三田っ子ブログ


2019年 1月 各学年の様子

 
 1年生では、生活科「ふゆとともだちになろう」で、地域の方に昔遊びを教えて頂きました。けん玉やおはじき、こまなどを行い、名人の技に圧倒される子どもたちの姿がありました。コツを教えてもらい、できるようになった子どもたちは、嬉しそうに何度も取り組んでいました。

 2年生では、年末に生活科で、身近な物を利用しておもちゃを作りました。1月は、そのおもちゃで、1年生に遊びに来てもらおうと、只今、全員で準備をしています。書写で学習した手紙の書き方を生かして、招待状を書いたり、お土産用のおもちゃを作ったり、おもちゃの作り方の説明書を冊子にしたり、縦割り活動で一緒に活動している1年生を思い浮かべて取り組んでいます。「1年生のために」という相手意識が表れてきたところに成長を感じます。

 3年生では、年末に総合的な学習の時間で、韓国や朝鮮の文化に触れる体験学習をしました。韓国・朝鮮の遊びや楽器、言葉、伝統的な民族衣装など、様々な文化を体験しました。体験を終えて、日本との違いに驚きの表情を見せる児童の姿が多く見られました。普段なかなか体験できないことができて、貴重な体験となりました。お互いの国の文化を受け入れようとする気持ちをこれからも大切にしてほしいと思います。

 4年生では、12月7日に社会科見学で三浦市に行ってきました。全国の中でも漁業と農業が盛んで有名な三浦市。みうら魚市場では、迫力あるマグロのセリの様子を見たり、なぜマグロで有名になったのかボランティアガイドさんに丁寧にお話を伺ったりしました。また、JA三浦本店では、延々と広がる大根畑を見たり、三浦大根を育てる農家さんの工夫を伺ったりしました。みんな真剣にメモを取り、話に耳を傾けていました。気候や地形を生かし、人々が工夫を凝らすことで産業が成り立っていることを肌で感じる1日となりました。

  5年生は、体育館にて書き初めを行いました。子ども達はとても集中しており、自分の思いをしっかり込めて新年の抱負を書くことができました。子ども達がどのような思いを込めたのかを少し紹介します。
 「夢の実現」・・・今年も目標をもち、夢に向かってがんばりたい。
 「広い世界」・・・世界のような広い心をもちたい。
 「強い信念」・・・もう少しで6年生になるので、6年生では強い心をもちたい。
 自分の思いを大切に、今年も充実した日々を過ごしていきたいと思います。

 6年生は、理科の「大地のつくりと変化」の学習で地層がどうやってできるのか実験をしました。1月18日(金)には生田緑地に行き、地層を見に行きます。社会科「私たちのくらしと政治」では、私たちのくらしと政治がどのように結びついているか学習をしています。24日(木)には、実際に国会に行きます。見たり触ったりしたことをもとに考えを深めていって欲しいと思います。

2018年 11月 各学年の様子

 1年生の三田っ子フェスティバルでは、生田緑地で秋を見つけてきた事を生かして、ゲームを考え、お店を開きました。秋のたからものを使ってそれぞれ楽しいお店を工夫して作りました。たくさんのお客さんが楽しんでくれて、とても嬉しかったようです。

 2年生は、三田っ子フェスティバルで、生活科での町探検の学習を皆さんに知らせるための劇に挑戦しました。体育館での劇という大舞台に向け、一人ひとりが自分のできることを一生懸命考えました。自分が一生懸命やっていることと、人からどのように見えるかということへのギャップを感じながら、動きや声の出し方を工夫しました。
子供達が当日書いたふりかえりには、
・とても緊張したこと
・緊張した中で、めあてが頭に浮かんだこと。
・めあてのことだけ考えたらいつもよりうまくできたこと
・おうちの方がいることがわかり励まされたこと
が、たくさん書かれていました。
 子どもたちからめあてを積極的に意識して良い結果が得られたという言葉が出てきたことは、きっと今後の学習場面でも生きていくことと思います。また、ご家庭の励ましについて、意識する良い機会だったと思います。

 3年生は、社会科の学習で、スーパーの見学に行きました。多くの人がスーパーを利用するのはどうしてだろう?ということに疑問をもち、たくさんのお客さんに利用してもらうためのスーパーの工夫について学習してきました。普段何気なく利用するスーパーでも、お店の工夫にはどんなことがあるかな?など、見る視点をしっかりもって学習に取り組んでいる児童が多くいました。総合の学習と同じように、どの教科の学習でも身近なことに疑問をもって、実際に調べてみるという学習の仕方を大切にしていきたいと思います。

 4年生は、大きな行事「学芸大会」と「三田っ子フェスティバル」で劇を発表しました。学年みんなで作り上げてきた劇「3つのたからもの」を通して、練習の過程、そして大きな舞台での2度の公演を通して、子どもたち一人ひとりが手に入れたものは大きかったのではないかと思います。本当に、子どもたちよくがんばったと思います。
 振り返りでの「あなたが“3つのたからもの”を通して手に入れた宝物は何ですか?」という問いかけに、
・自分がうまくいかなくてもはげましてくれる友だち
・学年でひとつの劇を作り上げていくことの楽しさややりがい
・きんちょうに打ち勝つ強い心
・たくさんの人の前でも大きな声で発表する勇気
・クラス関係なく、新しい友だちがたくさんできたこと  
といったことが、たくさん書かれていました。

 5年生は、11月19日(月)に、2年生・3年生・5年生での3学年たてわり活動を行いました。今回、初めてたてわり活動の企画をし、3学年をまとめました。準備の段階では「みんなが仲良くなれるように」と遊びを考えていましたが、いざやってみるとなかなか思うようにはいかず、「反省点が多かったな」と振り返っていました。子どもたちの振り返りでは、「6年生がどれだけ大変なのかわかった」「遊びが2,3年生には難しかったからみんなが楽しめるものにしていきたい」とこれまでの6年生のありがたみを感じるとともに、次回に向けて意気込んでいました。学校を引っ張る6年生になるために、準備を整えていきたいです。

 6年生は、19日(月)に生田中学校に行きました。中学校体験として、来年に向けて生田中学校の皆さんが、授業と部活動の体験を企画、運営してくれました。国語、数学、理科、社会、英語の授業を受けたり、たくさんある部活動に参加してみたりしました。中学での生活を体験してみて、小学校との違いを実感したと思います。残り4か月で卒業です。中学生になるという自覚をもち、自分たちを高めていってほしいと思います。


2018年 10月 各学年の様子

 1年生は、多摩区役所の方に来ていただき、「いのちの授業」をしていただきました。心臓ってどこにあるの?という話から始まり、自分の心臓の音や動物の心臓の音を聞くなどしました。動物も人間と同じように心臓があり、生きているということを改めて考え、動物の生きる環境を汚さないことや、生き物のお世話は責任をもってすることの大切さを学びました。

 2年生は、生活科の町たんけんが終わりました。「地域の人が描いた作品を飾ってくれるカフェがある」「お客さんが喜んでくれるよう工夫している」と、三田のまちの良い所を見つけてきました。「三田の安心できる」「優しい人が多い」と振り返っていました。その時の様子を三田フェスでは劇にして発表します。お楽しみに!

