についての技術的課題について学び、より良い施設を目指す。
(1)生涯学習時代の川崎市の社会教育〜市民館はこう変わる〜・京利幸(社会教育課)
(2)施設管理の実際〜警備保障システム〜 =視察=・小長井一郎(セコム川崎中央支社)
(3)川崎市の施設利用事例〜管理部会の報告から〜・大井紀雄(高津市民館)
(4)先進施設に学ぶ=視察=・未定
504 社会教育主事等研修 1コース 枝村 知 社会教育事業を推進する中核的職員として必要な、実践的・実務的課題について考え、それを踏まえた地域社会教育事業計画の立案について学び、望ましい社会教育事業のあり方を模索する。
(1)川崎市の社会教育事業と生涯学習社会・小林文人(和光大学)
(2)地域社会教育計画と学習課題ー市民の学習環境を分析するー・神崎節生(川崎市総合教育センター)
(3)市生涯学習基本計画と地域社会教育計画の立案・神崎節生(川崎市総合教育センター)
504-2 社会教育主事等研修II 枝村 和 社会教育を展開する上で必要な課題を設定し、領域別に具体的な事例やプログラムの分析を行うなど、受講者の主体性を生かした実践的研修を行い、より良い事業展開を目指す。
(1)社会教育の基礎的課題についての研修(学級運営の手法やプログラム等)・未定
504-3 社会教育主事等研修III 枝村 和 社会教育を展開する上で必要な課題を設定し、領域別に具体的な事例やプログラムの分析を行うなど、受講者の主体性を生かした実践的研修を行い、より良い事業展開を目指す。
(1)今日的課題に関する研修(環境・人権・国際化・高齢化・ボランティア等)・未定
504-4 社会教育主事等研修IV 枝村 和 社会教育を展開する上で必要な課題を設定し、領域別に具体的な事例やプログラムの分析を行うなど、受講者の主体性を生かした実践的研修を行い、より良い事業展開を目指す。
(1)新しい社会教育のあり方に関する研修(生涯学習社会における市民の学習等)・高橋典子(ケーネット)
(2)新しい社会教育のあり方に関する研修(生涯学習社会における市民の学習等)・未定
505 社会教育課題 枝村 和 社会教育の職員として執務上必要な基本的課題や今日的課題について学び、より良い社会教育施設・行政の展開に役立てる。
(1)社会教育事業の取り組み(1) 〜学級講座の企画・準備・運営・評価〜・田村博(宮前市民館) 神崎節生(川崎市総合教育センター)
(2)社会教育事業の取り組み(2)〜分館活動と地域学習グループ〜・神崎節生(川崎市総合教育センター) 斉藤千恵(高津市民館橘分館)
(3)行政の目指す生涯学習〜市民が主役の環境行政〜・原三俊(環境保全局企画調査課)
(4)ワークショップの手法ー開発教育に学ぶー・森良(エココミュニケーションセンター)
(5)郷土川崎を知る(1)ー川崎の文化と歴史ー・村井守(玉川大学)
(6)郷土川崎を知る(2)ー川崎の自然ー・若宮崇令(青少年科学館)
(7)
(8)未定:各職場で必要な課題をプログラムしますので、随時ご要望をお寄せください・未定
506 図書館職員研修 I 梅原 和仁 生涯学習社会における公共図書館の役割と、職員の専門性を考えるとともに、図書館の専門的技術を学び、図書館サービスの向上に資する。
(1)図書館の自由の意義を事例に学ぶ・小川徹(法政大学)
(2)図書館調査から見えるもの〜レファレンスと職員の専門性〜・酒井成美(中原図書館)
(3)職場研修を考える(1)職場研修マニュアル・西野一夫(川崎図書館)
(4)職場研修を考える(2)資料の収集と管理・磯貝清志(幸図書館)
(5)職場研修を考える(3)職場研修用マニュアルづくり・小南征二(宮前図書館)
507 図書館職員研修 II 枝村 和 図書館の基本的サービス、および地域における図書館活動と職員の役割を学び、生涯学習社会における図書館の使命を考える。
(1)図書館調査から見えるもの〜レファレンスと職員の専門性〜・酒井成美(中原図書館)
(2)図書館運営と管理〜図書館はどのように運営されているか〜・内藤スミ子(川崎図書館)
(3)市立図書館システムの概要〜図書館コンピューターシステムの仕組み〜・能川保(麻生図書館)
(4)レファレンスの基礎〜概論〜・磯貝清志(幸図書館)
(5)図書館業務の基礎〜マークの仕組み、必要なデータとは何か〜・小南征二(宮前図書館) 未定(図書館流通センター(TRC))
508 博物館職員研修 枝村 和 博物館の業務と今日的課題についての知識・技術を学び、より良い施設運営を目指す。
(1)美術品等の取扱と梱包-講義と実習-・佐藤智昭(ヤマト運輸美術品東京)
(2)先進施設に学ぶ〜文化芸術と施設運営〜=視察=・深田一郎(横浜美術館)
(3)先進施設に学ぶ〜研究・教育普及・企画展示〜=視察=・大貫英明(相模原市博物館)
509 社会体育職員研修 梅原 和仁 生涯スポーツを推進するための体育・スポーツ施設の役割と職員の業務のあり方について学び、より良い施設運営を目指す。
