川崎市総合教育センター | トップページ
川崎市立
  王禅寺中央中学校
      Ouzenji chuo junior high school
 2008年4月1日 ホームページ新規作成
校長室から21 

スポーツの秋

 9月19日〜22日の4連休中に、川崎市中学校総合体育大会がおこなわれました。本校関係の競技では、ソフトテニス、バドミントン、サッカー、陸上競技、ソフトボール、バスケットボールの試合があり、各部とも熱のこもったプレーを見せていました。

 陸上競技男子走り幅跳びでは渡邊史温さんがダイナミックな跳躍で3位(写真)、女子砲丸投げでは箕輪優花さんが全身を使った投てきで7位に入賞しました。本格的な練習ができないまま迎えた大会でしたが、リレーチームが精いっぱいのバトンパスを見せたほか、各選手が自己ベストに挑む姿が目をひきました。

 女子バドミントンは3回戦まですべてを接戦で勝ち抜き、ベスト8入りを決めました。男子バスケットボールは1、2回戦を快勝。男子ソフトテニスは地区大会(予選)2位の好成績を挙げました。サッカーも大差で1回戦を勝ち抜き、勢いをつけています。これら4競技は、いずれも今週末から、さらに上位をめざす戦いに挑みます。

 一方で悔しい結果となった部もあります。ソフトボールは1回戦をサヨナラ勝ち。好打、好守にベンチも盛り上がりましたが、2回戦で敗退。2年生チームで臨んだ女子ソフトテニスは3年生チーム相手に苦しい戦いとなりました。それでも一矢報いるいいサーブ、いいボレーがありました。この経験は次に生きるはずです。

 校内では、体育祭練習が最終段階に入っています。新型コロナ感染対策のために短めに時間を区切っての練習であることに加え、このところの天候不順で計画通りとはいかない部分がありますが、王中中生のひたむきさがカバーしてくれています。疲れも出てくる時期ですが、もう一頑張りに期待しています。

川崎市立王禅寺中央中学校    Copyright (C) 2008 Ouzenji-chuo Junior High School All rights reserved
ホームページの内容を許可なく無断で複写・転載することは固くお断りします。
リンクをご希望の場合は、川崎市総合教育センターまで連絡をお願いします