直線上に配置
授業紹介 バナー2013.4.17
国語の学習は、文章を読み考えるだけでなく、古典、書写、弁論、短歌、俳句、漢字などの学習を通して自己表現力を養います。
社会の学習では、日本の地理、世界地理・日本歴史、世界史・公民の学習や地域学習などを行います。
小学校で学んだ算数を基盤にして、さらに進んだ知識や数学的な見方・考え方を身につけます。また、それら新しい事柄を活用して、より高度な課題を解決していく力を養います。
各学年ともに「生命」(生物分野)、「地球」(地学分野)、「物質」(科学分野)
「エネルギー」(物理分野)の学習を行います。
音楽では、歌を歌ったり、器楽演奏だけでなく、合唱の取り組み、音楽鑑賞、古典音楽として雅楽や歌舞伎なども学習します。、
図画工作の内容の1部が技術・家庭に移り、新たに専門的な美術となります。学習内容は絵画・彫塑・デザイン・工芸・鑑賞などです。
保健分野では、心身の発達、健康と環境、傷害の防止、健康な生活を学び、体育分野では「体育理論」「体つくり運動」「器械運動」「陸上競技」「水泳」「サッカー」「バレーボール」「バスケットボール」「柔道」「ダンス」などを学びます。
生活に必要な基礎的な知識と技術の習得を通して、家庭生活や社会生活と技術とのかかわりについて理解を深めます。そして、進んで工夫して創造する能力と実践的な態度を育てていきます。学習内容は3年間を通して、技術分野は「材料と加工」「エネルギー変換」「生物育成」「情報」となっています。家庭分野は「家族・家庭と子どもの成長」「食生活と自立」「衣生活・住生活と自立」「身近な消費生活と環境」となっています。
日常で使うやさしい英語を聞いたり、話したり、英語の歌を歌ったり、することから始まり、絵や実物を使いながら英語を読んだり書いたり出来るようにします。
また、ALT(外国人講師)と一緒に英語に親しむ時もあります。
「生き方を学ぶ」「スキルを学ぶ」というテーマを柱に、各学年が主に次のような学習に取り組んでいます。
1年:身近な職業調べ&講話
2年:より具体的な職業調べ&職場体験
3年:自己の適性を考える&進路学習
直線上に配置