 3年生は、総合の町たんけんに行ってきました。三田の町について知りたいことを調べるため、自分たちで課題を立て、計画を立てたり、記録の仕方を考えたりしました。調べたことをまとめ、三田フェスで発表する予定です。町たんけんにご協力いただいた保護者の皆様、地域の方々、ありがとうございました。

 4年生は、体育でマット運動に入りました。昨年、体育館が工事中で使用できなかったため、久しぶりのマット運動。念入りな柔軟から、ゆりかご、かえるのあしうちなど、スモールステップで、体の柔軟性と回転する感覚を取り戻しています。本校では、毎年運動会で、6年生が組体操を行っています。そこにもつながるように、各担任も一緒に汗をかき、子どもたちと一緒に頑張っている最中です。

 5年生は、10日から12日で八ヶ岳自然教室に行ってきました。山登りやバーベキュー、キャンドルファイヤーなどたくさんのプログラムを行いました。自然教室前から練習していたキャンドルファイヤーでは、一体感のあるダンスや歌でとても盛り上がりました。また、各係の仕事ではそれぞれの子どもが責任感をもって取り組みました。自分にできることを行うことで、一人一人の成長につながりました。これで終わりではなく、今回の経験を今後の生活につなげていきたいと思います。

 6年生は、17日(水)に地区別運動会がありました。本番に向けて、体育の時間以外にも、自主的に朝練や放課後練習をしている姿が見られました。練習を通して、友達と協力をして目標に向かっていく良さに気づいている様子でした。本番では、自分たちの力を全力で発揮して、新記録に向かってどの子も頑張っていました。当日の姿は、仲間だけでなく、送り出してくれた他学年の友達、先生方、そしてあたたかく見守って下さったお家の方々のお陰だと思います。ご声援、ありがとうございました。

2018年 10月17日 6年生 地区別運動会

 夏休み明けから毎日練習に励んでいた6年生。ついに地区別運動会の本番を迎えました。ここに至るまで、仲間と練習でもめたり、話し合ったり。それを支えてきた担任一同。皆の努力が実を結ぶ日です。

 出発直前の給食では、応援サプライズ放送が始まりました。テレビにくぎ付けになる6年生。きっと全校児童のエールが耳に届いたことでしょう。

 給食を終え、いよいよ出発。すると、校舎から続々と他学年が顔を出してきました!


 屋上から手を振る5年生。来年の自分たちを見送る気持ちでしょうか。


 緊張気味の6年生でしたが、各学年のエールににっこり!


 各学年が花道を作って、6年生を送りだします。
「頑張って!」
「悔いのないように!
様々な激励が飛び交いました。

 結果はどのクラスも記録を次々と更新していき、大満足の運動会となりました。大きなけがもなく、一致団結することの良さ、見守ってくれる三田っ子の温かさを感じる一日となりました。

 6年生!本当にご苦労様でした!次は修学旅行ですね!

2018年 9月 各学年の様子

 1年生は、13日(木)に移動動物園を行いました。校庭に色々な動物が来て、触れ合うことができました。モルモットにえさをあげたり、ひよこを抱っこしたり、ポニーに乗ったりして、子どもたちは大喜びでした。動物のぬくもりや可愛さを感じながら、命の大切さを学ぶこともできました。


 2年生は、生活科でまちたんけんが始まりました。4つのコースをまわる中で、今まで知らなかった公園があること、地域を掃除してくれている人がいることに気付き、見つけた事をクラスで交流しました。子どもたちの中には、「創作活動センターでは、どんなことができるのだろう」「お店の中ではどんな仕事をしているのだろう」と、疑問をもっている子どももいました。これから、それぞれが課題をもち、インタビューに行きます。どんな発見ができるか楽しみです。


 3年生は、12日(水)に社会科で「みんなの消防士」を行いました。消防署の方に来ていただいてお話を聴いたり、消防士の体験をしたりしました。負傷者の救助の際に腰に巻くひもをつける体験をした児童は、「ひもの結び方を間違えてしまうと自分の命もなくなってしまう。とても責任ある仕事なんだ。」と体験を振り返っていました。また、体験を通して「消防の方が活躍してくれているおかげで、私たちの安全な生活が保たれているんだ。」ということに気づくことのできた児童もいて、とても実りある体験になりました。


 4年生は、9月より学芸大会の練習に取り組み始めました。子どもたちの答えたアンケートから平野先生があらすじを作り、それをもとに校長先生が台本に仕上げてくれました。世界に一つだけのオリジナルストーリー「3つのたからもの」を学年全員で劇に作りあげていきます。クラス解体をして、ぶどう、りんご、バナナの3つのグループに分かれ、練習をしています。台本のセリフを順番に読みながら、劇の流れをつかんだり、通る声の出し方を学んだりしている段階です。10月以降は動きや劇中合唱の練習にも取り組んでいく予定です。学芸大会、三田っ子フェスティバルに向けて、一人ひとりが協力して、集団でやり遂げる喜びを感じられるよう取り組んでいきます。応援をよろしくお願いいたします。


 5年生は、10月に行われる自然教室に向けての準備を着々と進めています。キャンプファイヤーでは、みんなで歌を歌ったりダンスを踊ったりします。そのため、ダンスの練習を行っています。「ジンギスカン」や「マイムマイム」などの曲に合わせて、みんなで楽しく全力で踊っています。当日が待ち遠しいです。


 6年生は、10月に行われる地区別運動会に向けて動き出しました。学年でオリエンテーションを行い、地区別運動会のめあて、競技について知りました。その後、クラスごとに、自主的に朝練を行い、本番に向けて練習に励んでいます。「自分たちで決めた目標に突き進み、悔いのない地区別にしよう」というテーマのもと、自分たちで気持ちを高めていってほしいと思います。毎日頑張って練習を行っています。ご家庭では、しっかり休めるようご配慮よろしくお願いします。

2018年8月18日 五反田川清掃

 本日は地域と近隣校と協力して、五反田川とその周りの道路の清掃と草刈りをしました。今年は本校が幹事校ということで、多くの児童と保護者、職員が参加して清掃活動にいそしみました!

 職員と保護者が川に入り、川底をさらいます。出てきたごみを持ち上げ、中学生たちがごみ集積所まで運んでくれました。重いゴミを軽々と運ぶ中学生は、本当に頼りになりました!ありがとう、卒業生たち!

 五反田神社の石垣もすっきりきれいになりました。吸い殻から空き缶、下草まで。様々なごみを広い集め、また一つ生田の町がきれいになりました。

 年々ごみが減っていく気がします。地域の皆さんと児童のおかげで街の美化意識も高まっているのでしょう。

あと一週間で夏休みも終わりますが、一足早く児童の笑顔を見られて、安心しました。

2018年夏休み 4年生の畑と夏祭り

 ヘチマが実っています。ゴーヤも実っています。すくすくと育って、夏休み明け、学年の児童をびっくりさせましょう!


残念ながら楽しみにしているトケイソウ(右側の写真の植物)には
まだ花もつきません・・・。
時計のような面白い花が咲き、そのあとには甘酸っぱいパッションフルーツがなるそうです。

あと3週間でなるとよいのですが・・・。

  
地域の夏祭りのパトロールも、楽しみの一つです。
夏休み中の元気な児童の顔が見られると、ほっとします。

今年の夏も充実した休みになりますように。
無事に過ごしてくださいね!

