学校長挨拶

 昭和30年4月1日、川崎市立小田小学校での6教室(児童数:4年生以下523名)からスタートした本校は、今年度創立62年になります。

 かつては、1000名を越す大規模校になったこともありましたが、次第に児童数が減少し、平成29年4月5日現在、336名の在籍となっています。

 クラスは、1年生〜6年生まで全て2学級、特別支援学級が3学級の編成です。

 学校教育目標を『あなたが主役の学校』、そして教育プランテーマ「笑顔ですごせる学校」と設定し、日々の教育活動に邁進しています。

 本校の校舎は築61年、川崎に唯一残るレンガ造りの一番古い校舎です。長期保全計画により現在2年目の改修を行っています。

 祖父や祖母が同じ教室で勉強したという児童が何人もいます。そして今の児童の子や孫が同じ教室で学習するかもしれません。

 日本一古くなっても、大切に、きれいに使って、伝統ある校舎を残していきたいと思っています。

                                ☆

 平成18年度よりコミュニティ・スクールとして、地域とともに歩む学校を推進してきました。それが本校の強みと言えるのではないでしょうか。

コミュニティ・スクールのスローガンを

「子どもが元気 地域が元気 えがお輝く東小田」

 とし、子どもを主役として家庭・学校・地域の三者が協力し、「細く、長く、できることから こつこつと」を合い言葉に、着実な教育の実践に取り組んでいます。

  校内研究は、平成29年度より算数の研究に取り組み、研究テーマ「わかった!できた!たのしいな!」〜みんなで考え、学びをつなげる授業をめざして〜 と掲げ、既習事項や生活経験を基
 に新たな基礎・基本を“わからない”から始め、みんなで考え、話し合いながら理解する。理解したことを繰り返し学習し定着させる。そして基礎・基本を生活の中や他教科で活かしながら身につ けていくことに重点を置いています。教職員が共通理解と理念をもって
子どもたちを育てています。

 地域には高層マンションや大型ショッピングセンターができ、また浜川崎線小田栄駅もできたことにより大きく変貌しつつありますが、地域の温かさは変わりません。今後も地域の皆様をはじめ、 保護者の方々からの学校への惜しみない協力をいただきながら教育活動を推進してまいります。よろしくお願いいたします。

TOP                        東小田小学校  
                           校長 加藤 順也