教育目標

1.教育目標

 「自ら考え、学び合い、共に生きる」生徒

 ・礼儀正しく、常に感謝する心を持つ生徒

 ・心身を鍛え、強い意志と実行力を持つ生徒

 ・知識技能を修得し、豊かな情操と品位を持つ生徒

 ・集団の中で、自主的に行動し、協力し合う生徒

 ・すべての人を尊重する心を持ち、国際的視野に立つ生徒

2.教育指導方針

 (1)一人ひとりの人権を大切にする教育

 (2)生徒の自主性を尊重し、意欲的に活動させる教育

 (3)けじめのある厳しさと、広い豊かな心を育成する教育

3.本年度の重点目標

  「人権尊重教育」をすべての教育活動の基盤とし、「キャリア在り方生き方教育」の推進を通して、互いを尊重し仲間と支え合いながら自ら学び考える態度を育てる。

また、それらの活動を通して、学びの意義・喜びを実感させるとともに学習意欲を高め、自尊感情や規範意識を醸成する。

 (1)魅力ある「わかる授業」の推進と学力の向上

  ・身に付けさせたい力を明確にしながら指導内容に応じて教材や指導方法を工夫する

    →基礎的な知識・技能の習得

  ・学習意欲の向上と学習習慣の確立を図る

    →言語活動(話し合い・発表等)を取り入れた課題解決型学習を通して学習意欲を高める

    →家庭と連携しながら学習習慣の確立に努める

 (2)人権尊重教育の充実

  ・多文化共生地域の特質を生かし、「ともに生きる」人権尊重教育に取り組む

    →人権尊重教育プログラムの授業実践と工夫改善

    →すべての教育活動を通した人権尊重教育の実践

 (3)支援教育の充実

  ・一人ひとりの教育的ニーズに応じた支援教育を学校全体で推進する

   →教育的ニーズの把握と入り込みによる個別指導の充実

 (4)その他教育諸課題への取り組み

  ・家庭との連携を重視したきめ細やかな生徒指導の充実

  ・教育相談の充実(スクールカウンセラー、相談アンケート、保護者面談等の活用)

・小中連携教育の充実

PDCAサイクルの手法を生かした学校評価の推進


HOME