学校紹介

1.学び合う学校づくり

 ●子どもたちに学ぶ喜びを実感させる。
  o言語活動の充実をはかり、子どもたちが楽しく積極的に参加できる授業をめざす。
  o課題追究のための話し合いを重視し、総合力・判断力を育成する。
  o一人ひとりの学習状況を捉え、個に応じた個別支援学習を工夫・実践する。


 ●教職員自ら、共に学び合い高め合う。
  o協力指導体制の下、授業を積極的に公開し合い、授業力の向上をめざす。
  o日常的な研究・研修活動を充実させ校外研修にも積極的に参加する。
  o保護者や地域の方々の力を生かしてよりよい学びをつくる。


2.支え合う学校づくり

 ●子ども、教職員、保護者・地域が互いに信頼し合い、支え合う学校をめざす。
  o児童理解を深め、人権尊重教育・児童指導の充実を図る。
  o芸術やスポーツなど人材を活用し、様々な体験をさせることを通して、
   豊かで健全な心と体を育てる。(外部講師の活用)。
  o道徳教育の推進を図り、温かい心を育てる。

 ●子どもの可能性を信じ、主体的な活動をとり入れる(実行委員制)。
  o各種行事・集会活動において子どもの主体的な取り組みを奨励する。
  o教育相談の充実を図り児童理解を深める。
 

 ●集会活動や読書活動など体験的な活動を通して感動する心を育てる。
 o集会活動を中心に歌声の響く学校をめざし、音楽教育の充実を図る。
 o朝の読書タイムを生かし、読書活動の充実を図る。
 o地域・保護者のボランティアの方々の協力による体験活動の充実を図る
 


3.地域に開かれた学校づくり

 ●保護者・地域との交流を図り、連携を深める。
  o様々な機会や場を大切にし、保護者や地域の方々との交流を深める。

  o子どもや保護者が相談しやすい環境づくりに努める。

 ●学校評価を充実させるとともに、情報の配信を積極的に行う。
  o学校運営の向上をめざし、PDCAサイクルに則った学校評価のありかたを研究していく。
  o学校説明会や学校報告会を充実させ、教育活動に対する理解を深められるように努める。
  o学校だより、学年だよりなどを充実させる。
  o学校ホームページを通して、学校の情報発信を積極的に行う。


4.安全・安心な学校づくり
 ●体力の向上をめざした健康づくりを推進する。
  o体力の向上をめざし、運動する楽しさを味わうことのできる体育学習を推進する。

 ●防災・防犯対策の確立を図る。
  o地域ぐるみの安全・安心な学校づくりに取り組む。
  o安心して学び育つ場としての学校防災・防犯対策及び訓練の工夫をする。

 ●交通安全指導の徹底を図るとともに、施設・設備の安全点検を充実する。
  o交通安全の徹底を図る。
  o施設・設備の安全点検を強化し、問題点を速やかに改善する。

学校経営の基本方針

― 自分 友だち みやざき 大好き ―

学校教育目標

○豊かな人間関係の醸成(自分 友だち)
 ⇒あいさつ運動の継続的な取り組みと主体的な活動へ(相手意識と伝え合い)。
 ⇒子どもたちの心を耕し、豊かな人間性をはぐくむ(自分を作る)。
 ⇒子どもたち同士の温かい人間関係を醸成する。
 ⇒相手の思いを理解し、自分の思いを表現できる力をつける(共生・協同)。
 ⇒教職員も児童理解に努め、共に学び高め合う。

明るく:思いやりのある子ども
 
自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心や感動する
 心など、豊かな感性を育てる

かしこく:自主的な子ども
  自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、
 よりよく問題を解決する子どもを育てる。

元気よく:健康な子ども
  たくましく生きるための健康や体力を養う。

今年度の最重要課題

○学校環境の整備・地域とのつながり(みやざき)
 ⇒学習環境と学習習慣の確立(学校が好き)。
 ⇒教育環境の整備・美化に努める(ユニバーサル・デザインを考えて)。
 ⇒地域の教育力を生かす(わたしたちのまち川崎)。
 ⇒地域に愛され理解される学校づくりに努める(地域への愛着)。

(4つの柱で学校教育目標をめざす)