ようこそ!川崎市立西菅小学校のホームページへ!


学校長の話

校長 増田 敬子

 本校は、川崎市の最北西部に位置し、多摩川の見える小高い丘の上にあります。学区の西側は小沢城址やアグリパーク・よみうりランドを隔てて東京都稲城市に接しています。学区内には数々のお寺や石碑が残る長い歴史を感じる町です。また、平成2年の開校時に作られた校歌の中に

「緑の町に 風が吹く 花のかおりの 星ヶ丘
多摩の流れを はるかに望み 」
 「小鳥が歌う 丘の道 ぼくとわたしの星ヶ丘
 翼ひろげて ほほ笑みあって 」



と歌われていますが、20年以上たった今もたくさんの自然に囲まれた美しい町です。
 こんな緑豊かな地域に西菅小学校が建っています。広い校地は、三階建ての白い校舎と開放的な体育館が南向き横一列にモダンなたたずまいで並んでいます。また、校庭は直線で100mのコースがとれるほど広く、ゆったりとした雰囲気に包まれた学校です。 この学舎に、児童がたのしく通っています。
 「かしこく 心豊かで たくましく」を学校教育目標にすえ、地域や保護者の皆様の温かいご理解やご支援を賜りながら、よりよい学校をつくっていきたいと思っております。 ご協力よろしくお願いいたします。