年 度 月  日 主  な  内  容
昭和36年度
(1961年度)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
04月25日
05月25日
06月25日
※06月25日
08月10日
09月25日
10月25日
11月30日
12月15日
01月20日
03月05日
03月20日
教育研究所 36年度事業計画決まる
懸案の資料コーナー発足
科学研究の特色をもった全国教育研究所大会の様子
学級経営のポイント
郷土の生きた姿を学習の素材に
学級活動における進路指導
道徳教育研究会の歩み
国語教育研究会の歩み
多摩川を調べる-活躍する宮内小学校科学クラブ-
新春独楽考
研究発表特集 
りっぱに成長した忘れられた子ら
昭和37年度
(1962年度)
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
▼05月20日
05月30日
06月30日
07月14日
09月29日
▼09月25日
▼10月25日
▼11月19日
12月01日
01月25日
02月20日
03月20日
「しょほう」とは、そもナニ!
中学校及び高等学校卒業者の進路状況 自主研究紹介
道徳性を向上させるための内面化の具体的立案
道徳教育研究発表
街頭補導は物語る 夏季施設特集号
特殊学級担任と校長先生たちの泊まり込み勉強会
思考力を高めるための数学科・図形指導法の研究
英語科 家庭学習を生かした授業のくふう
子らは定時制に学ぶ
夜間中学をたずねて
ろうと普通の谷間より
新しい研究所をきく
昭和38年度
(1963年度)
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
04月20日
05月31日
06月25日
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
教員と研修
社会見学・修学旅行の一つの考察
父母とのつながりをどうするか
欧米の学生の「なつやすみ」
夏季施設の意義
第7回関東地区学校図書館研究大会開催に当たって
下校時間について 研究の中間報告
家庭学習についての感想
児童生徒による研究発表のあり方をさぐる
児童生徒の進路決定の要因をさぐる
「スバル子どもの家」をたずねて
21世紀の人間像を描け
昭和39年度
(1964年度)
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
4月
5月
06月29日
7月
8月
9月
10月20日
11月
12月
1月
2月
3月20日
昭和39年度 事業きまる
個人研究のすすめ-寄贈レポートを読んで-
テストと子ども-子どもはテストをどう認識しているか-
通知票について-通知票は嫌い でももらわなければ寂しい
夏季施設について-忘れようとしても 忘れられない-
関東ブロック研究発表概要〜「児童の遊び」について〜
「おぼれかけたきょうだい」6年生 子どもの暮らしと読書
オリンピックを子どもはどのようにうけとめたか
中間報告(2)−学習指導法学習指導法の研究−
つぎつぎに開かれる研究発表−手のうちを各校にきく−
おこづかい指導を考える−子どもの消費生活をさぐる−
所員研修会より 「学校教育を考える」
昭和40年度
(1965年度)
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
4月
▼5月
6月
7月
8・9月
10月
11月
12月
▼1月
2月
3月
昭和40年度 教育研究所事業計画きまる
学校給食の将来像−給食センターとその周辺−
校庭開放その一年
創作劇発表会に寄せる
大和古寺のつぶやき(薬師寺副管主 高田好胤)
子どもと持ち物
川研式「運動と落体」に関する実験観測装置について
子どもとクリスマスとお正月と
暮から新春へ
幼稚園から小学校へ
子どもがとらえた世界のくらし−海外生活児童作文より−
昭和41年度
(1966年度)
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
就職1年生 教育と企業の関連について
「かぎっ子」のうた
メダカがいない
コレクションするこどもたち
ニイ・ゴオ・ゼロ・ゼロ-「しょほう」6年-
面接過程の分析的研究(関教連発表の概要)
中学生のヘアースタイル
マイカー教師の目から見た交通戦争の一側面
ヨーロッパの現代教育を語る(第1回)
ヨーロッパの現代教育を語る(第2回)
入学金おいくら
現在使用している児童の机、腰掛けについて
昭和42年度
(1967年度)
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
