授業におけるIT活用実践事例集の作成
―教員のIT活用指導力の向上を目指して―

 目次へ次のページへ 

はじめに

川崎市総合教育センター情報教育研究室では、平成15年度に研究主題「授業におけるIT活用方法の開発に関する研究」、副題「授業にITを活用できる教員の育成を目指して」のもとで指導主事研究を行った。この研究では「授業にあまりITが活用されていない」「教員のIT活用指導力不足が懸念される」「ITを活用するねらいが明確でない状況が見られる」といった本市の授業におけるIT活用の現状と課題への対応として、「教員のIT活用指導力」に視点をあて、“手軽に短時間で準備ができる”9つの「IT活用方法」の開発を中心に研究を行った。

今年度の本研究は上記昨年度の研究で開発した「IT活用方法」の実践編と位置づけ、教員のIT活用指導力の向上を目指して、教科等の授業における活用と総合教育センター研修講座での活用を中心に実践事例を作成するものである。

 目次へ次のページへ