平成30年7月

川崎市制記念日に寄せて

 

写真は、川崎市の職員に配付されたストラップです。「パパパパパパ」といっぱい書いてあります。これをつけ始めたときに、職員に子どもたちからたくさんの質問がありました。

「『パ』ってなんですか。」「なんだと思いますか。」「パン」「パンダ」「パイナップル」「パラダイス!」

あまりにたくさんの質問があったので、朝会で教頭先生からお話をしていただきました。

「これは、『かわさきパラムーブメント』の『パ』です。『パラ』というのは、『ちがいを大切にする』とか『一人一人のよさを大切にする』という意味があると思います。そして、『ムーブメント』は、『動く』『行動する』という意味です。一人一人のよさを生かして、川崎市がよりよくなるようにみんなで行動しようというのが、このストラップの意味です。そして、川崎市は2020年の東京オリンピックのとき、特にパラリンピックを応援しようと考えているのだそうです。これから町の中や駅でこのマークを見つけることがあるかもしれません。川崎市がみんなにやさしいまちになろうとしているマークだと覚えておいてください。」

6月最後の朝会では、「7月1日は2024年に市制100周年を迎える川崎市の『お誕生日』」であることを話しました。子どもたちが入学式や卒業式で歌う川崎市歌は、歌詞が変わってきています。私が川崎市の教員になったとき、1番の「希望満つる朝風」は、「響き渡るサイレン」だったと話すと、子どもたちは消防車のサイレンを想像したようです。多くの工場の始業や終業を知らせるサイレンが川崎市の象徴でした。30数年の間に、街並みも大きくかわってきました。


 子どもたちが大人になるころには、川崎市はどのようなまちになっているのでしょうか。川崎市歌の歌詞は、変わるのでしょうか。川崎市が進めるキャリア在り方生き方教育の視点の一つ「わたしたちのまち 川崎」に示されている「ふるさと川崎への興味・関心や理解が深まることにより、自分の郷土である川崎を愛する心を育むこと」をめざしていきたいと思います。

校長室前の川崎市クイズ






平成30年5月

運動会

〜自分の決めためあてに向かって頑張る一日〜

 2020年、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、金・銀・銅メダルの準備が進められています。使わなくなった携帯電話等の小型家電を集めてメダルの原料にするのだそうです。「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」という取組で、テレビ等でも報道されています。私も使わなくなった携帯電話を提供したいと思っています。自分が使っていたものが、メダルになると思うと楽しみです。

 さて、5月26日には、上丸子小学校でも大きなイベント、運動会があります。朝会で子どもたちに、係を頑張ることでも、大きな声で応援することでも、リレーで一番になることでも、ダンスを力いっぱい踊ることでも、何でもよいから、運動会を「自分の決めためあてに向かって頑張る一日」にして欲しいと話しました。自分で決めたことができると自信がつきます。その自信をたくさん積み重ねていくことは、将来の大きな目標を実現することにつながります。一人一人にとっての金メダルにつながるということです。

 子どもたちは、各クラスでめあてについて考え、話し合いました。

 6年生は最後の運動会です。「仲間とコミュニケーションをとり、全力で助け合いながら競技する」「1年生や低学年の手本となる」「全力走では6位とかになってもがんばったと言えるように、たくさん練習して楽しかったと思って終われるようにしたい」「騎馬戦では、勝ち負けだけでなく負けても真剣に仲間の戦いを見たい」等最後の運動会にかける思いが伝わってきました。

 

 さて、運動会当日は、天候に恵まれ(あまり暑くならず)、無事に運動会を終えることができました。子どもたちは、自分のめあてに向かって全力で取り組みました。それぞれの演技・競技で練習の成果を発揮することができました。応援も素晴らしかったです。どの組も本当に一生懸命で、全力で、一体感がありました。

前日準備、当日の後片付けでは、たくさんの保護者の皆様、父懇会の皆様、PTA役員の皆様にお手伝いただきました。本当にありがとうございました。


















平成30年5月

自分の安全は自分で守る

 

5月になりました。1年生も、しっかりした足取りで登校してくるようになりました。学校生活に慣れてきた様子がうかがえます。

 

私も上丸子小学校に通うようになって1か月が立ちました。4月1日以来、上丸子小学校の周りの交通量の多さから子どもたちを守ることを考えています。毎日子どもたちが無事に学校に来られるように、そして無事に帰れるようにと、とても心配です。子どもたちの登下校については、地域や保護者のみなさんにもご協力いただき、見守っていただいているところですが、何より子どもたち自身に「自分の安全は自分で守る」という意識を高めていくことが大切だと考えています。

