高津中学校の校章と校歌

校章


 

校章の由来  (昭和22年6月制定)

 高津は鷹津に由来するということから鷹を配してある。鷹が背に負う旭日は、少年の旭日昇天の気魄を象徴するもの、勇気と正義に燃えて、生徒が雄飛することを期待するものである。生徒の応募作品を教師数名で修正決定したものである。

校歌

作詞 大井 章  作曲 村井恒雄

1.多摩の山なみ背において
 古き入江の跡どころ
 名もかぐわしきたちばなに
 文化の花を咲かせたる
 あゝ 常若の高津中
2.清き川瀬の霧晴れて
 希望輝く朝ぼらけ
 紫金の空に遠白く
 富士の高嶺を仰ぎみる
 あゝ 明朗の高津中 
3.明日の祖国の栄光を
 誓いて立てるこの窓べ
 若き血しおにたぎつもの
 自主独立の意気高く
 あゝ 躍進の高津中 

校歌の演奏

クリックすると演奏が始まります。メディア・プレーヤー等が必要です。

校歌ピアノ伴奏版(平成28年3月演奏)

校歌合唱版(平成28年3月卒業式予行練習)

校章と校歌


ページのトップへ戻る