Shimogawara Elementary School

中学年  3・4年生の学習の様子をお知らせします。
2020年3月5日(木)
最後の学年集会

 急に4年生が終わることに子ども達もおどろいていました。3月3日最後の学年集会を行いました。まだまだ、寒い中でしたが校庭でナンバードッジボールと宇宙人おにごっこをしました。最後にみんなで思い出が作れて良かったです。
 4月から高学年の仲間入りです。友だちと協力して、よりよい下河原小学校にしていってほしいと思います。

2020年2月14日(金)
ストリートダンス発表会

 1月末にストリートダンス発表会がありました。プロの講師の方々に教えていただきながら、子ども達は毎回の練習に集中して取り組みました。
 3年生は、昨年度までの取り組み方と変わり、「どのように表現したいか」「どんな思いをもって取り組むか」を考えました。「笑顔で踊りたい」「全力で表現したい」など、思いをもって取り組み、頑張っている様子が印象的でした。また、与えられたテーマについて自分たちで振りも考えました。
 発表会本番では、4年生と一緒に自分のめあてを意識しながら取り組んでいました。自分で振りを考えるところでは、一人ひとりが一生懸命踊り、表現することができました。このストリートダンス発表会で得た経験をこれからの生活にいかしてほしいと思っています。

2019年12月13日(金)
横浜見学

 社会科「わたしたちの県とまちづくり」の中で、横浜市について学習しました。学習のまとめとして、電車を乗り継いで横浜見学に行きました。ランドマークタワーから街を見下ろすと、海を行き交う船や高速道路を走るたくさんの車が見えました。横浜港から、たくさんの物や人が外国へ運ばれるとともに、外国から日本へ入ってきていることが分かりました。
 街を歩くと、歴史を感じさせる赤レンガ造りの建物や道がありました。横浜市は、歴史的なものを観光材料として利用しているまちであることが分かりました。また、工事中の所も多く、進化し続けている新しいまちであることも分かりました。
 自分の足で歩き、自分の目で確かめることで、より学習が深まったように感じます。

2019年11月8日(金)
見つけた 下河原のたからもの

 前期末、初めての総合の学習で、下河原のまちにあるたからものを調べて発表しました。下河原のまちにしかない、素敵なたからものを考え、インタビューをして詳しく調べ、地域の良さについて理解を深めました。
 創立60周年記念式典では、調べたたからものについて、思いが伝わるように呼びかけを頑張りました。最後の「見つけよう 大切なもの」の歌では、参観された方々に感謝の気持ちが伝わるように、きれいな歌声を意識して歌いました。

2019年10月11日(金)
浄水場・プラネタリウム見学(4年)

 9月11日に浄水場・プラネタリウム見学に行ってきました。浄水場では、私たちの元に安全な水が安定して届けられる仕組みについて、実際に見て学ぶことができました。プラネタリウム見学では、下河原小学校で見える星が映し出されると歓声が上がりました。
 前期も終わり、4年生も折り返しの時期です。5年生に向けて、学習も生活もさらに充実していけるように励んでいきたいと思います。

2019年7月24日(水)
下河原スマイルプロジェクト(4年)

 4年生は総合の「下河原スマイルプロジェクト」という学習で防災や福祉について勉強しています。学校やお家の防災について、みんなで調べて対策について話し合いました。
 福祉の学習では、盲導犬体験をしたり、ひらまの里のみなさんと交流会をしたりしました。実際に盲導犬と生活している方の貴重なお話を子どもたちは真剣な表情で聞いていました。また、たくさんの質問にも答えていただきました。ひらまの里では、一緒にゲームを楽しんだり、紙芝居やリコーダーの発表をしてきました。
 夏休み明けにも、浄水場見学や出前ゴミスクールなど活動がたくさんあるので、1つ1つ大切に子どもたちと学んでいきたいと思います。

2019年6月14日(金)
頑張った運動会(3年)

 5月25日、3年生の子どもたちは中学年として取り組む、初めての運動会でした。力いっぱい踊ったソーラン節、走る距離が伸びた全力走、4年生と協力した団体競技。どの種目も一生懸命取り組み、あきらめないことや力を出しきることの良さなどを学ぶことができました。また、練習からみんなをリードしてくれる4年生の姿を見て、来年自分たちも頑張ろうという思いが見られました。
 これから、市内めぐりやレインボー班活動などの様々な活動がありますが、運動会で学んだことをいかしていってほしいと思います。

2019年4月5日(金)
ただいま準備中です。しばらくお待ちください。