川崎市総合教育センター 所長

こ   まつ     のり   こ
小  松    典  子

■ご挨拶■


 日頃より、川崎市総合教育センターの諸事業に関しましてご理解とお力添えをいただき心より感謝を申し上げます。

 「調査・研究」「研修」「相談」「教科等の支援」を4つの柱として事業を推進していきます。全体総括目標として「いきいきとした魅力ある川崎の教育をめざして」を設定し、次のような事業を計画・実施していきます。

  1. 総合教育センター設立の趣旨や時代の要請等を踏まえて、活力ある川崎の推進に努める。
    • (1) 「創る(つくる)」「求める(もとめる)」「啓く(ひらく)」の理念に基づき、実践的な川崎の教育の充実・発展に資する。
    • (2) 時代の変化に適応して、課題を的確に把握しながら、基礎的、実践的、先導的な研究・研修・相談等の在り方を追求し、川崎らしさを踏まえて各学校、研究(部)会や社会教育施設等との緊密化を図り、なお一層の支援・援助に努める。
    • (3) 教育関係資料の整備・蓄積・活用や情報教育の一層の充実・発展を図るとともに、広く市民の要請に応えて元気と情報を発信し、喜ばれ、活用されるセンターをめざす。
  2. 「かわさき教育プラン」に基づき、生涯を見通した、いきいきとした魅力ある川崎の教育の充実・発展に努める。
    • (1) 就学前の幼児とその保護者、学齢期の児童生徒とその保護者、市民を対象とするそれぞれの部屋が相互に有機的な関連性をもちながら、市民の生涯にわたって「ふれ合う」「結び合う」総合的な教育機関としての機能の充実に努める。
    • (2) 生きる力の育成、幼保一元化、幼・小・中・高などの連携、特別支援教育の推進、不登校児対応、情報・視聴覚教育の推進、学校評価、教員の指導力向上等の教育行政上の諸課題に適切に対応するために、学校をはじめ関係諸機関・施設との連携やその促進に努める。
    • (3) 時代の変化、教職員や市民等のニーズ、市政の動向等を的確に把握し、総合教育センターの機能や組織・機構等の充実を図る。

また、組織としては、総合的な教育機関として、以下の総務室と4つのセンターが有機的に連携し合いながら業務に取り組んでまいります。

  1. 総務室
  2. カリキュラムセンター
  3. 情報・視聴覚センター
  4. 特別支援教育センター
  5. 教育相談センター

社会の変化にともない、学校教育や社会教育の課題は、ますます多様化していくことと思われます。それらの一つ一つに適切に対応し、21世紀にふさわしい川崎の明るい未来を切り拓いていくために、今後とも学校支援のあり方等を見据えて事業の一層の充実を目指していきたいと考えています。

川崎市総合教育センター 歴代所長

初代所長小川 信夫昭和61年5月1日〜
第2代所長伊藤 和彦昭和62年4月1日〜
第3代所長田島 惟克平成元年4月1日〜
第4代所長難波 一尚平成3年4月1日〜
第5代所長横山   裕平成5年4月1日〜
第6代所長江頭 秀夫平成8年4月1日〜
第7代所長高橋 洋児平成10年4月1日〜
第8代所長三原 良明平成12年4月1日〜
第9代所長垣東 節夫平成16年4月1日〜
第10代所長竹田 文夫平成20年4月1日〜
第11代所長鈴木 浩之平成24年4月1日〜
第12代所長江間   薫平成26年4月1日〜
第13代所長芹澤 成司平成27年4月1日〜
第14代所長小松 典子平成29年4月1日〜