西野川小学校の歴史


  年度          出来事

1980年(昭和55年) ・西野川小学校ができる
 児童4年生まで、510人・13学級
・校章、校旗ができる
・プール、花壇、池などができる
・校歌ができる
・開校記念式典を行う

1981年(昭和56年) ・さつきで「にしの川」の樹文字をつくる
1982年(昭和57年) ・流れる池ができる
・飼育小屋ができる
・第1回卒業式を行う

1983年(昭和58年) ・米飯給食がはじまる
・防球ネットができる
・仮性近視予防標識が取り付けられる
1984年(昭和59年) ・よい歯の学校コンクールで表彰される
1985年(昭和60年) ・全国なわとびがはじまる
・この年から4年生が学芸会に出場することになる
1986年(昭和61年) ・この年から運動会が春に、学芸会が秋になる
1987年(昭和62年) ・展覧会に老人いこいの家より作品がよせられる
1988年(昭和63年) ・校庭が整地され新しい砂場や藤棚ができる
・西野川まつりが行われる
1989年(平成元年) ・10周年記念のおいわいをする
 児童数437人・14学級
1990年(平成2年) ・ウサギ小屋、小鳥小屋ができる
・ホタル鑑賞会が始まる
・にしのが和の輪フェスティバルを行う
1991年(平成3年) ・二学年活動がはじまる
1992年(平成4年) ・体育館のどん帳を新しくする
・オーストラリアのアルビニオンパブリック
 スクールと姉妹校になる
・西野川ふれあい運動会が始まる
・第2土曜日のみ休業日となる
1993年(平成5年) ・学芸会が学習発表会になり、内容が変わる
1994年(平成6年) ・地域清掃がはじまる
・全校遠足からにしのがワールドになる
1995年(平成7年) ・第2土曜日と第4土曜日が休業日となる
・学習発表会が低学年と高学年の2部制となる
・卒業制作としてトイレの壁画ができる
1996年(平成8年) ・3色での運動会がはじまる
・職員がオーストラリアの姉妹校に行き、交流する

・ウーロンゴン市から州教育委員会のジャネット・
 ウォーレン氏が来校し、ウェルカム集会を行う
1997年(平成9年) ・川アFM放送で西野川小学校の様子が放送される
・おやじの会ができる
・3色での運動会が始まる
1998年(平成10年) ・スクールカウンセラー室ができる
・子ども会議を行う
1999年(平成11年) ・児童の司会で運動会を行う
・20周年記念のおいわいをする
 児童数337人・14学級

・コンピューターが入り、パソコン室ができる
2001年(平成13年) ・学習フェスティバルがはじまる
・西野川どんど焼きが再開される
2002年(平成14年) ・うさぎ小屋を移動する
・自然の坂道が完成する
・完全学校週5日制が始まる
2004年(平成16年) ・水田が完成する
2005年(平成17年) ・ウッドデッキがつくられる
・自然の坂道の散策路がひろがる
・理数大好き事業の協力校になる(〜19年まで)
2006年(平成18年) ・2期制が始まる
2007年(平成19年) ・西野川ふれあい運動会がふれあい西野川に変わる
2008年(平成20年) ・キャリア教育実践事業の指定校となる
・心のかけはし相談員が配置される
・パソコンルームが移動し40台のパソコンが
 導入する
2009年(平成21年) ・各教室にエアコンが設置される
・30周年記念のおいわいをする
 児童数464人・18学級
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年) ・授業力向上 研究校指定を受ける
2013年(平成25年) ・トイレの改修工事を行う
・保健室と、わくわくプラザの移動工事実施
2014年(平成26年) ・校庭遊具の塗装
2015年(平成27年) ・パソコン室 新型パソコンに交換
・タブレットPCの導入
・体育館の壁面補修・塗装
・備蓄倉庫設置
2016年(平成28年) ・体育館に予備電源設置
2017年(平成29年)