学校長あいさつ

野川中学校で過ごす日々の中で

 

今年は、少し寒い日も多かったためでしょうか。4月の入学式に桜がようやく満開を迎えるというような感じでした。穏やかな春の陽射しのもと笑顔溢れる多くの新入生を迎え、全校生徒838名で平成29年度がスタートしました。

今年の入学式で私からは、こんなお話をさせていただきました。

 

これから始まる野川中学校での生活。3年間を通して「目には見えない大切なもの」、「お金で買えない大切なもの」を実感して欲しいと思っています。そして、野川中学校で学んだことが皆さんの人生を豊かにしていけるそんな3年間であって欲しいと願っています。

 「目には見えない大切なもの」、「お金では買えない大切なもの」って何でしょうか。たくさんあるとは思いますが、3つほど紹介します。

例えば一つ目、ひたむきに頑張ること…中学校では、英語をはじめ教科の学習は当然頑張ってもらいたいと思っていますが、放課後には、小学校にはなかった部活動があります。毎日毎日地道に練習に取り組みます。練習を続けていく中では壁にぶつかり時には悩むこともあるでしょう。それでも粘り強く頑張り続けた先に何が見えるでしょうか。それは、ひたむきに頑張り続けた人には、きっと見えます。目には見えない大切なもの。お金では買えない大切なもの。

二つ目、協力すること…もう直ぐ始まる体育祭に向けての練習や秋に行われる合唱祭等、多くの行事を成功させるためには、周りの人と協力しなければなりません。自分勝手な行動を控え、みんなのために活動する先に何が見えるでしょうか。一生懸命みんなと協力し活動した人には、きっと見えます。目には見えない大切なもの。お金では買えない大切なもの。

 三つ目、人に優しくすること…学習でつまずいてしまう。友人との関係がうまくいかない等、3年間の中学校生活の中で誰もが悩むような場面に遭遇すると思います。困っている、元気が出ないそんな友人を見たときに優しく声をかけ支えてください。あなたが常に友人に大切にし、優しく接した先に何が見えるでしょうか。きっと見えます。目には見えない大切なもの。お金では買えない大切なもの。

野川中学校で過ごす日々の中で皆さんが「目には見えない大切なもの」「お金では買えない大切なもの」をたくさん実感し、心豊かな人に成長して欲しいと心から願っています。

 

新入生を含めた全校生徒に充実した日々を過ごして欲しいと心から願いいています。そのために教職員が一体となってお子様に寄り添い支えていきたいと思っております。

しかし、学校だけでは行き届かない点もございます。野川中学校の教育に対する保護者の皆様、地域の皆様のご理解と温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

                         平成29年5月1日

川崎市立野川中学校

堀川芳夫

>> ホームへもどる