特別警報・暴風警報・暴風雪警報発令時等における臨時休業(休校)などについての確認
川崎市教育委員会が児童の安全確保のために規定しているものに基づいた本校の対応をお知らせします。

1.神奈川県内(神奈川県東部地方、神奈川県西部地方、または神奈川県全域のいずれでも)「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」が午前6時の時点で発令された場合、あるいは発令が継続されていた場合は、児童の安全確保のため、当日一日を臨時休業(休校)とします。

2.「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」以外の警報(「大雪警報」「大雨警報」等)が発令された場合などについては、これまで通り、その状況に応じて学校として判断をし、保護者の皆様に配信メール等でご連絡いたします。

3.児童の登校後「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」が発令された場合については、授業時間を繰り上げ、安全なうちに児童を下校させます。ただし、下校する時間が暴風の襲来などと重なる恐れがある時などは、児童を学校で待機させるなどの安全措置を講じることがあります。また「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」以外の警報が出た場合,授業時間を繰り上げるか(途中で下校させるか)どうかについては、その都度学校が判断します。いずれの場合も授業時間を繰り上げることになったときは配信メール等でお知らせします。

4.その日一日を臨時休業(休校)と決定した場合、天候が回復しても途中から登校させることはいたしません。