学年の活動

4年生の活動のようす

出前ゴミスクール

 
 子どもたちは、社会の学習で、出前ごみスクール体験をしました。南部生活環境事業所の方を招いて、ごみの投入や分別を実際に行いました。体験を通して子どもたちは、資源ごみが様々なものに変身することを知り、分別の大切さを学んだようでした。体験後、家庭のごみ調べをしてくる子もいました。

ブラインドサッカー

 
 子どもたちは、総合的な学習の時間で、「福祉」をテーマとして、様々な福祉体験をしています。先日は、視覚障害のあるプロサッカー選手を招いて、ブラインドサッカー体験を行いました。体験を通して子どもたちは、障害の有無に関わらず、困っている人に積極的に声をかけることの大切さを学んだようでした。

浄水場見学&かわさき宙と緑の科学館見学


 子どもたちは、社会科と理科の学習で、長沢浄水場とかわさき宙と緑の科学館の見学をしてきました。浄水場では、浄水場に届いた水がきれいに生まれ変わる仕組みやそこで働く人たちについてお話を聞きました。科学館では、プラネタリウムを鑑賞しながら、星の動きや明るさ、月の満ち欠けについてお話を聞きました。見学を通して子どもたちは、節水の大切さや1年を通しての星の動きなどを学んだようでした。

連合音楽会

 子どもたちは、11月28日(火)に川崎区の小学校が集う連合音楽会に参加してきました。明るく元気で、優しい子どもたちのよさが発揮される合奏曲「風になりたい」と合唱曲「大切なもの」の2曲を発表しました。講師の先生からは、「各楽器の音色がとてもきれいでした。気持ちのこもったメッセージが伝わる歌でした。」とお褒めの言葉をいただきました。連合音楽会をふり返って子どもたちは、一人ひとりのめあてを達成し、ステージで練習の成果を十分に発揮できたようでした。

市民ミュージアム見学

 
 子どもたちは、社会科の学習で川崎市市民ミュージアムを見学して来ました。市民ミュージアムでは、川崎を流れる二ヶ領用水を誰がどのようにして作ったのか、学芸員の方からお話を聞きました。また、用水を作るときに使用していた道具に触れたり、川崎の文化財や芸術作品も見学したりしました。見学を通して子どもたちは、藤崎の周辺まで流れていたことや水が生活に欠かさなかったことなど、理解を深めていました。

学校生活


ページのトップへ戻る