本文へスキップ

〒212-0021 川崎市幸区都町18
TEL.044-522-2573
FAX.044-511-2494

南小菜園School garden

たくさんの樹木や野菜・果樹に囲まれて

約200種類の樹木に囲まれています

南小は樹木や野菜、果樹など約200種類あります。お世話して収穫した野菜は給食の材料としても使われています。また、南小の菜園は各学年の学習にも役立てています。各当番や園芸委員会、用務員さんを中心にしてみんなで築いた菜園を、これからも大切に守り続けていきます。


学年ごとに植物とふれあっています。

各学年で植物を大切にお世話をして、花が咲き、実となるまでの過程を見守っていきます。そして、育てることのすばらしさや喜びに気づき、生きものを大切にすることの大切さを体験を通して学びます。

梅1 梅2

1年生 梅

6月〜7月頃に梅の木になっている梅を収穫します。収穫した梅の実から梅ジュースをつくり、最後は梅ジュースパーティをしてみんなで美味しく味わいます。

みかん1 みかん2

2年生 みかん

用務員さんの日頃の手入れのおかげで、11月頃にはたくさんのみかんを収穫することができます。みかんは給食で食べます。甘い、酸っぱいなど、味は様々ですが、とても美味しいみかんです。

キウイ1 キウイ2

3年生 キウイ

職員室の校庭側の扉の前に大きく陣取っているキウイの木があります。春に受粉をして、夏休み中に当番で水やりをがんばります。11月頃に収穫を迎えたキウイは、キウイジャムへと姿を変えてみんなで試食します。

菊1 菊2

4年生 菊

前年開花した菊の苗から新芽を摘んだものから新たに菊づくりが始まります。菊の達人の今野正八さんを地域からお招きして大切に育てます。そして11月頃には満開の花を咲かせて、また次の4年生へ引き継いでいきます。南小の伝統になっています。

梨1 梨2

5年生 梨

南小には梨園があります。春に受粉作業を行い、8〜9月頃収穫を迎えます。
また、梨ができるまでをまとめて、学習発表会で発表しています。

茶1 茶2

6年生 茶

花壇には、ヤブキタ、サヤマカオリ、オクミドリという種類の茶があります。6年生は、地域の茶屋のご主人を先生に迎え、5月に収穫し、煎って乾燥させて飲める状態までに加工します。最後はお茶会を行います。礼儀作法を学びつつみんなで作ったお茶をいただきます。

大根1 大根2

たてわり活動
大根の栽培・収穫

1〜6年がグループになって活動するたてわり活動の大きなイベントとして、花壇いっぱいに大根を植えます。その数は500本にもなります。大根を育てるために全員で雑草を取り、種を植え、水をやって収穫まで協力して行います。収穫した大根は、家に持ち帰ったり、給食の材料として使われています。

園芸委員会の活動

園芸委員会 園芸委員会2 園芸委員会3

野菜の収穫

 園芸委員会では、サツマイモをはじめ、たくさんの野菜を育てています。収穫したものは、給食の材料として使われています。


コンポスト1 コンポスト2 コンポスト3

コンポスト

コンポストとは、生ゴミを高温の熱で肥料にする機械のことです。給食で出た生ゴミをコンポストに入れて肥料にしています。この肥料を使って南小の様々な野菜づくりに使っています。園芸委員会では完成した肥料の収集しています。


切り干し大根1 切り干し大根2 切り干し大根3

切り干し大根づくり

9月から12月にかけて南小では学校のたてわりクラスで大根を育てています。収穫した大根の一部を干して、切り干し大根にしています。形は不揃いですが、美味しい給食のメニューに生まれ変わります。


校舎風景

information店舗情報

川崎市立南河原小学校

〒212-0021
川崎市幸区都町18
TEL.044-522-2573
FAX.044-511-2494
→アクセス