平成16年度川崎市総合教育センター
情報教育研究室指導主事研究 報告書(Web形式)

授業風景
情報教育研究室 指導主事研究会議
大串 一彦  田中 克明  阿部 厚  森岡 丈雄
<要 約>
 川崎市総合教育センター情報教育研究室では、平成15年度に研究主題「授業におけるIT活用方法の開発に関する研究」、副題「授業にITを活用できる教員の育成を目指して」のもとで指導主事研究を行った。この研究では「授業にあまりITが活用されていない」「教員のIT活用指導力不足が懸念される」「ITを活用するねらいが明確でない状況が見られる」といった本市の授業におけるIT活用の現状と課題への対応として、「教員のIT活用指導力」に視点をあて、“手軽に短時間で準備ができる”9つの『IT活用方法』を開発した。
 今年度の本研究は、上記昨年度の研究で開発した『IT活用方法』の実践編と位置づけ、教員のIT活用指導力の向上を目指して、教科等の授業における活用と総合教育センター研修講座での活用を中心に実践事例を作成するものである。
 また、今年度末にはこの2年間の研究の成果をまとめたIT活用実践事例集、仮称「IT活用のすすめ」を作成し、市立学校に提供したいと考えている。
キーワード:IT・ICT・IT活用指導力・コンピュータ授業活用・授業改善・eラーニング
目 次
はじめに II 平成16年度(今年度の)研究―実践編―
I 平成15年度(昨年度)の研究概要 (1)教員のIT活用指導力の見直し
(1)研究主題及び副題 (2)Webページ作成ソフトウェアを使ったIT活用
   指導力自己評価問題の作成
(2)研究のねらい (3)情報教育研究会議によるIT活用の授業実践
(3)授業におけるIT活用の現状 (4)夏季研修講座での実践
(4)IT活用の問題点と必要な対応 (5)IT活用指導力の向上を目指した研修体制
(5)授業におけるコンピュータ活用にかかわる
   調査から見えてきたこと
(6)授業におけるIT活用実践事例集の作成
(6)学校におけるIT活用の内容と目的を視点
   とした整理・分類
(7)今後の課題
(7)IT活用の基本的な考え方 引用・参考文献
(8)授業におけるIT活用方法の開発  
(9)開発した「授業におけるIT活用方法」