学校長より

鈴木 廣和 (すずき ひろかず)

桜本中学校は1955(昭和30)年度に開校し、63年目を迎えました。3月の第61回卒業式で合計8,976名の卒業生が巣立ったことになり、卒業生は各方面で活躍しています。

 45日に入学式を行い1年生49名、2年生61名、3年生56名、全校生徒166名、通常級は1,2,3学年2クラス、個別支援学級は3クラス、合計9クラスで2017(平成29)年度が始まりました。川崎市全体からみると小規模校となりますが、3年生を中心として全校生徒が一つになって、学習や行事そして部活動などに元気に取り組んでいます。

 地域の特性をいかしながら進めている人権尊重教育は、今年で31年を超える継続研究です。PTAやふれあい館などの近隣の関係施設と連携し、さらに充実させてまいります。

2017(平成29)年4月15




HOME