2018年7月20日 各学年の活動

 1年生は、初めての水泳学習を行いました。プールでのルールを学んでから、生きもののまねをしながら水の中を進んだり、もぐったり浮いたりする活動をしました。顔を水につけることが苦手な子も学習の最終回には水に慣れ、少し顔をつけることができるようになりました。どの子も真剣に話を聞き、楽しみながら学習することができました。

 2年生は7月18日に自分たちで育てた野菜を食べる「おやさいパーティー」を行いました。収穫できた野菜を盛り付ける表情はとても嬉しそうで、ピザを焼いている間も今か今かと待ちきれない様子でした。振り返りでは、お野菜への思い出と感謝の手紙を書きました。連休明けに枯れていて心配になったこと、一気に実りとてもワクワクしたことを綴っていました。これをきっかけに「夏休みも育てていきたい」「お家でもピザをつくってみたいという声が聞こえていたので、夏休みも頑張ってほしいです。


 3年生は、理科の学習でチョウを育てました。あおむしやさなぎなど、知識として知っていても実物を見たことがない子が多く、「生まれたてのあおむしは黄色なんだね」「さなぎになると、少し小さくなるんだね」と、観察を通して新鮮な驚きを感じていました。羽化してチョウになり飛んでいくときは、「わあ!」という感嘆の声があがりました。夏休み前に、ホウセンカとマリーゴールドを持ち帰りました。つぼみができる・花が咲く・たねができるなどの変化をとらえて、観察の宿題に取り組んでほしいです。

 4年生は、総合「みんなを笑顔にするために」の学習の一環として、「認知症サポーター養成講座」を受講しました。「認知症とは何か」をわかりやすく教えていただいた後に、「認知症になるとどうなるのか」について「中核症状」と「行動・心理症状」の2つの段階について教えてもらいました。どの子も真剣に講師の先生の話を聞いていた姿が印象的です。講座の後に、それぞれのクラスで「今の自分たちにできることは何だろう?」ということについて考えました。今日の講座をきっかけに、たくさんの人を笑顔にできる人になってほしいです。

 5年生は今、朝にあいさつ活動を行っています。子どもたちが登校してくる時間に合わせて門の前に立ち、「おはようございます」とあいさつをしています。活動を行ってみて「あいさつを返してくれる人が少ない」と、子どもたちから意見が上がりました。これからもっとあいさつが活発に行える学校になるよう、5年生から率先してあいさつをしていきたいと思います。

 6年生は、6月23日、26日に情報モラルの学習をしました。学級にいる子どものほとんどが情報通信機器をもっています。インターネットを活用するうえでどんなことに気を付ければいいのか学びました。現代社会の中で情報活用能力は必要不可欠だと思います。もうすぐ夏休み。スマートフォンの使い方について、ご家庭でも、ルールをよく確認してください。

2018年6月18日 各学年の活動

 1年生は先日学校のプールでやごとりをし、教室でやごを大切に育てています。やごにアカムシをあげて食べている様子を観察したり、わりばしを登って羽化の準備をしている様子を見たりしたりしています。朝になると、教室に羽化したとんぼを見つけ、大喜びしています。

 2年生は道徳の学習で「おりがみ名人」という教材を使いながら、自分の得意なこと、良いと思うところを見つけ、今後どうしていきたいかを考えました。「おりがみで人を元気にしたい」という吉沢さんの話を聞き、「算数をもっと得意になって、みんなに教えたり、ヒントを出せるようになりたい」「体育とかみんなで上達して楽しくやりたい」「もっと上手になって、おうちの人を喜ばせられるようになりたい」など、振り返っている子が多く見られました。また、友達に自分の気が付いていない良いところを見つけてもらい、嬉しそうにしている様子もとても印象的でした。

 3年生は社会科見学で川崎市の市内めぐりに出かけました。市内めぐりに行くための準備として、川崎市の北部と南部の様子について「副読本かわさき2018」で下調べをしてから出かけました。バスの車内からの見学では、北部から南部にかけて全体的に住宅地が多いことや駅の周りにお店が多く分布していることなど、三田のまちの勉強を発展させて市内の特徴をまとめている児童が多く見られました。さらに、川崎マリエンの展望台にも登り、高いところから川崎のまちを眺めました。あいにくの天気で遠くの様子までは見ることができませんでしたが、市の南部一帯に広がる工場地帯の大きさを目の当たりにして、子どもたちの目はキラキラと輝いていました。自宅や学校のある多摩区との違いを肌で感じることのできた市内めぐりとなりました。

 4年生は総合の学習「みんなを笑顔にするために」で、「おじいちゃん、おばあちゃんを笑顔にするためにはどうしたらいいだろう?」という課題に取り組んでいます。話し合いの中では、「昔あそびが好きじゃないかな?お手玉とかやりたいな!」や「視力が弱かったり耳が聞こえにくい人もいるかもしれないから、見ても聞いてもわかる説明を考えよう。」など、相手の立場を慮った意見もあがりました。今後、子どもたちの立てた計画・準備をもとに、地域にある「未来倶楽部」さんに訪問させてもらいます。実際の交流を通して、自分にできることに気が付いてくれることを期待しています。

 5年生は、総合の学習「お米ふしぎ発見」で、田んぼの代かきを行いました。水の張った田んぼに入り、足で土をかき混ぜ、田植えをしやすい環境を作りました。また、連日の雨で水がたまりすぎていたので、その水を抜く作業もしました。ズボズボとはまってしまう田んぼの感触を子どもたちは楽しみながら作業することができました。これからの田植えも楽しみです!

 6年生は社会科の学習で、鎌倉へ見学に行きました。首都として栄えた鎌倉の町を歩くことで、その文化を目で見て古都の雰囲気を味わいました。また、事前学習の鎌倉は三方が山で一方が海であり敵が攻めにくい地形であることを実際に自分がその場に立つことで、「攻めるのが大変だ。」や「本当に山に囲まれているんだ。」と身をもって感じていました。その後の学習では、鎌倉についてのパンフレットを5年生に向けて作っています。

2018年6月1日 心肺蘇生法研修を行いました!

 児童が楽しみにしている水泳学習が始まります。その準備のため、毎年の恒例となっています心肺蘇生法の研修を職員全員でおこないました。AEDを使う事態が起こらないように指導するのが我々の務めです。しかし、万が一に備えておくのも必要です。声のかけ方、仲間との連携の取り方、AEDの使い方。一つひとつ丁寧に確認しました。
 今日学んだスキルを実際に行うことなく、無事に水泳学習を修められるように指導しようと、気持ちを新たにした一日でした。


2018年5月29日

 1年生は、生活科「きれいにさいてね わたしのはな」で、あさがおの種を観察しました。初めての観察の学習でしたが、よく見たり、触ったり、においをかいだりして色々な観点で観察をすることができました。そのあとに種を植えました。毎日欠かさず水をあげるなど、成長を楽しみにしている様子です。

 2年生は、生活「やさい名人になろう」で、ピーマン、ミニトマト、ナス、オクラの苗の観察、そして植木鉢に植えました。事前に調べ学習をしていたので、実物の観察をすると「やっぱりナスの花は紫色だ」「葉っぱの裏になにかついてるのは知らなかった」など、多くのことに気が付いている様子でした。毎日の水やりも始まりました。大きく育つのが楽しみです。

