新城小学校におけるインターネット利用のガイドライン


(趣旨)

1 このガイドラインは、川崎市立新城小学校におけるインターネットの利用に関して必要な事項を定めるものである。

(目的)

2 インターネットを利用するにあたっては、児童生徒及び関係者の個人情報の保護に努め、情報教育、国際理解教育、総合的な学習等の推進及び児童生徒の情報活用能力、インターネットリテラシーの育成に寄与するよう努めるものとする。

(利用機能)

3 外部サーバを経由してのインターネットでの利用機能

(利用形態)

4 インターネットの主な利用形態は、次に定めるところによる。

(機密の保護、児童生徒及び教職員等の個人情報)

5 ネットワークの利用は、端末が設置されている場所で利用者自身が行うものとし、その機密保護に努めなければならない。ネットワーク上における個人情報の発信は、内部サーバの運用によるイントラネット内で行うことを原則とする。

(著作権)

6 著作物をインターネットで発信する場合、著作者の許諾を得てから行うものとし、児童生徒が作成した情報を発信する場合も本人及び保護者の同意を前提としながら発信するものとする。また、インターネットで収集した情報については、著作権法等及び関連法規を遵守し、適正な利用を行う。

(職員の研修)

7 校長は、職員に対し、次に定めるインターネットリテラシーの研修等を実施し、インターネットの適正な利用のために努めるものとする。

(教師による指導の徹底)

8 児童生徒がインターネットを利用する場合は、必ず教師の指導のもとで行うものとし、利用にあたっては、事前に教師による次に掲げる指導を行うものとする。

(インターネット取扱い担当者)

9 校長は、インターネットの利用の適正を図るために、校内に情報教育学校担当者を置くものとする。

(個人情報の管理とセキュリティー)

10 校長は、児童生徒及び関係者の個人情報の保護、管理及びセキュリティーに努めるものとする。

(川崎市教育情報ネットワークの取り決めの遵守)

11 川崎市教育情報ネットワーク(インターネット利用も含まれる)を利用するにあたっては、川崎市教育情報ネットワークの運用規程、実施要項を遵守しなければならない。

(守秘義務)

12 職員は、個人でホームページを開設した場合においても、公務員法第34条に規定する守秘義務を遵守するとともに、学校教育で得た個人に関する情報をみだりに発信し、又は受信してはならない。

付 則

(施行期日)

1 このガイドラインは、平成20年4月1日から施行する。

※「川崎市教育情報ネットワーク学校(園)におけるインターネット利用のガイドライン」より作成