川崎市立子母口小学校へようこそ

笑顔の花咲く子母口小学校

子母口の町は、約7000年前から人の住む場所でした。周辺には市内唯一の前方後円墳である神庭古墳や富士見台古墳があり、歴史ある町です。本校は昭和40年に開校し、開校当初424名の児童でスタートしました。昭和52・53年度には、1435名の児童で市内最大となりました。現在も1000名を超える児童が学んでいます。平成27年に東橘中学校との合築校舎が完成し、同じ校舎で小学生と中学生が学んでいます。屋上からは目の前の橘公園、その向こうには神庭公園の丘。今も多くの自然が残っている地域にある子母口小学校です。

更新情報

  • 2020-09-16 子母口日記を更新しました。
  • 2020-09-16 ホームページをリニューアルしました。

所在地・連絡先

川崎市立子母口小学校(かわさきしりつ しぼくちしょうがっこう)

〒213-0023  川崎市高津区子母口730
電話:044-777-0842
FAX:044-799-9302

ページのトップへ戻る