 3年生は、社会科で三田のまちの特徴について学習し、屋上からのまちの調査やまちたんけんを通して理解を深めました。まちを調査する前にかいた三田のまちの地図と調査した後にかいた地図を見比べてみると、調査を通して飛躍的に地図がかけるようになった児童が多く、学習の成果を一人ひとりが実感しているように思います。三田のまちの学習で学んだことを今度は川崎市という大きなスケールに拡大して、さらに学びを深めていきます。

 5年生は、5月29日に「こころの劇場」という演劇鑑賞を行いました。ミュージカル形式の「王様の耳はロバの耳」を観ました。終わった後の子ども達は「声がきれいだし、踊りも上手ですごかった!」と興奮した様子でした。また、「うそはついてはいけないんだな」「誰に対しても正直に言えるようになりたい」など、自分だったらどうするか、と考えていました。今後の生活に生かしていけるといいです。

 4年生は、理科で気温の変化を学習しています。1時間ごとに児童が外に出て、気温を計ります。本日はちょうど曇り時々雨で気温の変化も大きくなく、晴れの日と対比するための良いデータが取れました。晴れの日は気温の変化が大きく、曇りや雨の日は気温の変化は小さい。多くの児童がこの事実に気付くことを願いつつ、放課後は担任が気温データを計測しました。次の授業が楽しみです!

 6年生は、社会で歴史の学習をしています。先人の行ったことに対する理由、考えを予想しながら学習を進めています。また、今の暮らしと比較をし、実生活に活かそうとしています。6月には鎌倉遠足があります。実際に見たり、肌で感じたりして先人の知恵を学んでほしいと思います。

2018年4月25日


 1年生は、入学してから3週間が経ちました。学校生活にもだんだん慣れ、見通しをもって過ごすことができるようになってきました。ひらがなの学習も始まり、とめる、はねるなど気をつけながら丁寧に文字を練習しています。整列の仕方や給食当番の仕事など、毎日覚えることはたくさんありますが、一生懸命がんばっています。

 2年生は、これから始まる1年生との学校たんけんの準備が始まりました。昨年のことを思い出して「パソコン室の勉強が面白かったから紹介したいな」「図工室はあぶないから気をつけてっていいたいな」と、どんな案内をするか各クラス話し合っています。2年生ながらに「1年生に優しくしたい」と、お兄さんお姉さんとしての自覚をもって考えている様子でした。

 3年生は、新しく始まった社会科と理科の学習に積極的に取り組んでいます。社会科では、自分たちの住んでいる三田のまちについて学習しています。また、理科では、身近な春の生き物や植物の観察に取り組んでいます。1・2年生の生活科で得た学びや気づきをもとにして、さらに学びを深めてまいります。
12日には「交通安全教室」がありました。自転車の正しい乗り方について演習を通して学びました。交通ルールやマナーを守って自転車を運転することの大切さを実感できました。

 4年生は、11日の「1年生を迎える会」で「パフ」を演奏しました。短い練習期間でしたが、3年生の時の学習を思い出しながら集中して練習する顔は、真剣そのものでした。三田小のお兄さん、お姉さんとして1年生を迎える気持ちを込めて、きれいなリコーダーの音を体育館に響かせていました。
11日からは給食も開始しました。食欲旺盛な4年生は給食の食べ残しが少ないことに感心しています。同じ階の2年生が片付ける際、ワゴンに食器が持ち上げられず困っているとさりげなく手伝っている4年生の姿も見られます。頼もしさを感じます。

 5年生は、高学年になり新しい仕事や責任も増えました。その一つとして委員会があります。初めての委員会では、緊張している様子もありましたが、自分の意見を積極的に伝えていく姿も見られました。これから、6年生を支え、共に学校を引っ張っていく姿が楽しみです。

 6年生は、「1年生を迎える会」で1年生と手をつないで入退場しました。1年生の目線に合わせて話している姿がとても印象的でした。優しくかっこいい最高学年になって欲しいと思います。また、16日に埋蔵文化財センターに見学に行きました。昔の暮らしについて、展示物をみたり、土器を触ってみたりしました。実物を見ることで、理解を深めていました。

2018年4月5日 始業式・入学式

 元気いっぱいに子ども達が登校し、三田小学校の1年が始まりました。新しいクラスと新しい先生にみんなドキドキわくわくしている様子です。1つ上の学年になって、顔つきも少しお兄さんお姉さんになったように感じました。「友達の話」では、2年4年6年の代表の児童が、今年度頑張りたいことを話しました。どんな1年になるか、楽しみです。

 95人の元気な新入生が入学式を迎えました。みんな、とても立派に話を聞いていて感心しました。明日からの学校生活が楽しみですね。
 6年生が手をつないで教室を案内したり、6年生代表児童が歓迎の言葉、2年生が歓迎の歌と呼びかけを披露したりしてくれました。とても頼もしい上級生、素晴らしかったです。





2018年4月2日 校庭の桜

 児童の大好きな体育館脇にある桜の木が満開となりました。学校全体が春を楽しんでいるかのように、活気付いています。4月5日、みんなの元気な挨拶が楽しみです。


2018年3月16日 お別れ式・卒業証書授与式

 一年間学校を支え、学校の代表として活躍をした6年生が巣立ちました。別れを惜しみ、今にも泣きだしそうな曇り空の元、改修を終えた体育館の中は涙雨。保護者も、5年生も、教員も、そして卒業生たちも感動の涙を流しました。
 校長先生やPTA会長のお言葉を食い入るように聞く卒業生と在校生たち。どんな困難にも負けない人になれ、そんなメッセージを受け取ったのではないでしょうか。
 心を込めた「お別れの歌と言葉」は、卒業生、在校生と教員の思いが重なり合い、思い出深い呼びかけとなりました。
 卒業生の皆さん、一年間最高学年として本当にありがとう。よく下級生をリードしてくれました。卒業生たちの明るい未来を信じて、しばしのお別れです。
 桜にはほんの少し早い卒業式となりました。陽気にも恵まれ熱くも寒くもない天気にホッとしました。見送りの花道では、パラパラと小雨に振られましたが、そんな雨をものともせず、万雷の拍手の中、卒業生は三田小を後にしました。









 今年は担任自ら合唱の指揮を執りました。一年間の思い出が教師児童共々、いくつも思い起こされました。
 真剣な面持ちで歌う卒業生。それをしんみりと受け止める在校生。厳かな雰囲気でお別れ式も卒業式も進行しました。




 地域の方々や何よりも保護者の愛情に包まれ児童はとても幸せだったと思います。卒業式に参列された皆様にもお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。今後とも、三田小学校の児童と教育活動を見守りください。

2018年3月9日 学校の様子

 3月1日に6年生を送る会が行われました。たてわり活動班で遊び、給食を食べると放送がかかります。「6年生は屋上に来てください。」ビデオ番組の中で、5年生にそう声をかけられた6年生は、ワクワクしながら屋上へ上ります。すると・・・

 なんと「ミライヘ☆」の人文字が!
 我が校の伝統である6年生への人文字プレゼントです。この日のために1年生から5年生までがこっそりコツコツと準備を進めていたのです。「すごい!」「こんな風に見えるんだ。」6年生からは歓声が上がりました。
 6年生を送る会の司会進行、ビデオ作成、人文字の企画。すべて5年生が音頭をとって進めていました。5年生は新リーダーとしてしっかりと務めを果たしました!
 今まで三田小をリードしてくれた6年生もたくましい5年生の姿に、安心したのではないでしょうか?

