授業におけるIT活用実践事例集の作成
―教員のIT活用指導力の向上を目指して―

 目次へ 前のページへ次のページへ 

I 平成15年度(昨年度)の研究概要

(6) 学校におけるIT活用の内容と目的を視点とした整理・分類

学校におけるIT活用を考えるにあたって、活用の目的と内容を視点とし、次の図のように整理・分類を行った。

学校におけるIT活用の内容と目的
図1 学校におけるIT活用の内容と目的

上記の整理・分類のように、学校におけるIT活用を「情報教育に活用」「授業に活用」「校務に活用」「PTA・地域等に活用」の4つに整理した。「情報教育に活用」の内容は、児童生徒の情報活用能力とコンピュータ操作能力の育成の2つが考えられる。学校教育においてこれらの育成が必要であるという認識はすでに定着し、小学校では総合的な学習の時間等で、また、中学校・高等学校では情報とコンピュータに関する学習は必修となり、取組の推進が図られてきたと考えている。そこで、本研究では学校におけるIT活用のもう一つの内容である「授業に活用」を研究の対象とした。

 目次へ 前のページへ次のページへ