本文へスキップ

学校教育目標 「よく遊び よく学ぶ子」「認め合い 助け合う子」「粘り強く 挑戦する子」

TEL. 044-976-4557

〒216-0012 神奈川県川崎市宮前区水沢3-7-1

校長室よりFROM HEADTEACHER'S ROOM

平成30年度 学校経営方針

〜チーム稗原《児童・全職員・保護者・地域》でつくる一人一人が輝く学校〜
1.確かな学力をはぐくむ教育活動(知)
2.豊かな心を育む教育活動(徳)
3.健やかな体を育む教育活動(体)
4.保護者・地域とともに連携協力する教育活動
5.安全・安心、快適な教育活動と学校づくり


学校長メッセージ

3年目の春を迎えて  
学校長  中村 邦彦

私にとって稗原小学校3年目の春になりました。校長室の朝は、ウグイスとホトトギスの合唱から始まります。やがて下の昇降口に集まってきた子どもたちの賑やかな声に変わります。窓から顔を出す私を見上げ、笑顔で「おはようございます!」と手を振ってくれる子どもたち。何とも平和なひとときです。
  さて川崎市立稗原小学校は、宮前区の最西端、多摩丘陵の台地に昭和61年に開校しました。周辺は開発が進み閑静な住宅地になっていますが、今もなお山林や畑も多く豊かな自然に囲まれています。 校舎は小学校としては珍しい二階建て、中央には縦に長い吹き抜けとそのスペースを生かしたスロープがあり車椅子でも階の移動ができます。また、教室からそのまま出られる中庭(クラスコート)や、正門から校庭に抜ける校舎下のピロティーも子どもたちに人気の憩いのスペースとなっています。敷地は広く、校庭は直線で100mのコースが楽に取れ、子どもたちがのびのびと運動をしたり遊んだりすることができます。また校庭や校舎を囲むように「ふれあいの森」があり、200種類以上の樹木が緑豊かに育っています。これらの樹木の多くは、稗原小学校の開校以前にこの地に自生していたもので、伐採されてしまうのを惜しむ地域の方々が一時自宅に移植して栽培し、校舎建設後に再びこの地に植樹したものです。こうしたことからも分かるように、地域の方々の学校に対する愛情は深く、現在も様々な場面、様々な形で、子どもたちの教育活動や地域での活動にご理解とご支援をいただいております。 
  そんな稗原小学校で過ごせる幸せをかみしめながら、日々、明るく元気な子どもたちと過ごしております。これからも、保護者や地域方々とともに夢いっぱいな学校をめざして進んでまいります。                                            
 
2018年(平成30年) 春

                                            
 


バナースペース

川崎市立稗原小学校

〒216-0012
神奈川県川崎市宮前区水沢3-7-1

TEL 044-976-4557
FAX 044-976-6439