 3月5日には、待望の体育館の引き渡しが行われました。約9か月もの間、改修工事に入っていた体育館。木と新築の香り漂うピカピカの体育館に生まれ変わりました。
 その新体育館を使った最初のイベントが個別級の劇発表でした。先日行われた卒業と進級を祝う会で発表した「21匹の三田ねこ」。舞台が確保できなかったため、全校児童に見せることができなかったのですが、体育館が完成したので早速のお披露目です。
 かわいらしい子猫たちが、元気よく歌ったり踊ったり早口言葉を言ったりしていました。個別級の児童の日ごろの頑張りが伝わる素敵な内容でした!


2018年2月19日 学年の様子

 1年生は13日(火)に、来年度入学する予定の幼稚園・保育園の園児さんを招き、「スマイル集会」を行いました。西三田幼稚園、三田かしのみ保育園、南生田保育園、アスク登戸保育園、うさぎ幼児園の園児さん達が来てくれました。これまで、小学校の中では最年少として可愛がってもらってきた1年生ですが、今度は自分たちが小さい子たちをお世話してあげる番、ということで、ワクワクドキドキ。一生懸命に準備をしてきました。園児さんとペアになり、三田小学校にあるお気に入りのものを紹介したり、ランドセルやお道具箱を見せてあげたり、陣取りゲームで遊んだりして、交流しました。最後は、手をつないで校内案内。三田小学校のことを優しく教えてあげる顔は、とても頼もしく見えました。

 2年生は、16日(金)に子ども文化センターにて、馬頭琴の鑑賞をしました。国語の「スーホの白い馬」に出てくる楽器です。ホーミーという口そのものを楽器のように扱う(口笛をもっと響かせて豊かな音色にした感じ)音と馬頭琴の弦楽器の響きが独特の雰囲気を醸し出していました。「スーホの白い馬」という曲も演奏して頂きました。競馬の場面、白馬が戻ってくる場面を曲から感じ取って鑑賞することができました。国語の学習を進める上で場面を想像する際の大きな手掛かりとしてもらいたいと思います。
 

 3年生は15日の木曜日に総合の学習で「三田の名人発見!」の学習を行いました。三田の町に住んでいる名人の皆さんに来ていただき、いろいろなことを教えてもらいました。「ピアノ名人」「ダンス名人」「卓球名人」「ドローン名人」「歌名人」「テニス名人」「手品名人」の7人の名人の授業の中から2つの授業を受けました。どの授業も子どもたちにとって新鮮で素晴らしいものでした。名人の授業の後には新聞を作成しました。「とても楽しかった」「体験してみてむずかったけど楽しめた」など、子どもたちもとても喜んでいました。

 4年生は、5日(月)の授業参観で、2分の1成人式を行いました。「どんな大人になりたいか」「そのためにどんなことができるか」を考え、一人ずつスピーチをしました。また、『10歳をむかえる日に』という歌を合唱しました。一人ひとりが緊張しながら、一生懸命に伝えた思い。保護者の皆さんにしっかり届いたと思います。

 5年生は、今6年生に向けて準備をしています。各クラスで理想の6年生について話し合い、理想の6年生に近づくための取り組みをしています。また、縦割り活動では6年生を送る会の準備を最高学年として行っています。19日(月)には、準備として各学年に寄り添って一緒に準備をしている姿が印象的でした。6年生を送る会は3月1日にあります。5年生も残り1か月。このまま6年生の準備を継続的に行ってほしいと思います。

 6年生は、15日(木)に生田中学校の体育館を借りて「はばたきの会」を行いました。当日はたくさんの保護者の方に来ていただき、6年間の成長を歌や劇で発表することができました。劇は、「友達との関わり」「地区別運動会での成長」「歴史に学ぶ意味」の3つに分かれて行いました。子ども達は、精一杯表現できたことに達成感を感じた様子でした。いよいよ卒業式まで1か月を切りました。ここまでの成長を支えてくれた方々への感謝を胸に、残りの小学校生活を最高学年にふさわしい姿で送ってほしいと思います。

2018年1月26日 委員会活動の様子

 音楽委員会が「今月の歌」の練習のため、中休みに音楽集会を開きました。全部で3回!とてもやる気のある音楽委員会のおかげで、「今月の歌」もメキメキ上手くなっています。
 またお昼の放送でも、保健委員会による健康クイズや放送委員会の行事紹介などで番組が盛り上がっています。各委員会が活発に活動しています。
 5年生が来年度のリーダーとなることを意識して、各委員会を引っ張り始めています。頑張れ次代の三田っ子リーダー!!


2018年1月22日 各学年の様子

1年生
 新しい年を迎え、4月と比べてとても頼もしくなった1年生です。来月には、西三田幼稚園や三田かしのみ保育園の園児さんを招いて、スマイル集会を行う計画を立てています。来年度に安心して入学してもらえるよう、また1年生として園児さんにかっこいい姿を見てもらえるよう、実行委員を中心に準備を進めています。生活科では、昔遊びの学習に入りました。けん玉やお手玉、おはじき、あやとりなどの、昔遊びに楽しそうに取り組んでいます。31日には、地域の方をお迎えして昔遊び集会を行い、色々な遊び方を教えて頂く予定です。ワクワクするような活動がたくさんで、生き生きした表情で活動している子ども達です。

2年生
 入学した時と比べて、どんなことができるようになったか、何が上手になったかを自分で振り返る学習をしています。学習後の感想に「こんなにいろいろなことができるようになっていたことに驚いた。」「一人ではできないと思っていたこともできるようになっている自分に驚いた。」といった驚きの表現がたくさんありました。今月末には、1年生に自分たちが作って工夫したおもちゃを紹介する学習があります。1年生の時の自分を思い出し、クラスの友達にする時と同じ説明では1年生には伝わらないということに気が付いたようです。楽しく遊ぶためのこつを今工夫している真っ最中です。だれに伝えるかを意識して取り組めるようになったことも成長です。

3年生
 初めての毛筆による書初めをしました。事前に「とめ」「はね」などの練習をしての挑戦でした。「正月」「光」から好きな文字を選択をし、書初め展の作品を書きましたが、廊下には力作がずらりと展示され、保護者からも「上手ですね」と好評でした。

4年生
 2月5日の授業参観で、2分の1成人式を行う予定です。成人(20才)の半分の10才になる今年度を区切りとして、今までの自分を振り返り、どんな大人になりたいかを考えながら、準備を進めています。当日は、一人ひとりのスピーチとクラス全員での合唱をします。ぜひ、ご参観ください。

5年生
 15日(月)に山北町と川崎市の職員の方々に出前授業をしていただきました。山北町には、日々豊かな森をつくるために努力している方がいます。その方々の頑張りによって、当たり前のように水飲むことができ当たり前のように生活することができます。そんな豊かな森をつくる方々の苦労や努力について一生懸命話を聞いていました。授業の途中では、豊かな森をつくるために自分でできることを考える姿が見られました。実際の体験について生の声を聞くいい機会となりました。社会科ではこれから「環境を守る人々」の勉強をします。貴重な話を学習に活かし、考えを深めてほしいと思います。

6年生
 15日に国会議事堂へ社会見学に行ってきました。「警備が厳重だった」「本会議場が広くて驚いた」「建物に伝統を感じた」などの感想をもちました。参議院議員プログラムでは、実際に法律が決まるまでを議員になったつもりで体験しました。すべての国民に関わることなので、何度も慎重に話し合って決めることがわかりました。2月に行われる「はばたきの会」の練習も始まりました。今年は体育館が工事中のため、生田中学校を借りて2月15日木曜日に行います。自分たちの6年間の成長と支えてくれた方への感謝を表現したいと思っています。

2018年1月17日 三田小学校W受賞です!