(1)生涯学習時代の社会教育〜市民の学習と施設経営〜・京利幸(社会教育課)
(2)健康づくりのトレーニング指導とリハビリ〜医学的基礎知識〜・高田英臣(聖マリアンナ医大)
(3)高齢化社会におけるスポーツ施設の役割・未定
510 初任者研修 枝村 和 社会教育の意義・歴史・課題および生涯学習についての基本的認識を深めるとともに、関連施設の役割を学び、執務上必要な基本的知識を身につけ、より良い社会教育事業実施の一助とする。
(1)社会教育の意義と職員の役割〜社会教育職員の研修に期待すること〜・西沢哲史(教育委員会社会教育課)
(2)生涯学習社会とこれからの社会教育〜関係法令と生涯学習〜・蛭田道春(大正大学)
(3)川崎の社会教育〜現在・過去・未来〜・神崎節生(川崎市総合教育センター)
(4)市民館の事業と使命〜学習活動と公的援助〜・未定
(5)公立図書館の役割と実際〜市民の図書館とは〜・未定
(6)青少年施設の役割と運営〜今、青少年は〜・高松陽(青少年の家)
(7)博物館施設の運営〜市民の文化活動支援〜=講義と実習=・若宮崇令(青少年科学館)
(8)スポーツ施設の役割〜健康づくり体操〜講義と実習〜・佐間田奏雄(とどろきアリーナ)
(9)社会教育施設の仕事をして・初任者研修を受講して〜話合い〜・湯上二郎(川崎市総合教育センター)
511 社会教育指導員研修 枝村 和 生涯学習をめぐる基本的な認識を深め、社会教育指導員の役割や学習課題について学ぶ。なお社会教育職員との情報交換や認識を深めるため、初任者研修や主事等研修を受講する。
(1)社会教育の現状と社会教育指導員の役割・京利幸(社会教育課)
(2)7年度担当事業事例報告〜情報交換〜・神崎節生(川崎市総合教育センター)
(3)他都市の社会教育指導員の活動に学ぶ・市川桂子
(4)事業を担当・実施して〜話合い〜・神崎節生(川崎市総合教育センター)
601 教育相談基礎 中嶋はるみ 教育相談の考え方や態度を理解することを通して、児童・生徒理解をより深める。
(1)登校拒否(不登校)の子どもとの関わり・塚原俊雄(川崎市立菅小) 山川周子(生田中)
(2)教師とカウンセリングー学校教育相談を考えるー・真仁田昭(目白学園女子短期大学大学)
(3)これからの学校教育相談のあり方・緑川尚夫(世田谷区教育相談室)
(4)コミュニケーショントレーニング(1)・中釜洋子(東大大学院教育学研究室心理相談)
(5)コミュニケーショントレーニング(2)・中釜洋子(東大大学院教育学研究室心理相談)
(6)ロールプレイング(1)・中嶋はるみ(川崎市総合教育センター) 松井恭子(犬蔵中)
(7)ロールプレイング(2)・松井恭子(犬蔵中) 中嶋はるみ(川崎市総合教育センター)
(8)学級担任が行う教育相談(1)・松井恭子(犬蔵中) 中嶋はるみ(川崎市総合教育センター) 本間千尋(下河原小) 木村巖(田島養護学校)
(9)学級担任が行う教育相談(2)・松井恭子(犬蔵中) 中嶋はるみ(川崎市総合教育センター) 本間千尋(下河原小) 木村巖(田島養護学校)
(10)グループワークトレーニング・牧野一宏(川崎市立小田小)
(11)思春期と子どもたち・河合洋(河合クリニック所長)
602 教育相談学校巡回 中嶋はるみ 学校単位で、児童や生徒との基本的な関わりについて理解を深める。
(1)教育相談学校巡回・須田兼三郎(横浜国立大学)
(2)教育相談学校巡回・鈴木眞一(総合教育センター)
(3)教育相談学校巡回・緑川尚夫(世田谷区教育相談室)
(4)教育相談学校巡回・未定
603 教育相談実技 中嶋はるみ 教育相談の基本的な考え方を実技を通して体験する。夏季休業中に実施する。
(1)ロールプレイング(1)・白井節夫
(2)ロールプレイング(2)・白井節夫
(3)コミニュケーショントレーニング(1)・中釜洋子(東大大学院教育学研究室心理相談)
(4)コミニュニケーショントレーニング(2)・中釜洋子(東大大学院教育学研究室心理相談)
(5)
(6)グループワークトレーニング・高橋あつ子(宮前平小)
604 教育相談実習 鈴木 眞一 教育相談の基本的な考え方や態度を実習を通して身につける。原則として隔週の火曜日に実施する。中級コースになるので過去の教育相談研修体験者で20回位は出席可能者。
(1)教師とカウンセリングー学校教育相談を考えるー・真仁田昭(目白学園女子短期大学大学)
(2)グループワークトレーニング(1)・牧野一宏(川崎市立小田小)
(3)これからの学校教育相談のあり方・緑川尚夫(世田谷区教育相談室)
(4)グループワークトレーニング(2)・牧野一宏(川崎市立小田小)
(5)教育相談演習(1)傾聴・塚原俊雄(川崎市立菅小) 鈴木眞一(総合教育センター)
(6)教育相談演習(2)箱庭・鈴木眞一(総合教育センター)
