授業におけるIT活用実践事例集の作成
―教員のIT活用指導力の向上を目指して―

 目次へ 前のページへ次のページへ 

II 平成16年度(今年度)の研究 ―実践編―

(4) 夏期研修講座での実践

夏期研修講座「家庭、技術・家庭科教育」「IT授業活用」での実践

「教員のIT活用指導力の向上」を目的として、昨年度の研究で開発した「IT活用方法」を次の研修講座で活用し、教材の作成を行った。

「家庭、技術・家庭科教育」

期間 4.5日 うち1日がIT活用方法
参加人数 22名
対応 家庭、技術・家庭科の指導主事と情報教育研究室の指導主事が企画・運営
趣旨 題材開発や教材開発を視点とした授業づくりと評価について、演習を取り入れた研修を行い、学習指導上必要な資質の向上を目指す。
研修内容と流れ 研修期間 1日
  1. 昨年度の研究で開発し、CD−ROMおよびWebで運用できる9つの「IT活用方法」を指導主事が説明
  2. リンク集の作成方法の習得
  3. インターネット上の利用可能なコンテンツの紹介とそのダウンロード方法の習得
  4. ワープロ(Word)のハイパーリンク機能の習得
  5. 「IT活用方法」の中の活用事例3「教員の指導の道具・児童生徒の学習の道具として利用しよう。ワープロ(Word)のハイパーリンク機能」をもとに家庭、技術・家庭科の教材を作成
  6. 作成した教材の発表会

   教材(PDFファイル)

「IT授業活用」

期間 2日
参加人数 18名
対応 情報教育研究室の指導主事が企画・運営
趣旨 授業でIT(コンピュータやネットワーク)を活用するために、IT活用方法(各学校に配布したCD−ROM)を使って、2学期から使える教材を作成することで、IT活用指導力を身につける。
研修内容と流れ
  1. 「IT活用方法」の中の授業設計「コンピュータ初心者の先生方が気軽にITを授業で活用するために電子学習指導案と電子ワークシートをつくろう」の説明
  2. パワーポイント(PowerPoint)の習得
  3. リンク集の作成方法の習得
  4. インターネット上の利用可能なコンテンツの紹介とそのダウンロード方法の習得
  5. パワーポイントを使って、2学期から使える教材を作成
  6. 作成した教材の発表会

   教材(PDFファイル)

 目次へ 前のページへ次のページへ