6月21日
6月26日
7月18日
7月31日
8月10日
9月10日
10月10日
11月10日
12月20日
2月20日
3月20日
3月26日
これからの理科教育(座談会)
道徳価値の構造-「改訂中学校道徳指導計画」より-
夏季施設をえぐる[川崎中学校の実践例をもとに問題提起]
ここにほんとうの教育があった-市立養護学校訪問記-
心にも給食を-読書指導の重要性を再認識しよう-
中学校社会科教科書の分析
夏休みの研修をふりかえって
自主管理の運動会
男女共学における女性徒の扱いに問題はないか
これからの教育を語る
教師はその特権にあぐらをかいていないか
むりをしないで成果をあげる研究
昭和43年度
(1968年度)
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
5月20日
5月20日
7月10日
7月20日
10月20日
11月12日
11月12日
1月12日
1月31日
3月10日
3月24日
3月24日
これからの体育科教育
それでもマンガは読まれている−子どもマンガ論序説−
夕暮れの子どもたち−学級担任がする生活環境調査−
石川弘明氏の調査論は一面的すぎないか
漢字と漢和辞典
訪欧日記(1)イタリア編 
学校教育キャンプのひとつのあり方  訪欧日記(2)西ドイツ編
訪欧日記(3)イギリス編
施設管理のありかたを探る
これからの図書館指導をどう考えるか
教育における思考力の問題
家庭通信の実践記録
昭和44年度
(1969年度)
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
5月24日
6月20日
7月20日
7月30日
8月30日
9月28日
10月28日
11月28日
12月28日
1月28日
2月28日
これからの教育研究所はどうあるべきか(座談会)
新しい算数・数学学習の進め方
「たんぽぽ学級」誕生
私と学校−生徒との心をつなぐノートの指導−
限りない前進を祈つて
新任所感  トルキスタ-ンの旅(その1)
イスラム化したシルクロ-ドの都トルキスタ-ンの旅(その2)
小学校高学年における「教科担任制」をさぐる
これからの放送教育をめぐって
この目で見た世界の教育ーその1ーアメリカ編
自主性を育てる生徒指導の実践ー学級活動を基盤としてー
昭和45年度
(1970年度)
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
4月28日
5月28日
6月15日
7月15日
8月15日
10月15日
11月15日
12月15日
1月15日
2月15日
3月15日
教育相談における助言ーそのひとつの考え方ー
就任にあたって 和泉忠俊 所長
その1 新しい読みの指導の研究
70年代の教育改革にそなえて
学校教育相談の位置づけー教育と治療ー
新しい美術教育をめざして(座談会)
教育現場における研究・研修のあり方について
幼児教育への思索
第17回神奈川県教育研究所連盟研究発表大会開かれる
生徒指導研究「豊かな個性をのばす生徒指導」
新任 大井 章  新任者の声 新任者に望む
昭和46年度
(1971年度)
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
5月15日
6月15日
7月15日
8月15日
9月15日
11月15日
12月15日
1月15日
2月15日
3月15日
昭和46年度 教育研究所事業計画の概要
教師と研究 「何をしたか」
教師と研究 「実践の中でこそ」
教師と研究 「静岡県のある小学校の例」倉沢栄吉
教師と研究 「新しい教育システムの確立をめざして」
教師と研究 「こどものことば」
教師と研究 「教育の実証的研究」
教師と研究 「研究についての雑感」
教師と研究 「新しい教育学をめざして」
教師と研究 「ヨーロッパの小児神経学の教育」
昭和47年度
(1972年度)
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
6月15日
7月15日
9月15日
10月15日
※10月15日
11月15日
12月15日
1月15日
2月15日
3月15日
習合の知恵
道徳教育
対話ということ
基本と応用
らしく ということーほめること・しかること-
教育研究所の今と昔
花伝書と教育
何のためにする性教育
特殊教育に対する正しい理解を
家庭教育と父親
昭和48年度
(1973年度)
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
6月1日
7月1日
8月1日
9月1日
10月1日
11月1日
12月1日
1月1日
3月1日
3月15日
手づくりの味
要求 etc.
