校内研究

小倉小学校では、今年度二つの取り組みをしています。エネルギー教育モデル校としての実践と、小中連携研究推進校(外国語科)としての実践です。
 本校では、今年度「関わり合いを通して、主体的に学ぶ子の育成」という校内研究のテーマを掲げ研究に取り組んでいきます。また、『アクティブ・ラーニング』『カリキュラム・マネジメント』など、近年の教育で重要とされる課題についても、一歩ずつ取り組んでいきます。

第1回研究授業(外国語活動)

 5月31日に2年生と5年生の研究授業が行われました。
 2年生の授業では、好きな色が一緒の友達を探すゲームをしました。ゲームを進めるうちに、自然と色の名前が英語で言えるようになっていく姿が見られました。どの顔にも笑顔が浮かんでいました。
 5年生の教室では、元気な歌声や挨拶が響き渡りました。普段なかなか話さない友達とも、英語を使って自分から話しかける様子が見られました。初めて目にする単語を使ってみようと挑戦したり、ALTの発音に真剣に耳を傾けたりと、高学年らしい姿が見られました。

第2回研究授業(外国語活動)

 6月21日に、1年生と4年生の研究授業が行われました。
 1年生の授業は、英語で身近な動物の名前を言ってみようという内容でした。どの子も、笑顔いっぱいでゲームに参加する姿が見られました。これから小学校で外国語を学習していくことが、とても楽しみになりました。
 4年生の授業では、自分の好きな物を英語で話し自己紹介をしました。自分で判断して紹介の分を考えたり、友達の話を真剣に考えたりする様子が見られました。また、普段と違って英語で自己紹介する小倉の先生かVTRで登場すると、教室は大いに盛り上がりました。

第3回研究授業(エネルギー教育)

 第3回の研究授業は、エネルギー教育の観点から3年生・5年生・6年生の授業が行われました。5年生は、総合的な学習の時間「小倉環境プロジェクト」の学習を行いました。今まで環境を良くしていく方法を学んできた中で、自分たちにもできることがないか考えました。子どもたちからは、「電気の使用量を削減したい。」「廃材を使って別のものを作りたい。」などの意見が出ました。 6年生は、理科「発電と電気の利用」の学習を行いました。電気は作り出すことができる・蓄えることができるということを、実験を通して学習しました。子どもたちからは「(手回し発電機を使うと)自分たちでも作れるんだね。」「大切に使わなければいけないね。」などの意見が出ました。
 3年生は、社会科「働く人とわたしたちの暮らし~店で働く人と仕事~」の学習を行いました。単元を通して、お店の人は日頃から様々な工夫をしていることを学びました。



第4回研究授業(外国語活動)

 10月22日に、2年生と6年生の研究授業が行われました。
 2年生の授業では、英語の形について学習しました。教育用の番組を利用したり、お店屋さんゲームを取り入れたりすることで、意欲的に学習に取り組む様子が見られました。

 6年生の授業では、自分の行きたい国について発表しました。小さい課題を順々にクリアしていくことで、自信をもって英語に取り組むことに繋がりました。



第5回研究授業(外国語活動)

 11月26日に、1年生と3年生、特別支援級の研究授業が行われました。
 1年生の授業では、レストランゲームをしました。月1回しかない英語の授業が、楽しくなるような工夫が満載でした。笑顔で積極的に取り組んでいました。
 3年生の授業では、What is this?  It is ○○.を使って、クイズを考えました。子どもたちは、習った言葉を使いながらヒントを出し関わり合っていました。進んでクラスの友達と話したり、聞いたりする姿が見られました。

 特別支援級の授業では、英語を使って相手と関わる学習しました。相手の好きなスポーツをインタビューする内容です。気心の知れた仲間と取り組むことで、のびのびとした姿が見られました。今後の生活で英語を使えたらいいですね。



各学年より

4月

5月


6月


7月


11月

12月


学校生活

  • 校内研究
  • 各学年より

ページのトップへ戻る