木月小学校の紹介

平成29年度学校運営方針

 学習指導要領の総則に、学校の教育活動を進めるにあたっては、各校において児童に生きる力をはぐくむことをめざし、創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開する中で、「基礎的・基本的な知識及び技能の習得」「思考力・判断力・表現力その他の能力の育成」「主体的に学習に取り組む態度の育成」「個性を生かす教育の充実」に努めなければならないと示されています。さらに、道徳教育や体育・健康に関する指導は、児童の発達段階を考慮して、学校教育活動全体を通じて適切に行うものとしています。

本校の教育は「学習指導要領の基本方針」と「かわさき教育プラン」の基本理念・基本目標を受け、豊かな心と確かな学力を高めるために、「生命の尊さや価値を知り、互いの存在を尊重できる心豊かな子どもの育成」「わかる・できる・楽しい授業」「個に応じた指導の充実」「家庭や地域、幼・保・中及び慶應義塾大学との連携」「学校評価による教育計画の推進と改善」を図りながら、児童の発達段階と時代の変化に対応した教育活動を行い、特色ある教育を実現することとします。

学校教育目標

〔1〕進んで学習し、真面目に働く子「自ら学び、考え、行動する子」

〔2〕お互いに認め合い、協力して行動できる子「力を合わせ、助け合う子」

〔3〕健康で明るく、善悪の判断力のある子 「心も体もすこやかな子」 

木月夢教育2017

-木月小の子どもたちの夢をはぐくむ教育をめざして-

☆心豊かな子ども
○生命の尊さや価値を知り、お互いの存在を尊重できる心豊かな子どもを育てる。
 ・人権尊重教育の推進:いじめ・不登校・暴力(含:言葉)を生まない教育の推進
 ・「信頼と共感」を大切にした人間関係づくり
  :協調性や相手を認め共に生きる力の育成感謝の気持ちの育成、思いやりの心と感動する心の育成
 ・「心の居場所」「安心して生活できる場」としての学年・学級・学校づくり
 ・けじめとメリハリのある生活の定着

☆確かな学力の育成
○わかる・できる・楽しい授業、個に応じた指導の充実を図る。
 ・基礎的・基本的な知識及び技能の習得、活用を図る学習活動の重視
  :学習の道筋(指導内容と評価計画)、活動内容の充実、体験活動や学習の場の工夫、教材・教具、
   資料等教育環境の整備・充実、教育環境の整備・充実、実技研修の実施
 ・全教育活動において、聞いて→考えて→表現することを意識させる。
  :聞く力・思考力・表現力の向上
 ・キャリア在り方生き方教育の推進

☆家庭や地域と共に歩む特色ある学校づくり
○子どもを家庭・地域社会とともに育成する
 ・保護者・地域との連携、慶応義塾大学との連携、幼・保・中との連携、関係諸機関との連携
 ・家庭学習の習慣をつける。
○学校評価システムの確立と学校改善
 ・教職員、保護者、地域の方々による学校評価、授業評価、行事評価の実施

◎今年度の重点項目
(1)心が通い合うぬくもりのある学校
 ① いのち・こころを大切にし、人権尊重を基盤とした児童理解に努めます。
 ② 基本的な生活習慣、行動様式の定着を図ります。

(2)実感をともなって学ぶ学校
 ① 基礎的・基本的な知識及び技能の習得、活用を図る学習活動を進めます。
 ② 五感を生かした体験的な学習により、身をもって実感できる学習に努めます。

(3)子どもとともに築く学校
 ① 学校生活の中で子ども一人ひとりの活躍の場を作ります。
  ・学級、学年、学校行事、委員会活動、クラブ活動など。
 ② 協力し合い認め合う、心が通い合う学級づくりに努めます。

(4)家庭・地域とともに歩む学校
 ① 家庭・地域に学校の教育方針を説明し、活動の様子を伝えます。  
  ・学校・学級だより、ホームページの充実と更新  
 ② 学校評価によって、学校・保護者・地域とともに木月の教育を推進します。

(5)校内研究・研修の充実した学校  
 ① キャリア在り方生き方教育の推進に努めます。  
  ・『自分をつくる子ども』をテーマに地域の人々と関わり合うことを通して学習を進める。  
 ② 研究授業による公開を積極的に行い、教師の授業力を高めます。。

(6)明るく健康的な学校  
 ① 体育学習や休み時間を工夫することにより、健康的な心と体を育てます。  
 ② 健康・安全指導を計画的に行い指導に努めます。