不変の光
柔軟な教育を築く
心を育てる
義務感に立つ特殊教育を
教育研究のすすめ
日本語雑感
ある青年のこと
幼児教育妄説
昭和49年度
(1974年度)
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
6月15日
7月15日
8月15日
9月15日
10月15日
11月15日
12月15日
2月1日
3月1日
3月15日
根ざすもの と 目ざすもの
「笑わない時」と「笑う時」と
人間性を大切にする理科教育
特活研究の課題
国際理解の教育について
親の権威について
放送教育に期待する
学級経営の今日的課題
雑感
小学校体育科指導雑感
昭和50年度
(1975年度)
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
6月15日
7月1日
8月1日
9月1日
10月15日
11月1日
12月25日
1月25日
2月20日
4月20日
所報に寄せて
内地留学の想い出 -道を求めて-
西独の古都 ローテンブルク
旅して思うこと
就任にあたって
昭和50年度神奈川県放送教育研究大会のめざすもの
情報談義(一)
特別寄稿 たこあげ
わたくしの学校経営
昭和51年度の運営について
昭和51年度
(1976年度)
168
169
170
171
172
173
174
6月1日
9月1日
10月10日
11月10日
1月20日
歌にみる川崎の文化
169号欠落
教育課程の改訂をめぐって
酒井啓一氏に聞く
娘が学んだシュタイナー学校
173号欠落
書かれざる教育史を語る -座談会-
昭和52年度
(1977年度)
175
176
177
4月20日
6月10日
海外事情とこれからの教育 -シンポジュム-
教師の専門性
177号〜181号欠落
昭和53年度
(1978年度)
182
183
184
185
186
187
188
4月20日
5月30日
9月10日
12月15日
新学期を迎えるにあたって
性をタブー視していいのでしょうか
184号欠落
現代っ子の考え方をみる
186号欠落
夢があっていいなぁー
188号〜191号欠落
昭和54年度
(1979年度)
192
193
194
195
196
197
6月20日
7月10日
12月10日
2月10日
3月10日
座談会ー研究所を考える
一貫性のある教育をめざして
国際理解とその教育
10年・20年・30年 過去・現在・そして未来へと!
昭和54年度 教職員研修講座をふりかえって
197号〜198号欠落
昭和55年度
(1980年度)
199
200
201
202
203
204
7月20日
12月20日
1月28日
3月20日
新任教師座談会ー所長と語り合う
200号欠落
教育工学研究全国大会開かる
時代がかわったのか!それとも?ー市民の意識調査
ピカピカ光るものはみんなじしゃくについてしまうよ
2004号欠落
昭和56年度
(1981年度)
205
206
207
208
209
210
6月20日
9月20日
10月25日
12月10日
3月10日
ぼくたちのことばづかいよくないの?
子どもの活力と生きがいを考える
子どもとテレビ
なすことによって学ぶ
209号欠落
第二回 川崎市帰国子女教育研究報告会
昭和57年度
(1982年度)
211
212
213
214
215
216
217
5月1日
9月10日
10月20日
12月1日
1月20日
3月3日
昭和57年度教育研究所 研究計画
212号欠落
「個別化教育」と「個別教育」とは・・・。
所長と語ろう -教師はいま何をすべきか-(その一)
何がどう変ってきたのか 川崎の小・中学生
コンピューター時代と教育 まかせるものとまかせられないものと
「おはよう、ありがとうってなかなか言えないのね。」
昭和58年度
(1983年度)
218
219
220
221
222
223
224
5月13日
7月1日
9月10日
10月22日
12月10日
1月28日
3月10日
ことばの感覚を養う
所長と語ろう
教室から失われつつあるもの
体力の向上をめざして
教育の原点をさぐる
現代社会の問題点を見つめる
人間的なふれあいの場に
昭和59年度
(1984年度)
225
226
227
228
229
230
231
5月17日
6月23日
9月10日
11月30日
1月16日
3月5日
”きく”ことのむずかしさ・大切さ
川崎の教育の歩む道 -明日の教育を考える-
子どもが生きる言語環境
228号欠落
子どもの一貫した成長を願って
川崎市総合教育センター(仮称)工事急ピッチ
所長と語ろう この一年をふり返って
昭和60年度
(1985年度)
232
233
234
235
236
237
238
5月20日
6月29日
9月10日
10月20日
11月28日
2月1日
2月26日
新所長に小川信夫先生着任
新しい研究・研修のあり方について
教師の研修を考える -川崎の今日の教育・明日の教育-
教師の自己革新が授業を変える
子どもの変化を捉える
21世紀へ 時代の要請に応えて
所長と語ろう
ここでは、川崎市教育研究所時代(現、「塚越相談室」→JR南武線「鹿島田駅下車」)に発行しました「しょほう」がご覧になれます。日付の箇所をクリックしてご覧ください。「主な内容」は、各号の1頁目にあるタイトルを示してあります。なお、「▼」は、欠落している号です。「※」は、発行月日が記載の通りであることを表します。
なお、「号」の数字の色分けは、「所報」の大きさを表します。が「B5サイズ」、が「タブロイド版」を表します。
川崎市教育研究所「しょほう」の目次(PDF)はこちらから。