校長挨拶

川崎市立古市場小学校 校長 吉浜 慎一

 古市場は、1240年頃、鎌倉時代の武士たちが湿地や沼を埋め立てて開いた村です。埋め立てられた所には、人々が住み田畑で作物を作り、暮らすようになりました。その頃、鎌倉街道と多摩川を使ってたくさんの荷物が運ばれ、市がたちました。古市場という地名は、「昔から天満天神社の境内で年二度の市がたった」ことからできたといわれています。
 1947年、会社の社宅や団地ができ、いくつも商店街ができた頃、古市場小学校は平間小学校からわかれて多摩川を背にした今のこの場所に誕生しました。
 そして、2003年2月に新校舎、2004年3月に校庭も完成しました。シンボルツリーだった「たいさん木」を全児童が木の葉一枚一枚に思いを込めてモニュメントとして製作し、玄関ホールに飾っています。
 今年度も保護者や地域の皆様から多くのご支援をいただく中、教職員が一丸となって学校教育目標の具現化に努めてまいります。



学校概要

学校名 川崎市立古市場小学校
所在地 〒212-0052
神奈川県川崎市幸区古市場1丁目1番地
電話番号 044-522-0281
FAX番号 044-511-3924
創立 1947年 5月 1日
校長 吉浜 慎一
児童数 390名 ( 2017年 11月現在)

学校教育目標

 豊かな人間性と知性をはぐくみ、主体的に生きる創造力と実践力をもった心身ともに健康な子どもに育てる。

     

校内研究

 平成29年度の校内研究は、生活科・総合的な学習の時間に取り組んでいきます。

校歌・校章

 


 校章
昭和23年6月12日 新校舎の落成の折に披露した。
初代滝沢常雄校長が全校児童に呼びかけて校章の図案を募集した。
家庭で児童が考えたもの、親と相談して作ったもの。様々な図案が集まった。
図画用紙に書かれたたくさんの図案は、二階の二教室をぶち抜いた当時の講堂に1か月間ほど展示された。

先生やPTA役員が集まり、何百枚もの図案の中から5~3案としぼって、最後に1案とした。
新校舎の工事の監督で、その後指導課の課長になられた樫沢正雄氏が手を加えられて校章が完成した。

 児童が容易に容器画法で正確に作図できることを主眼として作られている。
任意の基本長さの倍数に依る幾何図形。
校名のの「古」と「市」がどこからも読めるように、正三角形に図案化している。  

学校評価

ページのトップへ戻る