苅宿小学校イメージ
  2018年6月
                          
 子どもたちの歓声と感動

校長 石川 奈緒美

開催予定日から一日延期して行われた運動会。まるで秋の空と見紛うほどの澄み渡った青空のもと、子どもたちの歓声が響き渡りました。応援のやり方やダンスなどの隊形移動を忘れてしまわないか、さらにそれまでに高まった気持ちが持続できているかなどの心配もありましたが、子どもたちは家族や地域の方の声援を受けて思いっきり力を出していました。今年は、白組が応援賞、優勝は赤組でした。白組団長が応援賞カップを笑顔で受け取り、赤組団長が重い優勝旗を堂々と掲げていました。赤と白のそれぞれの団長の姿は、子どもたち全員の姿そのものだったと思います。最後の「児童代表のことば」では、代表児童が素直に勝てなかったことへの悔し涙を流していました。その様子に、会場にいた大人たちはぐっと胸が熱くなる大きな感動を覚えました。当日は大きなけがもなく、思い出深い運動会になったのではないかと思います。PTAの方たちにも準備や後片付けなどで多大なご協力をいただきました。ありがとうございました。

さて、今回の延期のお知らせについては、ご家庭へのメール配信で第一報を流しました。それまで未登録だった家庭にも協力していただき、ほとんどの家庭には金曜日の午前中に連絡することができました。これからも、不測の事態でのメール配信を行うことがあると思いますので、携帯の機種変更などでアドレス変更をされた場合は早めに再登録をお願いします。

528()に、2年生が本校プール学習開始前のヤゴ捕りを行いました。蒸し暑い日だったので、子どもたちは水に入って大喜び。ただし、ほとんどの子がヤゴを自分で採った体験がなく、水面近くを網で左右に振る子ばかりでなかなか採れません。採れるのはアメンボばかり。一緒に参加していたコミュニティの福地会長が「底の方に潜んでいるから掬ってごらん。」とアドバイスすると、まだ半透明の小さなヤゴが何匹も採れました。川崎の町の中でも、工夫するとまだまだ自然の体験活動ができます。これから、1年生は遠足で夢見ケ崎動物公園に行き、2年生は葛西臨海水族館に行く予定です。もちろん、どちらにも子どもたちの味方の福地さんが随行します。自然に接して大いに楽しみながら、生き物をかわいがったり命を大切にしたりできる子に育ってほしいと願っています。  さて、捕ったヤゴは教室で飼うことになります。トンボになる日を想い描きながら…。子どもたちの歓声を心待ちにしているところです。

もどる

連絡先
苅宿小学校
〒211−0022 川崎市中原区苅宿25−1
電話番号:044−422−4409 FAX:044−411−9519

川崎市小学校におけるネットワーク利用のガイドライン

当ホームページで使われている画像・文章等を無断で複製・使用することをかたく禁止します。
また、当サイトはリンクフリーではありません。
このホームページにリンクを張る場合は管理人にご連絡ください。

copyright2008 Kariyado Primary School all right reserved