2020年度 三田っ子ブログ


6月11日から全員そろっての学習がスタート 各学年の様子

 1年生は、初めての給食が始まりわくわくしています。いただきますをすると、「こんなに美味しい物はじめて食べた!」「とっても美味しくて明日も楽しみだなぁ」などの声が聞こえてきます。学校生活にも慣れてきて楽しみながら学習をしています。

 2年生は、音楽で「音楽でみんなとつながろう」の学習をしています。久しぶりに会ったクラスメイトと2拍子と3拍子を感じながら、曲を聞き、手拍子をしたり、歌に合わせて体を動かしたりして、楽しみながらリズムを感じています。曲を聞いただけで、「あ!これ2拍子だ!」、「3拍子の曲だね!」と聞き取れるようになってきています。

 3年生は、本格的に理科と社会の学習が始まりました。初めての教科なので、ドキドキ、ワクワクしていました。社会では「わたしたちのまち 三田」の学習で、三田のまちの特徴を調べてまとめました。理科では、「チョウの育ち方」の学習で、卵から成虫になるまでの成長過程を勉強しました。裏校庭のキャベツ畑にモンシロチョウの幼虫も探しに行き、大興奮でした。

 4年生は、ゴーヤとヘチマの観察を行いました。自分の身長を遥かに超えるゴーヤとヘチマのつるの大きさに驚いていました。体育ではなわとびを行い、3年生の時よりも跳べる回数やできる技が増えていました。手洗いの習慣も身につき、新しい学校生活にも慣れてきたようです。友達と一緒に勉強できる毎日をとても楽しんでいます。

 5年生は、総合的な学習の時間の「米作り」の一環で、代かきを行いました。事前に代かきについて確認し、実際に田んぼに入ってみることで、代かきの意味や農業の大変さに気づくことができました。どの子も長靴や靴下が泥だらけになりましたが、楽しく活動ができました。

 6年生は、16日(火)に委員長決めを行いました。今年は「一人一リーダー制」で頑張ってもらいたいと考えています。未だ他学年との交流はできない状況ですが、活動が始まったら、委員会に限らず、クラブ、たてわり活動、実行委員と様々な場でリーダーとして活躍する姿に期待したいです。

2020年 6月 分散登校スタート 各学年の様子

 2020年6月1日、いよいよ三田小学校の分散登校がスタートしました。1年生から6年生まで、久しぶりの登校ということもあり不安もあるかと思いますが、三田小に子ども達の姿が戻ってきたことを教職員一同とても嬉しく思います。

 

 密接を防ぐために、どの学年も距離をとっています。
 今か今かと子ども達が校舎内に入るのを待ちわびています。


 校舎内に入ったら教室に入る前に手洗いをします。
 やっと教室に子ども達の姿が戻ってきました。これからどんな思い出ができるか楽しみですね。

 1年生は、初めての学校でドキドキしている様子もありましたが、笑顔が増えてきました。朝や帰りの準備もスムーズにできるようになってきています。「学校が楽しい」「早く勉強がしたい」と目をキラキラさせています。

 2年生は、手洗いの歌に合わせて手をしっかり洗う練習をしました。次の日からも、歌を思い出したり、掲示を見たりして、手洗いを続けています。生活科では、野菜の観察を行いました。花が咲いたり、実ができていたりする様子に驚いていました。これからの野菜の生長が楽しみです。

 3年生は、分散登校で前半組と後半組で会える友達が限られている中、少しでも、クラス全員で繋がろうと「自己紹介動画」を撮影しました。動画では、自分の好きなことや得意なこと、みんなで遊びたいことなど一言添えて上手に自己紹介をすることができました。もうすぐ、クラス全員が会えるようになります。その日を楽しみに、学校での勉強に励んでほしいと思います。

 4年生は、ゴーヤとヘチマを植えました。どのくらい育つのかとても楽しみにしています。分散登校から学校が再開しましたが、落ち着いて授業に取り組んでいました。全員で授業ができる毎日を楽しみに、日々頑張っています。

 5年生は、久しぶりに自分たちの教室に来ましたが、学校生活を楽しんでいる姿がありました。教室前の廊下のメダカの様子を観察したり、算数で整数と小数の学習をしたりするなど、少しずつではありますが、子ども達は学校生活のリズムを取り戻しつつあります。これからの高学年としての成長が楽しみです。

 6年生は、久しぶりの学校。久しぶりの担任に期待と不安が入り交じったような様子が伝わってきました。休校中の予習をもとに、学習に取り組んでいます。6年生として手本となれる姿に期待していきたいです。
ページのトップへ戻る