◆校章・校歌  
【校章の由来】

「南」という言葉と文字の持つ私たちの感情と、7つの海につなが
る東京湾を望む本校の環境から「栄光と希望と発展」を私たちの願
いとし、「南」の下の方を丸くして波頭の波の永遠性を象徴したも
のです。もともとは生徒に募集をした中から、2回生の長谷川格子
さんの作品を元に制定されました。
川崎市立南大師中学校校歌
大井  章 作詞
村井 恒雄 作曲
多摩川の かわさき開け
 産業の栄えるところ
  きよく立つ われらの母校
   助けあい 励ましあい
    あすの日の 栄光めざし
     ここに学ぼうよ
光る庭 花咲く窓べ
  吹く風に 文化を慕い
    のぼる日に 真理を仰ぐ
      誇り持ち 戒めあい
        朝あけの 歓喜のとびら
          ひらき進もうよ
あおい空 かがやく波路
       青春の熱情むねに
     翼うち 南に向う
          この望み 雲と高く
   進みゆく世のさきがけを
            かたく誓おうよ