災害時の対応について

1.「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」発表時等における臨時休業について

川崎市では「特別警報」(各警報の基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に発表される警報)及び「暴風警報」・「暴風雪警報」が発表されたときの児童生徒の安全確保についての対応につきましては、以前よりお知らせしております。内容は、次の通りです。

(1)神奈川県の全域、または県内の一部(川崎市に限りません)に「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」のいずれかが午前6時の時点で発表された場合、あるいは発表が継続されていた場合は、児童の安全確保のため、当日一日を臨時休業とします。

(2)「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」以外の警報(「大雪警報」「大雨警報」等)が午前6時の時点で発表された場合、あるいは発表が継続されていた場合などについては、これまで通り、その状況に応じて学校として判断を行い、保護者の皆様にご連絡いたします。

(3)児童の登校後に「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」が発表された場合については、授業時間を繰り上げ、安全なうちに児童を下校させます。ただし、下校する時間が台風等の襲来などと重なるおそれのある時は、児童を学校で待機させるなどの安全措置を講ずることがあります。また、「特別警報」及び「暴風警報」・「暴風雪警報」以外の警報が出た場合、学習途中で下校させるかどうかについては、その都度学校が判断いたします。
いずれの場合も、授業を繰りあげ、学習途中で下校させるようなときは、連絡網やメール配信等でお知らせいたします。

(4)その日一日を臨時休業と決定した場合、途中で天候が回復しても登校時刻を繰り下げて授業を実施することはいたしません。

※臨時休業となった場合は、わくわくプラザも閉室となります。

※テレビやラジオ、インターネット等で最新の気象情報を確認してください。

2.地震発生時の児童の安全確保について

 平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災を受けて、川崎市立学校における地震発生時の臨時休業と児童の下校措置については次の通りとなっています。

(1)臨時休業
川崎市内のいずれかの地域(○○区とは限りません)に、震度5 強以上の地震が発生した場合は、すべての川崎市立学校において、発生した日の翌日を一斉に臨時休業にいたします。もし、発生時刻が始業時刻前の場合は、発生した当日についても臨時休業にいたします。(登校時間帯に重なり、登校してしまったお子さんについては学校でお預かりします。)また、発生した日が休日、休前日(たとえば金曜日)の場合は、休日明けの平日を臨時休業にいたします。また、休日明けの平日が課業日でないとき(夏季休業中や振替休日など)は、児童の学校での活動をすべて中止といたします。
なお、施設設備や地域における被災状況を踏まえて、児童の安全確保を図るため校長の判断で引き続き臨時休業や登校時刻を変更する場合があります。

(2)児童の下校
授業など学校での教育活動中に、川崎市内のいずれかの地域(○○区とは限りません)に、震度5 強以上の地震が発生した場合は、川崎市立小学校、特別支援学校においては、すべての児童を学校に留め置き、保護者に直接引き渡すことが原則になります。

3.雷発生時の児童の安全確保について

 以前、下校時間帯に雷が発生し、下校時刻が大幅に遅れたことがありました。児童の安全確保のため、雷発生時には次のように対応します。

  1. 井田小学校付近に雷が発生している場合は、雷雲が去るまで下校を見合わせます。その際は、メール配信により、下校時刻が遅くなることをお知らせします。

  1. お迎えに来られた場合は、引き渡しをします。引き渡しをするのは、責任をもてる大人の方に限ります。地震発生時とは状況が異なるため、引き取り者となっていない方でも、身元の確かな方には引き渡しをします。

  1. わくわくプラザに行くお子さんは、本校の敷地内であるため、雷が激しくない状況であれば、わくわくプラザに連れて行きます。それ以外のお子さんは全て、教室で待つか引き渡しとなります。

雷雲が去ったら、教職員が学区内に立ち、安全を確認しながら下校となります。