 朝会では、繰り返し信号の渡り方、道路の歩き方を話しています。信号を待っているときは、信号をしっかり見ること。青になったらよそ見をしたり、おしゃべりをしたりしないで、集中して歩くこと、途中で青信号が点滅したら、急いで渡ること。そして、渡る前に信号が点滅したら、渡らずに次を待つこと。

 子どもたちはよく理解し、一人のときは緊張感をもって実行していると思うのですが、何人かで一緒になると少し気が緩んでしまうのでしょうか、「危ない」と感じる場面もあります。待っているときに、手提げやかさを振り回したり、後ろを向いておしゃべりしたりしている子を見て慌てて声をかけることがあります。

子どもたちが自分で信号を見ていないなと感じることもあります。私がそばにいると「青だよ。渡ろう」と声をかけるまで、動かないときがあるからです。また、周りの子につられて動き出すこともあり、「まだ赤だよ」と慌てて制することもあります。

横断歩道を渡るのは子どもたちだけではありません。スマホを見ながら走っていて子どもたちに気付かない自転車、赤信号なのに横断歩道を走り抜けて行く大人、大人のマナーの悪さに子どもたちが巻き込まれるのではないかとひやひやすることもあります。

「交通ルールを守ること」が大切なのですが、その根幹には「自分の安全は自分で守る力」が必要です。そのためには、日常のあらゆる場面で「状況から適切な判断ができる力」を積み重ねていくことが大切だと考えます。

自分で考える習慣をつけるには、身近な大人の働きかけが重要です。子どもたちが自分で考え判断できるように、指導の方法を工夫しながら取り組んでいきたいと思います。    


いつもしっかり話が聞けます。

平成30年4月 

川崎市立上丸子小学校 校長 中西 憲子

 

4月5日、164名の1年生が入学してきました。入学式で次のようなお話をしました。

「あ・い・う」のお約束

1年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
 私は、今、司会の先生から紹介していただいた 校長先生の中西 憲子といいます。よろしくお願いします。 
 今日は、上丸子小学校にみなさんが入学するおめでたい日ということで、みなさんを応援したり、助けたりしてくださる地域の方々がたくさんお客様として来てくださっています。ありがとうございます。1年生のみなさんからも、大きな声で「ありがとうございます」とお礼を言いましょう。校長先生が「せえの。」と言うので、1年生のみなさんも「ありがとうございます。」と言ってくださいね。それでは、

「せえの。」「ありがとうございます。」

とってもしっかりお礼が言えましたね。これで立派な上丸子小学校の1年生です。

  さあ、今日からこの上丸子小学校がみなさんの学校です。楽しく、元気に過ごしてほしいなと思います。そのために、大切なお約束をしておきたいので、みなさんよく覚えてください。「あ・い・う」のお約束です。 

まず、「あ」は、あいさつ。
 しっかりあいさつができると気持ちがいいです。「おはようございます」「ありがとう」「さようなら」、あいさつがきちんとできるとたくさんの人とすぐお友達になれます。みなさんはさっき、しっかり「ありがとうございます」が言えましたね。

つぎに、「い」は「いい返事」。
 「はい。」とはっきりした返事をすると、「よし、がんばろう。」という気持ちになりますよ。

そして、「う」は運動。
 校庭でいっぱい運動してください。同じ1年生のお友達だけでなく、入学式に出席している6年生のお兄さん、お姉さん、ここにはいませんが、2年生から5年生までのお兄さん、お姉さんもたくさんいます。大勢でいっぱい遊んでください。

「あ」「い」「う」の次は何という文字でしょう。そうですね。「え」と「お」です。「え」と「お」もお約束があるんです。これはね、今日おうちに帰ったら、おうちの人と考えてみてください。そして、見つけた人は、校長先生に教えてください。楽しみに待っていますね。

「あいう」のお約束、校長先生もしっかり守っていこうと思います。みなさんも、おうちでも学校でもできるように、頑張ってほしいです。

  翌日早速校門で、「昨日お母さんと考えたよ。」「『え』は、『えがお』だよ。」と伝えてくれた子や、教室で担任の先生に「『お』は『おともだちをたいせつに』。」と話してくれた子がいました。その後も、「『お』は『おはようございます』でもいいよね。」とか、「『か』もありますか。『か』は『かみまるこ』が入ると思う。」「『き』は『きれいにごはんを食べる』かな。」・・・など次々にすてきな言葉を見つけてくれました。どれも大正解です。聞いたことから自分の生活を見つめて、考えるその姿がすばらしいです。

  入学して数日ですが、1年生は「あ」のお約束を特にがんばっています。門で会っても廊下で会っても、元気なあいさつをしています。

毎日ぐんぐん成長していく1年生、楽しみです。