川崎市総合教育センター | トップページ
川崎市立
  王禅寺中央中学校
      Ouzenji chuo junior high school
 2008年4月1日 ホームページ新規作成
校長室からE 

読書のすすめ ― 家で過ごす生徒の皆さんへ (3) ―

 家にいる時間が長くなったことで読書が見直され、特に感染症に関連する本がよく読まれているという話を聞きました。その類いで私が真っ先に思い出すのはカミュの『ペスト』で、やはりこの本も増刷されるほど売れているそうです。

 この作品は、鼠の死体を発見し、それに続く病人の出現がペスト菌によるものだと気づいた医師が主人公。誠実に医療を続けるその医師と力を合わせて感染拡大を食い止めようとする人々、すぐに対応しようとしない役人、閉鎖された街から脱出を試みる記者、病気は人の罪への報いだと説く神父など、今回、私たちが経験した状況とどこか似た光景が描かれています。

 やがて潮が引くようにペストの感染は沈静化し、街は平常を取り戻しますが、家族や友人と再会できる人、できない人……。

 この作品は最後にこう書かれています。

 ― ペスト菌は決して死ぬことも消滅することもないものであり……おそらくはいつか、人間に不幸と教訓をもたらすために、ペストが再びその鼠どもを呼びさまし、どこかの幸福な都市に彼らを死なせに差し向ける日が来るであろう…… 

(宮崎嶺雄訳/新潮文庫より)

 皆さんはこの一文をどう読みますか?

 カミュの作品は難解で、読み切るには相当なエネルギーが必要ですので、中学生の皆さんに今すぐ読んでほしいとは思いませんが、家で過ごす時間の長い今、ぜひ何か一冊でも!

川崎市立王禅寺中央中学校    Copyright (C) 2008 Ouzenji-chuo Junior High School All rights reserved
ホームページの内容を許可なく無断で複写・転載することは固くお断りします。
リンクをご希望の場合は、川崎市総合教育センターまで連絡をお願いします