 本校の児童と教員が川崎市のビデオ映像創作展において、最優秀賞をW受賞いたしました。映像教材に力を入れる強豪校が集まる中、本校の作品が選ばれるとは、本当に光栄なことです。昨年は読書感想文コンクールでも3部門中、2部門で最優秀をいただき三田小の頑張りが大々的に認められる場面が増えてきています。
 児童も教員も頑張る三田小!とっても素敵な学校ですね。

授賞式には、児童の作品で主演を務めたヌイグルミも参加しました。これをステップに更なる素晴らしい作品が生み出されるかもしれません!?頑張れ三田っ子!!

2018年1月12日 書初め展の準備が終わりました。

 来週から書初め展が始まります。各学年準備を終え、書初めを展示しました。それぞれの書には児童の思いが込められています。学業成就、習い事上達、将来の職業etc.
努力のない思いは願望のまま終わってしまいます。希望が実現するように、励ましていきます。願いを叶えよう、三田っ子!



2017年12月22日 各委員会による特別活動の様子

 12月19日の中休みに、3つの委員会がイベントを催しました。どの委員会も趣向を凝らし、児童による自治的活動が盛り上がっています。高学年の活躍が憧れとなり、低学年の目標になっています。

図書委員会によるお話会
児童に大人気のはらぺこあお虫を音読しました。可愛らしいパペットとの共演で、大いに盛り上がっていました。見に来た児童にはしおりのプレゼントがありました。



音楽委員会による音楽集会
児童が大好きな「ビリーブ」を歌いました。日ごろの練習成果を発揮して、優しい歌声が音楽室にこだましていました。

イベント委員会によるドロケイ
紅白帽をかぶった児童が校庭を走り回っています。普段遊ぶ機会の少ない他学年と触れ合いながら、ドロケイを楽しみました。寒空なんて何のその!汗いっぱいになるまで駆け回っていました。

2017年12月4日 各学年の様子

 1年生は、生活科の学習で収穫したサツマイモをみんなで食べました。ホクホクのふかし芋に、バターやお砂糖を少しつけて頬張ると、美味しさが口いっぱいに広がり、とても嬉しそうな様子でした。収穫した芋のツルを使って、クリスマスリースも作りました。思い思いに飾り付けをして、素敵なリースが出来上がりました。おうちにもって帰りますので、ぜひご家庭で飾ってあげてください。

 2年生は学年の担任が強化で授業を好感して行いました。子どもたちは時刻を気にして動かないと次の学習に遅れてしまいます。それはいつものこととはいえ、指導する先生が担任ではないというのは、緊張感があるようです。体育の後の着替えも、いつもより手早く済ませていました。「間に合わなかった。」で済ませることのないように、「自分で時間を管理する。」「間に合わせる気持ち」を学んでいってほしいと願っています。図工や音楽では「~のような○○な音・顔」といったたとえを使って、感じたことを表現する学習をしています。三田っ子ミュージアムで出品する予定のお面も、タイトルにこの表現を使っています。

 3年生は、12月1日にCAPの活動を行いました。CAPでは、子どもへの暴力防止と子どもの権利について考えました。劇を見たり参加したりしながら、権利を守るための方法を勉強しました。劇では一緒に参加して友達を助ける役をしたり、楽しみながら活動することができました。

 4年生は、11月30日にパラスポーツ体験を行いました。フライングディスク(フリスビー)を使って、体の不自由な人も行える競技を体験しました。目をつむって輪の中を通す体験では、バディの手拍子の音を頼りに狙ってフリスビーを投げました。「普通に投げるだけでも難しいのに目をつむったらもっとできない!」「これをやる人はすごい!」と、パラスポーツの難しさとともに、行っている人のすごさに気づいていました。

 5年生は最高学年に向けての準備をしています。8日(金)には3学年キラキラがあります。2・3・5年の縦割り班で一緒に遊ぶ会の企画・運営をします。現在企画をしている最中です。どうしたら他学年と仲良く交流することができるのか一生懸命考えていました。他学年と関わるために自分から進んで行動する姿に期待したいです。また、委員会でも来年度に向けて徐々に役割を引き継いでいます。また、来年のクラブ活動についても自分たちの行いたいクラブを立ち上げるために行動する姿が見られます。これからも進んで活動していってほしいです。

 6年生は、修学旅行で見てきた日光を紹介する新聞を書いています。国語の「書く事柄を収集し、集めた事柄を構成を考えて書く」という学習です。伝えたいことが明確になるように、リード文や解説文を工夫しています。自分が実際に見た感動をどうやったら効果的に伝えることができるかを考えています。また、早いもので卒業文集を書く時期になりました。文の構成、書き出しの工夫、漢字を正しく使う、など小学校で学んだ「書く」ことの集大成です。一人一人の文には、自分の一番の経験が詰まっています。6年生の教室では、休み時間も鉛筆を持ち、文を書く姿が多く見られます

2017年11月28日 生活の様子

 3年生は、三田っ子フェスティバルでクラスごとに学習クイズや音読劇、韓国体験をもとにした体験コーナー、三田の町クイズなどをおこないました。事前にお互いのクラスでおこなう内容を見せ合い、参考にしながらより良いイベントになるよう努力しました。当日は多くの方に来ていただきました。子どもたちも緊張しながらも精一杯の頑張りを見せてくれ、参観者からも好評でした。この体験を生かし12月もさらにパワーアップした3年生にご期待ください。

2017年11月24日 生活の様子

 1年生は、三田っ子フェスティバルでどのクラスも、「あきのたからものパーティー」のお店を行いました。生活科で学習した秋のどんぐりや松ぼっくりを使った遊びの発表です。どうしたらよりお客さんに楽しんでもらえるかを考えながら、一生懸命に準備をしてきました。松ぼっくりストライク、どんぐり迷路、おしゃれな秋の洋服屋さん、どんぐり釣りなどなど・・・、どのクラスもアイディアを出し合ってとても楽しいお店となりました。
 「6年生のお店がね、とっても楽しかったよ!」「1年生の全部のクラスに遊びに行ったよ!」と、とても楽しそうな子ども達の感想が聞かれました。中には「やっぱり自分のクラスが一番楽しいし、落ち着くなぁ」という声も聞かれ・・・、それぞれのクラスがすっかり自分の安心できる居場所になっているのだなぁと、嬉しく思いました。

 2年生は三田っ子フェスティバルで、音楽・国語・生活チームに分かれて発表を行いました。例年ですと、体育館での発表となるところですが、今年は教室で3チームに分かれての発表です。
 オープニングの合唱は、なんと、二部合唱です。はずむリズムとなめらかなリズムの違いを一生懸命表現しました。音楽は歌あり、鍵盤ハーモニカあり、ダンスあり。国語はスイミー、ミリーのすてきなぼうし、どうぶつえんのじゅういから、劇や歌、クイズを出しました。生活は三田の町について調べたことを劇形式で発表しました。テレビの映像を使い、テレビ番組風にしました。子ども達は緊張しながらも、お客さんに伝わったことを喜んでいました。
 今月は体育・音楽・国語について交換授業を行っています。
 
