学校教育目標

明るく元気な子ども
・心身をきたえ、問題をすすんで解決するようにします (元気)

仲良く助け合う子ども
・互いに認め合い、よりよくかかわれるようにします (思いやり)

よく考え工夫する子ども
・知的好奇心をもって、学びを深めていくようにします (やる気)

最後までやりぬく子ども
・あきらめないで最後までやり抜くようにします (根気)

 学校経営目標


1.学びを楽しむ学校

学力の向上に努める

・子どもたちが「できる、分かる、助け合う」学習活動を展開する。
・校内研究の活性化を図り、教職員同士互いに学び合い授業力向上に努める。

・校内研修会等を通じ、授業力向上及び児童指導力の向上を図る。


学習指導要領に即した、特色ある教育課程の実施

・体験活動、読書活動を積極的に位置づけ、特色ある教育活動の実施をする。
・評価基準や評価方法の共有を図り、指導と評価の一体化に努める。



○児童の自己有用感を育む

・自信をもって自主的に活躍できる機会を大切にして、自尊感情を高める。。
・一人一人の考えや意見を大切にして学習を進め、学習の中で自己存在感をもてるようにすることで
 学習への参加意欲を高める。



○個別支援の充実を図る

・交流級と支援級の担任や学年との密な連絡、相談により、豊かな交流を目指す。
・児童の教育的ニーズに応じて組織的な支援に取り組む。


2.豊かな心でふれ合う学校

〇児童指導の充実

・子どもの人権を大切にした児童指導を行う。
・学校生活全般で、他者を思いやる心と自分を大切にする心を育成する。
・よりよい学級・学年風土の形成を図る。
・共生教育プログラムを計画的に実施する。


〇児童の自立活動の育成

・児童の主体的な集団活動を推奨し、個の向上とよりよい人とのかかわりを育む。

〇教育相談の充実

・児童や保護者からの相談には適時誠実に対応し、諸問題の早期発見、
 早期対応に努める。


3.健康で居心地のよい学校

○児童の安全確保

・防災・防犯マニュアルに沿い、自分の命を分で守るという観点に立った、災害に備えた避難訓練を実施する。
・整理整頓に心がけ、安全な環境に配慮する。
・長期休業開けを中心に投稿指導を行い、全職員で交通安全や防犯に努める。

緊急時の配信メールの活用を行い、児童の安全確保に努める。

○体力の育成

・教科の中での確かな力の育成と共に、安全への細心の配慮を行い、児童自身が安全に関する認識と意識を高めるように指導する。
・キラキラタイムの計画的な実施による、継続的な体力の育成を図る。

・給食や食育、歯科指導を通して、健康への意識高揚を図る。

○学級活動の充実

・勤労奉仕活動を含めた、当番活動や係活動の目的を明確にし、役割意識を高め、進んで働くよさを実感できるようにする。。
・話し合いの手順を理解し、自己解決や自己決定、協力、協働の気持ちや実践力を育む。



4.共に歩み、つながり合う学校

○情報発信を積極的に行う

児童の活躍や成長を意識して発信し、学校便り・学年便り・学級便りの内容の充実に努める。
・学校公開・懇談会・説明会・報告会等の機会を大切にして、児童を中心として情報の共有を行う。
・学校ホームページの更新に努める。


○元気の出る学校評価の充実を図る

・学校教育目標、方針の共通理解を図る
・前期・後期の二度の自己評価を行い、速やかに改善を図る。
・全学年の児童、保護者からの評価をもとに、教職員で学校評価分析に取り組み、意識化を図り、その結果を公表する。


○地域の教育力を生かす

・おやじの会、一葉会、地域教育会議などの組織と協力して子どもを育て、見守る。
・教育ボランティアの充実を図る。