校長室から

川崎市立小倉小学校 校長 赤松理

 
 本年4月1日に小倉小学校校長を拝命しました 赤松 理 です。
 着任してまず目についたのが、何人かの職員が着用しているポロシャツです。運動会の折におそろいで作るあのポロシャツです。シャツの背中に書いてある言葉が印象的でした。

『小倉プライド』

 前任の佐川校長先生が提唱した言葉のようです。「小倉プライド」とはどんなことを指すのでしょうか。
 調べてみますと、「小倉小学校の伝統や良さを理解し、小倉小の児童であること、小倉小の卒業生であることを誇りに思うこと」さらに地域に対しても「小倉の地域の伝統や良さを理解し、小倉地域に住む者として、小倉地区の出身者としての誇りをもつ」ということのようです。
 「小倉プライド」の具現化として、私たち教師ができる最も身近なアプローチは「小倉小の伝統や良さを理解し、小倉小の児童であることを誇りに思うこと」ができるような授業をするということになるわけですが、「小倉小の良さ」を理解するだけでなく、小倉小の良さを自分たちが作るんだという、伝統を上書き更新していくエネルギーを醸成していくことも大事です。
 良さを知り、良さを活かし、良さを作り出す。これは本校の研究テーマでもあるESD(持続可能な開発のための教育)に通じると考えています。

 





ページのトップへ戻る