 4年生は、17日(金)に連合音楽会に行ってきました。三田っ子フェスティバルで披露した「世界で一つのハーモニー」と「Jump!」を歌いました。客席の一番後ろからでも大きく聞こえる声、指揮者をまっすぐに見て歌う一生懸命な姿に、とても感動しました。先生方が先導してステージへ行く学校が多い中、三田小の子どもたちは、自分たちの判断で移動し、隣の人との間をうまくとって並ぶことができました。友だちと協力して、課題に取り組む力が身についている!集団として育っている!と感じました。三田フェス、連合音楽会と、様々な面で成長した11月でした。

 5年生は総合「お米ふしぎ発見」の学習で10月26日(木)に稲刈り体験、11月20日(火)に脱穀体験をしました。自分たちで育てた稲を刈っている時とても生き生きしていました。いつも当たり前のように食べることができるご飯ですが、稲刈り体験や脱穀体験を経て、「農業の人は少人数で、大きなたんぼの稲刈りをするから大変」「脱穀は、手作業でやると大変」等稲を育てることの大変さを感じていました。この体験をきっかけに子ども達がまわりに支えられて生きていることを改めて実感していました。

 6年生は修学旅行に行ってきました。東照宮や華厳の滝など、日光の名所を巡ってきました。事前に総合的学習の時間で日光について調べていたので、家康のお墓に興味をもって見ている子や、戦場ヶ原の自然に注目している子など、それぞれがそれぞれの興味のある日光を満喫していました。振り返りでは電車や宿舎で楽しかった思い出も書いていて小学校生活最後の大きな宿泊行事を堪能している様でした。


2017年10月17日 各学年の活動

 1年生は、10日(火)に、生活科の虫を探す学習で、第4公園へ行きました。暑い日で、なかなか簡単には見つかりません。葉っぱの裏側や草むら、木の間などを熱心に探して、バッタやカマキリ、コオロギ、ダンゴムシ、アリなどを捕まえることができました。教室に戻ってからの虫の観察では、目をよくよく凝らさないと見えない位小さなダンゴムシがいたり、なんとバッタがウンチをしていたり、楽しい発見がたくさんありました。12日(木)には、初めての学年集会を行いました。内容は、クラス対抗のドッジボールとしっぽとりゲームです。汗びっしょりになるまで走り回って、楽しい時間になりました。普段はクラスごとの活動が多いので、学年みんなで一緒に活動するというのは子どもたちにとってとても良い経験になったと思います。

 2年生は生活科で行っている「町はたからばこ」の学習がまとめの段階に入っています。学年全員で3回にわたって学区をまわり、その上でお店や施設にインタビューをしに行きました。4人から6人程度の小グループでボランティアの皆様に見守られての活動となりました。学校に戻ってきてからは自分たちが聞いてきた事をまとめ、学年で発表しました。「ガス屋さんは行ったことがなかったけれど、お湯やお風呂と関係している私たちの生活と関わりがあるお店だとわかりました。」「子文の人たちはみんなが帰った後も片付けや掃除の仕事をしてくれている。だから気持ちよく利用できることに気が付きました。」といった新たな気付きがありました。今後さらに練り上げたものを1年生に伝えることを計画しています。
 
 3年生は、10月5日に総合の学習で「韓国、朝鮮文化体験を行いました。「音楽グループ」「遊びグループ」「言葉グループ」の3つのグループに分かれて、講師の方にたくさんのことを教えてもらいました。ハングル文字を書いてみたり、「3年とうげ」の音読に合わせて太鼓をたたいたりして、楽しみながら活動することができました。講師の方々が来ていた「チマチョゴリ」を見て、「着てみたい」「とてもきれい」などの声も聞かれました。

 4年生は、11月17日の連合音楽会に向けての取り組みが始まりました。音楽の学習で歌ってきた曲目から、子どもたちが「みんなと歌いたい」と思う曲を2曲選び、決めました。「この歌詞が好きだから」「メロディのこの部分が弾んでいて元気が出るから」など、様々な意見が出ました。本番は、保護者の皆様に聞いていただくことはできません。三田フェスで披露しますので、ぜひお越しください。

 5年生は、11日から13日に川崎市少年自然の家で宿泊学習を行いました。天候にも恵まれ、全活動を予定通り行うことができました。子どもたちは常に5分前行動に努め、声掛けをしながら意欲的に活動に取り組んだ結果だと思います。アストロハウスでは、きれいな夜空を見ることができました。鼻戸屋登山では、みんなで協力して宝を探しながら頂上に登ることができました。キャンドルファイヤーでは、友達と歌ったり踊ったりする中で心を一つにすることができました。自然教室でたくさんの成長をした5年生。これからの学校生活に活かしていってほしいです。

 6年生は、いよいよ地区別運動会が近づいてきました。後期始業式の後、全校で壮行会を行いました。毎朝練習してきた8の字跳びを披露し、「跳ぶのがうまい!」「回すのが速い!」と下級生から褒めてもらいました。各学年から温かいメッセージをもらい、廊下に掲示しています。6年生が頑張る姿を見て、来年に繋がっていく、三田の伝統になっていきます。当日は、全員の気持ちを一つに頑張ります!

2017年9月20日 各学年の活動

 1年生は、15日の金曜日に、お楽しみの移動動物園がありました。
ウサギ、モルモット、ヒヨコ、ヤギ、ブタ、カメ、ヒツジ、ポニー・・・たくさんの動物が三田小学校にきてくれました。
にんじんやキャベツなど、家から持ってきたエサを手に、動物たちと触れ合った子どもたち。
「ヒツジはとっても食いしん坊だったよ」
「ポニーに乗ったらグラグラ揺れたけど、おもしろかった」
とびきり楽しそうな笑顔が弾けていました。思い出に残る一日になりました。

 2年生は、聞き方・話し方の研究授業を行いました。話し方名人「オオカミ」と聞き方名人「あかず」きんちゃんを合言葉に、相手を見て考えながら聞く学習と、スピーチをメモに整理して話す学習でした。児童の話し方・聞き方に変化が出てきました。今週は楽しみにしていた町探検に出かけます。地域の公共施設を中心に見て回ります。見かけた際は手を振ってくださいね。

 3年生は1日に市内見学を行いました。川崎マリエンでは羽田空港の飛行機が見えるたびにみんなの視線が一斉に空に向きました。また同じ川崎でも周囲の工場や倉庫群と三田の町との違いに驚いた様子でした。川崎駅前の銀柳街ではアーケードが開いた瞬間、大きな歓声があがりました。アゼリアの地下街、ミューザ、武蔵小杉周辺のマンションなどを実際に見ることで発展する街川崎を実感した一日でした。

4年生は理科の学習で宙と緑の科学館にあるプラネタリウムに行きました。
 三田小学校から見える星はどんな星があるのか、星座にはどんなものがあるのかなどが分かりました。動く星などを見て、子どもたちは「おお~」と声を上げていました。これを機に、実際に夜空を観察して星座を見つけられるようになれたらいいです。

 5年生は、13日の水曜日に前期お楽しみ集会を行いました。リレーとドッジボールを行いました。リレーでは、紅白に分かれ、特別ルールを作りました。ぐるぐるバットと縄跳びです。高学年として自分たちなりに楽しくなるように工夫しながら遊んでいました。1か月後には自然教室があります。これを機により絆を深めていってほしいと思います。

2017年7月25日 夏休みの学校

 児童の通わない学校は寂しいものです。
 校庭も校舎も、がらんとして聞こえてくるのはセミの声だけ・・・。
 三田っ子米の稲も青々と茂り、児童の帰りを待ちわびています。 
 早く来い来い、8月28日!


