川崎市立金程小学校へようこそ

 金程小学校では、地域社会に開かれた教育活動が未来を創り出す子どもたちの生き方の基礎をつくるために、教職員と保護者、地域住民が【地域総がかりで子どもの成長を支え応援する】、学校と家庭、地域との協働を通して生まれる絆を地域活性化の基盤としていく【学校を核とした地域づくりを推進する】コミュニティ・スクールをめざしています。

金程の窓

2019年月1月  明けましておめでとうございます

                        校 長  小 松 良 輔

 

冬休みが終わり、元気な子ども達の声が学校いっぱいに聞かれるようになりました。子ども達の明るい笑顔を見るのは何よりも嬉しいものです。本年が子ども達にとって、そしてご家庭、地域にとってよい年でありますように心よりお祈り申し上げます。

 さて、今年も5日(土)から、13日(日)のどんと焼きに向けての準備が始まりました。今年は当番町会である金程富士見町会をはじめ金程町会、向原町会の3町内会、金生会、地域の皆様、PTA役員の皆様、本校の4年生から6年生までの児童、教職員で行いました。午前中、子ども達は地域の方々と一緒に長さ10メートルを超える竹を学校の校庭まで運びました。切り出したばかりの竹は水分を含んでいるのでとても重いのです。運んだ竹は全部で90本近くありました。子ども達はお互いに元気よく声をかけ合いながらPTAの役員の皆様、地域の方々と一緒になって運びました。その後、地域の方々と一緒に竹枝を縄で結んでまとめる作業に取り組み、「子どもどんど」の組み立てを行いました。参加した子どもたちに話を聞いてみると、「竹を運ぶのは重くて大変だったけどみんなで一緒に運ぶのはとても楽しかった」「どんどの作り方が分かってきたし出来上がったのを見ると自分たちで作ったんだという実感した」など笑顔で答えてくれました。また、町内会の方々は、「こうした地域の伝統的行事に多くの子ども達が参加してどんどを作る体験ができるのはとてもよいことだ」「子ども達が竹を運んだり、実際にどんどを作る様子を見ていたりすると子どもたちのパワーをとても感じる」と話していらっしゃいました。子ども達にとって地域の方々が伝統行事を大切に守り、協力し合いながら作業を進めていく姿を間近で見て感じることができたこと、さらに自分達もこの伝統行事に参加しどんどを実際に作ることができたことはとても貴重な体験になったと思います。焚き上げ(点火)は、13日(日)の8時30分と伺っております。PTAの役員の皆様の協力による団子の販売もあります。地域の伝統行事あるどんど焼きにご家族で是非お越し下さい。

 本年も引き続き本校の学校教育活動にご理解とご支援のほど、よろしくお願いし申し上げます。

News 新着情報(更新履歴)

2019年1月10日(金)
・トップページ
・お知らせ



お役立ち情報

緊急時の情報
・暴風警報発令時における臨時休校について
・地震発生時の児童の安全確保について

入学・転出入の情報

就学援助制度の情報

リンク



川崎市総合教育センターへ
所在地・連絡先

川崎市立金程小学校(かわさきしりつ かなほど しょうがっこう)

〒215-0006 川崎市麻生区金程2-10-1
電話:044-966-5506
FAX:044-966-6938
Mail:KE210201@to.keins.city.kawasaki.jp

ページのトップへ戻る