校長挨拶

川崎市立宮崎台小学校 学校長 佐藤 茂樹(さとう しげき)

 宮崎台小学校は、緑豊かな落ち着いた環境の中にあります。
 昭和41年に東急田園都市線が開通する前は、この辺りには花づくりをする家も多く、春には桃・レンギョー・桜・ユキヤナギ・ボケ・ツツジなど、四季の花が丘から山あいにかけて咲き誇り、人々の目を楽しませていたそうです。
 そして、本校は、昭和50年4月に富士見台小学校から分離し、川崎市立宮崎台小学校として開校しました。地域の方々は、開校に当たり「子どもたちを宮崎の緑の中で育てよう」と苗木を持ち寄り、1本1本ていねいに植樹してくださったそうです。現在は50種類をこえる学校の樹木ですが、校章になっている花桃を始め、立派な竹林も6本の孟宗から始まったのです。学校を囲む豊かな緑は、開校当時の地域の方々の思いをのせて、子どもたちを心豊かに優しく包んでいます。本校は、ずっと保護者や地域の方々の温かな愛情に包まれ、支えられながら40幾年の歴史を重ねてきました。
 私たち教職員も豊かな緑と愛情に満ちた環境の中で、保護者や地域の方々とともに子どもたちの豊かな育ちに向けて尽力してまいります。

平成31年度(令和元年度)学校教育目標
進んで学び合う態度を育む  ~ かしこく ~
自他を尊重する心情を育む  ~ やさしく ~
健康な身体を育む      ~ たくましく ~
豊かな感性を育む      ~ ひろく ~

学校経営方針(めざす学校像)
〇 確かな学力の育成する学校
〇 一人ひとりを大切にし、安全で安心な学校
〇 元気で心豊かな子どもを育成する学校
〇 地域に根ざし、地域に開かれた学校

 これからも本校の教育活動にご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

学校概要

学校名 川崎市立宮崎台小学校
所在地 〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎3-18-2
電話番号 044-855-2410
FAX番号 044-855-2190
創立 昭和50年4月1日
校長 佐藤 茂樹(さとう しげき)
児童数 809名 (R2年4月9日現在)


学校の誕生


 この地域で一番古い学校は宮崎小学校で明治6年に創立されました。そして、富士見台小学校からわかれ、昭和50年に宮崎台小学校が誕生しました。昭和50年頃の児童数は420人前後で昭和54年には820人前後、昭和57年には1280人となり、それから9年間は1000人以上の大規模な学校になりました。


校歌


校章について

 この地域は花桃の栽培地として有名であることから、優雅で気品にあふれた桃の花を基調にしています。
 校章旗の色は、新緑は誠実、健康を感じる色で、子どもたちが健康で情操豊か豊かに育ち、大きく開花することを期待して、考案されたものです。



ページのトップへ戻る