2017年6月23日 各学年の活動

 2年生は生活科でヤゴレスキュー、そして夏野菜を育てる活動に取り組んでいます。ヤゴの観察では「赤虫に気づいてくれない。」「一匹しか食べてくれない。」とヤゴの食欲を心配しています。野菜の観察では「はっぱが7枚増えた。」「オクラの実ができたよ。」「倒れてきそうだから支えの棒がいるね。」と、ただその時の様子を観るだけでなく、変化についても報告ができるようになってきました。収穫したものを持ち帰る子もちらほら出てきました。どんな料理に変身したのか、報告し合う活動も予定しています。

 4年生は総合の学習で、学校の近くにある「未来倶楽部」という老人ホームの方々と交流をしています。みんなを笑顔にするために、自分たちにできることは何かを考え、取り組んでいます。一緒にできる手遊びを考えたり、ポスターをかいたりするなど、工夫して頑張っています。

2017年6月15日 三田んぼ完成しました!

 5年生の総合「お米不思議発見!」では、お米作りを行います。今年は、田んぼ作りから始めました。みんなで土を掘り、シートを敷いて土を戻し水を張りました。13,14日に代かきをし、15日に田植えを行いました。田んぼに足を入れ実際に田植えの経験している子ども達はとても楽しそうでした。初めての経験を通して、子ども達は「農業って大変なんだなー」「これを毎回、それも一人でやるのなんてすごいな」と体験を通して理解を深めることができていました。これからも三田んぼで農業の経験をしながらおいしい三田っ子米を収穫したいと思います。



2017年6月9日 鎌倉見学に行ってきました。

 6年生は社会で歴史を勉強しています。今回は神奈川県を代表する武士ゆかりの土地鎌倉に社会科見学に行ってきました。鶴岡八幡宮や長谷寺の大仏と行った観光名所だけでなく、展望台に登って鎌倉の地形を眺めたり、教科書にも載っている名越の切り通しに行ったりしました。切り通しでは、「守りやすい理由がよく分かった。」と実感している様子でした。

2017年4月18日 各学年の様子

1年生
 すっかり学校生活にも慣れてきた1年生。今までは毎朝6年生が教室に来てくれて、朝の支度をてつだってくれていたのですが、ほとんどの子がもう一人でできるようになりました。休み時間は校庭で元気よく遊び、時間を守って教室に戻ってくることを頑張っています。国語では「はじめてのなまえ」を書きました。初めて使うフェルトペンにドキドキしながらも、一字一字丁寧に自分の名前を書くことができました。3月にも同じように自分の名前を書く予定です。1年間でどれだけ素敵な字が書けるようになるのか・・・、成長がとても楽しみです。

2年生
 実行委員の活動が始まりました。新聞実行委員、学校探検実行委員、さらに、運動会に向け、リレー希望者も30分の休み時間に練習して忙しく過ごしています。新聞実行委員は第一号として、各クラスの学級目標をポスター風にまとめて 張り出しました。次号は実行委員紹介やリレー選手特集を予定しています。学校探検実行委員は1年生に紹介する学校内のいろいろな場所の中で、2年生のとっておきの場所を紹介するという特別な役割を担うことになりました。各学級でも、今週は、必要な情報を得るためのインタビューの作法を身に付けているいるところです。

3年生
 交通安全教室で自転車の乗り方について学習しました。多摩警察署の方の指導のもと実際に一人一人自転車に乗りました。駐車中の車の避け方、一時停止の仕方等のほか、自転車の安全点検のポイントなども教えていただき、子どもたちもとても参考になったという感想を述べました。

 4年生
 1年生を迎える会で4年生は、リコーダーの演奏を1年生に向けて贈りました。3年生の時から練習してきた「エーデルワイス」を演奏しました。「緊張したけど、うまくできた」と、満足そうな顔の子どもたちが多かったです。入学したばかりの1年生が、安心して学校生活を送れるようにこれからも手助けしていきます!

 5年生
 委員会活動が始まりました。子どもたちは初めての委員会にワクワクドキドキしています。「積極的に意見を言って委員会の力になりたい」「委員会の仕事を一生懸命頑張って、いい三田小学校をつくりたい」等意欲的に取り組もうと頑張っています。初めての委員会では、6年生の話をしっかり聞きながら、委員会の内容について理解を深めていました。意欲的な5年生の姿を見て、これからの学校生活が楽しみになりました。

2017年4月13日 1・3年生 交通安全教室/6年生 1年生との交流

 1・3年生
 多摩警察署の方が来て下さり、1年生は正しい道の歩き方を、3年生は正しい自転車の乗り方を学習しました。
警察の方のお話を聞いた後、校庭にかかれた大きな道路を、友達と一緒に気を付けて歩いたり、自転車に乗ったり・・・、少し緊張しながらもとても頑張っていた子どもたちでした。毎日何気なく歩いている道路だけれど、実は危険がいっぱいです。交通事故ゼロの1年間であってほしいと願っています。
 ボランティアでお手伝いしてくださった方々、どうもありがとうございました。

 6年生
 朝早く登校して、一年生のお世話をしている6年生。名札をつけてあげたり、トイレに付き添ったりしているうちに仲良くなってきました。給食も始まり、片付けの手伝いも喜んで行っています。「名札が自分で付けれるようになったよ」「友達ができたって話をしてくれたよ」と6年生も1年生の成長を見守っています。こうやって交流する中で最高学年としての自覚が芽生えているようです。1年生、6年生、どちらも頑張ってほしいです。

2017年4月5日 始業式・入学式

 待ちに待った新年度が始まりました。初めてのクラス替え、初めての友達、初めての先生・・・。
様々な初めてに接し、児童の喜びが声となって表れます。満開の桜に囲まれ、素敵な船出となりました。さて今年の三田っ子丸はどのような航路を進むのでしょうか?今から、胸が躍ります。
始業式、真剣に校長先生のお話を聞く三田っ子!

後ろに控える新2年生も歌がとても上手でした。



2017年3月8日 総合的な学習の時間をふりかえって

 4年生は総合的な学習の時間で「みんなを笑顔に 三田のまち」という学習に一年間かけて取り組みました。三田のまちにはどんな人たちがいるか考えるところから出発しました。そこで、様々な世代の人が三田のまちで共に生活していることに気づきました。みんなが笑顔になるための活動として、保育園児との交流やお年寄りの方との交流、三田のまちのみんなが安全に暮らせるためのマップ作りやごみ拾い活動を行いました。自分たちの力でできることはないか、仲間たちと知恵を出し合って、よりよい活動にするためという目標に向かって意欲的に取り組む姿が多く見られました。
 これらの活動以外にも目の不自由な方とそのヘルパーの方や、介護の仕事をされている方のお話を聞く機会もありました。初めて聞く話も多く、気になることがあれば積極的に質問をして、もっと知りたいという思いであふれていました。今日学んだことをこれからの生活に生かしていきたいとふりかえりで書く子どもたちがとても多かったです。


学校生活


ページのトップへ戻る