(7)ロールプレイング(1)・白井節夫
(8)ロールプレイング(2)・白井節夫
(9)学級担任が行う教育相談(1)・松井恭子(犬蔵中) 中嶋はるみ(川崎市総合教育センター) 本間千尋(下河原小) 木村巖(田島養護学校)
(10)学級担任が行う教育相談(2)・松井恭子(犬蔵中) 中嶋はるみ(川崎市総合教育センター) 本間千尋(下河原小) 木村巖(田島養護学校)
(11)
(12)コミニュケーショントレーニング・中釜洋子(東大大学院教育学研究室心理相談)
(13)思春期の子どもたち・河合洋(河合クリニック所長)
(14)教育相談演習(3)箱庭・鈴木眞一(総合教育センター)
(15)教育相談演習(4)箱庭・鈴木眞一(総合教育センター)
(16)教育相談演習(5)・鈴木眞一(総合教育センター)
(17)教育相談演習(6)・鈴木眞一(総合教育センター)
(18)教育相談演習(7)・鈴木眞一(総合教育センター)
(19)教育相談演習(8)・鈴木眞一(総合教育センター)
(20)教育相談演習(9)・鈴木眞一(総合教育センター)
(21)心理検査法・浅尾稔(総合教育センター)
(22)自立訓練の理論と実際(1)・片山世紀雄(総合教育センター)
(23)自立訓練の理論と実際(2)・片山世紀雄(総合教育センター)
(24)まとめ・鈴木眞一(総合教育センター)
605 障害児教育相談学校巡回 片山 世紀雄、菊池 務 学級・学校単位で、障害児の理解と指導の基本的なあり方について、理解を深める。
(1)障害児教育相談学校巡回・篁村一声(東海大学付属病院精神科)
(2)障害児教育相談学校巡回・未定
606 障害児学級経営 永延道代 障害児教育の現状と課題を踏まえ、教育過程や校内体制など、障害児学級の担任としての基本的事項について、理解を深めると共に実践的な指導力の充実を図る。
(1)教育課程を考える・荒川佳紀(川崎市立養護学校)
(2)障害児学級の経営と指導 〜学級事務と予算〜・伊藤多美恵(御幸小)
(3) 指導計画と指導の実際 〜小学校障害児学級〜・山上奈々子(川崎市立三田小)
(4)指導計画と指導の実際 〜中学校障害児学級〜・新井靖子(稲田中)
(5)障害児の性教育と指導の実際・高橋洋子(市立養護学校)
(6)保護者との連携及び社会参加・木村昭宏(川崎市立田島養護学校)
607 障害別指導法 T 菊池 務 、 障害がある児童・生徒個々の指導に向けて、指導計画の作成、各教科・領域の指導について研修する。
(1)子どもの見方・係わり方・平井保(国立特殊教育総合研究所)
(2)子どもの実態把握の方法・幸田栄
(3)個別教育計画の立て方(1)・幸田栄
(4)ことばの指導・柴崎良子
(5)数の指導・山本裕二
(6)運動の指導・安藤正紀(神奈川県立第二教育センタ−)
(7)課題学習の進め方・平井保(国立特殊教育総合研究所)
(8)個別教育計画の立て方(2)・幸田栄
608 障害別指導法 U 石原由美子 多様な教育的援助を必要とする児童・生徒について理解を深め、指導法を探る。
(1)自閉症児の理解と指導・渋谷美智子(四谷小)
(2)文字から文への学習につまずきのある児童の理解と指導・坪田房江(今井小) 立川和子(伊豆逓信病院)
(3)重度発達障害児の指導・小玉等(稲田小)
(4)注意集中困難児の理解と医学的援助・池田明代(川崎市総合教育センタ−) 二上哲志(伊豆逓信病院)
(5)運動機能障害児の理解と指導・田島リカ(川崎市総合教育センタ−)
(6)きこえとことばを育む指導・伊藤朝子
609 教材教具の開発 浅尾 稔 発達に遅れのある子どもの学習活動を活発にする教材の開発について研修する。      ・教材教具の教育的意義と自作教材の開発、紹介。・布教材、木教材、陶芸の実際。
(1)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -布教材の実際(1)・野口光世
(2)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -布教材の実際(2)・野口光世
(3)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -木教材の実際(1)・木村昭宏(川崎市立田島養護学校)
(4)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -木教材の実際(2)・木村昭宏(川崎市立田島養護学校)
(5)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -陶芸の実際(1)・下田哲也(川崎市立養護学校) 高野正史(川崎市立田島養護学校)
(6)障害児教育における教材教具の工夫と活用 -陶芸の実際(2)・下田哲也(川崎市立養護学校) 高野正史(川崎市立田島養護学校)
 Page Top
これまでの「研修」一覧へ