授業におけるIT活用実践事例集の作成
―教員のIT活用指導力の向上を目指して―

 目次へ 前のページへ次のページへ 

II 平成16年度(今年度)の研究 ―実践編―

(2) Webページ作成ソフトを使ったIT活用指導力自己評価問題の作成

見直しを行った前頁表4のIT活用指導力自己評価項目に対応した各能力を、教員が自分で評価できるようなテスト問題をWebページ作成ソフトウェア(ホームページ・ビルダー、IBM社製)を使って作成した。このテスト問題はHTML形式であり、総合教育センターのWebサーバに登録することで、KEINS-NET(ケインズネット)を介して、市立学校に提供できる。

また、テスト問題の画面では参考資料等を参照できるようにしてあり、簡易eラーニングシステムである。最終的には、Webサーバ上で稼動し、履歴等も取れる本格的なeラーニングシステムのInternet Navigware(富士通社製) で作成したいと考えている。

次に開発したIT活用指導力自己評価問題の画面を示す。

画面1:IT活用指導力事故評価問題のトップ画面と画面2:問題画面(情報教育の基本能力) 画面3:採点画面(各10問、1問10点で100点満点) 画面4:資料参照画面
 目次へ 前のページへ次のページへ