TOPへ

 
  川崎市立川崎高等学校は2014年9月に新校舎に移転し、全日制高校、定時制高校、附属中学校、南部療育セン
ターからなる6階建ての大型複合教育施設となりました。

  
           校舎正門(昼)                           正門内 アプローチ階段



               校舎外観(夜)  正門左側 2-3階が定時制専用フロアとなっています。

○体育館・屋上テニスコート・屋上プール

  本校はバスケーットコート3面分のメインアリーナと、バスケットコート1面分のサブアリーナからなる大型体育館
や、屋上テニスコート、屋上プールなどを有しており、体育の時間や部活動でこれらの施設を利用し、日々活動に
励んでいます。


  
             メインアリーナ                              体育の授業の様子


 
           サブアリーナ                             体育館屋上テニスコート

○教室・電子黒板

  本校では多くの教室が、教室内部の様子がよく見えるように、遮るような壁のない構造になっております。

 
            休み時間の様子(昼間部)                      授業時間の様子(夜間部)


  本校では多くの教室でスクリーン・電子黒板や、大画面テレビといった最新のICT機器を設置しています。
これらの機器を活用し、スライドや表・画像・映像などを用いた授業に取り組んでいます。


  
              プロジェクター                                 スクリーン・電子黒板

  
       電子黒板を用いた授業の様子(数学)               電子黒板を用いた授業の例(英語) 

○その他の設備・空間

  多目的ランチスペース

 
  ランチスペースでは給食が食べられる他、自動販売機で軽食を購入することができます。



  コモンスペース

  
  各フロアの内外にコモンスペースと呼ばれる場所が用意されています。生徒が自由に使えるくつろぎの場や、
教員との気軽な相談の場として使われています。


  講堂

 
                  講堂                            2014年8月26日 校舎竣工式の様子

  校舎4階には約500名を収容できる講堂があり、講演や始業・終業式はこちらで行われます。



新校舎概要