HOME - ★はるひ野中学校TOP

平成29(2017)年度   川崎市立はるひ野中学校長  荒井 伸一

中学部 校長

子どもたちの健やかな成長を願って」
~シンボルツリー「楠」のように~

本年4月より中学部校長に着任致しました荒井伸一です
入学式では、新入生に2つのお願いを致しました。
1つは「自分を鍛えること」、もう1つは「思いやりの心を持つこと」です。
翌週の朝会で、このことについて、少し説明を加えました。 現在、川崎市では「かわさき教育プラン」に沿った
教育活動を行っています。その基本目標が「自主・自立」
「共生・協働」です。自主・自立とは「変化の激しい社会の中で、誰もが多様な個性、能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り拓いていくことができるよう、将来に向けた社会的自立に必要な能力・態度を培うこと」です。そのために、自分を鍛えてほしいのです。 共生・協働とは「個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かし、ともに支え、高め合える社会をめざし、共生・協働の精神を育むこと」です。共生社会に生きるためには、相手の心を知覚し、思いやりの心を持つことが、とても大切だと考えるからです。 変化の激しい社会ですが、子ども達には、夢や希望を抱き、
たくましく生きてほしいと思います。 本校のシンボルツリーである楠が、
年輪を重ねるように、市内初の小中連携校として9年間で学び・
育つ子どもたちを全力でサポートして参りたいと思います。
そして、この町で育った子どもたちが、この町で暮らし、
この町を誇りに思い、町を支えていく。
教師として、そんな夢がもてる学校に勤務できることを大変うれしく思っています。
今年は、開校10周年という記念すべき年でもあり、大きな責任を感じながらも、
PTAや地域の皆様のお力添えをいただきながら、
共にお祝いしたいと思います。

このページの一番上に戻ります。